小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 2012年11月
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
人間は言い訳が簡単に出来る最低な生き物だよ
オー! マイキー! ニックパパ

 とりあえず、今はどんどん疲れて疲れてきつい状況です。しかも最近は食生活も凄まじく適当になってるので、これから先もどんどん痩せてくんでしょうかね? 今はカロリー摂取量よりも仕事量の方が明らかに多い訳だから、数年後には体型がごっそり削ぎ落とされてたりしてんでしょうか。でも太るよりはマシか。そういえば学生時代も過剰な食生活のせいで結構痩せてた覚えがあるから、このままの調子の方がいいかもしれませんね。

 仕事の方もやっぱあれですね。結構忙しいってのがあるせいで、休日がとても待ち遠しかったり、休日はテンションが上がったりします。貴重な休日だからこそ今まで以上に休日を大事に使おうという意識が強まってる現在ですが、でも結局やってる事はネット活動……か。

 んで前回紹介したマインクラフトに嵌ってる状態になってるので、これからはマインクラフトに人生を捧げるつもりで生きてく事になるかもしれませんねw だけど朝寝坊したり、仕事をサボるような事をした瞬間、もう人間としておしまいになる可能性もあります。









オー! マイキー! エミリー

 さてと、最近は色々と画像が集まってるってのに、それを上手く貼り付けるだけの時間が無かったので、溜まってばっかの一方でした。まあ別にパソコンの容量も多いし、USBもある訳だから、容量がいっぱいいっぱいになるって事は無いんですが、やっぱり収集した画像を貼れないのはなんかパッとしませんからね。

 そんな事より、最近のモバゲーでもなんか色々と進化があったり、イベントがあったり、ネットユーザーの方で変わった動きがあったりと、モバゲーだからって油断してはいけないような世界になってきてます。課金の問題に関しては……よくコンプリート目的で課金したはいいけど10万ぐらい使ってもコンプ出来なかったって苦情を垂らす奴もいたりしたが……。

 さて、久々に戦国コレクションの画像とその他ダラダラとした話を最初にしたいと思うんですが、戦国と言えば歴史、歴史と言えば学校でいう社会なんですが、学生時代、社会が苦手、或いは嫌いだって言ってた人はどれぐらいいたんでしょうか? 私も社会化は嫌いでしたし、あの頃はどうして現代に生きる人間が何百年も前の事なんて知らなきゃなんねえのよって考えのせいで社会の成績はすこぶる悪かったんです。ついでに言えば、今の時代みたいな救済処置も無かったしねぇ……。

 だけど今の時代の学生達はある意味有利かもしれません。勿論一部の属性を著しく嫌う人間なら話は別ですが、今の時代はもう本当に凄いですよね。あの歴史の世界に上手くのめり込めるように頑張ってくれてる人間が今この世の中に沢山います。

 戦国コレクションは、ある意味では歴史にあまり興味を持ってなかったり、歴史を嫌ってるような奴らを取り込むように上手くやってくれたゲームかも分かりません。

↓杉田玄白と片倉重長ですが……↓

杉田玄白 片倉長重

 画像はあくまでも戦国コレクションの時のお姿ですが、実在する方の人物達は正真正銘の男性で、歴史に名の残る勇ましい活躍をしてくれてはいましたが、所詮は学校の教科書に出てくる人物なので、外見を当てにするなんてご法度です。いや、別にご法度って訳じゃないんですが、テレビに出てくるタレントみたいな期待とかはしちゃいけないって意味です。確実に老けてたり、爺だったり、無駄にゴツかったりするので、それが原因でそういう人物達を覚えようとする気が無くなったりするかもしれませんよね。

 歴史上の人物が仮に女性であったとしても、所詮は歴史に登場した人物だから、可愛らしさもまるで皆無だったりするし。でも戦国コレクションの場合は何とか歴史の世界に入り込んでくれるようにと、登場人物の名を借りて随分と可愛らしいデザインに仕上げてくれたんですね。んでもって、名前だけを借りてるって言えば嘘になりまして、紹介文を見ると、その実在の人物がしてた功績の断片を見る事さえ出来ます。

 杉田玄白は解体新書を出版した偉大な方です。罪人を解体して、身体の秘密を解き明かしたんだとか。

 片倉重長はゴツい顔した江戸時代の武将で、関ヶ原の戦いにも参列してたんだとか。詳しい事は自分で調べた方がいいような気がしますが、どっちにしても某大御所大百科サイトにも掲載されてるお偉い方である事に代わりありませんw

 因みに、実際のお二人の顔はと言うと……。

↓左が杉田で右が片倉です↓

杉田玄白片倉長重

 戦国コレクションでは凄まじいぐらいに美人化、女性化されてますが、実在する方はこんなゴツい、或いは皺だらけの人なんです。確かにそういう系の趣味に溢れてるような奴であれば、こんな奴ら……っていうのもなんか悪いんですが、必死に覚えようとは思えないかもしれません。覚えるとしても、単に点数だけの為に覚えるのであって、テストさえ終わればあっさりと忘れられるような可能性もあるお方です。

 どうでもいいんですが、杉田玄白は小学生達からは『独身ミイラ』だとか、『じたばた一休さん』とかあだ名を付けられてるみたいです。歴史上の人物にへんちくりんなあだ名を付けるのもどうかとは思いますが、そんな事より、歴史、即ち社会科ってのはもう覚えるしか道はありません。誰が何をしたとか、何年に何をしたとか、これこれこういう事件や事柄を何と呼ぶかとか、もう覚えるしか道はありません。

 暗記物が苦手な人は結構多いみたいですが、人間はどういう訳か、自分の好きな事であれば驚く程簡単に覚えられてしまう特徴を持ってます。好きなアニメであれば、多少捻られた名前のキャラも簡単に覚えられるし、僅かな情報、例えば性格とか外見の特徴を少し言われただけで簡単に名前を出せてしまうでしょう。ですが、学校の授業とかみたいな好きでもない事をやらされると、人間は確実に効率良く覚えたりなんて出来ません。教室では覚えられたつもりでも、家に帰ればもう他の事をやってる内に殆ど忘れてしまいます。うろ覚えになるケースも多くて、語群選択のようなテストであれば答えられるのに、語群が無い途端に一切答えられない……なんて事も多いです。

 だけど苦手だからって放置するってのは、中学生以上になると許されなくなります。理由は簡単です。受験に大きく響きますし、1つの科目の成績が悪いだけで進学に著しく悪影響が及ぼされます。高校ぐらいになると、5段階評価で1が付いたりすると、進級出来なかったりもするので、嫌いだから放置する、諦めるなんて事は結局、学校の世界では認められません。社会人になっても同じなんですがね。

 ただ、社会科とか歴史っつうのは学校の世界を生きてく上で絶対に覚えないといけないめんどくさい科目ではあるんですが、上手くそれを掌握出来れば、とても面白い科目に変化してくれる事もあります。確かに何百年も前に誰が何をしたとか、地域がどうだったとか、そんなもんは一部の職業の人間にとってどうでもいい話かもしれませんが、逆に言えば日本のルーツを辿るチャンスにもなる訳だから、それは逆に面白い科目にすらなってくれるでしょう。

 だけど物事には限度っつうのがありまして、いくら学校の教科の1つだからって言っても、あまりのめり込みすぎると単にオタと呼ばれてしまうのが……。いや、オタと呼ばれる原因は多分今の時代のアニメとかラノベにあるかと思われるけど……。

↓この人は歴女という特徴を持ってまして……↓

楠 幸村

 最近相変わらず読んでない『僕は友達が少ない』ですが、少女のくせに少年みたいに振舞う不思議なお方こと、楠幸村ですが、やはり今の時代は何から何までキャラ化させる傾向にありまして、三次元的な人物をあまり好まない人間に対しても興味を持てるようにさせてくれる配慮がされてるおかげで今は歴史も覚えやすい時代になってますが、でもキャラ化されたものを好むとオタ扱いされるこの時代では、そういう偏ったものの好み方によって、変な風に見られてしまうのだとか。

 歴史じゃなくて、この人が登場する作品の話になるんですが、この人は多分登場人物の中では主人公に並んで結構まともな部類に入るような気がします。ただ、相手の言った事とかに対して極端な方向に解釈する変なとこがあったりしますが、他のメンバーみたいに騒いだりとか、相手を威圧したりみたいな力任せな行為は殆どやんないので、ある意味一番安全と思われる奴でした。だけど勝手にパシり行為に走るとこが主人公には困られてるみたいですが。

 そんで、歴史の方の話になりますが、こういう風に歴史に滅茶苦茶興味を持ってるようなキャラがラノベとかアニメの世界に増えてる現在ですが、こういうのを見た視聴者とか読者とかって、ちゃんと歴史に感化されてくれるんでしょうか? そんでもって、社会科の成績が良くなった要因にこういうキャラの影響だとか、キャラ化された歴史上の人物の事情とかを知った親が何を思うのか……。

 いや、そういう事は親に直接言わなきゃいい訳です。親にそういう事を見破られるような書物とかを見せないようにしときゃ大丈夫でしょう。歴史の成績が良くてなんか理由を聞かれても、適当に単に好きだとかみたいな風に言っとけば多分大丈夫だと思います。だけど学校の成績は進学の意味で考えれば重要性が凄まじく高いので、仮に原因がそういうオタ的なものにあったとしても、許容してくれる……のかな? ただ、世間から見たオタに対する評価は結構悪いので、親もそれを知った時に何を思うのかは……まあ自分で確かめた方がいいでしょう。

 それでも社会科及び歴史を苦手とする学生が多い時代では歴史に登場するキャラの萌え化も今の学力低下対策には有効だったりするかもしれませんよね。そこまでしないと勉強しないってのもどうかとは思われますが、やはり勉強ってのは本人の意思とは関係無くやらないといけない面倒な事なので、まずはきっかけが必要になる訳です。どんな要因であるにしろ、勉強をする気持ちになる為の何かが無いと、多分成績なんて上がってくれないでしょう。

 かと言う私も結局学生時代はそこまで社会科の成績は上昇してくれなかったんですが、英語に限っては常に学年トップレベルの成績を維持してたんです。英語が好きになった原因としては、よくゲームでムービーが導入されるんですが、英語の台詞が兎に角カッコ良く思えて、それで少しでも英語の理解力を高めようとして英語が出来るようになった訳です。まあ検定は3級しか持ってねぇけど……。

 予断ではありますが、私のオヤジは社会科が苦手であると同時に嫌いでもありました。大工だからそんな昔の事なんか知ったって何にも得なんてねぇよって言ってたんですが、進学進級する為には苦手とか言ってられません。そんな我侭が通用する程この日本は甘くありません。そしてついでに言うと、オヤジが学生だった時代は萌えとかそんなもん無いに等しかったから、勉強する場合はもう気合で突破するしか無かったんです。それを考えると昔の人間がいかに忍耐力が強いかが分かるw

 だけど、考えてみたら歴史上に登場する人物達ってのは色んな妥協を乗り越えて社会の教科書に名前が載るだけの影響力を手に入れたんだと思われます。いや、そうなんですよ。

↓このお2人だって同じです。↓

戦国コレクション 織田信長戦国コレクション 豊臣秀吉


 いきなり同じだって言われても、この人達は誰? って思うのが殆どだと思うので、紹介はしますね。

 左が戦国コレクションの世界で萌え化した織田信長で、右の大人な美人さんが豊臣秀吉です。確か織田は室町幕府を滅ぼして織田政権を確立させた偉大な功績を残してたはずです。因みに織田に対する小学生が考えたあだ名の1つに、おでこデカ・イプリオってのがありますw

 豊臣秀吉は天下統一をしたお方として有名だったと思います。そんでもって、確か刀狩もやってた覚えがあります。ついでに、どうでもいい話なんですが、この人、指が6本あったっていう伝説があるとか無いとか。

 さて、歴史に名を刻む為にはちょっとやそっとの妥協なんて許されません。特に彼らの時代は戦国とも呼ばれるような世界だった訳だから、場合によっては命を落とすような危険に晒される事もあったでしょ。現代の場合は余程の事が無い限りは殺されるような事なんて無いと思われますが、それでもこの地球上で自分の名前を残すんだったら、戦国時代にも負けないぐらいの努力が必要になります。

