小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 2010年08月
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
キャラはやっぱり『いい』性格の方がいい? そして……
オー! マイキー! バーバラ・フーコン

最近徐々に札幌も涼しくなってきたような気がしますが、道を歩く人の姿は大抵Tシャツオンリーが多いですね。そこまでいかなくても相当な薄着です。まあ暑いからねぇ結局は……。しかもこの前豪雨があって土砂崩れあったって小樽で言ってたしね。死者も出るってどういう事よ?

私は暑いのは嫌いですが、その割りにはTシャツオンリーの格好が嫌いです。だって地味だもんw だから常に上にはジャケット着てますが、真夏の7月の時は常に腕まくりでしたw 腕の辺り汗だらけになるし。でもTシャツだけってのは嫌いw



さてさて、自動車学校の方もそろそろ山場に差し掛かりましたが、運転って疲れるw しかもなんか最近は左に寄り過ぎてラインから食み出てるって指摘が入ったし……。これってちょっとまずくね? 折角新しい事覚えたのに古い事が劣ってくって……。まあでも敷地内だったらどんな事しても教官が助けてくれるし、指示してくれるし、時折キツい事も言ってくれるから、ジャンジャン失敗して身体で覚えるのが一番だったりしてねw

でもクランクとS字カーブきつい……。クランクはまあとりあえず停車しながらハンドル思いっきり切ればOKだけど、S字カーブは……。なんかハンドル切るタイミングが遅いって……。しかも結局S字だけ1回も成功しなかったし……。



さてと、最近撮影した画像データをほいほい流してみるとしましょうかw



↓セコマのクロワッサンだけど……↓

バタークロワッサン

とりあえず、これ120円のバター味のクロワッサンで、最近セコマに出没した出来立てのパンなんですけど、なんか売れてねぇぞこれ!! なんで? いっつも山のように引き下げんなって、そして結局捨てられます。こんなに売れ残って経営大丈夫かよ!? セコマもかなりピンチやん。100円だったら買う可能性あるってのに、20がすげぇ余計……。

友人もこの前買った時に言ってたけど、値段の割りにはあんまり美味くないってさ……。120円あったら他のもん買うってさ。そこまで言うかよ? でも確かにあれで120円はちょっと……。世の中微妙に高いだけで敬遠されるってのか……。



↓この前手稲駅のたい焼き屋で買ったw↓

たい焼き カスタードクリーム

はい、ポピュラーな和菓子こと、たい焼きですが、中身はクリームですw 味の方は120円(じゃなくて閉店時間が近かったから60円w)にしては相当な美味でしたw ってか通いたいw 何回食っても飽きなさそうなこの味はいいですね。友人にも好評でしたw

60円だったら学生の私でも結構買えますからね。因みに写真撮ろうとしたっけいきなりケータイの電池切れかけたんで、友人に写してもらいましたw



↓そんじゃ、最近ちょちょいとやったプライズの景品w↓

かつおぶしだよ人生は

はい、かつおぶしの猫ですが、また例の棒を伸ばして手前に引っ張り落とすタイプの楽々プライズマシンでゲットしました。300円で2個取りまして、1回だけしくじりました。でもこの猫も結構人気あるらしいw この前の時と比べてちょっと猫の量減ってたw



↓ロバの姿したマスコットだけど……↓

Roby CYMNIC

これは結構前から残されてたんだけど、マスコットのロバフィギュアです。200円で2個ゲットしましたが、売れ残り的な扱いなんでしょうか? にしても結構何ヶ月も前から残ってるけどこのマシン自体人気無いのかねえ? 私的には滅茶苦茶面白いってのに……。



↓ムックとガチャピンも懐かしいねw↓

ガチャピタ・ムクピタ

これはムックとガチャピンのブニブニボールでして、床とかに落とすとべったり張り付いて、そんでまた元に戻るっていう面白い玩具ですw だけどまだ袋から出してません。なんか、開けたくないんでねw そんで2週間ぐらい後にゲーセン戻ってみたらなんか柿の形したブニブニボールがあったけど、取ってないw



↓チーズスイートホームw↓

チーズスイートホーム コロコロマスコット

このまえちょちょいと見たらなんか可愛い猫ちゃんが並んでたんで、思わず100円ぶち込みましたw 勝率は100%でして、600円注ぎ込んで6個取れましたw まあ実は1回だけ何も取れなかったんですけど、1回だけ、ダブルゲットしましたw だから結局1回もミスしないで取ったのと同じですねw なんかプレイ中に他の客に見られてたけど、その人達は後でプレイしたのかな?



↓そして久々の我が家のアイドルw↓

ホワイト 我が家のアイドル小型犬

はい、本当の名前はホワイトだけど、最近はオパチョンとか呼ばれたり、オパイトと呼ばれたりする可愛そうな小型犬ですが、まだまだ元気な7歳のメスですw よく二段ベッドの上に拉致ったりしますw そして『飯!』って言うと耳をピンと立ててすぐに近寄ってくるのがまた面白いです。

たまにはこいつの写真も貼ってやるのもいいかもw





さてと、とりあえず小説の方の話ですが、キャラの設定ってのはどう考えるべきでしょうか?

今回内容が内容なんで、あんまり画像は載せられないかもw とりあえず、折角登場させんなら、読者にも好かれるようなキャラを書きたいものですよね。まあ作者の意図によってはわざと嫌われるような性格を書く人もいると思いますが、出来る事なら読者に好かれるキャラを多く描きたいものです。

だけど、いい奴ってのはどんなキャラ、っつうか性格なんでしょうか? まあここは結構人それぞれによって解釈が違うと思うから、簡単には答は出せませんが、多分優しいキャラは結構優遇されるかもしれません。そりゃああんまり怒ってこないキャラだと小説内のキャラ自体も安心出来るでしょうし、そういう傾向のあるのは女性キャラに多いかとw

でも、いい奴って言うのは何も優しい人だけって訳でも無いですからね。仲間のピンチとか、困ってる時とかに手を出してくれるか、これもあると思います。いや、多分これがホントの意味でいい奴かどうか分かんじゃないでしょうか? だって、仲間が困ってるってのに放置する奴ってなんか腹黒いっていうかやだっていうか……。

ってか寧ろこれが出会いに発展する事もw 特に主人公がなんか困ってるとこに女の子(なんかこれが男だと微妙に違和感w)が助けてくれて、そこからなんかストーリーが発展するっていう展開が王道ながらも結構良かったり? だけど助けてくれるってのはいい事やで。

後は、まあこれは戦闘系小説に限るかもしんないけど、強い奴もいい奴なのか? 戦いでは弱い奴はすぐにやられると相場が決まってますが、でもいくら戦いで強くても性格の方はどうなの? って話になるかもしれないですよね。強い人って性格的には厳しいタイプが多いけど、だけどそんな中で思いやりもある人ってのは必ずいます。小説では厳しくてもいいから思いやりがある人を描くのが大切かも。

後は……何だろう。やっぱり結局は人を思う気持ちのあるキャラがいい奴だと思われんでしょうか? 自分勝手な奴は結局魅力感じてもらえませんからね。そこの所は意識しないとあかんって訳か……。



で、逆に私が個人的に苦手なのが自分の力を無駄に誇示する奴、でしょうか? とりあえず、あまりにも上目線で他人に威張り散らすような奴は好きじゃないです。なんかそんな奴と共にするのは難しい気がします。何かと不平とか飛ばされそうw

だけどそれってある意味ではツンデレの属性になりそうですが、私としてはあんまりそういう定着された属性ってのは使いたくないんですよね。って今はそんな話じゃなかったかw

だけどなんかそういう上目線且つ自分の能力を見せびらかす奴って、なんか困っててもある程度は見捨ててきそうだからちょっと怖いですよね。でも逆にそういう状況だからこそ、弱い方の仲間は強くなれんでしょうか? 自分で力を磨く為に努力するようになる、みたいな?

あんまり威圧的なのも難しいですが、後は個人的に主人公が虐め(?)のようなもの受けてる最中に無視、ってかちょっと面白がってるヒロインってのもあんま好きじゃないかも……。

極端な例で言うと、主人公がとある第3者によってドアで顔面打たれたってのに何にも心配してやらないヒロインとかはなんか冷たいですね。最悪な話、ヒロインはそれを見てその第3者と一緒に笑ってたりしてますからねw そういうのってどうなんだろ……。単独で弄られるって辛いよねぇ……、誰でもいいから味方がいないと不味いっしょw

一番怖いのって誰も助けてくれない事だからね。

とりあえず今回はこれくらいにしようかw 次回は今まで自分が書いてきた話の大まかな流れでも書こうか。



あ、そうだ、それとキャラを作る時って大抵の場合、身長と体重を設定する人が多いと思いますが、結構この匙加減って難しいんですよね。身長に対して体重がなんか変だと太り気味だって思われたり、或いは痩せ過ぎだって思われたりもしますからね。

個人的には男性は体重は結構あってもいいと思うけど、女性はある程度控えめにしてほしい所ですねw あんまり重いといざって時に……。特に160cm程度の身長に対して50kg行く体重ってのはなんか……。

出来れば標準数値じゃなくて痩せ型数値で体重設定したいものですが、結構人間の身体は複雑なので、もしなんかあったら、下のこのサイトに行ってみてもいいかもしれませんw

ローレル指数計算フォーム DX



オー! マイキー! ニックパパ

さてと、現在ブログの方ではコミュニティの方で小説フレンドを探してる所でありながら、例の投稿小説モンスターハンターの方でもちゃんと今までのような関係に戻んないと駄目なんじゃないかって思ってる所です。まあオリジナル要素が多かった作品だけど、やっぱちゃんとストーリーは見てもらわないとなんか個人的に勿体無い気もしますし、あれじゃあ結局自分が今まで書いたストーリー放置するような感じにもなるから、モンハンのようで、オリジナルも限りなく混ざった所謂私ワールドってのをちゃんと見てもらいたいつもりです。

それに、あそこで私は昔宣言してたんですが、2年ぐらい前に活動されてて、そして凄まじい作風で私の事驚かせてくれてた羅王氏に負けない描写をしたいって言ったんですよ。つまり『私が第二の羅王になる!』って勢いで活動してたから、ちゃんと使命は果たさないと名前を出された羅王氏にも無礼だと思いますし、結構私もあそこで今活動されてるライターの人達に大打撃与えたのも事実だから、ちゃんと修復させとかないと二代目とか言ってらんないですからね。

とりあえず、今する事はちゃんとライターの人達に個人個人謝罪と感想残す事と、そんで、ちゃんと自分の作風が尊敬されるように努力する事ですね。私は勝手に自分自身を『二代目羅王』とかほざいてますが、いつかは『三代目羅王』とかも出てきてもいいかと思いますし、そう目標にされるようなライターになってきたいと思います。勿論モンハンとしてどうか? っていう話も出てくる危険性がありますが、そこはとりあえず……どうしよ……。

だけどちゃんとモンハンの面影は残しとかないとあかんってもんだ……。別に他人の理由を自分の正当化の材料にしようとは思ってませんが、羅王氏もあんまり飛竜戦は無かったけど、だけど凄い感じでしたからねw だから、私も負けられないですし、もし彼が戻ってきたらなんて反応されるのか、楽しみではありますが戻って来る可能性なんてあるかどうか……。

兎に角、ニッチとかもあるとは思いますが、小説だからって静かな雰囲気ばっかり意識するのは好きじゃなかったから、どこまで出来るか、ちゃんと試す必要があります。でもあんまり過激過ぎたり、度の過ぎた描写をすると逆に精神的に追い詰める描写になるしなぁ……。




映画グッズ販売専門店ハリコレ。スターウォーズ、エイリアン、ハリーポッターなど豊富な品揃えの通販サイトです。


暮らし 格安家電 役立つ 省エネ型 推進 優良店

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

やっぱ戦闘ファンタジー小説にはいかに敵を……じゃね?
オー!マイキー じいさんとばあさん

いやぁ最近は中央バス自動車学校で教習受けてる所です。
にしても車の運転ってムズっ!!

