小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 創作活動的な雑談
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
メロン熊はメロンの甘さの影響で人気を呼んだ……訳では無いらしい
メロン熊は凶暴に見えるけど、夕張の人気者である

 北海道旅行の時に思わず購入したメロン熊であるが、夕張市で誕生した熊である。メロンに熊の口と耳と手足が付いたような形状をしてるが、この熊に関してはヒグマがメロンと融合してる為か、見た目がかなり怖く見える。

 グッズとかではこの写真のように熊の顔が付いたマスクメロンに手足と尻尾が生えたデザインであるが、着ぐるみ等の場合は人間が中に入る関係上、胴体に手足が付くのである。そして凶暴そうな外見通り、ゆるキャラが集まるようなイベントでは他のゆるキャラに噛み付いてると言う。

 ゆるキャラらしかぬインパクトを持つ熊のキャラであるが、そのインパクトがウケたという。一応は多少は可愛くデザインされた熊のバージョンもあるが、基本的にこの凶暴且つリアルな顔付きであるこの熊も特に区別無くメロン熊と纏めて呼ばれてるとか。

 本来熊は凶暴で人を殺す鬼畜な動物であるが、折角メロンと融合しても元々の凶悪そうな外見だけは変わらなかったようである。でもメロンと融合した事によって、確かに凶暴性は残ったままだが、でも人を殺す事は無かったようである。結果として現在は観光地での人気者である。


2017年最初は北海道の小樽市での観光でした
オー!マイキー! ボブ先生とボブママ

 やっぱり平日の工場作業は苛烈と言えます。まあそりゃ新年も迎えてる訳ですから、仕事も沢山やってきますし、そしてなんか毎日を限界まで使わないといけないかのような仕事量になってきてます。まあ身体が壊れるなんて事は無いとは思うけど、どちらにしても今は苛烈なので適当にやってたらまず間に合いません。

 その分残業代もしっかり出ますけど、睡眠不足が心配ですし、そして個人的な活動が狭められてしまいます。まあ自分の生活の為に働いてるので、それで平日のプライベートが多少少なくなったとしても文句は言うべきではありません。自分の為に働いて、そして結果的に稼いだ分は自分の趣味にも使えてるので、残業とはある意味では幸せの時間とも言えます。

 それでも、やっぱり残業が続けば肉体的に危険になるので、何とかして残業が出ないようにすべきかもしれませんが、納期が沢山迫ってるとそうも言ってられません。今は自分は2台の機械を動かしてるので、両方をフルに使わないときっと納期とかに間に合わなくなったり、或いは片方が全然動いてない、なんて事になりかねないでしょう。

 さてと、一応正月旅行自体はもう終わってしまった訳ですが、だけどあの時の記録だけはまだ残り続けてます。写真も残ってますし、そして購入したグッズもしっかり残ってくれてます。

↓アークスカフェのマスコットは普通に可愛いと思うw↓

アークスカフェで購入したマスコット

 新宿でアークスカフェを堪能してきた時に購入したマスコットですが、何れも彼ら(彼女ら?)は外見的には可愛さがあるから、マスコットとして採用されたんだと思いますし、逆に敵モンスターだったりすると外見的に恐ろしい奴とか、物々しい奴とかが多いから、マスコットとして採用はされないでしょう。

 しかしファンタシースターオンライン2のキャラグッズを購入してしまった以上は、もうあのゲームを手放す事は出来ないでしょう。今プレイしてる感じを見てる限りは特に異常とか不満とかはありませんから、サービスが終了するまでは長く続けられるかと思われます。フロンティアZとの掛け持ちという関係上、あまりプレイ出来ない事も多いですが、時間を見つけて何とか堪能はしたい所ですね。

 でもオンラインゲームのキャラがグッズとして現実の方に出てきたとしても、実際に手に出来るのは結局は金がある人だけです。そして、社会人のプレイヤーの場合は乱暴に課金する事が多いので、グッズとかにいちいち金を使おうとするのかどうかは疑問だったりします。まあ人によってそれぞれでしょうけど、ゲームにだけ興味があって、グッズとかには興味が無いっていう人もいますから、個性に関しては何も言う事は無いでしょう。