 ただ、現代人は残酷なので、歴史上の人物に対して変なあだ名を付けたり、特定の功績を非常に変な意味で解釈して変なネタを作ったりする奴もいたりします。それをされて歴史上の人物達が何を思うのかは不明ですが、多分そんな変なあだ名とかを付けてる奴らなんかより、歴史に名前が残るだけの活躍をした歴史上の彼らの方がずっと貫禄がありますし、偉大でもあります。

 さて……今日は色々とそういう話、特に妥協とか言い訳に関する話でもしようかとw



↓ネット活動では顔が見えない分……諦めとかも……↓

顔が見えないからって安易に諦めるような事はするなよw

 ネット活動は確かに楽しいものがありますし、不特定多数の人に手軽に見てもらえるので、モチベーションの維持には殆ど困んないかと思われます。小説だろうが、同人漫画だろうが、その他イラストとかアニメーションとか、創作ゲームとか、色々あるでしょう。

 だけど、そういう創作活動ってのは、基本的に完成してからやっと楽しめるものでして、人によってはその創作過程に耐えられなくなる人もいます。学生とかじゃないと、多分創作活動に全部の時間を使うなんて事は出来ないと思いますし、平日であれば仕事が終わった後に活動するにしても、体力的な問題で厳しい可能性もあります。

 ネット活動の長所は、自分のペースで活動を続けられる事ですが、短所は諦めるのが異常な程簡単過ぎる事でしょうか。誰かに押さえ付けられたりもしないから、辞めたいと思ったら簡単に辞められてしまいます。ネット世界は簡単に人の妥協を許してしまう大甘な世界だと思われます。

 そもそも諦めるには必ず理由があります。人間の行動にはどんな些細な事でも理由が存在します。呼吸をするのは生命活動を維持させる為だし、誰かにちょっかいをかけるのはそのかけられた相手が困るのを見るのが面白いからだし、死ねって言うのだって、相手が本当にムカつくから自分の苛々を解消させる為に言い放ちます。

 それと同じで、ネット活動をあっさりと放置してしまうのだって、ちゃんと理由はあります。忙しいとか、何か事故があってやる気を失ったとか、パソコン自体が破損したとか、ネット環境を失ったとか、色々あります。理由は色々ある訳ですが、理由内容によっては相手に納得してもらえるものから、呆れられるような事まで様々です。ある意味では、社会人になった途端にネット活動を辞める人が一番カッコいいのかもしれませんが、考え方によってはだらしない言い訳に解釈されてしまう可能性もあるでしょう。

 そもそも、ネット活動ってのは、自分の趣味でやってる人が大半でしょうし、そしてそれは楽しいからやってる事でしょう。社会人になっても趣味を捨てないで働いてる人は沢山いますし、特に休日であれば自分の趣味を堪能してる社会人だって沢山います。ただ、ここで問題になるのは、休日は家にいるのか、それとも外に出向くのか、ってとこです。

 こんな事を書いてるとかなり自分が寂しくなってくるんですが、社会人になると主に外に出て休日を過ごすのが多くなるみたいです。余程の事が無いと家で過ごすような事は無いんだとか。それを考えると、社会人になってネットでの活動を辞めるっていうのも案外納得が出来るかもしれませんね。外に出てる間はノーパソでも無い限りは活動なんてやってられないでしょうし、ましてや他人と一緒に外で何かやってる時にパソコンを弄ってるって事自体がもう非常識に見えるし……。

 だけど、社会人になったんだったら、折角学生の時よりも金銭的に(いくらかは)余裕が出来る訳だから、少し外に出て何かやろうと考えてもいいかもしれません。家に篭ってても正直、寂しいと思われます。まあそこら辺は人それぞれなんでしょうが、基本的にあまり家に篭るってのは感じが悪いとの噂です。

 多分社会人になってネット活動を辞めるって断言してしまう人ってのは、単に飽きた事に対する言い訳か、それとも社会人になったから卒業するか、だと思います。でも、本当にネット活動が好きなんなら、自分で時間を見つけて活動をするぐらいは出来ると思います。だけど、ネットでは直接メールアドレスとかを晒したりでもしない限り、相手から断続的に何か言われたりする事もありませんから、辞めるのも簡単です。

 でもそれって、結局の所、自分が持ってた夢……とまで言うのは大袈裟かもしれませんが、もし途中でネット活動を辞めてしまったら、もう自分が持ってた目標や最終地点には辿り着けなくなる事になってしまうでしょう。凄く虚しいですよね。折角希望を目指して活動を始めたってのに、社会人になってそれを……放棄するなんて……。社会人になったなら、社会人になった上でまたネット活動を違う方面でグレートアップさせる……なんて事をしてもいいかもしれません。

 現に、ある意味では私の敵に等しいとあるあの人だって、確かに今は社会人で平日は忙しく生活してるし、そして休日は友人達と外で遊び回ったりして随分とリア充な生活を送ってる様子ですが、それでもあの人は小説活動が好きだから、そんな中でもちゃんと自分で時間作って、活動してますからね。好きなものであれば、自ずと時間を自分で作ってそこで活動するべきですよね。本当に好きなんなら、社会人になったり、外の世界で友人が新しく出来たぐらいで放置するなんて事はしない方がいいと思います。

 さてと……実はモバゲーでアイドルマスターの方もやってる訳なんですが、知ってる人は知ってる通り、アイドルを目指す女の子達と、プロデューサーになった主人公の話……なんですが、当然アイドルっつうのも誰でも簡単になれるものではありません。アイドルってのは一握りの人間しかなれない究極の称号なので、もう自分こそが一番だ! って思えるぐらいのやる気が無いと多分アイドルなんかになれないでしょう。

 んでもって、このモバゲーのアイドルマスターをやっててかなりいい感じのお方が見つかったので、諦めてはいけないって話も兼ねて、紹介するかw

↓陶磁器を趣味とする女の子でしてw↓

藤原 肇藤原 肇

 名前は藤原はじめって言いまして、岡山出身の16歳です。因みに画像左が進化前で、右が進化した後の姿です。趣味が陶磁器なので、服装が微妙に地味に見えますし、そもそも趣味自体が陶磁器っていうあんまり女の子らしくないものであるから、パッと見はなんかあれなんですが、でも体型と性格に関してはかなりのハイスペックを誇るかとw

 身長は161cmで女の子にしては微妙に身長を持ってて、尚且つ一番魅力的に見えそうな数値で、体重の方も43kgでスタイルに関しては文句が無いかとw そして喋り方もちゃんと敬語も使えるしっかり者との事です。趣味が釣りや陶磁器っていう同年代の子があまりやりそうにない趣味を持ってるから、そういう趣味を好む傾向に強い中年とか年配の人とかと触れ合う機会が多いから、自然と敬語も鍛えられたのかもしれませんが、それって逆に言えば同年代の相手との付き合いがあまり得意じゃないっていう見方も出来そうだが……。

 だけど基本的に敬語が使える少女キャラってのは人気が出やすいみたいです。まあ別にイケイケな奴が嫌われるって言いたい訳じゃないんですが、私は敬語が使えるキャラは結構好きなので、このお方は結構ツボに嵌った少女だったんですね。岡山出身なので、下手したら聞いた事の無い方言でも使い出すんじゃないかって思ってたんですが、喋り方も綺麗なので、あまり気にならないかとw それと、私は身長が160代であっても、体重が50kgを行ってるとなんか違和感が出てきてしまうので、40kg辺りで留めてくれてるキャラにはそれなりの高評価を送りたいんですよ。まあ性格があまりにも悪かったら話は別だけど……。

 おっと、そんな事より、そもそもアイドルになる為には妥協や困難に打ち勝つ精神力が必要とされます。それらに打ち勝ってこそ、アイドルになれた時の喜びも大きなものになるでしょう。逆に、もし多少の妥協があったからって、それで諦めてたらアイドルも何も無いでしょう。そもそもそうやってすぐに諦めてたりでもしてたら、もうアイドルマスターっていうゲーム自体成り立たなくなるでしょう。

 継続させるのはとても難しいですが、諦めるのは恐ろしいぐらい簡単です。継続させるには、その今やってる事をずっと続けないと話にならないので、常に新しいものを生み出す技術を考えながら活動しないといけません。だけど、諦めるんだったら、今やってる事をやらなければいいから、辞める事は恐ろしいぐらい簡単です。

 そういえばネット世界では案外嘘の話も多い訳で、継続的なコミュニティのサイトとかで長い間活動出来なかった時に、よくパソコンが壊れたとか言う人がいますが、あれって実は嘘である可能性が高いみたいです。やはり継続的なコミュニティが保証されるような場所で、何ヶ月か顔を出してない場合、他の残った人達は一体どうしたのかと不安になったり、心配になったりするでしょう。だけど、ネット上のコミュニティで活動してる者同士が現実で出会える確率は恐ろしく低いから、その活動を停止してる人間が一体何をやってるのかを知る事なんて出来ないでしょう。

 活動を休止させる側としては、待たせてる他の方々の事が心配になったりする反面、自分が今どうして活動を停止させてるのかをある程度隠蔽させる事が出来ます。もし活動を休止させてる理由が単に活動が面倒だから……だったとしても、直接自分で口に出さない限り、絶対に相手にバレる事はありません。本当は単に面倒だったから……だとしても、復帰した時に仕事が忙しかったとか、パソコンが壊れたとか書いとけば、殆どの人はそれを信用してくれます。

 だけど、活動が面倒だから休止させてたなんて、そんな事コミュニティの場では絶対に言えないでしょう。それって単純にやる気が無い事を曝け出す事になるから、きっと同じコミュニティの場にいる人達から何かしら嫌悪されたりする危険性があります。だから言えるはずが無いですよね。その為の嘘……か。



↓だけど、言い訳は結局現実逃避にしかなりませんよ↓

パンツが見えたとしても、言い訳して見た事を正当化しない方がいいよw

 言い訳ってのは、自分のやった行為、特に喜ばしくない意味で使われる事が多い言葉ですが、自分のした事を無理に正当化させる為にやる言動でして、なんかそれって考えてみるとかなり見苦しい行為ですよね。大人の世界では確実に鬱陶しいと思われる行為ですし、そんでもって、仕事の世界でも殆ど通用しないと考えた方がいいでしょう。

 でもネット活動なんて仕事じゃないから、言い訳して逃げるのも簡単です。そして、何か掲示板とかで口論になったとしても、掲示板に直接姿さえ見せなければもう続きをする必要も無くなります。ネット世界では逃げるのも簡単だし、諦めるのも、放置するのも、嘘を言うのも簡単です。ネット世界では何でも出来る反面、こういう人として恥ずかしい事とか、プライドの欠片も無い事も平気で出来てしまいます。

 だけど言い訳……特に自分のネット活動みたいな趣味に関する休止に関するそれの場合は……もうどうしよもない気がします。どうして趣味を辞める為に言い訳をいちいち考えないといけないのか……ですね。趣味であればやっぱり継続させたいものですが、やはり人間ってのは、生きてく為に絶対にしなきゃいけない事がありますから、絶対にそっちを完全に優先しないといけません。学校とかの場合は親が怒ってくるだけで、飯ぐらいは食えるかもしれませんが、社会人になるとそうもいきません。仕事をしないと給料も貰えないので、仕事を放置する……なんてのは出来ませんし、そして今の時代は定時に帰れる事も少ないみたいなので、自然とプライベートの時間は減ります。

 それを考えると、ある意味では生きる為には趣味を諦めないといけない部分があるのかもしれませんよね。まあ趣味とは言っても色々種類がありますし、スポーツを趣味とする人だっていると思いますが、スポーツの場合は殆どが家では出来ないでしょうからどこか別の広い空間が必要となるでしょうけど、そこに行く為にはやはりある程度の時間の確保が必要となるから、時間の無い平日はまず堪能出来ないでしょう。するとしたらやっぱり休日しか無いですよね。