まあ初めてだからしゃあないか。あれって身体で覚えるらしいから、兎に角練習しないと駄目だって教官言ってましたw ってか初めての人がちょっと厳しめの教官って……。

私初心者なんだから「右だ!」とか言ってくるのやめて~w ただでさえ緊張してんだから頼むよ~w ってか車って元々人の命に関わる鉄の塊だから、操作に対しては多少口調が厳しくなるのも当たり前か……。

因みにMTなので、発進の時にクラッチ操作誤るとマリオカートスタートダッシュ状態になってとっても危険です。最初はしょっちゅうスタートダッシュ状態でとっても危なかったんだけど、2日目の時にやっと治りましたw とりあえず、あれはゆっくり持ち上げて、車が微動した時に離せばいいっぽいw 身体で覚えたぜw

後は曲がり方かな? 大体曲がるラインが自分の視線から見て車の中央辺りに来るように曲がってけば大体は出来たw

あ、因みにもししくじったとしても横から教官がハンドル補助してくれたり、緊急ブレーキもかけてくれますw 私は大丈夫だったんだけど、他の生徒ん中にコースの外に落ちてた奴がいたけど、まあいいやw どうせ私もまだまだ初心者だしw ってか私も左周りの時に内側にちょっと落ちたりしてたしねw ってか内側周りって間隔で覚えないと駄目だからムズいです。人の事言えないじゃん……

そして、運転とは……結構体力使うねw そう言えばうちの小説キャラのミレイったら平気で運転しまくってたけど、実際はチョー大変なんやん……。2時間ぐらい運転しただけでかなり疲れてるってのが……。





さてと、今は私はなんかゲームとかやってるっぽいけど、小説の方と連動させながら意識するとなんか面白いようにネタがホイホイ浮かんできたりする事がありますね。いや、流石に1つの纏まったストーリーを頭で完成させるのは無理にしても、一部分一部分の描写の際に……

「これ使えんじゃね?」

って思うのがあったりすんですよw でも何でもかんでも適当に詰め込むのは駄目だってのは分かってるつもりです。でもやっぱネタがあるとなればなんか黙ってらんないですよね。なんか心動かされたりしたら、もうそれネタにしないとなんか勿体無いw 折角ゲームだってわざわざ代金払ってゲットしてる訳だから、とことん隅までデータ、ってかネタ絞り取っとかないとあかんからw



↓実はレディアントマイソロジー2を再度w↓

テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー2

なんか久々にやってみようかなあ? って思って、自動車学校の合間縫ってプレイしてんです、最近。いやぁでもいいですねぇこのゲームは。まあキャラを意識するってのもいんですけど、やっぱ何よりRPGのような感じだけど、アクション要素の強いゲームなんで、敵の動きとか見てるとたまにネタとかが思い浮かんだりします。

ってかレディアント2のこのキャラにウケてますw



↓いいのか? いきなり載せちゃって↓

カノンノ・イアハート

フルネームはカノンノ・イアハートで明らかちょっと狙ったようなネーミングですが、ゲーム中では私のマイキャラの良き相棒ですw ってかこの人使わないユーザーは多分いないんじゃないかねえ? だって、回復はしてくれるし、攻撃力はあるし、魔法だってジャンジャン使ってくれるし、ストーリー的に一番関わってくる人だから、自然と愛着沸くしw

んで、このお方は少女のくせして重たそうなイメージのある大剣振り回してますが、実はこの大剣は持ち歩く時は重量下げといて、いざ振り落とす時だけ重量アップさせるっていうかなり都合のいい能力秘めてるっぽいんですよ。どっかのサイトで公式的な設定見た事あったんでw

ひょっとしたらこの設定なんかいいんじゃね? って思いました。だって、私が今書いてる小説(昔はモンハンだったけど、もうモンハンじゃないw)で大剣扱う少女がいんですけどね、案外そういう設定も悪くないかもしれないですね。普段は魔力のようなもので極限までコンパクト化しといて、いざ使う時だけ本来のサイズに戻すってのも、いいかもw そんで、一番上に持ち上げて、いざ振り落として攻撃! って時に本来の重量に戻す方法使ったら体力の減少も最小限に抑えられるとか?

何せ今はもうある程度のファンタジー要素は許される状態になったから(でも理論の説明はしないとあかんw)大剣にもちょっとだけ魔法属性入れたっていいっしょw



それでそれでストーリーの途中でかなり燃え上がるのがありましてね、途中でカノンノ氏ったら病気みたいなのに罹っちゃって、病気治す為に指定された場所にアンテナを設置するってのがあるんですね。

その時に登場するゴースト系のモンスターがいましてね、こいつらと戦い繰り広げてるとなんか一種のドラマが激しく頭の中で再生されてくれんですよねw



↓シャドウガイスト↓
↓  リターナー ↓
↓  ワイト   ↓


シャドウガイストリターナーワイト

実はこいつらの集団と戦ってる間、ずっとカノンノは医務室で苦しんでたんですね。だから、こいつらと激闘してるとしょっちゅうカノンノの事思い浮かべたりすんですよ。

そんでこいつらがメッチャ強いし、しかも4人で襲い掛かってくるし、体力も多いし、凶悪な魔法も使ってくるからとっても強いんですよ。油断したらこのゴースト野郎に殺されます。

だから戦闘中はハラハラドキドキでしたねぇ。しかもカノンノの命もかかってるから、絶対負けちゃいけないっていうなんかそんな責任すら感じてましたからねぇ。そう言えばあのゲームのボス戦の曲も良かったですねw

アニメとかであんな風に流れたら鳥肌立ったりしてw いや、でも親の前とかの危険性もあるから結構危ないかもw



そう言えば小説のキャラ声優の声当てるのはチートプレイだって意見があったんだけどね、確かに……まあキャラに声優なんか当てたらかなりイメージ勝手に出来上がっちゃうし、逆にキャラの設定がひょっとしたら、その声優じゃあ合わないとかそういう事になる可能性もありますからね。

でもカノンノ氏の声優こと、伊藤かな恵氏はこの人も担当してんですよねw



↓しゅごキャラのヒロインやで↓

日奈森あむ

最初私がこれ知ったのはセコマのバイト中に本棚ちょっと眺めてた時に『なかよし』って雑誌の表紙にピンクの髪持った少女が映っててね、そんでちょいネットで調べたらしゅごキャラのヒロインだって事が分かったのよw

んでストーリー自体はなんかなりたい自分がどのこのって……、まあそれは動画サイトとかでアニメでも見てみんさいw その方が早いからw

そんでもって、日奈森あむ氏はこう見えて小学生っぽいです。制服っぽい感じの服だから中学生ぐらいは行ってるかと思ったけど、実際は違うみたいw でもクールってのがまたカッコいい感じしますし、黒っぽい服ってのも、まあいんじゃね?

因みにネット上では結構この作品評価高いっぽいですね。いや、実際良かったです。単に可愛いキャラで釣るんじゃなくてちゃんとストーリーハッキリさせてるとこが良かったっぽいです。

実を言えば私もなんか漫画でも中古屋で買って読もうかな~とか思うけど、あれって少女漫画だから買うにはメッチャ勇気いんじゃん……。なんか別の漫画でも買って誤魔化すしか……。



↓クロマティとかねw↓

魁!!クロマティ高校

これは不良系ギャグマンガであって、人間心理を扱った暑苦しい漫画ですw とりあえず、面白いんで、中古屋とかで見つけたら買ってみようw だって、ウケるもんw

不良の学校だけど、人間以外の生命体がいるのもまたすげぇw ゴリラとか、ダンディー外人っぽい奴とか、マシンとかw



あ、そうそう、私は別に可愛いキャラばっか好きかっていうとそうじゃなくて、いくらかはわるな属性持った人だって結構好きだったりしますよ。



↓GTAを忘れてはいけませんw↓

バイスシティのタイトルです。なんか一線を画したデザインなのですよw

これはバイスシティのやつですが、犯罪に手を染めるゲームってのは力が強過ぎる訳です。まさにアウトローなゲームでして、属性も勿論アウトローです。可愛いキャラなんている訳ねえだろw いるのは性格悪い政治家とか、麻薬王とか、殺し屋とかばっかです。

勿論なんか争いがあればすぐに殺し合いです。そりゃまあ対話とかはするけど、最終的には死ぬか生きるか、なんですよね。こんな所では萌えなんか意識出来る訳ねえだろw

でもストーリーは麻薬とか、金とか、不動産とか難しい問題が多い訳ですよねえ。縄張り(これをアウトロー社会ではシマと呼ぶっぽいw)を保つ為に日夜奴らは拳銃片手に争い合うんです。



↓実は私はトミー氏に憧れてるw↓

トミー・ベルセッティ

あ、いや、別にこの人の犯罪行為に憧れてるとかじゃなくて、人物として小説のネタに出来ないかなぁって意味でねw

普通はこんな犯罪の世界に溶け込んだような男ってのは普通は他のジャンルのキャラとは共演出来るはず無いでしょう。いつ殺されるか分かんないような殺し屋世界ではその世界に通用したキャラしか生存出来ないはずですよ。

でもさっき言ったカノンノ氏もまた強さってのがあるけど、彼は彼でまた違う意味で強さを持ってる訳ですね。勿論カノンノ氏みたいに魔法なんか使えないけど、運転技術とか、重火器扱う技術とか、その他経営に関する技術はとっても一流です。

でもカノンノは魔法使えるから、そこら辺がファンタジックな意味合いで強いんだよねw けどトミー氏に拳銃突き付けられたらカノンノだったら絶対泣くっしょw だって、拳銃怖いもん。でも魔法とかで炎とか出されたりしても怖いけどねw



んで、バイスシティの方では今ストーリー読み直しながら最初からプレイしてますが、最近車の免許の取得頑張ってるせいで運転がいかに大変か改めて知った気がするw たまに油断して他の車と正面衝突するけど、ちょっと気とか抜いたらすぐ事故るってのが恐ろしいよねえ。ゲームだから車がちょっと凹むだけで済むけど、実際だったら乗ってる奴2人とも死ぬ……。車自体はきっと炎上するでしょうw ってか対向車線の上平気で走り回ったりしたら免許切られるだろうし……。いや、切られるw そんで、相手の車強奪したらもう免許とかの話じゃなくて、犯罪じゃんw

だけどアウトローを知るっていいですね。とりあえず、私が求めるものは出来るだけこう言う裏社会に精通したような怖い奴と、少女マンガとかに出てくるようなちょい可愛い系を共演させれるようなストーリー設定でしょうかね? 勿論なんでもかんでもごちゃ混ぜにしちゃ駄目ってのは分かってるけど、とりあえず雰囲気が大事ですからねw



↓そう言えば最近モンハンはしてないっぽいw↓

rioreusu.gif

とりあえず、1年ぐらいやってるリオレウスG級討伐ですが、まだ天鱗が出てこないんですよね。どんだけ確率悪いんでしょうか?

まあ……実は私の小説はもうモンハン小説っていう二次創作世界から脱退した訳なんで……、脱退した後に冷静に考えてみるとモンハンってのは光の勇者じゃないんだよなぁ……って意識がより強くなってくような気がしてねぇ……。だから世界平和の為に戦うとかそういう風に考えるハンターってどうなんだろ? って思うようになってきた……。

まあ私は悪の組織なんか出しちゃってましたけど、あれってモンハン自体を過激にする為の要素だったんだよなぁ……。

どっかのサイトではモンハン世界のハンターってのは勇者というよりは現実世界で言う害虫退治の業者だって言ってたけど……なんかちょっと分かってきたような気が……。

そう言えば私はモンハン小説だった頃もなんか曲でイメージ作りながら書いてたよなぁw



↓Reign of terrorとかw↓

reign of terror

あ、このメンバーはイタリアのヘビメタバンドでして、通称は『ラプソディー・オブ・ファイア』です。私の小説作成のテンションアップに異常な程貢献して下さってる私の中では間違い無く最強クラスのメンバーです。だって、この人達のファンタジックな曲調がまさに戦いっていうものを描いてくれますからねw

↓これが歌詞だぜw↓

Rites of brutal violence
Tears of broken innocence
Chaos and intolerance
Cum resurget
Pater lacrimarum

Seven raging epic wars
Seven towers bleeding stone
Seven sins for his reborn
Cum resurget
Pater tenebrarum

For the children fallen
For the dreams you've stolen
For the smile of women
For respect and love

May the flame of angels
Clash your hordes of demons
Stop your resurrection
Burn your fallen soul



って読めねぇ……。地味にイタリア語も混じってるから多分読むのは無理だと思いますが、実際に聞くと曲の良さが分かります。あ、でも洋楽って元々日本じゃあちょっとマイナーだしなぁ……。友人に聞かせてもあんまりいい反応してくんないし……。

だったら私も邦楽でテンション上げられる曲探すべきかって思うけど、邦楽だとなんか……テンション上がんないw まあいいや、邦楽の話は一旦置いといて、でもこの曲の作りはなんかね、男性ボーカルの中に敢えて微妙に女性ボーカルもちょちょいって混ぜてるとこがなんか良かったりすんですよね。そこで雰囲気作りみたいな事して、どんどん視聴者を引き摺り込んでくような感じ?

因みにもしこれがアニソンになるとしたら絶対OPだと思うw 地味に私の頭の中でOPのアニメーション考えてたりすんですけど、だけど結局飛竜出てなかったw 殆どサビではメインキャラと幹部が戦ってるとこしか映ってねぇw

そして、こういう自分で勝手に連想したOPとかをモンハン小説を書く上で考えたりするかどうか、ってのも実はあの投稿サイトで聞きたかった内容だったりするけど、皆はどう反応するのか……。ってかモンハンってそういう正義のヒーローファンタジーじゃないんだよね……。だからそこんとこも……。



↓そう言えばRammliedも凄かったw↓

rammlied

私にとってはドイツのこのバンドの人達もある意味神扱いです。曲調はファンタジーというよりは、ちょっと裏世界の雰囲気とか、タブー視されてる内容を扱ってたりと結構過激な歌詞が特徴なんですよね。

実際のライブでも火炎放射器とか使ったり、火薬とか使ったりと日本では出来ないようなすげぇプレイなんかしてくれます。あの過激さは日本も見習うべきですが、そしたらラムシュタイン、あ、このバンドの名前なんだけど、ラムシュタインの個性が無くなる危険が……。



↓歌詞だけど……↓

RAMM - STEIN!
RAMMSTEIN!
RAMMSTEIN!
Manche fuhren, manche folgen
Bose Miene gutes Spiel. (gutes Spiel)
Fressen und gefressen werden
Wir nehmen wenig, geben viel. (geben viel)
Wenn ihr keine Antwort wisst
Richtig ist, was richtig ist. (richtig ist)
Bist du traurig und allein
Wir sind zuruck, schalte ein!