↓ディズニーグッズもそこでしか買えないという強みがあるよ↓

ディズニーランドで購入した晴れ着姿のミッキーとミニー

 ミッキーとミニーの晴れ着姿のマスコットですが、ディズニーランドの公式サイトでは全部のグッズは紹介してないみたいです。紹介しきれないのか、それとも欲しいなら自分で来なさいっていう意味なのかは分かりませんが、始めてディズニーランドに行く人にとっては、ほぼ全部の商品が初めて出会う商品になる事かと思われます。カタログとかで見てもほんの僅かしか載ってないので、実際に行かないと何が売られてるかなんて分かりません。

 当然ではありますが、確かにディズニーキャラはほぼ全員揃ってると言えます。だけど、それらがどういう形で売られてるのか、ですね。マスコットとしてなのか、それとも菓子の缶のデザインとして描かれてるのか、クッションの形になってるのか、ピンバッジになってるのか、或いは文房具なのか、形はそれぞれです。

 そして、ディズニーランドですので、置いてある商品の99%以上がディズニーランド限定と言っても間違いは無いかと思われます。まあ折角高い入園料を払ってるのに、売ってる商品が他の場所でも普通に買えるような物だったらショップの価値が薄れてしまうでしょう。欲しかったら自分の足でディズニーランドに行く事をどことなく強要してるようにも見えますが、でもグッズ自体の価値を上げるならしょうがないでしょう。








続きを読む

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

東京ディズニーリゾートはやっぱり異次元空間とも言える世界である
オー! マイキー! トニー&チャールズ

 2日目の正月旅行の時は遂に東京ディズニーリゾート、厳密にはあそこは千葉県なんですが、あの夢の世界とも言える亜空間に行ってきたんですよね。まあ単独で行くには凄まじい度胸が必要だと噂されてますが、でも実際に行ってみると他の客達は自分の事で精一杯なので、他人がどうこうなんて構ってる余裕は無かったみたいですね。

 まあ前回は中野区の話ぐらいしか出来ませんでしたが、残りの新宿と池袋でも東京に相応しい楽しさを味わったんですね。何れも巨大な繁華街なので、観光客を楽しませないはずがありませんし、調べれば何かしらのイベントが用意されてる事も多かったりします。

 新宿に行った時はPSO2こと、ファンタシースターオンライン2のアークスカフェなるものが展開されてたんですよね。

↓これがアークスカフェの看板でしたw↓

アークスカフェ 新宿での看板

 スイーツパラダイスと呼ばれる店の中でコラボカフェが展開されてましたが、ここに来る客の目的はやっぱりアークスカフェの方で、そしてやっぱり列も出来てたので、如何にこのゲームが愛されてるかが分かりました。まあ東京なので、人が多くないとそれは非常に不味いんですけどね。そして人が来なかったら、PSO2が大したゲームでは無いという証明にもなってしまいます。

 ただ、やっぱりこういう店は友達同士で来てる客が多かったですね。まあ中には親子で来てる人もいましたけど、いずれにしても年齢層は広いみたいです。学生もプレイするし、社会人や主婦もプレイするみたいですが、オンラインゲームの場合は程々にしないと生活が壊れます。

↓絵画も魅力的でした↓

アークスカフェでの絵画
アークスカフェでの絵画

 コラボカフェに続く階段に展示されてた絵画の一部なんですが、ゲームを詳しく知ってると、こうやって魅力的に描かれたキャラの絵を見て黙ってられなくなります。まあ残念ながらこういう絵を纏めて1冊にした書物とかは売店には無かったんですが、だけどゲームを彩るのはこういうキャラ達だという事を改めて実感させられます。

 折角期間限定のコラボカフェに行くんだったら、こういう何気なく展示されてる物にも目を向けたいですからね。

↓ラッピーのチキンカレーとアムドゥスキアの飲み物w↓

アークスカフェ ラッピーのチキンカレー
アークスカフェ アムドゥスキアの飲み物

 ラッピーとは、所謂マスコットキャラでして、PSO2ではヒヨコみたいな姿をした存在として登場します。そしてアムドゥスキアとは、惑星の1つで、飲み物の方は惑星をイメージした紫色になってます。

 味に関してはこういう店ではあまり過度に期待はすべきではありません。こういうコラボカフェっていうのはあくまでも雰囲気を楽しむ場所でして、味に対して過剰に期待を寄せる場所ではありません。所詮は東京なので、場所自体は素晴らしくても、料理の味に関しては平凡レベルです。あくまでもコラボカフェという雰囲気を楽しむ為に入るべきでして、味に関してはあまり拘らない方が身の為です。多分。