 やっぱり趣味によっては家でも出来る事から、絶対に家では出来ない事もあるから、平日に時間の確保が非常に取り難い社会人にとって、家で出来ない趣味は殆ど諦めるしか無い可能性もあるかと思われます。私も学生時代はよく先生達からスポーツってのは社会人になるともう出来なくなるって話を聞いてましたが、本当だったみたいですね。部活をやってた奴らは、多分今頃社会人になって部活をやってて良かったって思ってるかもしれませんね。何せ今はもうスポーツなんてやってる暇なんて無い訳ですし……。

 だからそういう家では出来ない趣味を持ってた人達にとっては、社会人になってその趣味を切り捨てる行為は別に言い訳にはならないような気もしてきました。趣味が出来る場所に行けないんだったら、趣味を堪能したくても出来ない訳ですから、どうしよもないかと思われます。学生時代に部活ぐらいしとけやって先生達が煩かったのはこの為だったのかもしれませんね。社会人になったらもうその後は死ぬまで働かないといけない訳ですから。

 でも、ネット活動の場合は……。

 ネット活動はパソコンとネット環境があれば家でいつでも活動が出来る訳です。勿論パソコンと対面してないと活動なんて出来ませんが、家にいればいつでも出来ます。仕事がある平日でも、朝か夜であれば活動が出来ます。だけど、朝の場合は朝は寝てたいって考えてる人や、準備に時間がかかり過ぎてとてもパソコンなんて弄ってる暇なんて無いって人はまず弄れないでしょうし、夜は仕事で疲れてる人であれば、多分電源を入れる気にもならないでしょう。だから休日が一番安定……か。

 でも休日は多分殆どの人が食料とかその他生活用品の買出しとかで出かける人が多いでしょうし、或いは外で何かしら遊んだりする人も多いでしょうから、休日の全部が全部ネット活動に当てられるか……って言うとそれも少し厳しいかと思われます。

 私の場合は小説も手がけてる訳なんですが、ネット活動の場合は自分の思い通りの事も実力次第でいくらでも出来ますし、特に小説とかみたいなキャラとかが出てくるようなメディアの場合、自分の思い通りのキャラを増築させられるチャンスだってのに、それを放棄してしまう意味にもなります。作者によって登場人物をどのような姿で見てるのかは無限大ではありますが、二次元が好きな作者であれば、多分、過剰な想像でも膨らませたりするかもしれませんよね。そうする事によって自分自身のモチベーションも上げる事が出来るみたいですが……。

↓こんな無茶な想像だって出来るのに……↓

ネレイドメイジャンガール

 モバゲーの世界も今は凄まじい進化を……ってのは置いといて、創作世界ではまさに自分の都合と創造力の世界ですから、もし本当に創造力があれば、これぐらいのクオリティを読者に伝える事が出来るでしょう。あまり女性系キャラばっか出し過ぎてもマイナスになりますが、だけど折角登場させるんだったら、とことん魅力のある姿を伝えるべきかと。上手く伝える事が出来れば読者からの評価も激増しますw

 しかし、社会人になると途端にもう完全に大人の世界に入る訳ですから、二次元とかみたいな人に言うと多少恥ずかしいような世界から離れたくなる気持ちが現れるのかもしれません。確かにこの神撃のバハムートに登場するキャラ達はカッコいいのもあれば可愛いのもありますが、正直あまり人には教えにくい趣味の1つ……だと思います。

 社会人になれば、二次元の世界で引き篭もるより、外に出て色んな人と関わった方がこれからの為になると考える人も多いとか多くないとか。二次元ってのは……確かに今はもう子供向けと言うよりは中学生高校生辺りのやや微妙に高い年齢層が相手になってるような感じがありますが、どちらにしても大の大人が他の時間を削って堪能するような世界ではないのかもしれません。大人になったなら、もう二次元とかみたいな空想の世界で楽しんでるんじゃなくて、もうリアルな人間達と触れ合う方がいいのかもしれませんね。その方が親交も深められるし。

 そして一応なんですが、一般的な世界としては、自分の想像した世界に入り込もうとする人間はあまり好ましく思われないみたいです。想像の世界では確かに、自分の思い通りの世界を構築出来る事は出来るでしょうけど、でもその世界は所詮は想像でしかないから、現実で繰り広げられる事はまず無い世界です。つまり、実現されないような世界を頭の中で浮かべてるだけなので、なんだかそれって恥ずかしいような気もしてくる……。

 勿論想像する内容が全部が全部、現実では再現される事の無い内容とは言い切れませんけど、基本的に自分で勝手に想像するような世界ってのは人には伝え難いものです。ネット世界であれば相手に顔が見られないから、多少恥ずかしい事だって出来ますけど、現実ならそうはいきませんからね。

 さてと、やっぱ、創作活動では普段人前でやると恥ずかしく思えるような事も出来る訳ですが、人によっては、やっぱ現実では遭遇し難いような可愛い少女キャラでも生み出そうと考えたりするでしょう。まあ勿論至って真面目な人物ばっか登場するような話を手がける人もいるし、場合によっては自分の欲望を一切出さないで創作活動に取り組む人もいますけど、創作活動を卒業、或いは何らかの理由を味方に付けて飽きた事の言い訳にする人ってのは、確かに勿体無い気がしてたまりませんね。まあ、少女キャラが大して好きじゃない人にとっては別に卒業したり放置したりするのは苦にはならないんでしょうけど……。

↓新田美波って人がいますが……↓

新田美波新田美波

 アイマスの方もモバゲーとかの影響で最近更に人気が急上昇してる様子ではありますが、ネタ集め的な意味ではこのゲームも案外捨てたもんじゃありません。

 因みにこのお方はラクロス部に所属してる将来アイドルを目指そうとしてる頑張り屋で、身長165cmで体重45kgと流石はスポーツでスタイルを維持してるだけの事はあるステータスを持った広島出身の19歳です。なんで19歳なのに制服みたいな格好をしてるかは……ってかこれってラクロスの制服か運動服かなんかなんでしょうか? その辺はまるで分かりませんが、なんか随分とスカートが短過ぎる気がするのは気のせいでしょうかね? 画像下の方で随分とギリギリで太股が見えてる辺りがなんか、妙にエロい気がします。

 そんでもって、上気したような表情も合わさって、かなりエロいキャラだってとある大型大百科サイトで言われてましたが、言われてみるとそんな気がしなくも無い気がします。

 ってそれより、創作活動であれば、自分の好きな事が出来るから、自分の創造力とか文章表現力さえ持ってれば、こんな風にちょっとエロい感じのキャラだって生み出せると思います。服装の描写だとか、容姿、体格の描写とか、表現力さえあればいくらでも上手に描写出来ますし、いちいち描写する必要の無いような部分を敢えて描写する事によって、更に相手にそのキャラの良さとかを伝える事が出来ます。

 だけど、結局の所、そういう活動ってのはあくまでも現実から離れた行為には変わりは無いでしょう。少しエロい姿だとか、スカートの長さ短さだとか、そういうのって結局の所は作者本人の好き嫌いによって生み出される要素でして、もし現実であれば周囲の人間達が自分の思い通りの姿格好をしてくれたり、言動を取ってくれたり……なんてのは一切ありません。寧ろ、逆に自分の意図しない言動を取られる場合が殆どですし、そもそも自分1人の為に世界が動いてくれる訳なんて無い訳だから、現実と創作世界を一緒にする時点でもうアウトです。

 さて……そろそろなんかイマイチパッとしなくなってきたので、ちょっとマインクラフトの方の話に入ろうと思います。









オー! マイキー! 神様

 さて、最近嵌ってしまったマインクラフトですが、下手に嵌り過ぎると今度は生活に支障が出たりもするので、プレイはホドホドにした方がいいかもしれません。

 そんな事より、このゲームは主にサバイバルな生活が主体となってるので、食料問題と寝床とその他道具の調達が非常に重要になります。寧ろ、最初はそれが出来ないと夜になった途端に死んでしまいます。夜は危険なモンスター達のパラダイスと化すので、灯りの調達と、寝床を最初に見つけないとまず殺されてしまいます。

 最初は私もかなり下手糞でして、寝床を見つける前に殺されるっていう悲しい状況に陥れられたんですが、慣れるともういくらでも寝床なんて作れるし、道具も作り放題だし、探索活動も好きなように出来るようになります。

 とりあえず、ここが私の拠点でして、今はここでアイテムを整理したり、寝たり、料理をしたり、亜空間の扉を設置したりしてます。全てはここから始まりますし、仮になんかあったとしてもここに戻れば大抵の対処は出来ます。飯も全部ここにあるので、ここが破壊されたら多分もうこのゲームを遊んでられなくなるでしょう。

↓ここが私の拠点ですw↓

マインクラフト 我が拠点

 見た目はただの洞窟内部に箱だの釜戸等が沢山放置されてるような空間にしか見えませんが、この拠点が無いと私はこのゲームを楽しめないと思います。

 沢山木箱みたいなのが設置されてますが、この箱1つ1つに沢山のアイテムを収納出来ますし、そして1つ1つ中身が区別されてるので、この収納箱を設置すればするだけ沢山のアイテムをしまえる訳です。アイテムの種類は実に豊富で、岩の素材から植物の素材、その他鶴嘴つるはしやスコップ等の道具もありますし、地下世界に沢山用意されてる金鉱石や鉄鉱石、その他レッドストーンとかみたいなこのゲームにしか存在しないようなアイテムもありまして、とりあえず、アイテムを沢山保存する癖のあるプレイヤーにとって、収納スペースってのは重要な存在ですからね。

 今までのゲーム、特にモンスターハンターの場合は収納出来る量に限界があるから、もしアイテムを持ち過ぎた場合、泣く泣く売るか捨てるかしか無いですが、このゲームであれば収納スペースを無限に作れるので、アイテムの保存に困る事はまずありません。だけどそういう1つ1つにアイテムの収納データが保存されてくれるおかげでメモリ量を食ってる……って考え方も出来なくは無いが……。

 だけど流石にここだけに拠点を置くのは骨が折れます。何が言いたいかと言うと、このゲームの場合、世界の広さが尋常では無いし、ローグライクゲームみたいに新しい場所に進めば進むだけその都度新しいフィールドが出来上がるので、事実上このゲームには行き止まりが無いんです。広さも多分素人が想像してる以上のものなので、複数の拠点を持っとかないと夜になった時にいちいち1つしか無い拠点に戻って睡眠なんかを取ってたら非常に面倒です。

 そんな事より、このゲームの私的な醍醐味としては、地下探索にあるかもしれませんw

↓地下には未知と希望と恐怖が眠ってますw↓

マインクラフト 地下世界

 こんな風にこのゲームではピッケルさえあれば地下世界に赴く事が出来ます。大抵の場合、うっすらと地下に通じる僅かな窪みがありまして、そこを掘り続けてると大きな空間に出る事も多いです。流石に空間そのものを自分で掘って作るなんてやったら凄まじく骨が折れるので、ちゃんと大きな空間が見つかるように祈りながら発掘作業をしましょう。

 洞窟の奥は、財宝と危険が沢山眠ってます。因みに洞窟内は石のブロックで支配されてるので、ピッケルでブロックを破壊しないとアイテムが出てきてくれません。勿論鉄鉱石や金銀もピッケルで破壊しないとアイテムとして回収出来ません。ピッケルが無ければ洞窟探索の意味が無くなってしまいます。折角洞窟の奥深くに進んだのに、何も持たないで地上に戻るなんて、虚しいですよね。

 地下では主に木炭を採掘出来たり、鉄鉱石を採掘出来たりと、最初の内はそれらは確かに安価な素材ではありますが、それでも最初の内は沢山回収したい欲求に駆られるでしょう。何故か最初ってのは大して使わなさそうなアイテムであっても無造作に全部保存しようとする傾向がありますよね。そして実際にネットとかでそのアイテムの使い道を調べると、まるで使えない事が分かって少し白けたりする事も多かったりします。

 だけどこのゲームの場合は精錬っていう要素があって、まああれです。釜戸で火を焚いてそこにアイテムを設置して、違うアイテムに変化させるっていうやつですが、それに関しては後述って形でw

