小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 創作活動に役に立つ……小話
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
男の娘でも、外見は殆ど女の子だから、外見的にはかなりの評価である
男の娘は外見は凄く清楚だから、一般的な男性よりは遥かに優れてるかも

 誰だって外見は気にするものである。性別によってどの部分が人間として良く見えてくれるのかは異なるが、可愛さに関しては女子の方が明らかに男性よりも強いし、可愛さ勝負をした場合、男性はどう足掻いても通常はまず勝利出来ないし、足元にも及ばない事が多い。

 だけど、極稀に女の子みたいに可愛らしい男の子も誕生するらしい。人を吸い込むような瞳や、華奢な体躯や、色白な美肌や、無駄毛の一切見当たらない太腿等、肉体の性別と実際の性別を間違えて産まれてきたとしか思えないような超ハイスペックな身体を持つ男の子がいるが、それだけの美少年だと、性別は男性でも、女子に対する感情と同じものを覚えてしまう可能性が高い。

 しかし、女子の場合、至近距離に近付いた際に魅惑の香りがすると感じてしまうのはなんでだろうか。男子の欲望が生み出した魔の要素なのだろうか。でも女子は男子から魅惑の香りがするとは思わないらしいから、男子は女子に期待を持ちすぎてるのかもである。だけど女の子みたいな姿をした男子の場合は、並の女の子に負けないような魅惑の香りを撒き散らしそうだが、実際はどうなのやら……。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

アニメを親の前で観る時の気まずさそのものもネタになるかもしれない
親の前でアニメを観れないのは、趣味を疑われるからか

 時折聞く話題であるが、親の前で今の時代の俗に言う萌え系アニメを視聴する事の気まずさというものがある。確かに萌え自体は確かに自分が楽しんだり読んだりする事は問題は無いかもしれないが、問題はそれを他者に知られたりした時である。萌えは特に他者に知られたら気まずい気分になるが、理由の方は確かに色々ある。

 単刀直入に言えば、目の前で可愛い女子が動き回ってるような場面を親の前で観るというのは普通に恥ずかしい事であるし、親から自分がその目の前の女子キャラに好意を抱いてるかと疑われてしまう可能性も無いとも言えない。そして微妙にエッチぃようなシーンが入ると、例え自分は目を反らしても、親はそれを見逃すまいと凝視する可能性も無いとも言えない。それがまた気まずさを呼ぶ事もある。

 深夜アニメでも、一部の作品ではパンチラを絶対見せないような作品も増えてるが、だけど実際に見えた時はそれなりの覚悟も必要かもしれないし、一番きついのはそういう実際のエッチぃ場面に対して親とかからからかわれたり、心の中で趣味を疑われたりする事である。それが嫌で親の前では視聴したくないという者もいるはずである。

親の前でアニメを観れないのは、趣味を疑われるからか

 二次元世界と現実世界の女子高生の外見のレベルには差があり過ぎるのも問題かもしれない。二次元世界の方だと大抵元々の男性が持ってる欲求を大抵全部満たしたような凄まじい外見のキャラが多く登場する為、そんなキャラが沢山登場するアニメなんか観てたら、親も何も思わないはずが無いだろう。

 まあただ女子高生とは言っても、あくまでも物語がメインで、肉体的な無駄なアピールをしない作品ならまだいいかもしれないが、明らかに身体の部位を見せつけるようなシーンはある意味ではエロ本を見せつけられてるような気分になる事もある。スカート部分をドアップにしてパンチラしそうに見せたシーンとか、胸をわざわざ強調したシーンとか、特定の仕草の時に画面をキラキラさせる場面とか、親の前だと気まずくなってしまうシーンは探せば沢山ある。

 親本人はそういうシーンがあったとしても、数日経てばあっさりと忘れてしまったり、或いはそのシーンがあったとしてもまるで何も気にしてないなんて事も意外と多いらしい。でもいくら気にしてないとは言っても、やはり親が一緒にそういう場面を視聴してたりすると、本当にそれを見て何も感じてないのかを周囲の者は知る事が出来ないし、親が直接それを気にしてないと口にしてない以上は直接確認する事も無理である。