 だけどやっぱり世界観を再現した料理に関しては、実際にあのファンタシースターの世界に入ったかのような気分にさせてもらえますし、あのジュースに関しても惑星をイメージした作りになってるので、そういう芸術的な取り組みに関しては評価すべきだと思います。

↓展示品やグッズも勿論w↓

アークスカフェ 展示物 ラッピーとリリーパ族
アークスカフェ ショップの棚

 ラッピーとリリーパ族の置物ですが、これはカフェを出る時に見かけた物です。勿論撮影させてもらった訳ですが、イベントの時はこうやって表に出てくるという事は、ゲーム自体もやっぱり高い注目度を得てる証拠になるでしょう。でもこのオブジェに関してはかなり高そうですねw

 そしてグッズもお約束とも言わんばかりに並んでくれてます。折角のコラボカフェに行ったからにはただ食べて終わり、じゃなくて、きちんと記念のグッズを持って帰って、いつでもあの時の思い出に戻れるようにすべきです。因みに500円毎に特製しおりを貰えた訳ですが、6000円分ぐらい購入したので、いきなり全種類揃える事が出来てしまいましたねw

 そんでもって、新宿の後は品川のホテルでチェックインして、そしてすぐに夜の池袋に向かいました。

 目的はニコニコ本社ですね。

↓ここが池袋のニコニコ本社↓

ニコニコ本社 池袋にあります

 夜に到着した本社ですが、正直中身に関してはちょっと地味だった気がしました。

 女子が好みそうなイケメン揃いのバーがあったぐらいで、そして会社というよりは店みたいな、飲食店みたいな、ちょっと不思議な場所でした。でも個人的な感想としては、ニコニコ本社はあくまでもニコニコ動画の影響で注目を浴びてるから、本社自体も輝いて見えるような錯覚を覚えさせてくるだけで、中身自体はあまり大した事が無いような気がしました。

 まあ自分の楽しみ方が適切じゃなかったっていう可能性もありますが。

↓グッズコーナーもやっぱりニコニコ色でした↓

ニコニコ本社のグッズコーナー

 ニコニコ本社だけあって、グッズもやっぱりニコニコ動画を連想させるようなデザインです。

 褒めて言えばニコニコ動画に相応しくシンプルなデザイン、悪く言えば地味、でしょうけど、ニコニコ動画は過度に派手じゃないデザインだからこそ、こういうグッズもなんかのほほんとしててそこから不思議な可愛さも出るんだと思います。

 確かに場所は魅力的ではあったんですが、でもグッズを購入してすぐに立ち去ってしまいました。まあ夜遅い時間だったという理由もあったんですがね。








続きを読む

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

正月旅行初日は中野区、新宿区、豊島区でした
オー! マイキー! ボブ先生とボブママ

 残念ながらもう正月休みは終わってしまいましたが、だけど年に1回の大イベントでもあったので、きっと色んな場所でそれぞれの過ごし方をした事だと思われます。旅行とか、家で寛ぐとか、実家で過ごすとか、色々あったと思いますが、いずれにしても正月休みの時は自分がしたいと思える事をしないと非常に勿体無いと言えるでしょう。

 子供や学生の立場の者達はお年玉というイベントもあるでしょうけど、でも社会人になればお年玉の総額以上の金銭を使えるようになるので、学生の時は結局常に金欠状態です。だからこそこういう年に1回だけのイベント、っていうか金銭を貰えるような時はもう至高の時間になるでしょう。

 でも果たして学生達は貰ったお年玉をどう使うんでしょうか。ゲームに使うのか、それとも遊び歩くのに使うのか、それとも将来を考えて貯金するのか。

 それより、正月休みが終わった後の仕事はまたハードになってますが、でもまずは正月休みを振り返るのが先なので、とりあえず、去年の12月29日初日の話をまず振り返るとしましょうか。






続きを読む

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

キャラ達には想いを込めながら頑張ってもらう方がいい
オー! マイキー! 南出 ナンデ なんで

 多分この記事が今年最後になりそうですが、だけど正月休みはいい気分で迎えられそうです。実は数週間前まで咳と鼻水に悩まされてたんですが、薬を飲んであっさりと治ってくれました。おかげで体調不良の状態で東京と北海道に行く必要が無くなりました。まあ今も油断は出来ないので、薬は完備しとかないと旅行先で偉い事になると思います。