 それより、石炭も洞窟内に沢山眠ってまして、炎を設置したり、起こしたりするのに絶対に必要になります。

↓これが石炭ですが……↓

石炭

 多分誰でも1回は目にした事があると思われる物体です。直接手に持てば簡単に手が真っ黒になってちょっと気持ち悪い思いをする事になります。

 だから直接運ぶ場合は軍手の着用が必須ですが、そんな事より、このゲーム上ではポピュラーでありながら、ゲーム中でもよくお世話になるアイテムの1つです。まず、このゲームでは灯りの調達が必須になります。当たり前ですが、夜になれば周囲は真っ暗になるので、周囲の確認が非常に厳しくなるし、洞窟であれば灯りなんてのはまるで無い訳だから、自分で灯りを用意しないと夜は悲劇となります。

 しかもこの世界は夜になると危険なモンスターが沢山出るので、灯りを使って何とかしてモンスターが近寄ってこない環境を作らないと危ないです。とは言っても松明を何個か並べた程度では余裕でモンスターなんてやってきますが、灯りがあると周囲の状況を見やすくなるので、普通にプレイするにしても明るい場所の方がプレイもしやすくなるでしょう。そもそもゲームの内部の状態がよく見えないようなゲームなんて多分面白くないと思うので、ちゃんと光の確保はしないと不味いです。

 そんでもって、洞窟探索では鉄鉱石ってのも見つかります。

↓多分実際に見た事ある人は少ないかとw↓

鉄鉱石

 鉱石ってのは勿論ではありますが、坑道だとか洞窟だとかみたいな場所にあります。多分普通の人間とかの場合、専門の職に就いてる人じゃないとそういうとこなんてまず赴かないでしょうから、実際に鉄鉱石を見た事がある人は結構限られてるかと思われます。

 このゲームでは基本的に機械とかなんてのは存在しないので、原始人みたいに原始的な素材だけを上手く組み合わせて実用的な道具に進化させる事が要求されます。そんな世界観なので、鉄の素材は非常に重要なものになります。ピッケルとかスコップの素材にもなるんですが、鉄はやっぱり強度もそれなりにあるので、道具の素材に使うには充分な素材です。

 因みに強度の面で考えると金とか金剛石とかの方が遥かに上になりますが、それらの素材は鉄鉱石に比べるとなかなか入手し難いので、そこまで派手に拘んないプレイヤーだったら、鉄の素材の道具だけでも充分かと思われます。ただ、一部の鉱石は鉄以上のレベルの道具で採掘しないとアイテムとして出てきてくれない事もあるので、鉄鉱石は見つけ次第必ず全部採掘しとくぐらいの気持ちは持っといた方がいいかもしれません。鉄鉱石は洞窟に行って採掘しないと絶対に入手出来ませんからね。

 そしてこの世界は危険だらけでして、地下に行けば行く程あの液体に出会う確率が高くなります。

↓溶岩相手にどう立ち向かう?↓

マインクラフト 溶岩地帯

 立ち向かうも何も溶岩は単なる障害物なので、別に襲ってきたりはしないんですが、直接触れたらもう凄まじい事になってしまいます。多分いちいち説明するまでも無いかもしれませんが、触れたら大ダメージです。その他のゲームとかでは一撃で死亡したりするケースも多いですが、流石にこのゲームでは一撃死とまではいかないです。だけど大ダメージですし、そして身体が燃え上がるので、持続的なダメージが続いてしまいます。

 水が近くにあれば何とか消火出来ますが、出来なかった場合は悲劇となります。勿論死んでしまえばその場にアイテムをばら撒く羽目になるし、そんでもって、溶岩の中にアイテムが落下したら完全に溶けて無くなってしまいます。

 地下世界にとっては無くてはならないのが溶岩ですが、プレイヤーから見れば危険な事に変わりの無い存在です。正直、溶岩が流れてるせいでプレイヤーは普通以上に慎重なプレイが要求されてしまいますし、もし溶岩の近くでダイヤモンドの鉱石とかがあったりすると、確かにレアな鉱石を採りたい気持ちに襲われる気持ちは分かりますが、油断してはいけません。下手に溶岩に近付けば燃やされて折角のダイヤモンドが台無しになってしまいます。

 因みに溶岩がある場所は、ゲーム中での最下層に近い場所でもあるので、あまり下に行き過ぎると岩盤っていう絶対に壊せないブロック地帯に辿り着きます。このゲームではあまりにも下に行き過ぎると奈落の世界に近付く事になりまして、奈落の世界を守るのがその例の岩盤ってやつです。岩盤はいかなる手段を使っても壊せないので、普通にやってたら奈落の穴に落とされる事は無いんですが、MODとかを使うと壊せるみたいですが、結局奈落に落ちたら問答無用で死亡するので、壊せたからって得する事なんて何もありません。

 だけど深い場所であればそれだけレアな鉱石が手に入る率も高くなります。それに奈落と言われた所で、どうせ岩盤が邪魔してくれてるおかげで落ちる心配も無いので、奈落に関してはそこまで過剰に意識するまでも無いかもしれません。

 それより、このゲームは外国製なので可愛いキャラとかはまずいないに等しいです。ってか、デフォルトの主人公キャラはこんな感じでして、何故かこれを見た時、GTAの主人公を思い出したんですが……。

↓案外主人公って地味ですねw↓

マインクラフト 主人公

 ブロックを重ねたようなデザインを採用してるので、派手なデザインを期待する事自体難しいんですが、やはり地味と言えばとても地味です。まあMODっていうのは簡易拡張パックの事で、ある意味では改造データみたいなやつです。

 それを使えばプレイヤーの外見を一応変える事は出来ますが、MODの中には悪質なものがあったり、ゲームのプログラムに悪影響を及ぼしたりするものもあるので、やる場合は完全に自己責任になってしまいます。まあパソコン本体がどうなるかは……分かりませんが、あまりパソコンに悪影響を与えたくない人の場合はあまりMODには頼んない方がいいかもしれません。

 どうしてもやりたいんだったら、そのMODを紹介してるサイトについて詳しく説明をしてくれてるようなサイトを見つけて、正しい使い方を把握してから使った方がいいでしょう。下手してデータが全部飛んだりでもしたらもう泣きたくても泣けませんからね。

 だけど、ここでプレイヤーがどうでもいいような妄想を膨らませれば、自分が好きなキャラを動かしてるような気持ちになる事が出来るかもしれませんね。要するに、自分の好きなキャラを思い浮かべながらこのゲームをする事によって、必要以上にモチベーションを上げるっていうなんか変なプレイ方法ですね……。

 多分もしホントにそんな事をするとしたら、女の子でも想像するんでしょうねぇ結局。ただ、この世界はあくまでもサバイバルなので、制服とかを着たような女の子を想像するのは難しいかと。どっちかというと多少ファンタジー的な服装をした女の子の方がそれらしく見えるかもしれませんし、ファンタジーの世界だと結構野宿とか、自分で洞窟とかに住処をしてる女の子も多いみたいです。そんでもって、二次元のお約束なので、絶対に汚いなんて事はありません。寧ろ普通に家とかを持ってる女の子とまるで変わんないスペックを持ってたりと、案外謎も多いです。

 だけど、結局どんなキャラがマインクラフトの世界に相応しいんでしょうか?

↓なかなかサバイバルらしいお姿ですw↓

マインクラフトでもしこんな感じの主人公ならやる気倍増?

 このゲームでは戦いもあります。モンスターが出る訳だから、武器を使えるような雰囲気のあるキャラが妥当かと思われますね。モンスターはゾンビとか、蜘蛛とか、異次元の世界になると浮遊するクラゲもいたりするから、本格的な武器を扱えるようなキャラじゃないと、モンスターが出たと同時に襲われて死ぬ……っていう凄まじく鬱になる展開が想像されたりするので、戦闘力の低い女の子は控えましょう。モンスターだって陰湿だから、多分力尽きた女の子を平然と食い散らかしたりするんでしょうねぇ……。

 だからこそ、強い女の子じゃないといけないんですが、ただ強いだけで、外見が男みたいな屈強過ぎる感じだったりすると今度は外見的な意味で人気が無くなってしまうので、可愛らしさも残さないといけません。だけど人間の命を奪うようなモンスターと戦うってのに、そこにいちいち可愛らしさとかを残す意味があるかと言えば疑問になりますが、世の中、肉体的、精神的な強さだけじゃなくて、外見を整える事も大切なんです。

 そんな事より、このゲームをやる上で大切な事は、ちゃんとやらないといけない他の事、例えば学業とか仕事は放棄しない事と、そしてこのゲームに対して怒ったりしない事ですね。ゲームである以上、所詮は娯楽でしか無いので、自分が今しないといけない事を放置してゲームばっかりするなんて持っての他です。ちゃんと勉強、大抵はテスト勉強だの宿題だのなんでしょうけど、そっちを優先させないといけません。まさかゲームなんかのせいでテストで最悪な点を取ったり、仕事に遅刻したり、最悪学校や仕事をサボったりなんて事になったらもう人生終了です。

 そしてもう1つ、注意しないといけないのが、このゲームに対して怒んない事です。ゲームをする人ってのは結構短気なのが多いから、このゲームで何らかのミスで主人公が死んでしまって、その時所持してたアイテムを全部失う事が多いんですが、この時にレアなアイテムを多数所持してればしてる程、失った時の激怒率も上がってしまいます。だけど怒ったってどうしよもありませんし、そしてこのゲームでは確かに出現率はあるけど、どのアイテムも多少の苦労と努力をすれば取り戻せる訳だから、諦めないで頑張ってみましょう。ただ、時間が無い時にアイテムを失うと取り戻すのにある意味でまた時間がかかる訳だから……。

 実はこのゲームにはネザーと呼ばれる地獄の異次元空間もあるんですが、とりあえずマインクラフトの話はこの辺で終了です。

 今は探索範囲を広げたり、迷子になんないように松明をばら撒いてたりと、それなりにエンジョイはしてますw 後は……さっさと異次元世界に眠る砦を見つける事……か。











オー! マイキー! トレイシー先生です。色気の多いお方です.

 とりあえず、やっぱり思う事としては、『何か』をするにしても、諦めの心がどこかにある限り、僅かな反動でその『何か』を辞める可能性が常に付き纏います。そもそもそれを辞めようとしてしまうのはなんででしょうか? 普通自分にとって本当に楽しいと思える事であれば、ちょっとやそっとでは諦める事は無いはずです。

 だけど辞める人は沢山います。結局の所、飽きという魔の病気が人間のどこかで眠ってるから、次第にその行為に対する興味とか意欲とかが薄れてくんですね。多分ゲームでもそうだと思いますが、同じゲームを何回も、何十回もやってたらその内飽きてしまいます。ゲームであれば予め収録されたデータ内容以上のゲーム内容はもう望めなくなってしまいます。もし飽きから開放されるには、全く新しい内容のゲームを手にするしか道はありません。

 ゲームであれば、飽きたんだったら別のゲームを買えば解決出来ますが、創作活動の場合、常に新しいものを生み出すという点を考えると、なかなか飽きが来にくい趣味であると言えますが、その完成させるまでの過程で凄まじい労力を必要とします。多分、その労力ってのも、飽きと同じぐらい危険な思考なのかもしれません。

 労力ってのもなかなか厄介なもので、人間は基本的に疲れるような事を嫌います。例え趣味であったとしても、あまりにも疲れが蓄積し過ぎれば、必ず休憩とかを取らないといけないし、疲れが異常な程に溜まってると、創作活動とは言え、良質な物を築く事なんてまず出来ません。

 創作活動にとっての障害は、疲労と時間低下でしょうか?