読める訳ねーだろw ドイツ語なので、多分翻訳は厳しいかもw だけどだけどなんかファンタジーっつうよりは裏世界に通じたような曲調が私の興味を注いでくれました。だって、このバンドの曲聴いてるとGTAとかで見る裏世界とか連想しまくっちゃうんだもんw

でも結局は洋楽なんで、日本での評判はマイナークラスです。いや、かなりいい曲なんだけどねぇw 小説の雰囲気として作る場合はやっぱ暗いイメージの強い描写する時に重宝すんのかな? 私の話は時として重いストーリーとかも出てくるから、そんな時の一曲w

因みに歌詞を翻訳するととんでもない結果が出てきたりします。ってかエロいw 因みにロリ系のエロは全くありませんが、とりあえず翻訳すんなw だって、鬼畜だもんw



↓そう言えばUtauyo!!MIRACLEもあったなw↓

Utauyo!!MIRACLE

こっちは洋楽じゃなくて邦楽ですが、最近話題となってるけいおん!!のOPです。今回は敢えて歌詞は載せませんけど、なんか歌詞詰め込み過ぎだって言われてますね。曲調はよく分かりませんが、とりあえず最後になる可能性のある曲って事で、無駄な明るさが逆にちょっとだけ切なさを見せてくれてたりします。

ってか、歌詞自体直接手渡されないと多分何歌ってるか分かんないような気が……。そして、いつも言うように、親の前では聴けない曲ですねw ラムシュタインとかだったら、まあ何とかなるけど、けいおんの場合は無理じゃん。

そして、まあ曲は悪くは無いんだけど、小説作成の時のイメージソングには出来ない、ってかしちゃ駄目w



↓No,Thank You!の意味は……↓

NO,Thank You!

個人的にはOPよりこっちのEDの方が好きですが、今までの澪氏のED曲の中で一番悲しみが強調されたような曲です。なんかEDアニメーション見るとなんか高校時代を振り返るようなシーンもあるし、空の色もちょっと暗い感じだし……、徐々に近づく卒業式の悲しさを表してんですよねこれって。

でも最後の最後かもしんないから、曲調自体は明るいけど、なんか必死さが見える……。だけどもしけいおんがホントに最終回になったらメインキャラ、ってかそれ担当してる声優達はどうなっちゃうんだろ? これからはそれぞれの道で声優活動続ける、ってのは当たり前だと思うけど、歌手としての活動も別々の方面でやるのかねえ? でも結構交友とか保たれてそうだけどねw

そして、しつこいようだけどこれは親の前では聴けません。当たり前だw



って……今回の記事は小説には敵の存在が絶対大事だって内容だったはずなのに、なんかメッチャ流れがずれてる……。なので、1回話を戻しましょうかw

やっぱり敵がとっても重要だって話ですが、とりあえず、イメージがどうしても浮かばないってんなら、今までのRPGの敵でも思い浮かべてみましょうw イメージが浮かばないなら、イメージ無理矢理呼び出してみましょう。敵ってのは勿論だけど、主人公とぶつかり合う存在だから、自然と闘いのイメージが沸く……はずw



↓何気無くハヌマーンでもw↓

sil05.gif

見るからに魔法使いのような格好してますが、実際に魔法のような攻撃で反撃してきます。ゲーム中ではRPGなのでなんか杖が光りますよw だけどもしそんな能力なんか出すとして、ある程度の世界観的な説明が要求されます。

まあゲームとか作品とかによっては魔法の概念なんか異なりますが、単純に魔法とかって言うよりはちゃんと他のゲームとか小説でも参考にしてもいいから、ちゃんと概念ぐらいは説明出来るようにしときましょうねw 少なくともどんな技術が魔法として動いてるか、程度は書きましょうねw

魔法の表現は複雑だけど、でも迫力ある空間を作れるので、出来るだけよく調べた上で表現しましょうねw



↓でも、こんな気持ち悪い奴ってどう描写しよう?↓

sil01.gif

一応ゲーム中ではヴァーハナって呼ばれてますが、この水母くらげなんだかたこなんだか分かんないピンクの生物も勿論敵モンスターです。私は気持ち悪い奴もとっても大好きだけど、これを、姿を描写するとしたら、どう書こう?

基本的にはとある動物を例えた表現を使うのもいいと思いますし、その後は部分部分をパーツごとに紹介してくって感じでしょうか? こんな風に書くと簡単に見えますけど、実際するって大変なんですよねぇ……。小説の場合は絵とかで表現出来ないから、いかに文だけで相手に姿を教え込むか、なんですからね。やっぱりここは他の小説とかを読んで、学ぶべきか、それとも自分の感情や心理的な部分も考察しながら描写するか……。



↓そう言えば小説キャラに声優を当てるかどうかで……↓

前々回の記事で小説のキャラに声優がどのこのって話してたんですが、実は! そういう事しても決して悪いとは言えないっていう結構貴重な意見ゲットしましたw だけど声優でイメージ当てちゃうと、やっぱりそのキャラの性格とか外見とかが決まりきってしまう危険もあるって意見されたんですよ。まあ投稿サイトの方でもそうやって簡単に声優のイメージ当てて、自分自身での姿の描写を怠る原因になるだろ? ってあれな意見もされたんですが、決して否定はしないって言う……。

だけど声色自体は文による描写だけでは書き切れないのも事実らしいです。ああやって明かしてこそ、初めて知られる情報でもあるらしいですね。聞かされた瞬間に成る程! と思う情報だったり? でもそれって相当なチート行為だってさ……。

いや、でもそんな彼だって実は考えてるとの噂でして、もしこれから先仲が復活した場合に改めてみんなに聞いてみようかと思いますよ。イメージ声優は誰やねん? ってねw



↓でも水樹奈々について言及は無かったって……↓

フェイト・テスタロッサ

フェイトのような静けさのある少女とかを担当したりしますが、ヒロイン役なら多分知らない人はいない程の有名なお方なのに……。そこのとこについて言及が無かったのはちょっと残念かもw いや、人によっては好みってのもありますが、私は実はファンですよ、はい。この人の歌う曲も好きですが、まあそこんとこの話は今は別にいいでしょうw

強いヒロインとしても頑張って下さってるお方だっていうのに、あんまり注目されてなかったみたいw まあいいや、これからかもしんないしねw でも出来るだけ声優にこだわんないで描写しないとねw じゃないとホントに声優だけに頼った描写になっちまうからね……。

あくまでもボイスはオマケで、姿外見は自分で描写しないとあれなので、これからもちゃんと姿の描写は怠らないで頑張るつもりですw



↓あ、そう言えばQMAでユリってがいたなw↓

ユリ

最近ゲーセンに行く率が高くなってる現在、なんかクイズマジックアカデミーをちょくちょく見かけるようになってんですが、ふとプロモーションムービー見てると結局私は声優の方に目が行ってしまいましたねw

ゲームの方はとりあえずいいとして、噂では声優でアニメとかゲームとか選ぶ奴は○○だって言われてますが、私は結構選んでるし……。さてと、話は戻って、実際女の子の声ってのはかなり重要になるんじゃねえのかなぁ……って思うのは私だけだったらいいんだけど……。だって、投稿サイトの方ではやっぱり内面の美しさこそが女性の魅力だって言われてたから、そうやって声色だけで判別するのもどうかって意見もひょっとしたらあるかもしれないです。

でも、小説ってもキャラが大切になるかも分かりませんから、多少なりとも意識ぐらいはするんじゃない? あ、因みに上のキャラこと、ユリ氏の、まあ色々な話ですが、この腹部の露出した特殊な制服は格闘部の影響っぽいですが、私は個人的に格闘系の少女は結構好きだったりします。勿論変なとこに注目し過ぎるとクイズって言うジャンルが壊れるんで、単にそんな設定、ってだけで見逃しましょうw 因みに担当声優は広橋涼ですw

あ、そう言えばとあるキャラのイメージボイスにしてるって私言ってたんで、って事は前回のあのコメント事件の分析をよく考えてみると……。



↓でも、塩沢兼人も良かったのに……↓

バルログ

上の画像はバルログ様ですが、塩沢氏は残念ながら2000年に亡くなった伝説の美形悪役の声優だったんですよね。私自身あの声死ぬ程好きで、色物系の悪役と言えばあの人って言える程のお方だったのに……。

だけどこの声は味方に合うか敵に合うかは人次第だと思うけど、個人的には適役の方がいいかと思います。他者を卑下したような態度も見える声色なので、絶対敵向きです。

そして戦闘モードになった時の口調の変わり具合も凄くインパクトがあった記憶がw なんで事故死なんてしちゃったんだろ……。



↓世の中暑苦しいお方だって悪くないのw↓

ガイル

玄田哲章さんの声は多分知らない人はいない……のかな? 少なくとも声優自体知らない人でもこの人の声は聞いた事ある人が殆どかと思います。画像はガイルでして、アメリカ空軍の少佐です。筋肉モリモリで、結構鈍そうな外見ですが、実際は素早さもあるし、足技は勿論、サマーソルトキックをしたりと、相当な運動神経を誇ってくれる熱い男です。

彼はサイボーグではありませんが、両手からソニックブームと呼ばれる殆ど刀と同等の斬れ味を誇る風をぶっ飛ばしたりする人間凶器ですw この人の特殊能力絶対警察に目付けられそうw ってか付けられてるかw



↓因みに、本気出すとこれですw↓

ガイル

ヘッドクラッシュですw 上に登るなり、こんな風に思いっきりパンチぶっ飛ばして相手を地面に埋め込んでしまいましたw いやいやこれはとんでもない威力だった事でしょう。食らったら多分相手は一撃で戦闘不能だろうねぇ……。

因みにこれでもガイルは当時21歳でしたw 21歳でこの技量って……。もうこれ怪物クラスの強さやん……。

そんで、これだけのキャラを演じてきた玄田さんだったら、主人公クラスのキャラでも担当出来そうですけど、そうなれば確実に主人公が最強クラスになりそうw ってか多分殆ど敵無しな状態になりそうw 相棒キャラでも通用しそうだw



↓んで、敵の話に戻るけどさあ……↓

リカルド・ディアス

この人はリカルド・ディアスって言いましてね、麻薬王のおじ様です。だけど裏では主人公を殺そうと工作してた事がバレて、最終的に主人公のトミーに殺されてしまいます。

敵は大事です。兎に角大事です。ってか大抵の話ってのは必ず敵が存在します。勿論殺すとかそういうのを抜きにしてもね。ある意味ではライバル関係にいる相手さえも敵かもしれないですが、GTAの敵は必ず殺される可能性があるんで、油断が出来ません。そこには確実に重たいストーリーが存在するんですw

んじゃ、そろそろ前回のちょちょいとした話をさせて頂きますね。





オー! マイキー! ジェームズ・フーコン

やっぱりあれです。多分前回の記事はちょっとあれだったっぽいですね。やっぱり自分のキャラに甘えてる暇があんなら、自分で行動起こさないと駄目だって言われました。そりゃあ事件の事考えるとなれば誰だって主観が入るのは当たり前だって……。そこに第三者で意見を出してもらっても意味はあんまり無いって言われました。

私はとある人になんかいきなり復活と同時に出てけみたいな事言われたんだけど、やっぱ、あれですよ。戻る時間が早すぎたからあんな事になったらしいです。もう少し時間かけて反省した上で、復活すれば良かったかもしんないんですけど、直前の復活は不味かったようです。結果として私は一応ネット上ではキレて、そんであんな暴言ぶっ飛ばしてまた騒動が起こったんですよね。まあ実際はあんまりキレてなかったし、とりあえずあんな文見たから「じゃあ返答でもしようか」って思って、あんな風に書いただけなんだけどね……。

やっぱり、私は行動に入るとしましょう。あのサイトは単に小説を投稿するだけのサイト、じゃなくて、交流の意味も持ったサイトだから、そこら辺の意味合いも考えないと駄目ですよね。実は生徒会長7さんにも隠しコメントで言われたんですよ。私だって今まで(多分)あのサイトにとっては少なからず影響を与えてたと思いますし、実を言えば私だってちゃんと分かり合いたいし、実際私も前回の記事で相当態度改めたつもりです。

人に意見求めんじゃなくて、やっぱり、ちゃんと掲示板の方に書くとしましょう。勿論それでいい結果が出るとも限りませんし、全員と上手く行けるとも限りません。でも、ちゃんと自分の考えは載せないと不味いかもしれないですね。あのサイトには掲示板もありますから、掲示板の存在の意味も考える必要もあるかもしれません。

