小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 創作活動に役に立つ……小話
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
人を轢き殺す時は快楽と気まずさの両方を覚えるはず
人を轢き殺す時ってどういう気分になる?

 どこの世界でも自動車で人間を轢いてしまったら重罪であるし、被害者の方は重体、或いは死亡する事も非常に多い。その為、いくらゲームとは言え、無罪の相手を轢き殺してしまうと気が引ける事もある。相手は何せこちらに何もしてない訳だから、その上で殺すというのは、もう一方的な行為である。

 ただ、ゲームの場合はあくまでも快楽目的である事が多い為、殺したとしても所詮はデータ上の存在という事で、躊躇いを感じる事も無く轢き殺してしまうというプレイヤーも多いかもしれない。勿論あまりにも殺した数が多ければ警察も動き出す為、警察から逃げ切るだけのスキルも必要になるのは言うまでも無いが。

 しかし、敵から逃走中の時とかはどうしてもいちいち停止だのブレーキだのはしてられない為、市街地を走る場合はどうしても何人かは轢いてしまうのがGTA等の世界である。その時にいちいち轢いた人間の安否や、謝罪を考えてたら、逃走中に操作を誤ったりして敵に捕まってしまう可能性もある。

 ある程度はその辺は割り切る必要があるのかもしれない。

人を轢き殺す時ってどういう気分になる?

 とは言え、市街地でのカーチェイスはある意味ではやむを得ない状況であるし、そしてまたある意味では自業自得とも言える結果なのかもしれない。追いかけられてる以上は相手が追いかけるのを辞めなければ、こちらは動きを止める事は不可能に近いし、そしてそもそも追いかけられる理由を作った自分にも責任があると言える。

 本来であれば、追いかけられてる奴と、追いかけてる奴だけが重症を負うなり、死ぬなりすればいいのだが、カーチェイス等の場合は全く無関係の一般人まで死んでしまう可能性があるし、勿論死ねばもうそれまでである。一切被害者は報われない為、そういう意味でも市街地ではカーチェイスなんてしてほしくないものである。

 でもフィクションであれば、逃げ回る民間人達も場を盛り上げる要素になる為、誰もいない市街地を走るよりは、逃げ回る民間人もいるような場所で激しい追いかけ合いをする方がそれらしいシーンになる。フィクションの場合は意外とギリギリで民間人には危害が加わらないような描写も多かったりするが、現実だと何が起こってるのか気付く前に車に撥ねられて絶命するのは確実である。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

外見だけで物を決められてしまうのが動物である
外見だけが可愛いとは言っても、結局外見で判断するしか無い事も多い

 人間は相手を外見だけで判断してはいけないという決まりが暗黙の了解で存在するようであるが、動物等に関してはもう殆ど外見だけで判断するしかないと言える。如何にも恐ろしそうな外見をしてる動物は決まって本当に凶暴だったり、本当にこちらを殺しに襲い掛かってくる事も珍しくは無い。

 ただ、外見がぬいぐるみみたいに可愛い動物も存在するし、そういう外見の動物はマスコットとして特定の層から絶大な支持を受ける事も多いし、子供も安心してその動物を眺める事も出来たりする。やはり外見が可愛ければその分だけ殺意が伝わってくる危険性も減るという事なのだろうか。

 勿論外見で相手を惑わす動物もいる。外見は可愛いように見えて、実は凶暴性が最大という動物も確かにいるし、そしてゲーム等では明らかに弱そうな外見をしてるけど、でも戦ってみたらとんでもない特殊能力を使ってくるという奴もいる。外見は確かに外見ではあるが、外見と中身が必ずしも一致するとは思うべきでは無いだろう。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

下半身は結局は排泄器官の集まる部位なので……
時折下半身を見て、凄まじい事を口走る男もいるが……

 あまり人間の身体の事を深く考えない方がいいかもしれない。だけど、人間である以上、そして生きてる以上は必ずどこかで汚い思いをさせられてしまうのである。何故か人間の女子は下半身を布一枚だけでしか隠さない傾向にあるが、その奥はあまり考えない方がいいかもしれない。

 二次元の世界ではパンツは恐ろしいぐらいに綺麗に描画されてる事が多いし、近付けばちょっといい匂いでもしそうだと思うかもしれないが、現実の女の画像をネットで見ると、パンツの奥が予想以上にあれだったなんて感じた人も多いと思われる。

