小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 創作活動に役に立つ…ゲーム
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
とびだせ どうぶつの森




アクセスランキング

とびだせ どうぶつの森



こんな方は是非購入!!

1.自分が村長となって、村を作りたい!

2.のんびりとした生活をゲームで送ってみたい!

3.村という1つの作品作りをやってみたい!


 携帯機で発表されてるどうぶつの森シリーズの中では最も高い人気を誇ってるとされる作品だと見て間違いは無いでしょう。過去の問題点を上手に解消して、そして携帯ゲームでありながら処理速度も何とか一定水準にする事によって、プレイヤーのストレスを出来るだけ減らそうという試みも充分評価出来るポイントと言える。

 良作として評価されるに相応しいのんびりとした生活をゲーム内で出来る点はやっぱり健在で、季節に合わせたイベントや、住人達とのコミュニケーション、そして釣りや虫取り等と言った、子供の頃の長閑さを思い出させてくれる要素もやっぱり健在で、そして村自体を発展させる毎にやっぱり色んな場所がパワーアップする点も見逃せない。

 登場人物は主人公以外がこのゲームのタイトルの通り、動物で支配されてる為、動物達と身近な場所でコミュニケーションを取るという他のゲームではまず見られない特殊な中身と、そしてのんびりというスタイルが冗長にならないように非常に豊富に用意されたアイテムの蒐集もまた長い時間遊べるように工夫された点であるというのも見逃せない良作である。

タッチ! カービィ スーパーレインボー




アクセスランキング

タッチ! カービィ スーパーレインボー



こんな方は是非購入!!

1.粘土のグラフィックで作られたカービィの世界に入りたい!

2.タッチペンの操作による楽しみを味わいたい!

3.指先の操作で手先の器用さを鍛えてみたい!


 プププランドから全ての色を奪われてしまった為に、カービィが冒険に出るというのが大まかなストーリーです。ゲームソフトのタイトル通り、タッチ、つまりはタッチペンでラインを書いて、その上をカービィに移動させるという特殊な操作でゲームを進めると言った内容です。

 世界観はやっぱりカービィで、今作では粘土で作られたような世界を進みます。ファンシーな雰囲気は勿論で、そして粘土ならではの遊び心の感じられる描画がプレイヤーを飽きさせません。ラインでカービィを操作させるという都合上、最初は慣れが必要ですが、敵を倒すのか、回避するのかと言った判断や、ギャラリー要素であるフィギュアやサウンドの方も非常に高精度な完成度になってます。

 そしてやっぱり冒険がメインになってる為、最初のステージではカービィらしくファンシーですが、後半のステージになると難易度の上昇は勿論、BGMの方もまるでもう生還出来ないような戦場にでも向かうかのような重厚なものへと変わります。カービィだって、命懸けの戦いをしてるという事を教えてくれる瞬間でもあります。

どのゲームにも、一番弱いモンスターは存在する。例えゴッドイーターの世界でも




アクセスランキング

ドレッドパイクはゴッドイーターシリーズに登場する一番弱い敵

 アラガミと呼ばれる危険なモンスターが徘徊する世界が舞台であるゴッドイーターであるが、やっぱり弱い奴はとことん弱いのである。小型であるが故に耐久力も低いが、小型のくせに素早さすら存在しないというもうどうしようも無い奴らである。勿論一般的な訓練を受けた神機使いならまずやられる事は無い相手とされてるし、そして初心者のプレイヤーでもまず負けないだろう。

 因みに狩りゲーの仲間であるモンスターハンターでも小型のザコモンスターは存在するが、あっちはあっちで小さいが故に妙に素早かったりするが、このドレッドパイクに関しては素早さすら存在しない為、強さをアピール出来るポイントが存在しない可哀想な連中である。その分練習相手には持って来いであるが。

 因みに入手出来る素材は鎧蟲殻片と呼ばれる物等が得られるが、モンスターハンターで慣れてると、漢字ばかりで、レベルによる素材の変化に付いてくのがやっとになるかもしれない。当然こんな物々しい名前で入手自体が特別な意味を持ちそうな素材でも、ゲーム後半になるともう有り得ないぐらい溜まってるっていうケースも珍しくは無いが。



カービィは昔から操作方法を殆ど変えてないよ




アクセスランキング

カービィシリーズは10年以上シンプルな操作は変わってないよ

 1992年に初めてゲームの世界に登場したカービィであるが、シンプルな外見に違わず、ゲームでの操作も現在も殆ど変わらないシンプルな形を維持し続けてる作品である。因みにこのシンプルな操作は、子供向けの為に簡単にした訳では無くて、皆が楽しめるようにというコンセプトである。