多分もう殆どの人が見てるかと思うけど、改めて見てもらう為に掲示板にちゃんと書いてみます。そこで結果がどうなるかは考えないで、自分が思ってる事をちゃんと書きます。



↓これらのメッセージがあった事も意識しながら……↓

ROM戦士氏より……

僕には、それが全くわかりません。

それぞれの言い分もわかった上で、結局、長い間書いていたライターさんを一人失ってしまいました。

そして、最近はコメントのほうも最近は荒れていて、評価ですら信用し難いです。

心の中で、このサイトも信じれなくなってきます。



その2……

 さらには、彼が自ら去った後です。その後でも、まだ言いますか。
 彼は自分からこのサイトを去りました。もういいじゃないですか。オリジナルに変えたのだって、ここから去るために、というわけじゃないでしょう。彼にも考えがあっての行動です。消えるだけなら、ここから作品を消すだけでも充分いいんですよ?それを【確信犯】だなんて・・・
 
 話にオリジナル要素が多すぎる? そもそも、今回の件とは別の話じゃないですか。
 さらに、彼の最後の言葉(?)だって、場所を間違えているなら、そういえばよかったじゃないですか。
 確かに彼の行動も決して許されないものですが、多少、言い過ぎと感じました。



ゲシャン氏より……

同じく、執筆活動をしていない第三者として見ていた者です。
正直言ってですね、これには第三の道なんてものはないと思いますよ。コメントは義務か自由かのどちらかです。 ま、やろうと思えば両方の意見を交えた意見も出来るでしょう。(両者が納得するかどうかは分かりませんけど)


彼は自ら去りました。ええ、貴方の仰るとおり、彼が去った後でも彼のことを言うのは問題があるかと思います。(彼、ここにはいますけどね)

ただしですよ、彼が去ったことによってこの問題を終わらすことには反対ですね。「彼が去ったのは彼が悪いことをしたから」そう思ってる方もいるでしょう。でも全部が全部彼のせい、とは思いません。彼は確かに悪いことをしたと思います。
ただ、彼を被害者としても捉えることが出来ます。彼が去る理由になった元々の問題はなんですか?“コメントルール”ではありませんか? 今、このサイトに昔自然な流れで出来た“コメントルール”に歪みが生じているのです。例え、彼が“コメントルール”によって騒ぎを起こさず、まだこのサイトに居座っていたとしても、いずれ他の誰かが騒ぎを起こしたと思います。つまり、彼は偶然“コメントルール”に関する問題を出し、偶然彼の作風のことも重なり、去ることになった。そう捉え、彼のことを被害者だと思うこともできます。

つまりですよ、彼が去ることによってこの問題を解決したことにしても、それは束の間の解決であり、この先そう遠くない未来でまた、彼と同じような考えを持った人が現れ、彼の二の舞になる可能性が高いではないのかと思います。

だから、今こういう問題が出ている今だからこそ、ちゃんと“コメントルール”について話し合うべきではないかと思います。




映画グッズ販売専門店ハリコレ。スターウォーズ、エイリアン、ハリーポッターなど豊富な品揃えの通販サイトです。


暮らし 格安家電 役立つ 省エネ型 推進 優良店

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

遂にゼーランディアとの戦いを描いたんだけど……
オー! マイキー! ローラ

現在は学校の課題もしながら、小説の軽い手直しの最中です。
オリジナルに移るとなれば、ちゃんと内部の名称とかも変えないと駄目だし、
過去の作品ってどうも表現方法がヘンテコなのもあるから、
そこんとこも訂正してるとこですね。

だけど昔の話見てちょっと恥ずかしくなったりするのは気のせいでしょうか?
表現が下手とかそうじゃなくて、
個人的にイタい内容とかがあったりするから、
ちょっとヤバかったかなぁ的な気分覚えたり……。

でもそんなとこは訂正しちゃえばいいんです。
訂正はあんまり時間かかんないから大丈夫よw
だけどちょっと疲れるけどね……。



とりあえず、投稿サイトの方では私はやっぱり堕ちた存在として見られてるっぽいですね。
実は私は掲示板の方でちょっと皆の考えを探りたかったっていう凄い下らない理由で、
そして同時に本気で皆の考えを見てみたかったから、わざと名前変えて色々カキコしたんですよ。

どうせもう自分は嫌われてるから、諦め半分の行為だったんですが、
見事に凄い事になりましたね。
例のあの人がブログですげぇ事書いてたし、しかも昔活動してた人も
私に対して堕ちた等と……。
私も確かに大御所扱いだったかもしんないけど、
今はもう活動の場を変えようとしてる訳だし、
しかもオリジナル路線に進んでる最中だし……。

だけど時折他人の読んでるとやっぱりなんか至らないとこが見つかったりする訳で、
結局口調は悪いままでもちょっと指摘は入れたりしてますね。
ホントは私だってもっと楽しくやってきたかったんだけど、
あんな状況作った事はまだ後悔してますね……。

ひょっとしたらコメは無くても読んではくれてたかもしれないってのに、
そんな夢とかは持てなかったんでしょうか、私は。

そして、復活した際にちょっと言われたからって
あんだけの暴言ぶっ飛ばしたのも話にならん。
私自身愚かですよね。
そうやって敵だらけにしたって活動は楽しくないってのに。

昔はキャラにコメ返しさせてブレイクだってしたってのに……。
今はもう面影すら無くなってるし……。
社長だって、紅竜騎士だって、テルミドールだって……
最近また実力上げてあのサイトの重鎮になってたってのに、
私は何やってんのやら……。

タイムマシンは無いから、もう諦めるしか無いんだろうか?
だけど、私は密かに皆の話は読むよ。
だって、その人その人によって描かれる世界を見たいから、
オリジナルに路線変更した私にとって、
今のモンハンがどんな姿でいるべきか、見る必要だってあるから。

けど、あの掲示板の事だけど、コメントについてのスレを見ると
やっぱりどう考えても違和感しか残らんねえ……。
けど今はめんどいから今度書くかもw

でも分かり合える日が来たら、私は確実に喜ぶ。
というよりは自分でちゃんと行動起こさないと……。
Pixivとか抜かしてる自分があんんかなぁ……。






んじゃ、久々やったUFOキャッチャーのお話ですw

はい、折角夏休みって事で、わざわざ1万円降ろして、
友人と共にUFOキャッチャーめぐりをして来ました。

出費が凄い嵩んだ物凄い遊びでしたが、いやいやとても
充実した1日でしたねw
私も結構色々ゲットしたんですが、友人の方も大量につぎ込みながらも
大物ゲットしてた訳なので、んじゃ、順次説明してくとしましょうかw



最初は新川のキャッツアイに行ったんですよ。
そこのキャッツアイってどうもUFOキャッチャーの設定が
全体的に甘かったり、配置が甘かったりするから、
確実にゲットしたいんならそこがかなりOKだったりすんですね。

しかも基本的に小さい景品が多いから、ゲットも楽ですしね。
デカいやつってのはかなり取り難いからそういう配慮もまたグッドです。



↓アルパカッソですw↓

マカロン アルパカッソ

小さいぬいぐるみ系の景品でして、アームに軽く横から引っ掛けるだけで
チョー簡単に落ちてきました。

ホントは紫も欲しかったんですが、場所が悪かったんで諦めたw
でも白いのと緑のってなんか色が落ち着いてるから好きだw
いいねえ愛嬌があるとなんかゲットした後もいい気分w

うちの犬こと、ホワイトみたいに愛嬌あってなんかいいですねw
因みに300円程度で2つ取りましたw



↓キティーちゃんフィギュアですw↓

サンリオキャラクター プラプラキーチェンフィギュア

一応これ全部で4種類なんですが、500円ぐらいで全種類取っちゃいましたw
まあ……このフィギュアってプラスチック製なんで、結構硬い訳です。
だからアームも下まで下がんないで途中で停止しちまうんじゃねえのか?
って思って駄目元で1回やったんですよ。
するとなんかアームがフィギュアの山ズブズブとすり抜けてとうとう一番下まで
下がってくれたんですね。
まあでもそん時は落とす場所が悪かったせいでいくらかのフィギュアが
落とし口に近づいただけでなんも取れなかったんです。

200円目も同じでした。なんも取れん!
でも300円目に奇跡が発動したんですよねw

山にアームをぶっ刺すなりジャンジャン落ちまくってくれて、それで最初は
2個いっぺんにゲットしたっぽいですね。
その後もやったら3つぐらい落ちてきて、次やっても2個ぐらい落ちてきたっぽい。

あ、結局600円ぐらい使ったかもですね。
でもおかげで4種類全部揃って良かったw
1個は友人にとあるお詫びでプレゼントしましたw ダブってたし。

そんでそんで、私の後にプレイした女性の客は不幸な事に、
私が荒らし回った後だったんで、なんもゲット出来ないで終わってました。
ちゃんと店員呼んで配置直して貰えば良かったのに……。



↓屋台のリラックマですねw↓

リラックマ musicマスコット 屋台マスコット

多分これに500円か600円ぐらいぶち込みましたね。
けど主人公っぽいあの茶色のをゲット出来なかったのがちょっと悲しい……。

でも今は屋台シリーズらしくて、茶色のクマのお面を付けてるのも
また可愛く見えますねw
アームで引っ掛ければすぐに落下してくれるから、ゲーム自体の難易度は低かったですね。
でも奥にあるぬいぐるみを落とすのはムズいですね。
取れなくて諦めたw

んで、友人ったら茶色いリラックマを3匹トリプルゲットしてたんで、
ちょっと腹立ちましたw
なんであいつが……って思いながらも私もまた白いのゲットしましたけどねw

そう言えばこの日は友人の調子が良かった気がしますw



↓囚人っぽいウサビッチですw↓

ウサビッチ クリーナーマスコット

実はこれ1個取る為に400円投資しましたw

アームで徐々に落とし口に近づけてったんだけど、
横向きだったんで、なかなか厳しかったですねぇ。
けどこの青い全身タイツのような姿がハンサムだったんで、無視出来なかったのw
取れた時は思わず友人の前でよっしゃーって言いましたw

そう言えば子供3人組もやってたけど、アームに掠りすらしてなかったなw
ちゃんと横からも見てアーム落とさないと出来ないよw
もっと頑張れ。



↓PAPIER CREATURE LANDw↓

PAPIER CREATURE LAND

はい、初めて目にしたのはこの手縫いのようなぬいぐるみマスコットです。
虫や動物をイメージしてるけど、例の如く可愛いですねw
小さいサイズだったんで、アームでの引っかけも容易でした。
と言うか、アームの力が元々強いんで、200円目で2ついっぺんにゲットしたんです。

なんか赤ちゃんに喜ばれそうなデザインでありながら、実際にゲットしたのは
グラサンかけたこの私でした。ってか取れるなら別に景品はなんでもいいw
でも良かった良かった。景品がちゃんと落とし口の隣にあって。

でも最近私は昆虫っていう概念あんまり意識してなかったから、
また昆虫でもネットで調べてみようかねぇ?
昔は図鑑とか結構読んでたからねw



↓化物語のクリーナーw↓

化物語 ふっかふか携帯クリーナー

多分これ2つゲットする為に1000円ぐらい使った可能性がw
でも友人と交互に、協力とかしながらやってたんだけど……
これはUFOキャッチャーじゃなくて、細い棒の間にアーム引っ掛けて、
徐々に下に降ろしてくタイプのやつで取ったんですよ。

友人も同じく2つゲットしてましたし、私も2つゲットです。
だけどこのクリーナーは個人的にあんまり使いたくないかも。
なんか勿体無い……。
因みにプリントされてるキャラ自体には……触れなくていいかw

勿論これはプライズオンリーなので、普通に買うのは無理です。
ってか、私はコレクションにしかしないw

それにしても結構大変だったわ~これゲットすんの。
友人は1000円以上使ってたからね~w



↓リサとガスパールですねw↓

リサとガスパール キューブつきマスコット

実はこれ、たったの100円で1発ゲットしましたw

黒いから、ガスパールと呼ばれるウサギキャラなんですが、
実はアームで頭部分を引っ掛けたらなんかアームの戻る力で
そのまま落とし口にまで滑ってきてくれたんですよ。

ホントは身体の向き変えてから、改めてアームで引き摺り落とそうとしたけど、
そこまでしなくて済みましたw

白いのも欲しかったんだけど、斜め前方だったんで、諦めたw
出典はパリの絵本かららしいです。なんか動物のキャラって結構外国から来てるのが
凄い多いんですよね。
キューブの意味は、何なんでしょうかね? イニシャルでGと書いてたけどw



↓実はこのキーチェーンは……↓

リサとガスバール フィギュアマスコット

またまたリサとガスパールのフィギュアなんですが、
このガスパールの方の黒いキーチェーンは私が取ったやつじゃないんです。
筐体の上に誰かが置き忘れたやつだったんですが、
ホントはこんな事しちゃ駄目なのに……。

でも私は持ってっちゃったw この前も太鼓の達人のフィギュア
持ってっちゃったしw
まあいいまあいい。こういう時は忘れてってくれた人に敬意を示そうねw

因みに、実際にこれゲットするとなるとかなりきつそうw
だって、アームが一番下まで下がってくれなかったんだもんw
人がやってるとこ見たんだけど、下がってなかったw
勿論なんもゲット出来てませんでした。