 パンツの奥もパンツみたいに華やかな世界が広がってると思ったら、意外とそれは間違いである可能性もある。だけどそれは自己責任で見るべきであるし、そして未成年だとしても、思春期に入るとどうしても汚さを思わせてしまうものが生えてしまう事が多い。

 そういう意味では、見るのはパンツだけにした方がいいかもしれない。一応は排泄器官を覆い隠してる布である為、それが無くなった時に何が見えてしまうのか、である。


溶岩のステージは意外と前半に登場する事も多いらしい
溶岩のステージは割と序盤の内に登場する事も多い

 溶岩はゲームの世界では恐ろしい存在である。まあ現実の世界でも恐ろしい物質であるが、触れた物を一瞬で焼き尽くす超高音の危険な物質である。その為、物質の中では間違い無く最強レベルの破壊力を持つ存在として間違いは無い。

 だけど昔のアクションゲーム等では割と序盤に登場する事が多い溶岩系のステージである。それでも溶岩自体の性質は一切変わらないし、そしてBGMの方も溶岩という凶悪な破壊力のイメージを損なわない為か、大抵は過激な曲が多かったりする。

 ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)から発表された過去の名作こと、ドラゴンスピリットでも溶岩のステージは2面で登場したが、過激なBGMで人気を博してるし、勿論溶岩自体がトラップとしてプレイヤーを邪魔したりもしてたのである。

 ゲームにもよるが、溶岩は大抵触れれば一撃でやられる事も多い。落下してしまえばもう命の保証は無いし、仮にダメージだけで済むにしても確実に大ダメージ等のようなプレイヤーを緊張させるような損害を与えてくれる事も。どちらにしても溶岩を甘く見てると酷い目に遭う。


パックマンはドットを食べる為にわざわざ敵の陣地に……?
パックマンのやってる事は窃盗に見えなくも無い……

 世界的に有名なパックマンであるが、初代のゲームの世界では、ドットの形をした餌を集める事に命を懸けてたと思われる。敵がうろつく迷路の中を必死で駆け抜けてたのがパックマンである。ただ、そこはきっと敵のアジトだった為、元々命懸けだったという見方も出来るかもしれない。

 尤も、例えそこが敵のアジトだったとしても、そこに敢えて向かうという勇気がパックマン本人に無かったらきっとこのゲーム自体が成り立たなかっただろう。きっと危ない場所に行ってまで、あのドットに食らい付きたかったという考えも否定は出来ない。

 他のゲームでも窃盗等が意図的に出来るように設定されてる事があるが、当然それは法に反する行為である為、重いペナルティが課せられたり、或いは非常に凶悪な敵が襲って来たりと、通常のプレイ以上に緊張感が走る事も多い。風来のシレンでも泥棒をすれば強力な盗賊番達がやってくるし、GTAでも犯罪を犯せばもうあちらこちらからパトカーがやってくる。

 パックマンもなかなか緊張感のある事を昔からやってたのである。


外見がギャル風だとしても、中身までも変貌する訳では無い
因幡めぐるは外見は派手だけど、中身は普通の女の子

 よく見かける設定として、高校入学の際に自分を派手に決めようとする女の子であるが、だけど所詮変わってるのは外見だけで、根までは変わってないなんて事も多いとか。性格まで変わってしまうと、場合によっては捻くれてしまったり、悪い態度になったりする為、変わるのは外見だけでいいのかもしれない。

 ただ、派手な外見とは言っても、特別変わってる部分としては髪ぐらいかもしれない。だけど髪が変わっただけで全体が変わったように見えてしまうのは、それは髪の存在が人間の外見を左右してるからなのかもしれない。

 この少女こと、因幡めぐるであるが、この外見の派手さは高校デビューの為に自分で作り出したイメージとの事であるが、中学時代はどんな外見だったのかが気になる所である。髪の色は地毛だったのかどうかは不明だが、それは中学時代を見れば分かるかもしれない。

因幡めぐるは外見は派手だけど、中身は普通の女の子

 だけど外見に関しては髪だけでは無く、スカートの丈でも派手さをアピール出来る為、極端に短いスカートにして太腿をアピールしたり、パンチラを期待させたりする事でまたギャル風の雰囲気を出す事も出来るが、短いスカートは色々と危険も多いのである。

