小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 2013年06月
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
06/29のツイートまとめ
platinumdemise

土曜なのに仕事がある人はいつもどんな気持ちなんでしょう? 第5土曜は仕事があるので、実質2週連続で土曜出勤になります。第2土曜が待ち遠しいですね。2連休はやっぱ気分がいい。学生達はいつも2連休でいいよなw
06-29 07:35

んでもって、学校では先生に怒られた事を理由で泣くような真似はしない方がいい。完全無欠な子供の証拠になるし、それ以前にまず怒られるような事をすんじゃねえよって話になる。
06-29 06:04

泣く理由は多くあるとは思うが、泣いた姿を相手に見せる事は結果的に恥辱に繋がる事を忘れてはならない。相手は必ずどこかでそれを弱みとして記憶してしまう事になる。だから人前では出来るだけ耐えるようにしよう。小学校では笑われるし、中学校では意味深に物を捉えられてしまう。
06-29 06:01

目覚め。今日は土曜なので、工場で会議が始まるとさ。それより、マジでボーナスどうしよって今考えてたりします。買い物するか、貯金するか……。
06-29 05:41


何時間も大声で泣いたら体力的に不味くない?
オー! マイキー! 南出 ナンデ なんで

 とりあえず、やっぱり超巨大な材料が終わったので、その後は通常サイズの加工に戻ったんですが、なんか恐ろしいぐらいに作業難易度が下がった感じがしてしまいましたね。あの超巨大な材料は70時間は余裕でかかったのに、通常サイズなら4時間5時間で終わるってのがまた凄かったですね。加工内容も短調に見えたし。だけど精度がある部分に関してはそれなりに真面目にやらないと駄目だって事に代わりは無かったんだけどね。

 でも精度とは言っても、所詮は0から0.1の範囲とかだったりするので、普通にやればまず精度から外れる事はありません。素人からすると恐ろしい範囲ではありますが、仕事に慣れてるとこれぐらいの精度であればもう余裕です。流石は製造業……恐るべし。

 なんか凄い意味の分かんない言い方でしたが、とりあえず、通常サイズの材料に戻ってくれたので、こっちとしても凄く気が楽になったんですよね、はい。やっぱ、1日の中で終わる材料の加工の方が気が楽でいいし、そしてある程度は早くも帰宅出来る訳だから、巨大な材料は恐ろしいって訳です。

 んでもってまた会社からボーナスが支給されまして、15万円も手に入った訳ですが、さあこれをどうやって使うべきか……。今はまだ分かってません。



 さて、なんか結局私はツイッターの方で監視でもされてるっぽい訳ですが、考えてみたら敵対者が私のこういう場所を放置する訳が無いので、こっちはこっちでありのままにやらせてもらうつもりです。ツイッターでは常に密度の高い呟きをほざき続けてる私ではありますが、時として関係者に突き刺さる事もあるみたいです。まあ私は別に構いませんし、敵対者の気持ちを考える気はありませんけど、だけどああやっていちいち検索から私のツイートを覗き見するぐらいならいっその事もうフォローしちまえば? って思うんですが、それはそれで問題が起こるから駄目かも。

 それより本題に入りたいんですが、人は感動したり、過度に痛い思いをしたり、目に直接刺激が加わったりすると泣いたり涙を出したりする訳ですが、泣く行為って結構体力を使う面倒な動作です。

 それと同時に、周囲の人間から人としての弱さとか品格とか、その他性格とかを激しく疑われる危険な行為でもあります。極端な話、中学校以上の場所で泣いたりすると完全に死活問題になりまして、弱みすら握られたりするし、そして泣いたりするともうそれが事実として相手の記憶に残るので、からかわれる危険性も凄まじく高くなります。小学校低学年なら泣く行為自体に抵抗は殆ど無いっぽいけど、高学年以降は……もう考えた方がいいです。

↓泣くと結局は恥になる事を忘れるなよ?↓

黒いドレスとチェスの少女画像

 どんな場面であったとしても、泣いてるとこって通常他人には見せられないし、事情があったとしても、事情を知らない人間が見れば、恐ろしい事になります。感情表現の中で最も危ないのが、やっぱり泣く行為です。笑う事に関してはほぼ日常的に、まあ仕事以外の場所では日常的に笑ったりしてるから、そっちに関しては特に問題は無いでしょうが、泣く行為の場合は……。

 確かに理由は色々あるかもしれません。大事な人を失ったとか、財産を失ったとか、勝負で負けたとか、色々理由があるかもしれませんが、どっちにしても、人は感情を抑えられないと不味いんですよね。人は感情とか気持ちとかを抑えてるから、外に出たとしてもルールをちゃんと守ったり、犯罪を犯さなかったり、他人を傷付けなかったりする訳ですが、泣くかどうかも、感情を抑えられるかどうかで決まります。

 泣くっていうのは、人間にとってある意味一番見せてはいけない感情ですし、よくテレビとかで人気タレントとかが何か不祥事を起こしたりしてテレビの前で泣きながら謝罪してるのをよく見かけたりしますが、あれだって、正直殆どの人がその人間の弱み的なものを感じてしまう事だと思います。人の笑ってる姿なら別にいいとして、泣いてる姿ってのは滅多に見られない分、その分インパクトも強すぎるので人の記憶に凄まじく強く残ってしまいます。だからタレントとかがテレビの前で泣いたりでもすれば、永久に覚えられてしまいます。

 それはその泣く理由がどうであれ、不味いでしょう。他人に弱みを握られながらこの世で生きるのは相当辛い事だと思いますし、それに泣くって事は感情を抑えられなかったっていう人間特有の弱さをアピールしてしまう事にもなるから、そういう意味でも本当に辛いと思います。1回見せた行為はもう相手から忘れられる事が無いっぽいので、それこそ最悪な場合、生き恥に繋がります。