↓実は友人ったら……けいおん! のオルゴールを……↓

けいおん! オルゴール

友人は実はこの日は凄い好調でして、1万じゃなくて2万ぐらい所持してたっぽいw
んで、彼ったら無謀にも、例の穴にアーム引っ掛けて徐々に
景品口に近づけてくマニア向けのやつに挑戦したんですよ。

穴に引っ掛けるタイプってのはどうも癖がある訳で、
わざとアームの力弱くしてたり、アームが全然下がんなかったりで
相当に厳しい条件が多いんだけど、
なんか1発目で思いっきり穴を持ち上げて、それで大きく入り口に近づけたから、
友人ったら調子付いて挑戦に入った訳です。

2000円以上使って、じゃんじゃん近づけて、ちょっとずつ近づけて、
そして最後はアームが穴に届かない場所に行っちゃったから、
一瞬諦めかけたけど、友人は諦めませんでした。

今度は何百円か使った後に、アームで直接穴の上を押せばいいじゃん、
って話になって、今度はそれに向かって頑張りまくったんです。
勿論何回もミスってたけど、3000円ぐらい注ぎ込んだ結果、
ようやくゲット出来たんですね。

彼にとって究極の大物でしたw
私は小さいぬいぐるみをチマチマ取ってたんですがねw





↓トニーの帽子型ぬいぐるみやでw↓

航海王

ここは手稲のキャッツアイで取った唯一の獲物です。

実はまたあのバーでどんどん摺り下げてくタイプのやつで
300円ぐらい使っちゃったんで、実質的に700円の獲物です。
にしてもチョッパーのフィギュアの部分が落とし口の手前で引っかかったせいで
凄い面倒でしたよ。
落とす為に100円入れましたからねえ。

因みに友人もチャレンジしてたけど、ちゃんとアームの位置合わせてられなかったから、
諦めてました。私は諦めないで頑張って、ゲットしたよw
にしても高い帽子だったわぁ……。



↓友人はまた努力して、平沢憂をゲットw↓

けいおん! PVフィギュア

友人ったらまたまた大物を狙っちゃいました。
上の写真の通り、結果的にはゲットしたんですが、
また彼ったら2000円ぐらいぶち込みましたw
ゲットは出来たから捨てたという表現は使えませんw

こういう箱物ってのは持ち上げるってよりはいかにずらすか、
或いは持ち上げて、そして落とした衝撃でずらすか、ですからね。

友人ったらあんまりそういうの慣れてないはずだってのに
じゃんじゃんやって、端を狙って狙って、もう凄かったですねw

でもやればやるだけどんどん落とし口に近づいてってたから
彼なりの技術も凄いわ~w

にしても友人はかなり絶好調だったねぇ。

あ、でもその後にやったタイムクライシス4では
結局彼は3回か4回コンティニューしてたけどねw
勿論私はノーコンティニューで最後までクリアしたw



↓コロ助メッチャ懐かしいわぁ~~www↓

キテレツ大百科 コロ助Sサイズマスコットナリ!

はい、今度は手稲駅直通のゲーセンに行って、最初にゲットしましたw

でも投資金額は700円です。
だからこれは私にとって相当な高額な獲物です。
いや、単に私の腕が駄目だったからかもしんないけど……。

とりあえず、アームと比較してコロ助がメッチャ小さいんで、
アームでいかにずり落とすかっていう勝負だったんだけど、
意外と穴に落ちてくんないのよこいつが……。
穴はすぐ手前にあるってのに……。

とりあえず、重心は勿論頭の方にあるから、そこら辺も考えないと
ちゃんと手前に落ちてくんないんだよねこいつが。
7回目のチャレンジでやっとゲットして、団扇も店員からもらいましたw

これが団扇よんw

コロ助の団扇です。コロ助のマスコットをゲットすると無料でもらえますw

コロ助の丸顔そのままプリントされてますw
そして、オマケで2枚貰えましたw
ホントは1枚しかくれないはずっぽいけど……。



↓スティッチのキャラマスコットですw↓

リロ&スティッチ マスコットフィギュア

ここからはUFOキャッチャーじゃなくて、
えっと、プライズステージっていうやつでゲットした景品の話になります。

その筐体はバーを奥に伸ばして、それで引っ掛けて無残にも落とされた景品を
ゲットするっていう滅茶苦茶楽しいプライズマシンですねw
正直慣れるとバカみたいに取れるし、下手したらやめられなくなるw
欠点は並ぶ景品がちょっと豪華……とは言いにくいとこだろうか?
いや、簡単過ぎるから豪華過ぎる景品は設置出来ないと言った方が正しい、かな?

さてさて、こいつの話ですが、実は最初のピンクの方は300円目でやっと
ゲット出来たんで、このマシンの腕前は相当落ちたんじゃねえか?
って思ったんです。

だけどだけど、黄色い方を狙ってみると、面白い事に1発で取れましたw
こいつらの名前は知らないけど、でも取れて良かったわ~。

んで、スティッチ、主人公を取れなくてメッチャ悲しい……。
だってスティッチ奥にいたんだもん……。



↓かつおぶしの猫だぜw↓

かつおぶしだよ人生は

どっかの子供歌手が歌ってた時に登場したらしいあの猫ちゃんですが、
最初見た時はモンハンのメラルーかと思ったんです。
友人も一瞬そんな事言ってたんだけど、まあ最上段にあったから
ちょっと見づらかったんですよ。

んでちょっとよくチェックしてみたらメラルーじゃない変な猫だったw
だけど変な猫だったからこそ私はプレイしたんですね。

んで結局1発で猫を一匹落としてやりましたw
ホントは他の種類も取ろうかと思ったんだけど、
今思えばなんでやんなかったんだろ……。

でもかつおなんか持ってこれからこの猫は何すんでしょうかね?
まさか料理でもすんでしょうか?
そんな事書いたらますます他の種類も取りたくなったw
でも財布と相談してたからねぇ……。



↓あの洗剤のキャラもマスコットにw↓

ファーファ ゴムひも付 顔型ぬいぐるみ

ゲーセンの手にかかれば洗剤のあのクマも景品になる訳ですね。
結局こいつも100円でゲットしたんですが、
その時のゲット状況が物凄かったんですよねw

勿論このファーファは手前にあったから取ろうと企んだんですが、
この筐体のバーは必ず奥まで伸びるから、時々意識してなかったやつまで
引っ張ってくる事があるんですよ。

勿論当時は欲張ると必ず損するって知ってるから、ファーファしか狙ってなかったけど、
その後ろにウサギマスコットがあって、そいつらも一緒に引っ張られてきたんですよ。
その2匹のウサギが見事にファーファを押し出して、
んで、その押し出してきた2匹のウサちゃんも結局落ちてきたのw
あ、そのウサちゃんストーリーは後で書くぜw

でもファーファ自体はそれが最後だったっぽくて、
もう他には置いてなかったんだよね。
残り物だったんでしょうかね?



↓LOVEと呼ばれるウサちゃんマスコットw↓

LOVE メッセージプレートマスコット3

こいつらをゲットする為に使った金額の総計は200円ですw
なのに4匹ってのが気になるかもですねw

だって、ファーファに使った100円で2つのウサちゃん落ちてきたんですからねw
でも確かに落下したはずだったのに、1匹だけ行方不明になって、
まさか落とし口以外の場所に落ちたのか? って思って必死で探したんですよ。
筐体の色んなとこから覗き込んでどこに落下したか探しまくったら、
友人が場所を教えてくれました。
なんと、取り出し口のカバーっつうんでしょうか、その裏に張り付いてました。
なんでやねんw

一応私はこれで始めて100円で3ついっぺんにゲットする荒業をした訳ですw
友人も新川のキャッツでトリプルゲットしたんで、ある意味の仕返しに成功しましたw
けどトリプルゲットって絶対狙って出来るもんじゃねぇ……

んで、他の2匹は100円でそれぞれ1発でゲットしました。
例の如く、簡単に引っ張り落としました。

だけどなんでこの筐体って手稲の駅にしか無いんだろう?
他んとこにも置けばメッチャ人がやって来るはずなのに……。
私は確実にそこに行きますけどねw

因みに今家にはこのウサちゃん達より一回り大きいぬいぐるみがありますw
300円使ってゲットしたけど、写真は載せなくていいやw



↓友人はまた化物語を狙って……↓

化物語 扇子

友人はまたここでも凶暴化しましたw

だって、化物語の扇子を4種類全部取っちゃったんですからねw
彼はどうやら今回の大物ゲット経験によって、味を占めたらしいです。
なんかテンション上がったから、甘口設定だったこの扇子を狙ったんですね。

私は横から見てたんですが、最初は出来るだけ奥を狙って滑らせる感じで
徐々に落とし口に近づけてたんですが、中心に命中すると
案外持ち上がる訳ですよ、この扇子がね。

んで真っ直ぐ景品口に落として、でもちょっと引っかかったから
店員に取ってもらうって事もしてましたねw

なんか私でもやれば出来そうな気がしたんだけど、やめたw
だって失敗したら怖いもんw

因みに友人の投資金額は1500円ぐらい、だったかな?
今までは3000円とか2000円とかだったってのに……。
でも今回で友人は自称8000円ぐらい使ったって言ってたなぁ……。

因みに私は気付けば5000円ぐらい無くなってたw
けど景品入れてた袋も結構沢山でしたw





んで、ちょっと息抜きで友人と共に模型店に行く事にしましたw
実はそこは去年までは私がバイトしてたセコマだったんですが、
今は随分と楽しい場所にチェンジされてましたねぇ。

どうやら友人は店長に顔覚えられてるっぽいけど、
結構その模型店は店長との交流が盛んらしくて、しかもその常連の奴の誰かが
店長に向かって「死ね」って言ったらしいしw
なんかそんな笑い話聞いちゃったw

でも交流ばっかじゃあ売り上げの方はどうなの? って話になるけど、
友人の話によると昼は普通に営業してるっぽい。
ちゃんと客も来てるっぽい(当たり前だ!!)



↓んじゃ、簡単なギャラリーをwww↓

模型店

模型店

模型店

模型店

模型店

模型店

模型店

模型店

模型店

模型店





↓あ、これは友人が奢ってくれたパンだぜw↓

メロンパン

これは美味い事で有名らしいどこかのメロンパンです。
でも罅割れが無いのがまた特殊だけど、ほんのり甘くて美味かったぜw

予約しないと買えないと言う噂があったよw



クロワッサン

これはセコマで最近登場した焼きたてクロワッサンです。
またまたこれが美味かったんですが、
丁度その時作業してた店員さんったら私に気付いてくれなかったっぽいです。

だって、私そん時サングラスかけてたからねw
因みにゲーセンにいた時もずっとサングラスかけてましたw
勿論友人が大物ゲットの為に両替に行った時もずっと
筐体の前で見張りしてましたw

なんか雰囲気的にちょっと怖そうw
でももうすぐで取れるって時に横取りされたら腹立つしね。
だからこその見張りw









オー! マイキー! ローラママ

さてと、私はとうとう例のあいつとの戦いに近づいてきました。
私にとって小説の醍醐味は、やっぱり戦闘シーンですから、
戦うシーンが近づくとどうも気分が盛り上がんですよね。

それも単なるモンスターが相手じゃなくて、
組織の一角を示す幹部との戦いとなれば、尚更話は変わってきます。
幹部は迫力があってこその存在ですから、
かなりワクワクしますよねw

『第27章 屍龍が導く親子愛』

はい、この章でして、もうすぐあいつとの戦いです。
えっと、あいつ、ってのは……



↓ゼーランディア様ですw↓

ドラゴンゾンビ

あ、こいつはあくまでもイメージでして、
本当の姿は必ずSaiで描くんで、ちょっと待っててねw

こうやって別のメディアから連れて来るってホントは駄目なのにw
まあとりあえず、今のストーリーについてベラベラ話してるので、イメージだけは
頭に叩き込んであげて下さいw

んじゃ、ドラゴンゾンビの姿をした宇宙組織の幹部こと、ゼーランディア様の登場前のお話をちょちょいとw



とりあえず、この章では準ヒロイン扱いをされてるネーデルメインのお話ですね。

彼女もSaiでまた新しく描こうかな~って思ってますが、
青い髪と青い服の御淑やか属性な少女でして、
元組織の一員だったちょっと危なっかしい少女なんですね。
他のヒロインズボンとか、ミニスカだけど下にスパッツとかしてっけど、
ネーデルミニスカなのに下にガードはしてないっぽいんで、
なんかあれですw

けどその分動作を描写する時とかは妙に力が入りましたねぇw
なんかやらしいけど、一応ネーデルメインの27章なので、
下のように一通りの動作、というかゼーランディアと出会うまでの道のりを書いてみたw