 女の子らしさを見せたり、可愛さを見せたりするという事は、それは人の視線を集める事になるし、それは場合によっては意図しない相手も呼び寄せてしまう事がある。短いスカートの場合、当然のように狙おうと思えばいつでも狙えてしまう為、女子にとっては隙を晒す行為にもなる。

 太腿だけでも露出してる時点で非常に危険であるし、その部位だけでも性的に破壊力があるというのに、更にその奥には太腿以上の魅力のある部位が布一枚で隠れてるだけである為、下半身に関してはもう防御という防御は一切無いという事になる。実際、多少の体勢でも簡単に見えてしまう事が多いから、如何に防御が弱いかが分かる。

因幡めぐるは外見は派手だけど、中身は普通の女の子

 全身を見ると、色々な部分で危なさそうなオーラが漂ってるのが分かるかもしれない。二次元であれば色によるキャラの表現はもう一般的であるからそこまで違和感等を感じる事は無いが、現実の場合は黒髪が一般的且つ現実的である為、色があるだけで一気に人間性を疑われやすくなる。

 現実世界の場合は高校デビューとして外見を弄る事が出来るのかどうかが一番の疑問である。校則というものがある為、それを破ればどうなるかは高校によっては様々であるが、中には如何なる理由があっても破らせない所もあるし、そういう高校ではデビューの為に外見を弄る事も絶対に出来なくなる。

 ミニスカートなんてのもの二次元では一般的でも、現実では即座に嫌な印象を相手に与えやすくなるし、大人達からの視線もあまり好ましくないものになってしまう事も多いとか。少なくとも、高校生でそれだけの短さにしてしまうと、校則を守れない人間として思われてしまう事も少なくない。

 しかし上半身をしっかり着込んでる状態で下半身だけ太腿丸出しで無防備にしてれば、その分だけ下半身に注目が行くのは相変わらずであるし、その丈であれば尻も簡単に見えそうになる為、本気でパンツを見られたくないと思うなら、歩き方とか、体勢とかは常に意識しないと危険である。


下半身を機械みたいな物々しい形にすれば痴漢は減るとは思うが……
下半身を無機物且つ機械的にすれば少なくとも痴漢とかはされなくなるが……

 女性というのは決まって脚を出す性質をしてるが、だけどそれは悪質な心を持った男性からターゲットにされる要因にもなる。本来であれば女子達は変態どもに狙われる為にそんな格好をしてる訳じゃないが、周囲からすれば太腿を丸出しにした格好をする方が悪いと勝手に見られてるのである。

 本来は差別的に言えばイケメン達に自分の良さを見てもらう為に敢えて性的にアピール出来る格好を選んでるが、だけど大抵は本人の意図に反する見られ方をされる事が多い。当然痴漢の時に狙われるのも決まって下半身であるし、あまりにも無防備過ぎるから手を出そうと思えば簡単に出せる。

 見られるのはいいと思っても、直接手を出されたり入れられたりするのは気分が良くないと答える女性が殆ど、というかほぼ全員ではあるが、対策をしようと思えば意外とあっさりと出来るものであるが、その分だけ性別によるアピールが出来なくなるという弊害も確かにある。

下半身を無機物且つ機械的にすれば少なくとも痴漢とかはされなくなるが……

 女子の服装は制服だろうが、ファンタジー世界の剣士の装備だろうが、大抵下半身が無防備過ぎで普通に太腿は丸出しで、アングルを下からにすれば普通にパンツが見える格好が殆どである。それだと狙い放題である。

 もし対策をするとしたら、究極のやり方としては下半身を機械のようにしてしまう事かもしれない。タイヤのような異形の姿にしてしまえば触った所でただの鉄やゴムの感触しか味わえないし、そして重量もある為、下手に触ろうとすればそのまま押し潰されたりして怪我所か、逆に殺されてしまう可能性もある。

 ただ、女の子というのは当たり前ではあるが、普通に人間であるし、人間の上半身に無機質な機械の下半身だったらもうそれは人間と言っていいのか疑問を持たれる事になるし、そして単純に不気味な外見になる。確かに痴漢はされなくなるが、その代わり人間として見てもらえなくなるし、そして恋愛もまず出来なくなる。痴漢対策を下手にやり過ぎると今度は異性との常識的な恋愛すらも出来なくなるかも。

 まあこんな痴漢対策の実現性は皆無だが。