趣味を疑われてもいいかどうかは、やはり登場人物の外見か

 尤も、男性陣が親の前でアニメを観るのは気まずいと思うのは、それは異性のキャラの影響である。逆に同じ性別、つまりは男性キャラばかりが登場するようなアニメだと多分気まずいとは思わないだろう。やはり外見による影響が大きいと思われるし、逆にギャグ等に関しては特に問題は無い気がする。まあそこは個人差はあるが。

 でも外見が明らかに人間じゃないような、或いは構造は人間でも、皮膚や目が明らかに通常の人間では無いようなキャラの場合、例え女性だとしても気まずさを感じない事が多い気がする。それは少なくともエロっぽい場面が出てくる可能性が非常に低い、或いは出たとしても女子高生のキャラみたいな異常な可愛さが出てくる事が無いからかもしれない。

 ただ、親の前で深夜の萌えアニメを視聴するという経験は、ある程度自身の年齢が上がって、特に社会人になって自立してしまうともう出来ない為、親の前でアニメを視聴するという直接の体験はもう出来ないし、そしてその時の気まずさを自分で感じる事も出来ないのである。ネットを調べれば実際に経験したであろう者達の話はいくらでも聞けるが、逆に言えば他者の意見しか聞く事が出来ないのである。親の前でアニメというのは、もしかしたらあまりにも貴重過ぎる体験なのかもしれない。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

人を轢き殺す時は快楽と気まずさの両方を覚えるはず
人を轢き殺す時ってどういう気分になる?

 どこの世界でも自動車で人間を轢いてしまったら重罪であるし、被害者の方は重体、或いは死亡する事も非常に多い。その為、いくらゲームとは言え、無罪の相手を轢き殺してしまうと気が引ける事もある。相手は何せこちらに何もしてない訳だから、その上で殺すというのは、もう一方的な行為である。

 ただ、ゲームの場合はあくまでも快楽目的である事が多い為、殺したとしても所詮はデータ上の存在という事で、躊躇いを感じる事も無く轢き殺してしまうというプレイヤーも多いかもしれない。勿論あまりにも殺した数が多ければ警察も動き出す為、警察から逃げ切るだけのスキルも必要になるのは言うまでも無いが。

 しかし、敵から逃走中の時とかはどうしてもいちいち停止だのブレーキだのはしてられない為、市街地を走る場合はどうしても何人かは轢いてしまうのがGTA等の世界である。その時にいちいち轢いた人間の安否や、謝罪を考えてたら、逃走中に操作を誤ったりして敵に捕まってしまう可能性もある。

 ある程度はその辺は割り切る必要があるのかもしれない。

人を轢き殺す時ってどういう気分になる?

 とは言え、市街地でのカーチェイスはある意味ではやむを得ない状況であるし、そしてまたある意味では自業自得とも言える結果なのかもしれない。追いかけられてる以上は相手が追いかけるのを辞めなければ、こちらは動きを止める事は不可能に近いし、そしてそもそも追いかけられる理由を作った自分にも責任があると言える。

 本来であれば、追いかけられてる奴と、追いかけてる奴だけが重症を負うなり、死ぬなりすればいいのだが、カーチェイス等の場合は全く無関係の一般人まで死んでしまう可能性があるし、勿論死ねばもうそれまでである。一切被害者は報われない為、そういう意味でも市街地ではカーチェイスなんてしてほしくないものである。

 でもフィクションであれば、逃げ回る民間人達も場を盛り上げる要素になる為、誰もいない市街地を走るよりは、逃げ回る民間人もいるような場所で激しい追いかけ合いをする方がそれらしいシーンになる。フィクションの場合は意外とギリギリで民間人には危害が加わらないような描写も多かったりするが、現実だと何が起こってるのか気付く前に車に撥ねられて絶命するのは確実である。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

外見だけで物を決められてしまうのが動物である
外見だけが可愛いとは言っても、結局外見で判断するしか無い事も多い

 人間は相手を外見だけで判断してはいけないという決まりが暗黙の了解で存在するようであるが、動物等に関してはもう殆ど外見だけで判断するしかないと言える。如何にも恐ろしそうな外見をしてる動物は決まって本当に凶暴だったり、本当にこちらを殺しに襲い掛かってくる事も珍しくは無い。

