小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 モンハン関係の小話 動画編
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
イーオスの逆襲は非常に怖い。毒でやられれば身体は……


パンツ見せて戦うハンターはある意味では命知らずか

 沼地や火山地帯に生息するイーオスだが、あの毒の牙で獲物を弱らせて、そしてゆっくりと餌にしてしまう集団である。勿論人間であるハンター以外にもこの毒は利用するし、毒で命を奪い取られた獲物の方は、自分が死んだ後で餌として肉体を破壊されてしまう為、それを恐れるなら、イーオス達には近寄らない方が身の為かもしれない。

 しかし、ハンターの場合はどうしても素材として持ち帰らなければいけないし、他の飛竜の討伐の時にイーオスが現れる事が分かってたとしても、その狩場を諦める訳にもいかない。結果的に戦わなければいけないのである。勿論あの毒を受ければ助からないし、毒が原因で命を落としたハンターも無数にいるはずである。

 果たして、こんなはしたない姿を見せてくるハンターは、命の危険を考えた事が無いのかどうか、疑問に感じる事もある。勿論こんな場所に攻撃が入ってしまえば大ダメージは決定であるし、デリケートな部位である為、精神的にも辛いはずである。

無防備な姿で挑んだせいで、イーオスの牙が太腿を貫いてしまったのである

 毒の牙は生物の皮膚等に直接突き刺さる事で初めて毒を注入出来ると思われる。逆に言えば、鎧等で身体を守ってれば、それが毒の牙を防いでくれるはずであるし、牙さえ防げれば生存率も上がるはずである。でも女性装備の場合、挑発するかの如く、太腿を丸出しにしてる為、襲われた場合はもう諦めるしか無いだろう。

 動画の方でも、脚を露出させた装備をした女の子のハンター達が次々と脚に噛み付かれる姿が映されてるが、あれは明らかに装備の選択を間違えたとしか言えないし、毒を受けてから装備の選択を後悔しても遅いと言える。

 それでも、所詮はゲーム内での話である為、攻撃を受けたとしても、ただのダメージのエフェクトとして、血飛沫が飛んで多少ダメージを受けるというだけで済ませられてるが、現実で同じ事をされた場合、もう脚は原型を留めてないと言える。

ハンターの見せるパンツは女の子であるから可愛く見える訳なのか

 ただ外見だけで言うなら、エッチな姿でしか無いこのパンツを突き出した姿だが、イーオス達はこんな布一枚でしか覆われてない尻と、そして直接肌が露出された太腿を恰好の狙い場として狙う訳である。女の子からすれば、尻や太腿を触られたらエッチな奴だと思うだろうけど、イーオスが持ってるのは毒の牙であるから、狙われたらエッチとか言ってられないだろう。

 真っ先に毒が脚や尻から入って、やがては全身に回る訳である。命に危機が走るような装備を進んで選ぶ女の子のハンター達は自分達の考えが愚かである事に気付くべきだろう。それを自覚しなければ、また今日も毒によって酷い目に遭うハンターが出てきてしまう。

 そして、パンツというのは排泄器官を覆ってる布である。同じ人間同士の場合は性的な欲求を炸裂させる事が多いし、パンツがあったらあったで変な興奮をするし、無かった場合は内部に対して妙な興奮をまたしたりするが、イーオスからすれば、ただ狙うべき部分でしか無いし、下半身は何かと匂いも溜まりやすいから、イーオスからは臭気の部位として思われる可能性もあるだろう。

尻から炎を放出させてるように見えるけど、実際にやったら尻に重傷負うよ

 これは炎を受けて吹っ飛ばされた場面を映した貴重な画像だが、見方によっては尻から炎を噴射してるように見えなくも無い。ゲーム中では炎の攻撃を受けてしまうと、暫くは身体に炎が残るかのようなエフェクトが発生する為、どうしても尻から炎が出てるように見えてしまうが、どちらにしても身体を焼かれてる以上は苦痛であるのは確かである。

 因みに現実で尻から本当に火が出るようなシチュエーションを再現しようとすると、ほぼ確実に尻に火傷を負うか、或いは腸内のガスに引火して重体になる可能性もあるとか。っていうか、普通は火を使ってあの放出行為をしようともしないはずだし、女子の場合はそんな事をしたらイメージぶち壊しになる為、まずやらないと思われる。

 それでも、尻に火が付いて吹き飛ばされるような場面は確かに痛そうだし、そして熱そうである。火傷による後遺症が残らない事を祈ってやるしか道は無いか。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

(ニコニコ動画)リオデュオの可愛い装備でも下を狙われると大参事か

 ハンターは基本的にどこを狙われるかも分からないし、装備を弱くしてる所を狙われれば、その分だけ重傷のリスクも高まるものである。狙われてからではもう遅いし、針系統の攻撃を受けてしまった場合、身体の奥にまで突き刺さる為、その結果として骨にまで達したり、内臓にも損傷を与える事もある。

 リオデュオ装備は防具と衣服を足したような作りである為、脚の装備は膝と脛を守りつつ、太腿を大きく露出させて女性らしさと可愛らしさをアピールした構造である。純白の無地のパンツもちらっと見えた時に周囲の者の視線を奪い取る力があったりもする。

 当然のようにパンツは外見が可愛く見えたりするだけであって、防御性能は皆無だと思って間違いは無いだろう。布1枚では人間の肉や骨まで抉り取るような一撃を防ぐなんてまず出来ないし、そしてその脆いたった1枚の布の先には、見られたくないし触られたくも無い部位が存在する。

リオデュオ装備の女の子のパンツを超えて、下半身に重たい一撃が加えられる

 ハンターの身体を貫く尾を持つモンスターが発見したのは、狙うのに丁度いい隙を晒した愚か者の女の子であった。流砂に飲まれてしまったのだろう。太腿を露出させた脚をバタバタさせながら、流砂から抜け出そうとしてるが、このモンスターは愚か者の隙を見逃さない。

 どんどん距離を近づけるモンスターだが、それでも女の子は抜け出す事が出来ない。体勢が悪い為か、思うように力も込められない。それでもモンスターはどんどん距離を縮めてしまう。装備の無い部分を攻撃されれば、重傷は免れない。

リオデュオ装備の女の子のパンツを超えて、下半身に重たい一撃が加えられる

 モンスターは非情であった。抜け出せないハンターの女の子の狙える場所に向かって尾を振り下ろす。尾はナイフのような長さも持つ為、もし胴体に突き刺せばナイフで刺したのと同じような怪我を負わせられる程の存在である。

 しかし、モンスターが狙ったのはハンターの下半身である。そこしか狙えないとは言え、モンスターが落とした場所は、ハンターの尻である。尻の奥にしっかりと突き刺さったその針には、確実に血が残ったはずである。

 内臓と連結してる肛門に尾の針が刺さるのは致命的である。パンツなんて簡単に貫かれてると思われるし、一応は何とか這い上がるものの、痛みが尻に残り続けるのは確実である。毒もいくらか体内に残留してしまったとも思われる為、帰還したら体内の処理も必要だろう。