 操作は基本的にジャンプと、空中浮遊と、攻撃手段としての吸い込みで、それ以外は殆ど変わってないと言えるが、これもカービィとしてのシンプルさを大切にしてる証拠である。長い間登場してると、他のゲームであればいきなり操作が変わってしまう事もあるが、カービィは操作性の伝統はしっかりと守ってるのである。

 だけど時折番外編にも登場する事もあるが、その場合は丸みのある身体を生かして、ボール系のゲームに登場する事が多い。カービィボールやピンボール、その他ブロック崩しのようなゲーム等。そこでは勿論アクションゲームの時とは違う操作が要求されるが、やっぱりそこでもシンプルさは変わってないし、そしてカービィシリーズはアクションゲーム系、番外系どれをとってもその殆どが名作揃いという任天堂が誇りに思っててもおかしくないシリーズである。



リトルビッグプラネット PSvita




アクセスランキング

リトルビッグプラネット PSvita



こんな方は是非購入!!

1.人々の夢から生まれた惑星の世界を探検してみたい!

2.木材や金属等と言った、素材のリアルさを追求された世界を見たい!

3.アクションゲームとして、そしてクリエイトの楽しさを味わいたい!


 初代から既に斬新なアイディアを大量に取り込んだとして世界で90種類以上の賞を得たとされる世界で400万本以上の売り上げを叩き出したソニーから生み出されたアクションゲームのVitaバージョンです。携帯ゲームになっても、このゲーム特有の世界観と、シンプル且つ奥の深い操作は失われてません。

 夢が詰まった不思議な惑星では、見てて飽きない不思議なギミックがステージの各所に散りばめられてます。まるで夢そのものの世界に迷い込んだような不思議で、そして子供の時に見た工作を思わせるような温かみのあるギミック達と触れ合いながら冒険するストーリーに触れる事で、あの頃の幼い頃の記憶が蘇るかもしれません。

 ステージのクリエイトも健在で、あの任天堂さえも悔しがった程の自由度を誇るクリエイトがまたプレイヤーを夢中にさせてくれます。是非、夢の世界に踏み込んで、そこで夢を楽しむのもいいかもしれませんね。

ゴッドイーター2 レイジバースト




アクセスランキング

ゴッドイーター2 レイジバースト



こんな方は是非購入!!

1.アラガミと呼ばれる魔物との世界を味わいたい!

2.モンハンとは一味違ったスピーディな戦闘を味わいたい!

3.完全版と化した今作を味わい尽くしたい!


 内容としてはゴッドイーター2の完全版で、新シナリオの追加や、既存部分の修正や、追加要素等の新作に相応しい要素で備えた作品となってまして、PSVitaとPS4の2つで発表されてます。

 モンスターハンターに似た狩猟系の作品ですが、やはりあっちとの違いとしては、スピーディ且つファンタジーを思わせる世界観で、そしてモンスターハンターとは違って明確にストーリーが用意されてたりと、キャラの明確な立ち位置や存在感が非常に深く掘り込まれてます。それがゴッドイーターの世界です。

 新要素が複数追加されてますが、その1つにブラッドレイジと言う厳しい誓約せいやくの中で、攻撃力が増大したり機動力が増大したりという無双が出来る要素も存在します。より過激且つスピーディに戦える要素がある意味目玉となってるかもしれませんね。

 10月後半にはまた新シリーズが登場しますが、今作でもまだまだ充分楽しめると思われますし、新要素及びストーリー、そしてゲーム自体が持つ独自の緊張感や楽しさがまだまだ残ってくれると信じたいものです。

リンクとゼルダ、間違う者も昔は存在したのよ




アクセスランキング

ゼルダの伝説より、リンク

 任天堂から発表されてるアクションアドベンチャーの主人公が登場するあの作品こと、ゼルダの伝説であるが、昔はこの緑の服を着た青年(少年?)がゼルダだと勘違いしてた者もいたらしい。確かにタイトルがややこしい為、ゼルダの伝説というタイトルを見て、最初に操作する自分のキャラ、つまりリンクがゼルダであると勘違いする可能性も確かにある。

 子供の場合、説明書をよく読まずにゲームを始める事が多いし、そしてインターネット等で何気なくキャラを調べるという事も出来ない為、尚更勘違いしやすい。だけど子供の場合、ストーリーよりも単にゲーム性だけを意識してる可能性も非常に高い為、名前はそこまで知らなくても問題は無いのかもしれない。

 世界観が世界観である為、リンクだろうがゼルダだろうが、名前だけを見ると性別の判断も微妙に難しいかもしれない。それが尚更どちらがどの名前なのかという勘違いも起こる可能性があるが、ゲームをする上ではあまり問題にならないのは、それは幸いなのかもしれない。