 ただ、外見がぬいぐるみみたいに可愛い動物も存在するし、そういう外見の動物はマスコットとして特定の層から絶大な支持を受ける事も多いし、子供も安心してその動物を眺める事も出来たりする。やはり外見が可愛ければその分だけ殺意が伝わってくる危険性も減るという事なのだろうか。

 勿論外見で相手を惑わす動物もいる。外見は可愛いように見えて、実は凶暴性が最大という動物も確かにいるし、そしてゲーム等では明らかに弱そうな外見をしてるけど、でも戦ってみたらとんでもない特殊能力を使ってくるという奴もいる。外見は確かに外見ではあるが、外見と中身が必ずしも一致するとは思うべきでは無いだろう。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

下半身は結局は排泄器官の集まる部位なので……
時折下半身を見て、凄まじい事を口走る男もいるが……

 あまり人間の身体の事を深く考えない方がいいかもしれない。だけど、人間である以上、そして生きてる以上は必ずどこかで汚い思いをさせられてしまうのである。何故か人間の女子は下半身を布一枚だけでしか隠さない傾向にあるが、その奥はあまり考えない方がいいかもしれない。

 二次元の世界ではパンツは恐ろしいぐらいに綺麗に描画されてる事が多いし、近付けばちょっといい匂いでもしそうだと思うかもしれないが、現実の女の画像をネットで見ると、パンツの奥が予想以上にあれだったなんて感じた人も多いと思われる。

 パンツの奥もパンツみたいに華やかな世界が広がってると思ったら、意外とそれは間違いである可能性もある。だけどそれは自己責任で見るべきであるし、そして未成年だとしても、思春期に入るとどうしても汚さを思わせてしまうものが生えてしまう事が多い。

 そういう意味では、見るのはパンツだけにした方がいいかもしれない。一応は排泄器官を覆い隠してる布である為、それが無くなった時に何が見えてしまうのか、である。


溶岩のステージは意外と前半に登場する事も多いらしい
溶岩のステージは割と序盤の内に登場する事も多い

 溶岩はゲームの世界では恐ろしい存在である。まあ現実の世界でも恐ろしい物質であるが、触れた物を一瞬で焼き尽くす超高音の危険な物質である。その為、物質の中では間違い無く最強レベルの破壊力を持つ存在として間違いは無い。

 だけど昔のアクションゲーム等では割と序盤に登場する事が多い溶岩系のステージである。それでも溶岩自体の性質は一切変わらないし、そしてBGMの方も溶岩という凶悪な破壊力のイメージを損なわない為か、大抵は過激な曲が多かったりする。

 ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)から発表された過去の名作こと、ドラゴンスピリットでも溶岩のステージは2面で登場したが、過激なBGMで人気を博してるし、勿論溶岩自体がトラップとしてプレイヤーを邪魔したりもしてたのである。

 ゲームにもよるが、溶岩は大抵触れれば一撃でやられる事も多い。落下してしまえばもう命の保証は無いし、仮にダメージだけで済むにしても確実に大ダメージ等のようなプレイヤーを緊張させるような損害を与えてくれる事も。どちらにしても溶岩を甘く見てると酷い目に遭う。


パックマンはドットを食べる為にわざわざ敵の陣地に……?
パックマンのやってる事は窃盗に見えなくも無い……

 世界的に有名なパックマンであるが、初代のゲームの世界では、ドットの形をした餌を集める事に命を懸けてたと思われる。敵がうろつく迷路の中を必死で駆け抜けてたのがパックマンである。ただ、そこはきっと敵のアジトだった為、元々命懸けだったという見方も出来るかもしれない。

 尤も、例えそこが敵のアジトだったとしても、そこに敢えて向かうという勇気がパックマン本人に無かったらきっとこのゲーム自体が成り立たなかっただろう。きっと危ない場所に行ってまで、あのドットに食らい付きたかったという考えも否定は出来ない。

 他のゲームでも窃盗等が意図的に出来るように設定されてる事があるが、当然それは法に反する行為である為、重いペナルティが課せられたり、或いは非常に凶悪な敵が襲って来たりと、通常のプレイ以上に緊張感が走る事も多い。風来のシレンでも泥棒をすれば強力な盗賊番達がやってくるし、GTAでも犯罪を犯せばもうあちらこちらからパトカーがやってくる。

 パックマンもなかなか緊張感のある事を昔からやってたのである。