 それと、もう自分は大型連休の時に旅行をするようになって大体4年ぐらいになりますが、1年で使う旅費は累計60万円ぐらいです。なので、もう3年ぐらいはびっちりと旅行に金を使ってるので実質的にはもう180万円ぐらいを旅行に使ってる計算になります。学生時代の時は考えられないような大金ですが、今はこういう金を平然と使ってるという事実があるので、自分の金銭感覚がそろそろおかしくなったのかと少しだけ感じるこの頃です。

 でもこういう金の使い方ってのは、ちゃんと貯金が出来てこそやっても許されるやり方なんだと思います。何十万も使ってると、それは自分の金銭管理が出来てないように見られる可能性もありますが、実質的にちゃんと貯金は出来てますし、その上で旅行をしてる訳です。貯金が無いのに旅行で大金を使うなんてのはとても出来ません。

 まあ独身生活だと自分の事だけでしか金を使わないので、余程酷い使い方をしない限りはどんどん貯金が出来ると思うんですが、果たして貯金が出来るのは凄い事なのか、それとも貯金をするのは常識且つ当たり前なのか、その辺は分かりません。貯金が出来ないのには必ず理由がありますが、だけど理由は人それぞれである為、貯金が出来ないから駄目人間という方程式は成り立たないでしょう。

 でも、やっぱり独身で本当なら貯金し放題なはずなのに、ピンサロだのキャバクラだの風俗だので毎月とことん遊んでるなら話は別になります。そんなんじゃあ貯金なんてまるで貯まりませんし、それこそ本当の無駄遣いにしか見えません。価値観の問題かもしれませんが、あの短時間で膨大な料金を払うあの世界に入ろうとは自分はとても思えません。

 もし自分がキャバクラとかに通うようになったら確実に貯金なんて出来なくなるでしょうし、最悪の場合、大型連休恒例の旅行すら行けなくなる危険があります。それじゃあ自分の楽しみとか人生も崩壊してしまいますし、そして親の知り合いで風俗に通い過ぎて借金塗れになって、それで奥さんと子供に逃げられたという人もいたみたいです。

 それより、数ヶ月前から嗜んでた『No Man's Sky』ですが、最近は大型アップデートがされて、そんでもってゲームモードが充実したとの話でした。

↓モードが充実すれば宇宙も充実するようだ↓

No Man's Sky 新しくアップデートされたモードが複数

 クリエイトモードと、サバイバルモードが追加されたんですが、前者は基地建設をコスト無しで好きなように作れるという内容で、そして後者はより生き抜く事を困難にした戦いの激しさを知るような世界になったモードとの事です。

 宇宙探索がどうしても単調になってきたから、何とか打破しようと、制作会社の方が本気を出したみたいです。おかげで同時ログイン数がまた復活したという話もありますが、新しいゲームモードに加えて、そして内容に関しても一部改良が加えられた上で進化したとの事でした。折角素材を集めても、使い道が無ければ本当に単調になってしまいますから、あのアップデートは大きいものだったと思います。

 貨物船や宇宙基地を作れるようになったので、アイテムも更にストックしやすくなって、そして基地でまた新しいテクノロジーを作れるようになるので、宇宙探索がこれによってまた更に快適且つ壮大になる事だと思います。PS4特有の簡単に画像を保存出来るあのシステムもあるので、また色々と撮影したくなりますね。








続きを読む

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

キャラを創作すると、自分の性格にも変化が出るかも
オー!マイキー! ボブ先生とボブママ

 相変わらず12月に相応しく、愛知の朝は寒いと言えるでしょう。だけど暑いよりはホントにマシですし、そして暑いと今度は不快な気分にもなるので、やっぱり寒い方がマシです。とは言え、車のフロントガラスが凍り付いてしまうので、出勤とかの場合はそれを取り除く時間も考慮した上で外に出ないと遅刻に繋がります。

 そしてやっぱり工場作業の方はハードです。もう夜の9時辺りになってやっと帰れるのがザラで、正月休み手前はいつもこんな感じです。でも身体が砕けるような作業の後は必ず喜びもありますし、正月休み手前の日曜日は妙に輝いて見える事も多いです。のんびり出来る時間があるというのは幸せな事ですし、そして大型連休手前の時に予定の見直し等をすると、また新しい発見があったりする事もあります。