1.組織に狙われてる事を知ったネーデルは、
  夜中になっても眠る事が出来ず、
  深呼吸を繰り返しながら起き上がる。


2.宿の廊下を通り、出口に向かう途中でアビスに出会い、
  とりあえずトイレに行くと誤魔化し、
  宿を出る事に成功する。


3.外に出たネーデルは、一度眠気を覚ます為に、
  公衆洗面所で水を飲み、そして顔を洗う。


4.町から離れる為に、ネーデルは林の中を
  全力疾走で駆け抜ける。
  そこで、メイファと呼ばれる敵組織の少女が現れる。


5.その後は、またゴチャゴチャとw



どういう訳か、小説で少女を描写する時は、男性の時と比べてかなり丁寧にしようと考えるようになりますw
あんまりそこんとこは深く考えたくないけど、私は丁寧な描写は好きな方です。

でも男性に対してそこまで丁寧にやるとちょっと気持ち悪いかもしんないし、
でも少女だと丁寧にやればそれだけ輝くというある意味の特典があるから、
まあ都合が良かったって事でw

いや、別に私は普段から手は抜いてないつもりだけど……



↓そう言えばどっかで棗鈴なつめりんがいたw↓

棗鈴

最近しょっちゅう出てくるようになったリトルバスターズの女の子ですが、
とりあえず、自分で絵を描けるようにしようw

噂ではやらしい場所からの視線を浴びせる奴がいるっぽいですが、
まあいいや別にw





オー!マイキー! ボブ先生とボブママ

「『ここからは未成年にあまり相応しくないような話が始まるから、対象年齢未満の子供達は注意してくれ』、
と、息子は申しております」




さて、話は戻って、私の妙にこだわった描写部分でも書いてみるとしましょうかw



1.ベッドシーン

いや、別にこれは男女のあれじゃなくて、純粋に少女が起き上がるシーンですよ。
でも起きるのは朝じゃなくて、夜中です。

だけど、ただベッドから起きるだけじゃつまんないから、
流れる冷や汗とか深呼吸の過程で吐かれる吐息とか、意識してみました。

冷や汗はそのキャラの心情をよく表されてる証拠にもなります。
いかに緊張してるか、怖がってるか、それがよく伝わるんですよね。
そして、汗そのものも太っちょの男とかだったらなんか気持ち悪いですが、
少女のものだと何故か汚くは感じませんw なんで?
そこら辺を描写するのも面白いw

後、吐息も緊張状態とかを意識すると結構重要な要素になるとかならないとかw
呼吸の度合いで緊張感の強弱も分かるかもしれません。



2.廊下でのシーン

はい、廊下を忍び足、とまではいかなくてもゆっくりと音を立てずに歩いてたネーデルですが、
そこでバッタリと夜中のトイレに行ってたアビスと出会っちゃいます。

勿論アビスはネーデルになんで起きてるのか、寝惚け状態で聞きます。
流石にネーデルだってこっそり宿を抜けるなんて言えるはずが無いので、
トイレの為に廊下に出てるって言う訳ですね。

なんか一瞬トイレのワードでなんかやらしいような気がしたんですよね。

まあ男、少年もそうだけど、少年だったら別にトイレっても対して違和感は無いけど、
少女の場合はどうなんだろ……?
まあ詳しい事は書かないけど、とりあえずあんまり綺麗とは言えないですからね……。
まあ……こんな事言えばなんも書けなくなるか……。

でも、まあいいや、どうせ人に見せる事じゃないしねw



↓ほい、再び棗鈴の登場w↓

棗鈴

横からのショットになったんで、なんか微妙にエロくなってますが、
あんまり変な事は想像するなw
してもいいけどそれを表に出すなw

あ、とりあえず、この前屈みの体勢をある程度意識すると、
次の紹介文でちょっとだけ役立つかもしんないw



3.水を飲むシーン

夜空の下にある洗面所でただ水飲んでるだけだろ? って話ですが、
実際に描写するとなると結構体勢とかが気になったりしますw

とりあえず、水ってのは口の中を潤してくれるし、ひんやりしてるから
気分も良くなるかなり重要なアイテムだっていう描写は大切です。
しっかりと描写して少女の気分をリフレッシュさせてあげましょうw

出来ればその時の水の潤い具合とかを上手く描写出来ればいいかなぁ?
とか思ったりw

だけど問題なのは水飲む時の体勢ですね。
一応上に向けた蛇口から出てる水を飲むシチュエーションなので、
体勢は自然と前屈みになるでしょう。

そうなると、まああんまりここでは書きたくないかもしんないけど、
短いスカートってのは実は前屈みになると
後ろの部分が持ち上がる訳よ。
これはしょうがない事でして、スカートの構造上しょうがないんだよね。
一部のアニメとかではどんなに前屈みになっても
見えないように書かれてるけど、実際は……見えるよw

実はそこんとこわざと私は描写したし、
もし背後に男がいたら……っていうもしも的な描写もしたけど、
まあその時は事実誰もいなかったから、まあ大丈夫でしょう。
因みに、スカートの中まではいちいち書かねぇよw
書けばそれこそヘンタ(ry)



↓ドラゴンゾンビって、やっぱ骨だよねw↓

ドラゴンゾンビ

ゼーランディアのイメージとしては、腐敗した龍、というよりは
骨だけになった龍のイメージが強いです。

でも結局強いから、恐ろしいです。
何が恐ろしいかというと、物理的なダメージがまず期待出来ないとこでしょうか?
骨を砕いた所で、ゼーランディアは痛みすら覚えません。



4.林の疾走シーン

多分ネーデルにとってここが一番緊張感に溢れたシーンだったと思います。
夜中の林を駆け抜けるシーンはまさに逃亡シーンの目玉ですねw

でも流石にただ走ってるシーンだけ書いても全く面白くない、ってかつまらんw
だから、ネーデルの想いをこの走ってるシーンの中に混ぜ込みました。
実はこいつの母親は所属のリーダーであって、ネーデルもある意味で部下だったんですね。
でもネーデルは絶対に戻りたくないから、それを心の中で想い続けながら
必死な想いで走り続けます。

他にも他の所属に対しても色々と苦しみながら走り続けるのです。
例のゼーランディアから貰った手紙の内容に対しても、ネーデルは否定しかしません。
誰が何と言おうと、組織に戻るつもりは無いんです。

そこら辺の心情描写も良かった気がしますが、今ネーデルは走ってる最中なので、
走れば当然疲れますし、汗だって噴き出てきます。

汗の事はベッドシーンでも書きましたが、走ってる最中に流れる汗の描写も
相当大切かもしれませんねえ。
汗が出ればそりゃあ身体も熱くなるし、服も結構薄着だから結構濡れます。
そこら辺も描写しましたねw
汗で身体が濡れたりすれば、肌が露出した部分は光って見えますし、
スカートなので脚は結構目立つ訳ですからねw
そこんとこも描きましたねw

ってなんかやらしく聞こえて来るなおい……
んで、汗の方も……まあこれは疲れを示す基準にもなる訳でして、
ちゃんとどこら辺が汗で濡れてるか、案外細かく書くとそれだけ緊張感も出るかもw
しかも今は都合良く夏真っ最中だからどこら辺が暑くなるか書けるでしょw って話だったりw
でも脚が出てるとメッチャ涼しいんですよね、男だろうが女だろうが。



5.んじゃ、メイファと出会った後についてw

んで、ネーデルはメイファに攻撃されて、まあ攻撃自体は命中してないけど、
レーザービームのような威嚇攻撃されて、そこでネーデルとメイファは
女同士で色々と喋りあう訳ですね。

あ、因みにレーザーアタックの方は流石に魔法みたいな感じの攻撃になってるから、
現時点では原理は不明としてちゃんと描写、説明してますw

とりあえず、ある意味でこのシーンは私は楽しく描いた、かもしれません。
女同士の会話ってのもなんか可愛いものがあるけど、
それ以前にもう敵と味方のやり取りだから、そこに入ってくるのは
敵組織の重苦しさと、互いに相手をバカにしてやろうというそんな気持ちとかも
色々考えて描写してましたから、面白かったと言えば面白かった。
ってか微妙にエッチぃ部分もあったんだが……。



とりあえず、ネーデルは普段はマジで御淑やかな女の子だってのに、
メイファという敵組織の少女に対しては野生化しますw

だって、後ろから刺してこようとしてきたメイファのナイフを蹴り飛ばしちゃうからw
真上に蹴り飛ばした後は今度はメイファの顔を横蹴りにしようとして寸止めですw



↓ほい、こんな蹴りだよw↓

棗鈴

あ、勿論棗鈴なつめりんは偶然の登場って訳で、でも蹴りの姿があるのが
珍しかったし、案外探すの大変だったんで、代用させてもらったw

とりあえず、スカート姿で蹴り攻撃を仕掛けるのは不味いとか、
その辺の話は置いとくとしようかw

でもメイファはネーデルに思いっきり蹴り飛ばされる可能性があったから、
滅茶苦茶素直にビビりまくります。
いや、多分男でもメッチャビビるでしょう。
女の子であっても本気で蹴りしてきたらメッチャ痛いですからね。
つうか半分死にます。

ぶっちゃけた話、女の子だろうが何だろうが蹴りは痛いものです。
女の子だから蹴られても痛くないとか、そんな話は無いです。



まあその後は組織についてベチャクチャ喋るっていう軽いもんでも無いけど、
そこら辺はなんか説明する体力が無いっぽいんで、
個人的にここの描写はヤバかったかなぁ? って思うとこを書くかなぁ?

まあとりあえず、女同士だったって訳で、
とりあえず、スカート姿の女の子が蹴りなんかして脚を持ち上げたら、
勿論スカートがヤバい事になるでしょうが、蹴られる側も
油断しないでいたら案外見えるっぽいですね。
角度的にもw

まあ女同士だから多分見られてもあんまり意識しないんだろうけど、
パンツ見られたりしたらそりゃあなんかかんか違和感、っつうか苛立ちは覚えるっしょお。
因みに被害者はネーデル側ですが、言われたネーデルもスカートを押さえながら
メイファに言い返します。

よだれの跡が袖に付いてるって。
まあ……確かにこれは人に見られたら男だろうが女だろうが
恥ずかしいでしょうねぇ……。
さっき言ったあれと比較すると何を基準に恥ずかしがるかが全然違うからねぇ……。

前者は男が見たら興奮するけど、後半はよほどの事が無い限り興奮されないだろうし……。
ってかいちいちそんな事で興奮しちゃいけません。
そんで、あれは女同士だったから平気で書けた描写です。
女同士だったら別に大した事は無いでしょう、多分。

男同士だって、全裸で露天風呂に浸かってるしねw



↓早くこいつを出したくなってきたw↓

ドラゴンゾンビ

もしこれをアニメで放送されたら個人的にメッチャ気まずいんで、
さっさとドラゴンゾンビを出したいものですw
だって、アニメの場合って漫画や小説と違って時と場合によっては
平気で親の前にも止まる危険があるから、そういうエッチ表現
抑えてほしいものです。
でもストーリー上そういうのが無いとあの少女達のキャラを描けませんからねぇ……。

ドラゴンゾンビのような奴出したらきっとアニメでもいい意味で萎えてくれるでしょうw
だからさっさと出したいw



でもちょっとあれはエスカレートし過ぎたか……。
メイファはあの液体の事で悪口言われたからそりゃあ腹立つでしょうが、
だからって下着売買の話なんかしていいのか……。

あ、所謂ブルセラとかそんな話ですが、相当下品ですよね。
意味が分かんない人はWikipediaで自分で調べろw

世の中危険になってるんで、そういうあれで簡単に金儲け出来る時代になってるっぽい。
なんでそんなので金稼げるんか不明だけど、男はそんなのが好きらしいです。
そして、この話がされてる状況で男が混じってたらかなり危険です。
だけど女同士だからそういう話も出来るかもしんないけど、
悪口の一環でそんな事言っちゃ駄目よw

でもネーデルは冷静に拒否してました。特に怒る事も無く。
落ち着きは持ってるっぽいし、精神年齢もメイファよりずっと高いだろうしw
だけど胸が小さい(簡単に言えば貧乳)って言われた時はちょっと怒ってたw

胸は小さくても私は別にOKだけど、あんまりデカいのも違和感ありだったり。
ってそんなもんどうでもいいやw



↓やっとこいつが登場する時が来ましたw↓

棗鈴

いや、こいつじゃないです。
ってか前屈みの体勢がちょっと危ないです。
それ以前に、この人本人が出てくるはず無いでしょうw
あくまでも雰囲気を楽しませる為に
こうやって既存の画像を使ってる、ただそんだけw

もし後ろから見たら……なんて事は書かないで、
本当に来た奴をちゃんと描きましょうw
そして、来るのはもう人間じゃないですw



↓画像が無くなったんで、こいつで代用w↓

ナーガ

これじゃあゾンビでも屍龍でも何でも無いですが、
ナーガ様だって迫力あるから、ナーガ様でとりあえず話を代用しましょうw

見るからに地球上の生命体に見えない姿をしてるけど、
話に登場する予定である、ってかもう私の方では登場してる
あのゼーランディア様は女性って属性です。

骨で作られた龍人だけど、立派な宇宙組織の幹部です。
そんな奴が少女2人の間に現れるとなるとなんかワクワクw
なんでかは分かんないけど、親の前で気まずい状況の時に
こういうあまりにも凶暴な奴を出してみるとなんか面白いw