↓でも結局何をするにも疲れると思うけど……↓

何をしたって、結局は疲れるんですよね。楽しい事でもつまんない事でも。

 人間ってのは何か行動をするとその分量に比例して疲れを覚えます。楽しい事だろうがつまんない事だろうが、誰かに強制してやらされた事だろうが、必ず疲れを覚えてしまいます。勿論楽しい事であれば疲れるまでの時間が長く感じるでしょうし、逆にやな事であれば疲れるまでの時間が短くなるでしょう。

 だけどどちらにしても何か行動を取れば結局は疲れるので、人間は常に疲労との戦いになります。疲労が限界に来ると、人間は休憩とかを取ったり、そのまま睡眠に進んだりします。疲れを取る手段を取らないとやがて人間は滅びたり、病気になったりと、その他喜ばしくない事が沢山起こってしまいます。疲れを上手く取れない人は体調管理がなってない証拠です。そして、生活のリズムがまるでちゃんとなってない証拠でもあります。

 いくら趣味とは言っても、やはり疲労には勝てないので、仕事をしてる人達にとってはいかにその疲労を抑えるかにあるかと思います。平日にある程度の趣味を楽しみたいと考えてる人は、仕事の後の疲労をどう乗り切るか、です。恐らく仕事が終わって家に帰った人達は、のんびり風呂に入って、飯食ってそしてダラダラしながらテレビを観て後は寝る……っていう感じが殆どだと思われますが、もしパソコンとかでネット活動をする場合はどうなるんでしょう?

 そして疲れてる場合、あらゆる行動に対して様々な障害が走ります。創作活動であれば、思考能力を激しく低下させるし、ゲームであればプレイする為に必要な反射神経とかも鈍らせてしまいます。結果的に行動に障害が出る事になるから、仕事がある平日は趣味を楽しむ事を諦めてる人が多いのかもしれません。事実、ネット上でも仕事が終わった後にゲームをする気になれないって答えてる人も多かったです。

 しかし無理をして仕事が終わった後に趣味にのめり込んで次の日に仕事に悪影響とかが出たら最悪の一言になってしまいます。仕事は自分の生活を護る為に絶対必要な行為なので、もし仕事をちゃんと出来ないような身体になっちまったらそれこそマジで人生終了になってしまいます。趣味なんて、生きる上ではそこまで必要な事じゃないから、生活に絶対必要な仕事が出来なくなるぐらいだったら、趣味を捨てた方がマシかもしれませんね。

 だけど、趣味を捨てたら人生が確実につまんなくなります。ストレスを発散させる手段を持ってないと人生がつまんなくなるのは誰だって同じです。だけどまともに生活をするには仕事をしないといけないし、仕事がまともに出来ない奴に趣味とかでダラダラ遊ぶ筋合いなんて無いでしょう。考え方によっては、仕事がちゃんと出来るようになるまで趣味は一旦放置する……なんて考え方もいいかもしれませんが、その場合、仕事をちゃんと出来るようになるまでの間は苦痛でしかないでしょう。

↓かと言って休日も完全には暇とは言えないかな?↓

休日だからって、やりたい事を100%出来るとは限んないんだよ。

 さてと、かと言って社会人になったんだったら平日は殆ど時間が無い訳だから、休日しかゆったり出来る時間なんて無いと思われますが、多分休日は休日でやる事があると思われるので、休日の100%を使い切るのは無理かと。買い物、特に食料品の買出しとか、公共料金の支払いとか、その他何か電化製品とかを買いたかったら色々と店にいかないといけない訳ですから、とりあえずそれだけで2時間ぐらいは無くなってしまうでしょう。

 自家用車を持っててもそれぐらい時間がかかるので、自家用車を持ってない人はもっと時間がかかる計算か……。だけどどういう訳か買い物ってのは地味に時間のかかるもので、食料の買出し程度だったらそこまで時間はかかんないかと思いますが、電化製品だとかだったりしたら、やはり長く使うものである訳だから、選ぶのに時間がかかったりもしますし、時間がかかればそれだけ休日が終わるのも早くなってしまいます。

 だけど恐らく仕事が終わってから買い物をするのは難しいかと思われます。まあ定時にキッチリ帰れるなら話は別でしょうが、一部の仕事ではそれが難しいかと思われますし、スーパーってのは夜の8時とかぐらいになればもう閉店するので、食料を買うなら結局休日を狙うしか無いでしょう。休日じゃないとゆっくり買い物なんて出来ませんが、逆にゆっくりし過ぎるとその他のやりたい事が出来なくなってしまいます。

 それと独身なら兎も角、家庭を持ってる人であれば尚更自分だけの時間ってのは減るかと思われます。まあ嫁と一緒に何かする事が最大の楽しみだって考えてる人であればまるで問題は無いんでしょうけど、個人での活動を楽しみたいと考えてる人にとっては休日は休日だけど、だけどある意味休日ではないと考えたりする事もあるかもしれません。

 家族サービスってのがあるぐらいで、休日は本当であれば家でダラダラしてたいと考える人もいるかもしれませんが、やはり家族の考える事としては、折角休日なんだからどっかに遊びに連れてってもらいたいと考えたりもするでしょう。確かに遊びに出かけるのは楽しい事ではありますが、家族で行く場合は全員がその遊ぶ内容に心から賛成する事が絶対条件になるでしょうし、もし自分にとって面白いと思えない事だったりした場合、心から楽しいとは思い難いでしょうから、心のどこかでストレスを覚えてしまうかも分かりません。

 一部では結婚すると自分の時間が無くなるとまで言われてる訳だから、個人活動を主な趣味としてる人にとってはきついかもしれません。だけど結婚して子孫をこれから増やしてかないと地球は滅亡する可能性があります。人間はやがて老いて死んでしまう訳ですから、どんどん子孫を作って新しい時代を築いてもらわないといけません。ってかなんか話がどんどんずれてきてる……。

 兎に角、休日も家庭環境によっては上手く自分の趣味を当てられない事があるって事ですよ、はい。











オー! マイキー! マイキー・フーコン 本物

 さてと、最近は10月に入って何だか色々と煩くなってきたご様子です。

 特になんかダウンロードの違法化がどのこのって声も聞こえてきてますね。どうやら厳罰化が始まったらしいですよ。とりあえず、ダウンロードする側としては、そのアップロードされてる物が違法である事を分かっててダウンロードしたらアウトみたいです。でもアップロードされた物の著作権者が告訴しないと罪には問われないとの事です。要するに親告罪ってやつですね。

 動画や音楽の場合、やっぱりアニメとCDとかが売り上げに影響するんでしょう。アニメだってちゃんとDVDで買ってもらったりしないと会社は売り上げも伸びませんから、こういう対策もいいのかもしれませんが、今回は漫画とか小説は関係無いみたいです。だから所謂割れ厨とか言われてる奴らは別に今回は大丈夫みたいですね。まあ割れ厨はしないに越した事は無いが……。

 まあ普段変な風にダウンロードをしない人達にとっては無縁な話ではありますが、そんな事より……ってなんかもう話すネタが無くなってきたのが辛い所です……。

 さて、後は何を話せばいいんでしょうか……。

 そうだ、この前ちょっと紹介してたあのホラーガンシューティングゲームこと、THE HOUSE OF THE DEAD 4の話でもまた再開させてもらうとしましょうかw このゲーム自体もともとジャンルがホラーなので、ちょっとこのゲームの話に混じって検索してはいけないホラーワードもちょちょいと紹介してみるかw

↓最強のおデブこと、テンパランス様ですw↓

The House Of The Dead 4 テンパランス

 このゲームはマシンガンを使って敵対者、ってかゾンビを薙ぎ倒す凄まじいゲームですが、マシンガンであるからボスとの戦いはかなり忙しいです。何せ弱点に連続的に攻撃しないと相手の攻撃をキャンセル出来ないから、兎に角狙う技術が絶対的に要求されます。

 このジャイアントなデブこそがステージ4のボスでして、外見通り最強レベルのデブでして、マシンガンで撃っても殆どを吸収してしまいます。最終的に主人公達は時計台に登って、時計を落下させてそれをこのボスの頭部に直撃させる事によって倒してました。このゲームではラスボスに次いで唯一マシンガンで死ななかった敵であります。

 ゲーム自体の方としては、もう1ヶ月ぐらい周期的にゲーセンでプレイしてるので、もうノーコンティニューで最終ボスまで辿り着けるようになりました。ゲームセンターのゲームってのは何回かプレイしてたら自然と流れも覚えてきますし、そしてテクニックも大体は身に付くはずです。少なくとも相手がどんなパターンで攻撃してくるのかを覚えておけば対処しやすくなりますが、命中率が無いと反撃さえ出来ません。

 そもそもガンシューティングで遊ぶ覚悟がある人は、射撃の技術がある程度ある人がプレイする訳だと思うので、ターゲットが指示されてるのにその部分をまるで狙えないようでは……確実にこのゲームをクリアするなんて無理です。よく何回もコンティニューしてる人を見ますが、あういう人達って多分もうこのゲームプレイしないんでしょうねぇ……。他のゲームでも見た事があるんですが、たまに最終ステージに行く為に3000円ぐらい費やしてる人達がいますが、あれってもう普通に家庭用のを買った方が安い気がしますねぇ……。ただ、最近のゲーセンのゲームは殆どがPS3で発表されてるのが多いから、まずは本体を買うだけの資金があるかどうか……ですよね。

 んでもってこのおデブさんこと、テンパランスの攻撃方法は転がって押し潰すとか、これから紹介するようなジャイアントパンチとか、結構力任せなのが多いです。

↓壁を突き破ってパンチしてきますw↓

The House Of The Dead 4 テンパランス

 勿論こんな事をされたらダメージですw こいつの弱点は顔面でして、時間内に規定回数顔面に銃弾を撃ち込まないと怯ませられないんですね。

 さてと、蟇蛙ひきがえるを怪物化させたようなボスの話のついでなんですが、世の中にはやっぱり検索したらいけないようなワードが沢山あります。インターネットの世界はテレビとかみたいに製作者側が敢えて規制をして公開しなかったり……なんてのが一切無い訳だから、ユーザーの検索次第でいくらでも侵入が出来てしまう訳です。

 このゲームでもそうですが、そもそも人間がゾンビの住む世界に踏み込むって事は、相当な覚悟が無いとまず無理な話です。でもあくまでもこれはゲームだから、主人公達はマシンガンを武器にゾンビ達と戦ってる訳ですが、現実的に考えたら多分ゾンビどもと戦おうなんて少しも考えようとしないでしょう。兎に角逃げる事だけを考える事かと。

 ってな訳で、このインターネットの世界に地獄世界の穴でもいくらか紹介してみるとしましょうかw 勿論ですが、直接リンクが飛ぶようなURLは一切載せません。本当に行きたい方は自分で検索して調べてみて下さい。当然ですが、画像検索で出てくる画像を直接載せるような真似もしません。ここではあくまでも文章による説明しかしませんからねw

↓ただ、ある意味ではネタと度胸試しにもなるかな?↓

地獄みたいな世界がネット世界には沢山ありますぜw

 当たり前ですが、多分そういう地獄以上の世界なんかに女の子が単独で行ったら絶対に泣き出しそうです。

 だけど、そういう地獄に等しい場所に敢えて行ってみる事によって、何か創作活動をする時にネタになってくれるかもしれません。人間は直接体験でもしないとリアルな描写が出来ないって言いますからね。子供のアマチュア小説家がエロシーンを描けないのと同じで、直接怖い場面とかを見た事が無い人間が怖い場面を描写しようとしてもそこまでリアルに怖い場面を描写するのは難しいかもしれませんね。そういうのってある程度は自分の実体験も影響されるので、自分の精神面の犠牲を覚悟の上で勇気を試す事も必要かもw

 現実では、基本的に危険な場所は進入不可能な看板とか柵とかが厳重に設置されてて入りたくても入れなくなってる場合が大多数です。そんでもって、入ったら警察とかの人に注意を食らったりするようなケースが多いです。

 だけどネット世界では自分でクリックしてしまえば簡単に内部に入れてしまいます。もうそうなっちまえばもう完全に自分の責任となります。その後に何かしらの被害が襲い掛かってきたとしても、完全に自分の責任となってしまいます。さてと……基本的にどんな危険なサイトがあるかと言うと……。

 危ないサイトとしては、入った際にいきなりウィルスに侵されるような物理的に危険なサイトもありまして、index of uedakanaと呼ばれるサイトは、ストレンジストームっていう強力なブラクラが仕込まれてます。他にも凶悪なウィルスが沢山潜んでまして、自分のパソコンを護りたいなら絶対に入ってはいけない悪魔の領域です。他にもgoggleと誤って検索、特にURLの場所に直接comなんかを付けて検索してしまうといきなりウィルスに感染するみたいです。私は試す勇気なんて無いんですが、とりあえずウィルスに感染するって事が分かった時点でもうそのサイトには近寄らない事にしましょう。どうしても侵入したいんだったらもう必要の無いパソコンでやりましょうねw