 そんでもって、今年はディズニーランドに行く事が決定してるからか、ディズニー関係のイベントがコンビニで展開されてるとやっぱり無視出来ないんですよね。

↓サークルKでディズニーのイベントがありました↓

サークルKでは現在ディズニーくじが展開されてます

 手っ取り早く言えばクジでフィギュアを入手出来るっていうイベントですね。でも1回で700円なので、決して子供にとっては安い金額ではありません。とは言え、やっぱりディズニーキャラなので、子供が見て興味が沸かないなんて事は無いでしょう。

 フィギュアであって、キーホルダーのようにも見えるこのアイテムですが、これを見てるとなんだかディズニーランドが徐々に近づいてきてる事を実感させられます。ディズニーランドではきっと個性的なキャラが客を迎えてくれるので、こういうフィギュアを手にすると、何だかディズニーランドの練習になるような気がします。

 まあでも実際に行かないと楽しさは分かりませんし、ただフィギュアを入手した程度ではディズニーランドの雰囲気なんてまるで味わえないでしょう。でも大人料金だとあそこに行くには7500円ぐらいかかります。フィギュアは700円で1つ入手出来ますが、値段の差は10倍以上です。さて、ディズニーランドに行った時に自分の精神はどうなってしまうんでしょうか。






続きを読む

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

2016年を振り返る おぞましき惨劇編
オー! マイキー! ハワード弁護士

 さてと、残り3週間程で遂に正月休みを迎える訳ですが、それに伴って工場作業の方も凄くハードになってます。やっぱり年末はどこも忙しくなると言いますが、社会人になるとそれを直接自分で受ける事になるので、子供の時は親が如何に大変だったかが分かるかもしれません。まあ中には折角忙しく頑張ったのに、正月休みはどこにも行けなかったという悲しい家庭もあるみたいですが。

 正月休みが近くなるともうホテルとかの予約もいっぱいになってしまいます。誰だって旅行の為の宿泊施設は確保しないと夜を安心して過ごせませんし、そしてその場でホテルで部屋を取るとかなり余計な金がかかるとも言いますし、部屋が空いてなければどうしようも無いので、事前に予約する事は大切だと言えるでしょう。自分は予約でしかホテルの部屋を取った事はありませんが、その場で部屋を借りれる自身が無いので、これからも予約で行った方がいいでしょう。

 しかし今回は正月連休の出費がどうなるんでしょうか。一応ざっと見積もってみると30万は行ってしまう計算になりますね。やっぱり正月休みは日数が多い分それだけ旅行先で使う金額も多くなりますし、そして交通費だけで総額75000円ぐらいなので、どうしても30万ぐらいは決定してしまうのかもしれません。やっぱりコミケとディズニーランドがあるから、そこで特に使ってしまうのかもしれませんね。

 旅行の時は特に買い物が楽しくなりますが、観光先で売られてる物ってやっぱりその土地特有の何かがあるから、買わないと損した気分になりますし、思い出として持って帰る為にも買い物は必要です。ただ、買えばそれだけ家の中も物が多くなってしまうので、配置場所とかを意識しないと買ったはいいが、置く場所に困るという事態に陥ります。

 もうすぐで正月休みなので、仕事の方も忙しくなってきてますが、だけどもうすぐ東京に行けるので、期待しとかないと損になるでしょう。

↓これが輝かしい東京ですw↓

東京の世界は輝かし過ぎる

 まあ旅行の時にもう何回も訪れてる首都なので、殆ど身近にあるような世界だというのが自分的な感情ですが、行くのに片道で大体2時間と1万円かかるので、行く機会は限られてます。

 だからこそ行く度に常に魅力のある世界を味わえるように旅行計画をしてますが、今回の正月旅行の時も盛大な計画になりそうです。ってかなってます。コミケとディズニーランドを一緒に行くとなれば、もうそれは贅沢な旅行になるので、気を引き締めないといけないでしょう。油断したら一瞬で全部がパーになるでしょう。時間を無駄にしてしまえば、折角の楽しさも無くなります。



 さてと、それより、今年を振り返る記事も今回で最後ですが、残念ながら今年もまた酷い惨劇に襲われてしまいました。まあ惨劇の原因となった相手の名前を直接は載せない事にします。というよりは、載せる価値が無いと言った方が正しいんだと思いますが、だけど今回、どうしてあんな惨劇に見舞われる事になったのか、独自研究と分析と考察を混ぜながら、説明したいと思います。








続きを読む

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学