実はですねぇ、まだ現時点ではゼーランディアと、ネーデルとのぶつかり合い、
って言うか話し合いの段階まで進んでないんですよ。

今はまだ過去の話の訂正中なので、新作の執筆に100%力を注げないんです。
今は第9章まで訂正が終わった所なんで、もっと頑張れば夏休み中には
訂正が全部終わる可能性があります。

まあいいや、さてと、ゼーランディアとの戦いはまだ進んでないんで、
お話はここまでにしましょうか。



あ、折角なんで、こんなのを意味ありげに載せるとしましょうw



↓実は背後から見るとこれだぜw↓

棗鈴

もうこれは犯罪ですね。
前屈みの恐怖とはこれなんです。
アニメとかじゃあ平気で前屈みになった後姿映してますが、
正直これって親の前とかでされると死ぬ程危険です。

サザエさんのワカメの場合は別に見えててもだから何? って話だけど、
こういう狙った年齢層の場合はこういうシーンがあると
死ぬ程気まずいんですね。親の前なら死ぬw
ってこれはこのブログの名言と化してます、多分。

実はさっきのネーデルの洗面所での水飲みシーンでの前屈みは多分……。



↓とりあえず、死ねw↓

ジハード

下品な話をしてたらこんな風にパンチが飛んできますw
男は下品な事ばっか考えるから、こうやって異界の存在を出すと面白くなるんです。
だけどゼーランディア様はマジでヤバイ属性の幹部です。

今まで戦ってきた奴らと比べると明らかに異質な奴なので、
なめてかかると多分死ぬ一歩手前にまで追い詰められます。

さてさて、実は前回の記事でまたまた小説キャラに声優は?
っていう話で貴重な意見をゲットしたんですが、
ちょっとそれは次回の記事で書く事にw

だけど早く描きたいです。
ゼーランディアとの戦いを。
名前が個人的に相当凝ってると思うが、所詮はこれも借り物ネームw

後は、ちゃんと自分の小説の営業もしないとw
検索サイト見つけてそこに登録しまくんないとねw

でもゼーランディアとの戦いではまたまた女同士じゃないと描けないような
描写が結構出てくる可能性があるけど、
宇宙組織の幹部なら多分そんなもんには興味無いでしょう、多分w



↓こいつからも制裁を!!↓

マーズ・アタック! 火星人

パンチラシーンを期待する奴には死の制裁を……。
ってかこんなの出した所で誤魔化せんでしょうかね?

寧ろ逆効果な可能性が……。



↓死去!!↓

マーズ・アタック! 火星人



そして、私の新章である……

『第27章 屍龍が導く親子愛』

はもし少しでも興味がおありでしたら、下のURLから覗いてみて下さいw
結構過激ですが、どうか宜しくお願い致しますw

ってか早く他の話訂正しないと……。

http://fascinationworld.web.fc2.com/so01.html




映画グッズ販売専門店ハリコレ。スターウォーズ、エイリアン、ハリーポッターなど豊富な品揃えの通販サイトです。


暮らし 格安家電 役立つ 省エネ型 推進 優良店

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

試験終了! そして、やっぱりSFジャンルは楽しいよねw
オー! マイキー! 不良

さてと、残る試験は情報伝送Ⅲです。
ノートの持ち込みが駄目だから、ノート読まないと無理w

まあとりあえず穴埋めで、語群もあったから一応何とかなったと思うけど、
やっぱりあの先生のテストだと結構厳しいんだよねぇ……。
兎に角ごっちゃだから、1個1個じっくり見てかないと無理っぽい……。

まあ個人的には出来たと思うけど、結果が来るのは9月ですw
だからちょっと怖いんだよね……。



そんでもって、最近は試験のせいであんまり出来なかったけど、
試験が終わったおかげで私はタイムクライシス4を50円で
また出来るようになりましたw

タイムクライシス4

今作はマシンガンの威力がハンドガンに比べて著しく下がってるから、
純粋に威力で勝負するならハンドガンの方が良くなってますね。
マシンガンはあくまでもスコア稼ぎ程度にしかならないです。

逆に言えば、マシンガンは有効に使えばハイスコア狙えるって訳ですねw
でもショットガングレネードは基本的に使わない。

んで、破壊出来るものは必ず破壊する。
これでハイスコアは結構行けるっぽいw

この前4908800の点を取って、2位に上がりましたw
どうやらあの50円筐体、まあ色んな人がプレイしてるっぽいけど、
最後までクリアしてる奴はメッチャ少ないっぽいw

まあ頑張ってくれw





んで、Lucifer Crowこと、私の小説の方ですが、
今は手直しの過程に入ってる訳だから、ちょっと適当に雑談のようなものでもしましょうか。



↓もうジャンルはSFだぜw↓

エイリアン

あ、これは名作洋画であるエイリアンですが、
私はどちらかと言えば、SFは凄い大好きなんですよ。
まあ多分誰だって好きだとは思いますが、こんな迫力のある話が嫌いだなんて普通ありえませんw

折角SF小説で行く気でいるから、迫力は外せませんからねw
いかに敵組織とのぶつかり合いを書くか、
そして敵の野望をいかにどう迫力とドラマを繋ぎ合わせて書くか、
後は、ちゃんと技術があるかどうか、でしょうかね?

でもエイリアン自体もうインパクト強すぎるから、
そんな感じの敵を出せば一気に空気は重くなったりw



↓どうせならプレデターも欲しいねw↓

エイリアン&プレデター

エイリアンも確かに凄まじいインパクトだけど、
やっぱりプレデターも捨てられないw

戦いを殺し合いとしてそのまま解釈するのはちょっとあれだけど、
私は普通の人間だけのストーリーはあまり好きじゃないんですね。
まあ日常シーンとか、幼馴染との接触シーンとかはしょうがないけど、
やっぱり折角のSFだから、明らかに人間じゃない奴を出さないと
ちょっと勿体無い気もしてきます。

ただ、小説の場合はどうしても文章でしか場面を表現出来ないから、
亜人というものを表現するのはとっても難しいです。
我々人間にとっては『人間』のキャラを連想するのは簡単ですが、
亜人のような一部一部に特徴のあるキャラを連想するのは案外大変です。

ちゃんと皮膚の作りとか、皮膚の色とか、後手足がどうなってるかとか、
その他体格とか、頭部の作りとか全部文字で表さないといけないから
亜人を書くってのは凄い技術が必要なんですよね。



↓でも異質生物だっていいかもねw↓

ピクミン ドドロ

覚えてるでしょうか?

任天堂の名作、ピクミンに登場するあの液体状の猛毒生物です。
名前はドドロで、下半身に触れた者を殺すという物凄い奴です。

ピクミン自体は結構ほのぼの~ってイメージだけど、こいつだけはもう例外w
外見がなんかスライムみたいだけど、よく考えてみたらこいつはもう動く猛毒兵器です。

もし登場させるとしたら亜人という概念から外れて、怪物とかの方になると思うけど、
ちょっと設定弄って登場させたら私だったら身体を変形させて、
例えば触手の様に身体が伸びて相手を攻撃するとか、いっその事身体自体が
大砲とかの重火器に変形して相手を攻撃するとかそういう事考えますw

でもそれじゃあ所謂モンスターになっちまうか……。
出来れば組織の幹部級にしてあげたいんだが、或いは部下、その幹部のペットとかも面白いかもw



↓ゲーセンでふと見つけたのが……↓

クイズマジックアカデミー シャロン

クイズマジックアカデミーに出てくるヒロインっぽい人こと、シャロンですw

勿論私は実際にそのゲームプレイした事なんて無いけど、
きっとクイズをするってのは間違い無いでしょう。
と言うか、クイズですw
Wikipediaを見れば一発で分かりますw

でもクイズ内容の方は、地理とかまさにクイズだけど、
並べ替えとかは早押しとか結構アクション要素も混ざってるってさw
でもキャラで選ぶのか、それともクイズが好きだからプレイすんのか、どっちだろう?

個人的には少女ってキャラも凄い大事だけど、
わざわざ左脚持ち上げてるとこがちょっと……。
サービスシーンかい?



↓サムスだって女だぜw↓

メトロイドプライム サムス

はい、多分知らない人はいないと信じたい、サムスですw

外見はゴツいパワードスーツ着てるせいで男と間違われそうですが、
正真正銘の女性であって、そしてバスターを乱射しまくる凄腕のハンターです。

ゲームの画像ではありますが、この人は女性でありながら、
宇宙海賊と激戦を繰り広げたり、巨大なエイリアンと戦ったりする凄い人です。
まさにSF大作と呼ばれるに相応しい迫力でしたw

にしてもこのゲームに関してはエイリアンの作りが上手かったw
宇宙人の作りも凄く上手いw
ああ参考にしたいよ~w ってかプロが作る世界はかなり味が違うぜw
でもクリーチャーの名前がちょっとだけ単純、って言うか、
英語を繋ぎ合わせた名前ってのがちょっとね……
出来ればもっと複雑な名前とか欲しかったかな?

↓こいつが危険生命体こと、メトロイドw↓

ターロンメトロイド

こいつは捕食者のエネルギーを吸い取ってしまうんですね。
勿論被害者は死にますw

顎の力が強いから、頭に食い付かれると助かんないですね。
後はゆっくりと生命エネルギー吸い取られるか、ボム使って逃げるか、だね。

因みにこいつは宙を自由に浮遊するけど、原理は多分不明w



↓こっちもかなりサービス的な棗鈴w↓

リトルバスターズ 棗 鈴

なんか両脚の間が妙にやらしいこの画像ですが、
まあこうする事で視聴者にとある感情を植えつけるっぽいですw

今まではエイリアン系ばっか出してたんで、ってか私はエイリアンは大好きだし、
敵組織と言えば凶暴で恐ろしい奴と相場が決まってる場所でありながら、
少女だってやっぱ出してみたいかな~って思うのも事実だったりw

でも注意しないと駄目な点と言えば、外見はまあ大事だけど、
内面の方も重視しないとあかんって事っぽいですね。
いくら優しい性格とか、ぶっきらぼうとかあるっても、
本当の内心では何考えてるか分かんないのが女性の難しさでもあるっぽいから、
長いストーリーを作る過程で、ちゃんとそこら辺も注意しないと駄目っぽいわ。

とりあえず、一点張りはあかん。
ちゃんと複雑な内心描写を描かないと駄目って事や。







本当はこの前買った書籍の宣伝でもしようかと思ったけど、
それは次の記事に書くかw

そんで、あの投稿サイトでのお話ですが、続きは結構酷いので、
興味のある人だから続きから見て下さい。

あ、次回の記事は小説と声優の連結はいいのか? って話w


映画グッズ販売専門店ハリコレ。スターウォーズ、エイリアン、ハリーポッターなど豊富な品揃えの通販サイトです。


暮らし 格安家電 役立つ 省エネ型 推進 優良店
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

現在過去の作品の訂正中です。
オー! マイキー! ブラウン

現在は試験中でして、
今はディジタル回路と離散数学Ⅰが終わった所です。
前者は持ち込み不可だったんで、ちょっと緊張したけど、
後者はノートの持ち込みOKだったんで、ちょっと楽でしたw

って言うか授業でやった問題書いたとこ持ってたらかなり楽だったw
でも私の前に座ってるハラクーワ・ゲロニーオは凄い臭かったw
しかも服も醤油の染みとか付いてて汚いw

勿論あいつは授業中ノートなんか取んないで
寝てばっかだから、試験中もちっとも手動かしてなかったね。
結局あいつの評価は『不可』だね。しかも聞いた話によると
去年も受講してたっぽい。

また科目落としまくりかな?
まああいつは勉強しないで寝てばっかで、ゲームばっかだから。
しかもすぐ怒ってきてたし。
近くにいると危ないw

そして、木曜は企業論Ⅰも終わって、後は情報伝送Ⅲだけ。
企業論Ⅰはノートと問題集の持込OKだったからちょっと楽だったw
でも問題量が多かった……。



さてと、現在はタイトル通り、過去の作品の軽い手直しをしてますね。
だって、もうあれはモンハン小説じゃないから、
リオレウスとか、ドンドルマとか、グラビモスとか、
そんな単語はもう使えませんからね。

なので、今必死で変えてる最中であると同時に、
作品自体の作りもちょっと弄ってる所です。



結局私はオリジナルの方に以降した訳ですが、
ここで突然になりますが、二次創作(所謂モンハンの自分の小説的なもの)と、
オリジナル小説の長所と短所を挙げてみたいかと思います。



―二次創作―

・長所

1.既に世界観が出来上がっている為、すぐに読者に分かってもらえる
2.既存のアイテムがある為、名前だけですぐに理解してもらえる
3.総合的に、自分で設定を考える手間がある程度省ける

・短所

1.世界観が出来上がっている為、時代に外れたアイテムを出しにくい
2.自分でキャラを作れないゲームの場合、基本的に完成されたキャラで話を作る必要がある
3.総合的に、自分の我侭を押し通すのが非常に難しい
4.オリジナルの要素を出す場合、読者に納得させる説明をしなければいけない
5.当然、原作を知らない読者は楽しめない