 今は消滅したって言われてるfullddl.comも、ガンブラーに感染してパソコンが凄まじい事になるとの事でした。ガンブラーの意味は大御所の辞典サイトに行けば分かりますが、どっちにしてもパソコンの最悪な影響が出る事に間違いはありません。他にもcrashie.comってのも危険らしくて、IEがクラッシュするとの事です。恐ろしいですねぇ……。他は最強レベルの危険なサイトとして、bnatsaba.comってのもあります。なんかイスラム教の信者達の掲示板みたいなんですが、ページの殆どがトロイに感染してるみたいでして、他にはガンブラーに感染してたりと、かなり危険な場所みたいです。そして、画像検索するとホラー系の画像がヒットするとの事で、死体系画像が平気なくせにホラー画像がまるで駄目な私は検索する勇気が……。

 どっちにしても、ウィルス系サイトの場合は侵入する事で得られる利益ってのがまるで無いでしょうし、そもそもインターネットを楽しむにはパソコン自体が無いといけないってのに、パソコンが破壊される可能性のある危険地帯に突っ込む事自体が間違ってるかと。因みにSeriall.comはサイト内のファイル全部に複数のウィルスが含まれてまして、中にはアクセスすると同時にパソコンを起動不可能にするような最強威力を誇るウィルスもいるみたいです。一時期はアクセス不可になってたみたいですが、最近復活したとか……。

 さて、ちょっとゲームの方に話は戻りますねw

↓ステージ5も敵が休まる事はありません↓

The House Of The Dead 4

 ハウスオブザデッド4はステージ6までありまして、ステージ5は最終ステージの手前って事になります。ここまで来るとゾンビ達の配置もマジで凶悪になります。ゾンビの外見も単なる成人以上の男性達から、軍隊を思わせる格好のゾンビとか、タンクトップのやはり軍隊の一員を思わせるような強力なゾンビが沢山出てくるようになります。

 マシンガンなので今までの作品みたいに耐久力のある奴に対して何回も連射して指を疲れさせる必要はあまり無いんですが、それでも結構このゲームは疲れます。リロード、つまりは無くなった弾の補充をするには画面の外を撃つか、それともガンコン自体を振る必要があるんですが、多分画面の外を撃つよりガンコンを振ってリロードした方が時間のロスが少ないです。多分上級者であれば振る動作でリロードするんだと思いますが、これを最終ステージまでずっとやってると絶対に疲れます。

 だけど画面の外をいちいち撃ってたら後半の敵の猛攻に対応出来なくなります。

↓とうとう軍隊を思わせるゾンビ達が登場します↓

The House Of The Dead 4

 流石は最終ステージの1つ手前だけあって、まさに戦闘のプロフェッショナルを思わせるようなゾンビが沢山出てくるようになります。勿論耐久力もそれなりに高く設定されてるので、頭部を上手く狙えないとかなり厳しいです。胴体だけを攻撃しても倒せない事は無いですが、敵は大量に出てくる訳ですから、多分他の敵から攻撃されてしまうでしょう。頭部を狙って短時間で仕留めてかないと後半戦は非常に厳しいです。

 また、ゾンビ達の中には奇妙な改造をされてる奴もいまして、将校みたいな格好をしたゾンビは両腕が機械化されてました。どっちにしても、ゾンビである事には変わりありませんし、耐久力も外見通りなので、怯まずに攻撃しないと簡単に相手から攻撃を受けてしまう事になります。また、一部の将校ゾンビは運転中の車を持ち上げて妨害してきたりもします。車を持ち上げるぐらいなので、いかに怪力なのかも分かりますね。

 そんでもって、ステージ5のボスが凄まじい奴でして、一部のユーザーから絶大な支持を受けそうなお姿をしてくれてる訳です。

 ある意味ではこのボスに会う為だけにここまで辿り着く価値があるかもしれません。ただ、ある意味ではちょっと王道過ぎるような姿をしてるので、王道なデザインが嫌いな人にとってはまるで興味の立たない相手なのかもしれませんが、それでも空中を飛び回ったり、魔弾を飛ばしてきたり、瞬間移動して真上から斬りかかってきたりと、怪人さながらの戦いを見せてくれます。

 って説明だけだとなんか分かりにくいので、さっさと画像載せて紹介するとするかw

↓仮面の怪人、スターですw↓

The House Of The Dead 4 スター

 なんかしょっちゅうブログに登場させられてる気もしますが、ステージ5のスターっていう名前のボスで、最終ステージであるゴールドマンと呼ばれる男のビルの番人です。名前がやや単純なイメージがありますが、実際に奴と戦うと奴の恐ろしさが本当によく分かります。

 魔弾を飛ばして遠距離攻撃はしてくるし、瞬間移動で天井付近に移動したかと思ったら急降下で斬りかかってきたりと、かなり恐ろしい奴です。両手に持ってるククリと呼ばれるタイプの双剣には妙な魔力が込められてるらしくて、紫色のオーラを纏ってます。まあ結局ダメージは1しか食らわないんですが、雰囲気的に考えると流石は怪人の属性を持つだけの事はありますw

↓こんな風に飛び回って攻撃します↓

The House Of The Dead 4 スター

 一体どんな力を使って浮遊してるかは謎ですが、理屈を辿ってる余裕なんてありません。プレイヤーがしないといけない事は、こいつが接近してくる前にマシンガンで怯ませる事です。

 弱点は胸元の傷ですが、奴の胴体をとりあえず狙っとけば勝手にそこに命中してくれますから、胴体を狙うだけの命中率があればいいんですけど、こいつったらなかなか嫌らしく動き回る上に最悪な場合はこっちが攻撃不能な画面外に逃げる事もあります。勿論画面の外にいるからって攻撃しなくてもいい言い訳になんてなりませんし、ダラダラしてると画面の外から斬りかかって攻撃してきます。

 ゲームでは当然のように敵として登場するし、一応彼は人語を使えるし、相手とのコミュニケーションぐらいは取れる様子ですが、どっちにしてもゲームのプログラム上では敵として設定されてるので、ゲームの中では絶対に味方なんかになってくれません。だからゲームの中ではあくまでも敵でしか無いのが現実です。

 だけど、ネタの材料にするんであれば、ただ敵の外見だけを拝借して自分の創作活動のネタにするのは自由かと思われます。ただ、周りの人間からパクりだとか思われるとかなり悲しくなるので、小説とかに出すんだったら出来るだけパクりだと思われないようにしないといけません。因みにパクりに似た言葉にパロディってのがありますが、パロディってのは元ネタの創作者に敬意を込めた上で新作の要所にネタを注ぎ込む行為で、逆にパクりってのは元ネタの創作者に敬意を込めない事を言うみたいです。

 パロディとパクりの基準も意外と難しいみたいで、その元ネタを使った作者本人が敬意を示してるつもりでも、読者からは単にパクりだと思われて処分されてしまう事も多いようです。どうやらストーリーの中でほんの一瞬だけお遊び気分で導入させるとパロディになって、逆にストーリーとかみたいにその物語の大筋に関わる部分で導入したりするとパクりとして批判されたりするっぽいですが、どっちにしてもゲームとかで気に入った敵が登場したからって安易に自分の作品に似た奴を登場させるのは危ないみたいです。



 さて、勿論こういう危ない敵達が潜む場所には侵入したり、勇気を持って踏み込んだりしてはいけないんですが、検索してはいけない世界には犯罪の実際の現場が撮影された動画があったりします。犯罪と言っても窃盗とか損壊行為程度なら別に動画として観ててもただその加害者に対して憎悪を覚える程度で済むでしょうが、暴力行為とか、殺人行為とか、その他強姦行為とかみたいなのだったりしたら、必ず加害者と被害者が出てくる訳ですから、当然面白がって行為に及ぶ加害者が腐れ人間に見える事も多いでしょう。

 ただ、普通にネットを弄ってる分についてはそういう鬼畜で恐ろしい動画に出会う事はありません。単にゲームについての記事を探してるだとか、アニメとかその他の画像を探してるだとか、その程度であればまず出会う事は無いでしょう。それに最近の検索エンジンも高性能になってまして、セーフサーチを使って鬼畜なサイトとか画像の表示をOFFにする機能もあるから子供でも安全……と思われてるけど、実際は……。

 ネット世界では見なければ良かったと思えるものが沢山あります。アニメキャラとかってのは普通に視聴する分についてはまず問題は無いんでしょうが、ネット世界では大抵二次創作的なものが沢山出回ってまして、その中に時折本当に見なきゃ良かったって思えるものが混じってる事もあります。特に少女キャラっつうのは基本的に清楚なイメージが凄まじく強く頭にインプットされてるので、汚らわしい場面を見させられたりでもしたら……イメージダウンになると同時にその見た本人が生理的に気分を悪くしてしまう可能性もあります。

 健全なキャラのイメージを崩したくない人であれば、いくら二次創作、つまりは元ネタをその作者作者の妄想で勝手に描き出した創作物であると分かってたとしても、あまりイメージを壊されるような画像を求めたくはないと思うはずです。特に強姦されてるような場面とかは……正直凄まじくきついですし、もっと悪質なものになれば、四肢切断とか、殺害されてるような場面とか、もうその元ネタのキャラが元々いた世界で普通に生活出来なくなるようなレベルにまで達してるものもあったりします。んで最強レベルになると、排○シーンなんかを描いてる変わり者の作者もいるが……あれこそ真面目に原作のイメージを抹殺するようなレベルですから……。

マイキーのママこと、バーバラ・フーコンです。ハンマーを武装してますw

『犯罪動画とかを観るなら結局自己責任って訳よ?』

 久々にバーバラから直接の助言を頂く事になったっぽいですが、正直、犯罪動画、特に暴力関係のは痛々しいですし、その中でも特に殺人関係の動画は余裕で検索してはいけない超危険なレベルに認定されてたりします。

 当然実際に殺人を犯してる動画なんて完全無欠な犯罪だから、警察に見られたら確実に動画内にいる加害者は捕まりますが、そもそもこういう犯罪動画が出回るのは主に外国なんですね。日本の場合は意外とIPとかによる調査が出来るみたいですし、その他色々理由があるとは思うんですが、多分ネット世界に於ける倫理観とか、その他規制も色々異なったりしてるから、犯罪動画をアップロードするのかしないのかっていう考え方の違いが出てきたりするのかもしれませんね。

 ってか、日本製の殺人動画なんてのは観た事が無いですね。やはりIPで個人が特定されやすいから、あまりそういう事をしようとしないんでしょうが、外国のサイトであれば、殺人動画は元より、交通事故現場の動画とかも平然と貼られてたり、事故現場の死体の画像とかが平気で掲載されてりょうなサイトも沢山あったりします。日本ではそういう事故現場とかの画像が纏められたサイトってのは無いみたいなんですが、外国であればそういうサイトが沢山あります。勿論間違って踏み込んでしまう……ような危険は無いんですが、狙って検索すると余裕で入れてしまいます。ってか危ないですw

 そういうサイトに踏み込んで、よく気分を悪くしたって感想を残してるユーザーをよく見ますが、そもそもそれがどういうサイトなのかはもう説明されてるはずなんだから、踏み込む意味が分かんないですよね。もうグロいサイトだって説明されてるのに、自分で踏み込んで気分悪くなるって……。正直、言い訳にしかならないと思います。そもそも踏み込んだのは自分自身であるから、気分が良くなるのも悪くなるのも自分の責任になります。だって、誰かが無理矢理見せてきた訳じゃないから、もしヤバそうな雰囲気があるんだったら、クリックしなきゃいいんです。

 それでもクリックするって事は、自分にいくらかの覚悟が出来てるからって意味だから、もしそれで何かしらの損を負ったとしても自己責任です。観たくないならクリックしなきゃいいんですからね。

 そんで、エロサイトっつうのも、多分閲覧するやからってのは、特に何も考えないで閲覧してる事が多いんだと思いますが、だけどインターネットなんてのは大抵回りに自分以外の人間がいないケースが多いから、心の奥に隠れてる本性が露になってしまうんです。流石にインターネット上での顔と現実での顔を全く一緒にするなんて出来ませんからね。

 勿論人によってエロサイトを観る真の理由なんてのは色々なんでしょうけど、もしエロサイトを観てるとこを他の人間に見られたりしたらどう言い訳するんでしょう?