―オリジナル―

・長所

1.自分が書きたい事を束縛無しに書ける
2.自分のキャラを好きなように書ける
3.思い通りの世界観を作り上げられる

・短所

1.何もかも、自分1人で構築しなければいけない
2.ストーリーの1つ1つを丁寧にしないと、話自体理解してもらえない
3.キャラもオリジナルである為、絵の才能が無い場合、外見を100%伝えるのは事実上不可能



他にも色々あるかもしれませんが、
どちらにも長所、短所があるものです。

二次創作は世界観の構築の手間はある程度省けますが、
自分の思い通り過ぎる世界はあまり作れないです。
作られた世界があるなら、それに従わないといけません。

オリジナルは何から何まで全て自分の思い通りに出来ますが、
その分自分で設定を作る必要があるので手間隙がかかります。
そして、小道具は全て文だけで表現しないといけないので、
絵を書けないとある意味で勝手に想像されてしまいます。



↓いつかはこんな奴だって出せるようになるw↓

メタリドリー メトロイドプライム

アクション系の小説だったら、誰だって凶暴な敵の幹部を出したいものです。
私は今も幹部の上手い書き方を模索中なので、
今は頑張るだけです。
そして、ドラマの構築も頑張るつもりであります。



だけど、元々どの作家だって、オリジナルに進む事が夢であるかもしれませんし、
オリジナルはオリジナルで、本気で自分の世界を作れるからまた楽しいですよ。

ただ、テーマをちゃんと決めないと結局小説で何がしたいのか
理解してもらえない危険があるから、ちゃんとしようねw
実は私自身はそこまで深く考えてはないんですが、
一応テーマとしては……

【人間関係】

これですよ。
ちゃんと人と人の繋がりは意識しないと、
キャラは動いてくれないと思います。
第27章まで書いてるってのにまだテーマが決まってないって……。

でも人間関係が大事なのは当然ですw



だけど、ホントは投稿サイトの方戻りたいんだけど、
もう本気で一部の人には避けられてっから、
やっぱコメ0は覚悟せんと駄目かもね。
求めてる人がいると言う声もちょっとだけ聞いたけど、
自分の発言はどうも災い呼ぶっぽいし、それに元々オリジナルで行くって
もう自分で決めたから、本家のオリジナル版はPixivにでも1話から投稿して、
今まで私の面倒見てくれたあの投稿サイトにはモンハンの肩書きで
また第25章から載せましょうかね?

だけど批判が飛ぶのは目に見えてるが……。
そして、私が読んで不快な顔されないかどうか……。
やっぱり雑談は無理だね。
この空気だと雑談しても無視されるか、尚更印象悪くなるか……。

あぁあ……なんであんな事自分はしたのやら……。
謝罪するってもなんか上手いやり方が思いつかないしね……。
だけど、名前の方はどうしよう……。
あんなカッコつけた名前使う筋合いはもう私には無いし。

・『タラちゃん』
・『どことなく渋い卵』
・『おわちゃん』
・『巨大トイレ』
・『トーストラリア』
・『おばサップ』
・『孫』
・『マジンガンZん』
・『あっあっあ~あっあっあっあ~♪』
・『スーパーじじいX』

私はもう変な名前しか使えない。
カッコつけた名前は単に人を釣るだけ。
わざと変な名前を選ぶしか道は無い。

というより、私のはもうモンハン小説とは認められにくい。
オリジナルと自分で言ったからには責任を持たないと駄目だろう。
でもモンハンの色は残ったまま。
あのサイトの人間は、少数があの続きを気にしてる可能性がある。
期待を裏切るのは作家にとって最低な行為。

だけど私はあのサイトで最低な行為をした。
もう私は昔の自分では無い。
ダラダラ雑談なんか書けるスタンスも無い。
人の雑談を見て楽しむのも無理。
そんな筋合いは私に無い。
してはいけない。

真面目な事しか書けない。
ふざけらんない。
ふざけたら株が激減する。
だけど、敵もいるが味方も多分いる。
味方を忘れる自分は腐れだ。
敵だって、いつかは味方になる日が来ると思う。
でも難しいかもしれない。
だから、今自分が行動を起こさないといけないかもしれない。



↓名言w↓

2010年08月02日(月) 18時51分56秒
閲覧数:116(8月6日(金)時点)

■作者からのメッセージ

作者からのメッセージなんてある訳ないでしょう。



つまり、これは私のような愚か者がここに駄文を残す筋合いは無いという意味です。
もう私は復活したとしても、もう駄文は載せません。
必要最低限の事しか書きません。
他人のコメントも同じです。
大事なとこしか書きません。そして、書けません。
自分の雑談は混ぜられません。
そして、コメント返しの対象にされなくても文句は言えません。
それは相手が決める事だから。
そして、投稿者は私を信用しない方がいい。
信用したら、その人の株が下がる。
だから、コメントをする場合はその人から『死ね』と思われる事大前提で。
私は手本にさせない。してはいけない。もっと他の人を頼れ。
私はもうあのサイトの先輩でも無い。
だから参考にはしていけない人間の1人だ。
自分で過小評価しても、周りは事情を理解してる。
正直、これは無意味。

だけど、実際に歩かないと何も始まんない。

私の活動はこれから始まったばかり。

本当に、始まったばかり……。

本当に……






映画グッズ販売専門店ハリコレ。スターウォーズ、エイリアン、ハリーポッターなど豊富な品揃えの通販サイトです。


暮らし 格安家電 役立つ 省エネ型 推進 優良店
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

小説には下ネタは大事なの? あ、それと飛竜の直進移動
オー! マイキー! マイキー

どうも、最近外が蒸し暑いからテンションが低い、っつうか眠いですが、
色々と頑張ってるのがこの私です。
試験が近いし、勉強だってしてるよw

でも8月に入るともう試験地獄やねん。自分で自分を助ける事しか出来ません。



んで、投稿サイトの方ですが、改名したんで、あんまり迂闊に行動出来ない状態ですね。
下手になんか書いたら苦情飛ばされる危険がありますし、
コメントする時もあんまり変な事書いたらやな目されそうだから、
真面目な事しか書けない状態です。
っつうかむしろもう真面目な事だけ書いても無視されそうですね。
まあこっちが悪いんだけどね……。

勿論こっちも自分の作品内だからって、作者メッセージ欄に私情は書けない状態ですね。
もう小説の作成状況の事しか、簡単に言えば仕事状況しか書けません。
私情はもうブログでしか書けませんね。
ブログは所有物でも、あのサイトは所有物じゃなくて借り物ですから。

そしてしゃあない話として、テルミドール氏からは見捨てられたっぽい。
まあしゃあないでしょう。あんだけコメでキレてたらあっちもそうなるでしょう。
だけど彼の話は私どうしよっかねえ?
今のスタンスだと結構こっちもコメント方針厳しいんで、
彼であっても40点行かない可能性あるし、でも彼は点は気にしない人だしw

そんでそんで、社長氏は私の謝罪文読んだっぽいですが、
多分今後はあれかもしれませんねえ。
とある作品に対して作家として○○だって書いた事まだ気にしてるらしくて、
マトモなメッセージを貰ってからもう2カ月ぐらい経ってますね。
最近来たのはあの私の反省すべき暴言に対する返答だけだったんで。
まあでもあんまりここで変な事書いたりしたらまた言われるから書かないけど。

しかも改名したらもう読まないとか言ってたから、
ひょっとしたら今の名前見てもう読むのやめたかもしれませんね。
結局そんなもんなんでしょうか?
名前変えた後のコメント返しも見たらなんとなく嫌々やってるように見えたのも
気のせいだったら嬉しいんですけどね……。

多分これ読まれたらなんか思われそうですが、
あの文書いてた時点でもう既に私は『死ね』とか思われてそうですから、
これは自分のせいですね。
兎に角、私情はしないし、相手の私情にも反応しない、もうこれでいいでしょう。
他の人も第25章からは読むのを再開するって言ってましたが、
どうでしょうかね?
一ヶ月ぐらい待ってそれで結果が無かったら、その時はその時です。

でもテルミドール氏のあの発言内容見てる限りは
案外見られてるっていう感じだったから……

でもいんじゃないでしょうかねえ?
私のは悪い見本って事で、気にしないで投稿は続けましょうか。
好き勝手な話はブログで出来る訳だし。

と言うか、あのサイトからもう私去った方がいいかも……。
なんかもう空気があれだし……。
まあその時はオリジナルに設定変更した上で、バイバイするかぁ。
こっちの場合ちょっと手加えたらすぐにモンハンじゃなくてオリジナルに変更出来るし。

でも今試験1週間前だから忙しいかも……。





オー! マイキー! バーバラ・フーコン 不良

で、後、飛竜の直進移動についてですが……

とりあえず、大型飛竜は勢い付けて突進してきたら
もう重い身体を保持出来ないって事で、どうしても倒れてしまう。
これでいいでしょう。

でもディアブロスとモノブロスは足腰が滅茶苦茶強いから、
倒れないで滑るように停止出来る。これでいいでしょう。

だけど、歩けば普通に蛇行も出来る、これもいいでしょう。
だって、グラビモスは歩きながらの接近だったら平気で蛇行してるしね。

そんでもって、ランポス達の小型動物は、実際は平気で蛇行する。
もうこれでいいでしょう。
小さいくせして直進しか出来ない、ってのはゲームだけの話です。
ゲームと現実は分けないといけないのです。
でも小説で書く場合、それが出来ない奴があまりにも多いw





オー! マイキー! ハワード弁護士

そんじゃ、今度は小説内で下ネタ表現は使うべきか考えてみましょう。

やっぱり作者ってのは多少は自分自身の名誉も守らないといけないから、
あんまり変な事は書けないのも事実なんですよね。
下手糞とかそういう話じゃなくて、ある程度描写をする事に慣れてくると
今度は作者の下心も案外上手く表現出来たりする訳です。

寧ろ、作者も結局は異性の事を書きたいとか思うのもある意味でお決まりかもしれないんで、
頑張って書こうと逆にそこだけ頑張る人もいるかもしれません。
書くのが上手ければ上手く読者をにやつかせる事が出来ますが、
失敗すると逆効果となるでしょう。

あったら嬉しいけど、意外と書きにくい描写の一つだったりw



↓パンチラシーンっていいの?↓

パンチラは危ない



↓「死ね。とりあえず、消えろ」↓

マーズ・アタック! 火星人



普通はこんな描写いちいち書く必要なんてありません。
だって、そんな事しなくても話は書けますからねw

オマケ程度の要素だってのに、いざ書くとなれば結構凝るっぽいw
パンツと出ればもう男は一瞬にしてやらしくなります。
スカート着用の少女を見るとすぐにそればっか期待するっぽい。

ってかその単語自体響きが凄くエロいので、
実際文章に打つ時もかなり躊躇うw
と言うよりかなり書きにくい。使い所が難しかったりする。

下手をすると作者の趣味が丸出しになる。



↓そんなにパンツがいいんかい?↓

パンチラは危険だよ。ロザリオとバンパイアより



↓「だから死ねよ。消えろ!!」↓

マーズ・アタック! 火星人



小説は自分の趣味を丸出しにする所ではありませんからね。
なので、いくらかは我慢もしないといけないんですが、
描写する時は本気出して書かないと相手に伝わりません。
伝えたい事は躊躇ってはいけないのも小説であって、
書くからには本気にならんと……

だけど今私が今書いてるストーリーに出てくるゼーランディア様は
そんなパンチラの危険の多いネーデル(一応メインキャラ)と戦う予定になってますが、
ゼーランディア様は一応性別は女性扱いなので、別に気にしないだろうし、
第一宇宙生命体なので、多分そんなパンチラの概念自体よく意味分かってないだろうし。

そして、もうこの時点でモンハンじゃないと気付いてきたから、
尚更オリジナルの方に設定変更する予定になりました。
でもその為にはタイトル決めて、表紙自分で作って、
その他色々と設定直さないと駄目ですからね。



↓出来れば自分で姿を描きたいぜ……↓

ドラゴンゾンビのような連中がいたら……

出来ればさっさとSaiで実際の姿を描きたいゼーランディア様ですが、
こんな奴にとって、パンチラなんて意識すらしないでしょう。
人間の視覚で例えるなら、道端に落ちてる石ころが見えた程度の感じでしょう。

早くゼーランディアとの戦いを描きたいですが、
実は今自分の描いてる小説をモンハンからオリジナルに移す作業してんですよ。

それは後で書くかな。

んで、まあゼーランディア様はスカート着用のネーデルと戦うんで、
まあそんな格好で激しく戦ったらどうなるかは想像しなくても分かるとは思いますが、
ゼーランディアの視点から見れば別にそんな事まるでどうと言う事は無いでしょう。

その代わり、まあ小説なんで、ちゃんとそこんとこも書かないと駄目なので、
楽しい代わりに難しい部分でもありますね。
変に露骨に書けばあれだし、書かなすぎるとなんか手抜きだし……。

そんで、今投稿サイトの方では自分の作品の削除とコメントの保存の作業中です。
まあ、あんな事したんだからもうあそこには居れないでしょう。
絶対嫌われてる訳だしね。

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学