↓こういうのってなんで観ようとすんのよ?↓

どうしてこうやってパンツなんか見せようとするのか……。そしてどうして見たいと思うのか……。

 エロサイト……ってレベルでは無いみたいです。この画像程度であれば、まだ健全なレベルみたいです。そして撮影されてる方もカメラ目線で自分から撮影されてるような感じなので、多分撮影に向けた手入れとかもしてたかと思われます。折角撮影されるんだから、余計なもんとかが見えてたりしたらあれですからね。

 ってそんな事より、こんなのを見ようとする心理って何なんでしょうか。男性諸君っつうのは異性の下着とかに興味を持つって言われてますが、基本的に現実世界の方でこういうパンツとかを見ようとする行為はタブーとされてます。当たり前の話ですよね。他人が使ってるパソコンの画面をジロジロ見るのも駄目に近い行為だし、その他人のノートとかを勝手に見るのもあかんな行為だし、鞄の中とかを覗き込む行為も周りから嫌がられたりします。

 兎に角、人が意図的に見せようとしてる物以外は他人は見てはいけないってルールがこの世界にはあります。何だってそうです。相手が余程友人とかであったり恋人とかであったりでもしない限り、自分が見せようとしてない物を見られたら不快に思ったりするでしょう。鞄にしまってる物を勝手に見られたりでもしたら、例えそれがやらしい物じゃないとしても、とりあえず他人に自分の私物を覗き見されたりすると確実に不快に感じたりします。

 なので、パンツっつうのも全く同じです。でもある意味女性チームから見れば、鞄の中を勝手に覗かれるよりこっちを見られる方が嫌かもしれません。まあこの画像の人は……どうして撮影される気になったのかは謎ですが、そんな事より、鞄の中と違ってパンツってのは性的なあれと密接な関係を持ってる訳だから、自分の性に関する要素を他人に見られる事はかなりの嫌悪感を覚える要素になると見て絶対に間違いはありません。

 そういえば男性チームはよく現実のパンチラに対して、見えるような格好をするのが悪いって言う奴が大多数なんですが、そんなもん言い訳に過ぎません。確かにスカートってのは筒状であるせいで真下からのアングルには完全に無防備で、空間的な意味で考えればパンツだけで外を歩いてるようなもんだって意見がどっかにあったんですが、そういうのを見ようとする奴らってのは、服装の短所や隙を上手く見つけてそこを突いてるだけなんですね。まさに言い訳、言い逃れです。

 女性チームだって好きでそういう服装を選んでる訳であるから、わざと服装の隙を突くような男性陣の目はあまりにも悪質と言えます。制服が可愛いとか言うのも、どうせこういう期待が出来るから……っていうかそういう期待を可愛いって言葉に置き換えるのもどうかとは思いますが、結局、内部を見た男性が何か批判されたりすると、大抵言い訳を使って逃げようとします。

 そして、二次元でも今は結構ポピュラーなイメージが強いです。アニメでは深夜アニメであっても狙ったパンチラはかなり少なくなってるっぽいですが、だけど空間的には結局アレなので、悪質……っていうのは少し悪い言い方になるかもしれませんが、もしスカート状態でなんか襲われたりでもしたら凄まじい結末が待ってるとか待ってないとか。

↓非公式だけど、こういう事もされるらしい……↓

某友達の少ないあの作品でこうやって襲われてるのを見ると……

 本来人間は犯罪行為とか暴力行為を忌避するはずなのに、何故か女の子が襲われてるような場面を見ると変な意味で興奮する事があるみたいです。はがないのあのお方ですが、一体何をしたんでしょう? じゃなくて何をされてんでしょうか? いきなり変態とかにでも襲われたんでしょうか? その辺のバックストーリーは分かりませんが、普通相手を襲うって事は、その相手の事を嫌ってるはずなのに、身体だけは求めようとするんですねぇ……。実に自分勝手な考え方ですよね。たまに恨みとかを理由に相手を襲う男もいますが、恨んでて嫌ってるはずの女の子の身体だけは無理に触ろうとする変な根性が……。

 そんな事はマジでどうでもいいんですが、スカートなんてのはこうやって脚を持ち上げられたらもう救い様が無くなってしまいます。こういう事があるからスカートは危険だらけなんですが、それより、ネット上での危険なサイトにはこれ以上に凶悪な画像やら動画ってのが沢山あります。そして、エロサイトとかの場合、初めてエロサイトを見た人間であれば、想像以上に人間の身体って結構アレなんだなぁ……って思ってしまうかもしれません。

 アニメや漫画ばっかに洗脳されてる人の場合、自動的に女の子の身体ってのは極限的に綺麗なもんだと思い込んでる人が多いかと思います。そもそも普通に放送されてるアニメとかであればそこまで露骨なアレなシーンなんて出さないです。でも漫画の場合は時折かなりヤバそうなシーンが出る事もありますし、やはり少年とかも読む訳だから、過激なシーンなんてありません。

 だけどエロサイトの場合はもう18歳以上の奴が閲覧する事大前提になってるので、もう凄い事になってます。中学生ぐらいのガキとかであれば多分エロサイトは異性のあういう姿とかを自由に見られる天国みたいな場所だと思ったりしてるかもしれませんが、多分なんも考えないで閲覧したら痛い目を見るかもしれません。あまりこういう事は言うもんじゃないかもしれませんが、根本的に二次元と三次元では女の子の身体の見え方が異なるので、二次元と同じ感覚でいるとかなり違和感を覚える……っていうかあまりにも酷い場合は汚ささえ感じてしまうかもしれません。

 テレビとかで出てるモデルだとかアイドルとかってのは当たり前と言えば当たり前ですが、そういう外見的な美しさとか可愛さで視聴者の人気をゲットしてお金を貰ってる訳なので、あの人達は高い金を出して外見的な美しさや可愛さを生み出してる……と聞いた事があったんですが、エロサイトとかの場合は高い金を払って外見を美しく保ってる……って感じがありません。

 なので、二次元ではバッチリな体格なのに、現実のエロサイトでは余裕で脂肪で段が作られた腰周りだったり、二次元では実年齢と肌年齢がまるで比例してないぐらいの穢れ無き肌でも現実のエロサイトであれば微妙なデキモノとかその他ガサガサ部分があったり、二次元では真っ白な歯なのにエロサイトの場合は余裕で黄ばんでたりと、二次元と現実のギャップに驚かされる事も少なくはありません。

 っていうか、よくある事としては、まだ見てない想像でしか無かった事と、実際に見た物が明らかに異なるっていう事が多いんですね。特にエロサイトの場合は一見すると夢の世界にも見えますが、過剰に二次元世界にのめり込んでる人の場合、エロサイトを見る事によって逆に気持ち悪さを覚えてしまう可能性があるかと。勘違いされてる人も多いかと思いますが、身体の特徴は一部を除いて殆ど男性も女性も変わんないんですよ。

 女性は男性に比べて体毛が少ないけど、あくまでも少ないってだけで、実際は普通に身体の至る場所に生えてまして、手入れを怠ると酷い事になるようです。まあ私はそこまで放置してるとどうなるかはよく分かんないんですが、脛毛の手入れをしてる事がとあるギャグマンガで描写されてたので、無駄な毛の手入れをしてる事は間違いありません。寧ろ美しく、或いは可愛く保つんだったらそういう身近な部分の手入れは毎日欠かせないといけませんし、アニメみたいな体型や肌の感じとかを保つのは並大抵の努力では難しいかと。

 おっと、また文章だけになってきつくなってきたので、ちょっと相殺でもw

↓だけど、パンチラだって現実のは場合によっては……↓

パンチラは二次元では魅力的かもしんないけど現実だと……

 さて、人ってのは現実のパンチラとアニメとかのパンチラってどっちが好きなんでしょう? でも基本的に現実の方を見る方が難易度は高いでしょうし、実際に見たらその見られた被害者から直接なんか言われたり、されたりする危険性があるので、そういう意味でもかなり危ないです。あ、因みにパソコンの画面越しってのは無しです。パソコンの画面で現実のパンチラじゃなくて、今は実際の現実で見るパンチラの話ですからw

 今の時代だったらパソコンの画面越しにいくらでもパンチラなんか見れますし、シチュエーションも好きなように選べます。あんまりここで言うような内容じゃないとは思うんですが、制服のがあれば、階段のでもあるし、凄い場合は街中とか店内もあるし、そして制服とは言っても夏服のもあれば、ブレザー着用で上半身が完全装備なのに下半身だけは無防備な状態でのそれも見れるし、そして撮影される側が了解してるかのような画像もあれば、盗撮にしか見えないようなものまで実に様々です。

 だけど、ここで今問題にしてるのは、現実のそれを見たとして、本当にそれがその見た人間にとって本当に絶景となってくれるかどうかです。アニメとかその他の画像では随分と綺麗に映ってるし、ずっと凝視してたいと思うような不思議な力があったりしますが、多分現実だとそうもいかないかもしれません。まあ普通に、特に過剰な動きの無いパンチラとかならまだ健全に思えるかもしれませんが、時折ややマニアックな格好を見せたパンチラもありまして、それを見て何を思うか、です。

 時折過剰に開脚したパンチラがあったりするんですが、あれって見方によっては気持ち悪さを覚える事もあるかもしれません。男性っつうのはパンツの奥も見たい様子ですが、何故か過剰に開脚したパンチラってのは耐性が弱い人が見ると気分が悪くなるみたいです。なんででしょう? パンチラを期待するのが男であるはずなのに、見え方によっては逆に嫌悪感を覚えるのはどうしてなんでしょう? だけどこういうのって間近で見たりすると、余計な毛が食み出てたり、汗が妙に汚く見えてしまったり、パンツの布の感じが悪い意味で生々しく見えたりと、現実の場合は確実に欲求を満たしてくれるとは限りません。

 文章だけで聞くとあまりパッとしないかもしれませんが、直接見たら分かるかもしれません。無理に尻を突き出したパンチラも、いくら相手が歳若い女の子だとしても、逆に見なきゃ良かったと後悔する可能性も……。パンツの膨らみ具合が無駄に生々しく見えて気持ち悪さを覚えてしまったり、そして一部の画像とかの場合、無駄に乗っかった脂肪がまた嫌悪感を覚えてしまう可能性もある為、女の子だからってそういう画像を見て快い気持ちになれる保障は全くありません。もし本当の意味で気分を悪くしたくないんだったら、二次元の健全なレベルのパンチラだけで満足しといた方がいいかもしれません。体育座りとかで見えてるのとか、普通に立ってる姿をローアングルで見てパンチラしてる画像とか程度で満足しとく方がいいような気がします。だけどいくら二次元でもあまりにもきつく食い込んでたりするとあまり可愛く見えなかったりする事もあるけど、どっちにしても気分悪くするぐらいなら見ない方がいいです。

 結局言える事としては、二次元だろうが三次元だろうが、閲覧して気分悪くなる事があるから、目先のエロ要素だけで迂闊に検索するのは辞めた方がいいかもしれませんね。検索するのは自分自身であるので、その後に何か自分にとってマイナスな結果が訪れたとしても、誰も責任なんてとってくれません。

 そして酷い事をほざくかもしれませんが、異性とあの行為に及んだ事のある人間は、意外と相手の身体が汚い存在である事に気付くみたいです。確かに間近で皮膚とかを見てみるとリアルな毛穴とかが……ってやめとくかw ただ、皮膚に汚い染みみたいなのがあったりしたら悲劇と化す可能性があるので、本当に自分でどうするか考えなさいw









オー! マイキー! 赤ちゃん

 さて……なんか後半はちょっと品の無い話になってしまいましたが、寧ろそういう現実の人間らしさこそが、二次元ばっかに恋とか愛着を覚えてる奴らが求め直すべき要素かも分かりません。当たり前ですが、二次元の相手に恋なんかしたって永久に子孫なんて産めません。当たり前だけどね。

 そんでもって下手にネット上でエロい世界に入り込んで、そして酷く後悔した事がある奴も多いかと思います。私が中学の時も、友達がその友達の兄貴のエロ本持ち出して、そして皆と一緒に見て気持ち悪い思いをしてたのを思い出しましたが、結局あれも読むかどうかは自己責任なんですよね。だけどあういう書物っつうのは閲覧者の年齢が上がれば上がる程妙に耐性が付くんですよね。不思議です。

 さて、検索したら不味い事に関する話なんかしてしまったし、そしてエロい事を調べる事によって自分に及ぼされる弊害の話なんかしてある意味では男性諸君の夢を壊してしまった感じがしたので、ちょっと後半はお口直し的な話にしたいと思います。

 この前ちょっと久々の2連休で嬉しかったので、アニメの方を少し覗いてみたんですが、やっぱ今のアニメは技術が更に向上してる訳だから、二次元ではあるけどやはり細かい動きがよく描写されてる気がしましたねぇ。

↓ペットな彼女っつうのがあったんですが……↓

さくら荘のペットな彼女

 アニメを観て思う事としては、よく随分と主人公にとって都合のいい事ばっか起こるなぁ……って思ったりですね。因みにこの作品では日常生活がまるで出来ない絵画に関しては天才な少女の介護役を背負わされた主人公が振り回されるストーリーが展開されるんですが、アニメの描画自体のクオリティも最近は途轍もなく高いので、アレ系なシーンもある意味ではリアルな考えを持たされたりと……。

 因みにこの作品に出てくるキャラ達はほぼ全員が物造りに対する情熱を持ってて、普段は大馬鹿だけど創作活動になると真剣になるんですよ。アニメーションを手がけるキャラが意外と多くて、中にはもう将来はアニメーションの仕事に就こうと考えてるキャラもいるんだとか。

 別にこのアニメ、ってか作品自体は決してエロ系の話ではないみたいなんですが、だけど絵のタッチがタッチなので、そういう描写があるとかなり魅力的に見えるような気がします。まあ二次元に興味が無い人にとっては不快にしか映んないんでしょうけど、描写自体は現実の人間の雰囲気をそのまま映し出したような風になってますからね。三次元のそういう世界ばっかり楽しんでる人が二次元の絶景を見た時に何を思うか……。

 私自身最近まともに最近のアニメを観てなかったから、久々に観た感想としては……。

↓所で、これってお口直しになるのかな?↓

さくら荘のペットな彼女

 これはとあるシーンなんですが、これは当たり前のように深夜アニメです。だけど深夜アニメとは言っても、これがあのテレビ画面いっぱいに映されると考えると……。さて、こういう色気的な場面って口直しになってくれるんでしょうかね? 二次元であるから、凄まじく綺麗に描かれてますけど、実際にこの場面に直面してる主人公はもっと間近からこれを見てる訳ですし、これはかなり不味い言い方かもしれませんが、テレビ画面越しじゃないから、多分匂いとかも伝わってるかもしれません。さて、それがいい匂いなのか、それとも臭気として捉えるかは本人にしか分かりません。

 そんでもって、これがあのテレビの大画面で映されると考えると、誰かと一緒にこれを視聴するにはかなりの勇気や根性が必要になるでしょうねぇ……。もし誰かと一緒に観てたりしたら、もしこういうシーンに興味が無いとしても、観てる以上は何かしらの興味を持ってる事になると思うので、こういう性的な意味合いを持ってるシーンを観る時は覚悟を決めときましょう。言い訳をしたって、観たもんは観た事になるから、意味はありませんw

 んで、メインヒロインの話ですが、この作品に出てくるヒロインは介護が必要なレベルであるらしくて、一般常識に著しく欠けた性格を持ってます。容姿は二次元に相応しく神レベルなのに、18歳にもなって1人で着替えが出来なかったり、全裸を異性に見られても平気だったり、店の物を代金払う前に食べたりと、観る人によっては知能障害かと思われるようなレベルです。原作はラノベなんですが、ラノベとかのフィクションであるから、自分の身の回りの事が出来ない性格も面白く見えるかもしれませんが、フィクションを好まない人から見れば、まるで興味の惹かれない人間なんでしょうねぇ……。

 そういえば最近のラノベはタイトルがいかにもなものが多いですよね。数年前のだったら、別にタイトルを人前で読み上げても別に異常な趣味を疑われる事も無かったような雰囲気がありましたが、今の場合はもうタイトルからしてヤバそうなのが増えてます。ペットな彼女とかはもうタイトルからしていかにもうっすらと調教とかを連想させる訳だし、中二病でも……って付いてるあのラノベも、元々中二病自体心地良い病気じゃないので、少なくとも中二病を嫌う人は確実に手に取らない事でしょう。

 最近は至って普通なネーミングのラノベが少なくなってる様子です。昔はあくまでも中高生でも読めるような小説を出版するっていうスタンスであったはずなのに、今はもう明らかにそういう趣味を持つ奴を狙うっていうある意味で当て付けのようなスタンスになってるとかなってないとか。

↓所で、現実にマジで中二病の奴ているのか?↓

中二病でも恋がしたい!

 さっきのペットな彼女に並んで、絶対に親の前では視聴出来ないアニメですねw タイトルを知ってる人は知ってると思いますが、高校になって中二病から脱出した主人公と、高校になっても現役で中二病真っ最中をやってるヒロインのストーリーです。

 元々中二病ってだけで、ってか現代に生きる親の世代にいる人達が中二病って言葉の意味を知ってるのかどうかは謎ですが、意味がよく分かってない人だとしても、何となく言葉の響きを見るだけであまり良くない病気だって事ぐらいは把握出来るかと思います。そんでもって、この病気は病院では治んない奇妙な病気でして、もし治すとしたらもっと別の、ある意味乱暴な方法が必要になるでしょう。

 だけど無理矢理奪い取られた場合は……、改善される所か逆に精神的に悪化する可能性が凄まじく高いので、とりあえず親から無理矢理奪い取られるような事態にならないように注意ぐらいはした方がいいでしょう。とりあえず、ちゃんと勉強ぐらいはしといた方がいいかと思いますし、そしてそういう趣味を持つ事によって異常行動とかでも起こさない限りは多分大丈夫だとは思いますが、今の時代の萌え世界ってのは、見方によっては未成年がエロ本を読んでるようなもんみたいだから普段どれだけ普通な生活をしてたとしても、親には通用しない可能性もあります。

 それでも、親からは変な目で見られる可能性があるにしても、かなりの癒し効果とか、お口直しの効果があるのは確かです。

 結局それを趣味として知られてしまった場合はもう何とかして言い訳でもするしか無いでしょうけど、多分言い訳しても相手には伝わってくれないでしょう。最も、相手が同じような趣味を持っててくれてたら仲間になってくれるんでしょうが、そうでない場合は……覚悟を決めるしかありません。

 あまり好ましい言い方ではありませんが、一部では酔い止め効果もあると噂されてるんですが、アイドルマスターの方でまた飛びっきりいいお方が見つかったので、紹介してみる事にしますが、アイドルマスターに出てるお方ってのは数々の試練を乗り越えて美貌と人気を手にしてる訳なので、レア属性のキャラであればやっぱ尚更……。

↓相場夕美っていうレアカードでしてw↓

相場夕美相場夕美

 果たして、異性の存在が酔い止めになってくれるかは謎なんですが、なんかどっかのアニメかどっかでは船酔いとか、車酔いとかして友人、或いは幼馴染の女の子が背中を撫でてくれてるのを見た事があったんですが、果たして本当にそれって威力とか効果とかってあるんでしょうかね? ある種の自己暗示みたいなのが働いてるだけで、実際は効果なんて男女関係無い気もしますね。だけど何故か親しい人が自分の為に何かをしてくれてると安心するんですよね。結果的に苦痛が離れてくってやつです。

 んでもって、これは一種の偏見とかになるかもしれませんけど、アイドルとかってのは基本的にはナイスバディが必須条件になるでしょう。二次元であるから細いウエストが保障されてますが、現実では油断すると脂肪が付いて体型が悲惨な事になってしまいます。基本的に自分の身体は自分の生活に対してとても正直ですから、太った場合は言い訳なんか出来ないんですよね。食生活が不規則になったせいで痩せるなら兎も角、太ったりでもしたら、人に見せる服装を着る場合、どんどんバリエーションが減ってしまう事になるでしょう。

 まあ中には太った体型を売りにしてるアイドルもいるけど、多分中高年の場合は余程の事が無い限りは痩せたアイドルじゃないと好きになれない気がします。何せ今のアニメとかラノベとかゲームとかのヒロインも必ずと言ってもいいぐらい痩せ型だし、それに太ってる奴は自分の健康管理が出来てない現れであるみたいだから、アニメとかに憧れた体型を持つってのは難しい事です。

 それより、酔い止めとか癒しとか、何だか異性の存在が一部ではモノみたいに扱われてるような事があったりしますけど、いや、ホントはそういう事って考えたらいけないんですよね。小説とかみたいな創作の世界では基本的に人間は人間らしい描写、つまりは言動を取ってくれないと読者や閲覧者はそのキャラの存在を単なる物体としてでしか見れなくなる可能性があります。人間味のある描写を手がけないと読者は白けるって訳ですね。

 今は二次元画像っつうのが恐ろしいぐらいに沢山出回ってますけど、もしそのキャラが実際に登場する作品を読んでない場合、閲覧者ってのはそのキャラの外見だけで性格とか喋り方とかを想像しないといけなくなります。まあ結局の所、釣り目じゃなかったら優しそうな(想像する人間にとって都合のいいような)性格だと考えるだろうし、釣り目であればきつい性格だって勝手に決め付けるんでしょう、多分。

 勝手に想像するのはいいけど、実際にそのキャラが登場する作品を見て性格のギャップに失望とかしないように注意しようぜw

↓ゲームもいいけど、やる事はやっとけよ!↓

モンスターブリーダーソウルイーター

 そろそろ閉めようと思いますが、しょっちゅう私が言ってる事なんですが、人間っつうのは楽しい事をある程度やっとかないとストレスで死んでしまいます。だからアニメとかゲームとかに手を出すのは決して悪い事じゃありません。

 だけど、やり過ぎると必ず毒になります。キャラとかに魅了されるのはいいんですが、人間は遊んでばっかなんていられないめんどくさい種族です。そして、そういうキャラに出会えたりするのだって、クリエイターがいらっしゃるからこそ楽しめる訳で、ある意味人間は他の人間の苦労を受け取って楽しみを得てるのかも分かりません。だから何かを楽しむ時はそれを生み出してくれた人間がいる事を忘れるなって事です、はい。

 さて、画像に載せたのは神撃のバハムートっつうハイクオリティなモバゲーに登場する神と人ですけど、ブリーダーみたいに獣を扱う人間ってのは責任感が重大なご様子です。どうせ街中でも平然と獣を連れて歩くんでしょうけど、獣は躾をしとかないと勝手に露店の物とかに手(口?)を出したりするので、ブリーダーがいかに躾をしてるかが問題になるでしょう。もし獣が何か街中で迷惑行為を働いた場合、責任を全部取るのはブリーダーです。獣には人間みたいに罪悪感とかは無い様子なので、全部はブリーダーに責任が降りかかります。勿論言い訳なんて通じる訳ねぇだろw

 そしてそして、明らかに人間じゃないソウルイーターと呼ばれるこの不思議な化け物ですが、やはり娯楽の世界に於いては時折萌えとは違う世界に行きたいものです。だけど、萌えが好きな奴って、こういう明らかに萌えとは離れてるキャラを好んでた所で、多分言い訳には使えないでしょう。一緒に掲載した所で、多分殆どの人は萌え側のキャラにしか見向きしないかと。

 とりあえず、もうこれ以上書いてもまともなのが書けなさそうなので、また次回にw

 最近は妙に忙しいから、更新率が悪くなってきた……。次回はとあるリズムアクションゲームの話でもしましょうかね?

 にしても纏まってない閉めだわぁ……。


テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学