↓でも未成年ぐらいであれば、泣いてもまだ……↓

上は暖かい格好なのに地べたに触れてる脚は凄まじく寒そうな女の子

 よく二次元世界とか、フィクションの世界では少年少女の姿が描画されてたりします。それはいいんです別に。

 それより、少年少女は感情が豊かである分、男女関係無く泣いたりするような場面も多々見受けられます。勿論、少年側より少女側の方が泣く頻度は高い気がするけど、泣くシーンってのは結構重たい場面であるケースが多いです。

 泣く事自体滅多にしない行為である分、例えば嬉しいとか、悲しいとか、感情面で異常なまでに刺激されるような場面で泣く展開が発生する事が多いでしょう。まあ嬉しい感情に関しては男子は泣く機会は滅多に無いでしょうけど、やはり問題となるのは悲しいシーンです。学園モノであれば滅多に誰かが死ぬシーンは無いし、まあ病死とか事故死はあるでしょうけど……戦闘ファンタジーであれば、やはり戦いが多い分、誰かが死んでしまうようなケースも多いと思います。

 色々な意味を含めて、そういう大事な人がこの世から去ってしまうような場面って残酷です。去る事自体が重たい訳だし、そして、残された方も心に直接傷を負わされるので、どちらにしても深刻である事に代わりはありません。だけど理由がどうであろうが、泣く行為自体は結果的に人間としての弱みであるので、それがまた問題になります。

 例えば普段は順調に進んでて、少年少女、まあこの際どっちでもいいんだけど、戦いも順調で、仲間同士のやり取りも順調で、視聴者や読者達に対して普段から強さや逞しさや、キャラとしての良さを見事に振りまいてたとしても、泣くような場面が1つあっただけで、そのキャラに対するイメージが大きく変わる事も多いです。泣くような場面の場合、並の精神力では平然と切り抜ける事は不可能に近いので、そこでキャラとしての強さとか、本性とか、本当の性格とかが分かったりする事も多いです。

 まあ中には泣く事自体しないで耐えるようなキャラもいます。例えばちょっと黙り込んだり、窓の外を暗い顔で眺めるぐらいで留められるようなキャラもいるのは確かに事実です。だけど泣いてないってだけで、実際はかなり気分的に落ちてる事が多いです。まさか笑って過ごすなんて出来ないでしょうから、誰かが死ぬ場面は非常に深刻になります。

 っつうか、泣かないで対処出来るのは多分成人以上を迎えた男性に限ると思います。男性は精神的に凄まじく強いので、泣かないで済ませられる可能性がありますが、逆に少年であれば……。確かに耐えられる人は耐えられるでしょうが、少年でさえ最近は人の死に耐えられなくなってるみたいです。よく一般世界では人が死んだ時に泣いてもそれは恥じゃないって噂を聞いた事があるけど、ホントなんでしょうか?

 だけど少年とは言っても、男である以上、相手には必要以上に弱い所は見せたくないと思ってる場合が殆どだと思いますし、無理して強がろうとする奴がいてもおかしくはありません。ただ、信用出来る相手であれば……ひょっとすると……。とは言っても同性の友人の場合はちょっと厳しいものがありますし、場面として考えるとなんか……妙な風になる場合もあるでしょう。異性に泣き付くような場面は……よほどその異性と仲が良くないと出来ない行為です。

↓だけど結局は少女の方が泣く割合が……↓

脚を上げてソックスを正してるけど、角度によっては女の子に羞恥心を与える事になりそうw

 これは人間としてのしょうがない事なのかもしれませんが、人ってのはどういう訳か男性より女性の方が泣く割合が高いです。だから作品とかでも少女側の方が泣く割合が高く設定されてたりします。逆に、少女側より少年側の方が泣く割合が高い作品を探すのは至難の業かと思われます。ただ、『ドラえもん』の場合はちょっと微妙だけど……。のび太はしょっちゅうドラえもんに泣きついてるが……。

 それより、誰かが死ぬような場面の場合、少女キャラは大抵泣きます。それがデフォルトなのかどうかは分かりませんが、どうやら大事な人が死んだ時に女の子ってのは感情を抑えきれない様子です。勿論非常に稀に泣かないで耐えてくれる人もいるみたいですが、そうそう見つかるものではありません。

 だけど少年が泣くと見苦しいのに、少女であればある程度は受理されるという微妙に不思議な世間的な見方もあるんだとか。どういう訳かは分かりませんが、少年は泣いたりすると結構変な風に見られる割合が高いですが、まあ最も、状況が読者に分かるような状況であれば、納得はしてもらえるけど、基本的に少年は泣いたりしてはいけないっていう暗黙の了解があります。

 少女ってのは基本的には少年に護ってもらえる暗黙の了解もあるので、場合によっては泣いたりしても相手からは変な風に思われないで済むようです。そういう女の子が弱みを見せてきた時こそが、少年の見せ場になるかもしれませんからね。いかに少年側が女の子を包容してやるか、です。

 だけどどっちにしても言える事は、泣いた瞬間に相手にもう1つの顔を見られる事になるって事ですね。1回でも弱いとこを見せちまえば、読者や視聴者からは『こいつはこういう時にこういう面を見せてくるのか』って思われる訳でして、特に普段は強がってたり、他のキャラ達よりも派手に目立ってたり、どんな状況でも無理矢理1人で解決しようとしてるキャラだったりした場合、泣くシーンは決定的な弱みのシーンになってしまいます。まあそういうギャップもいいという意見がある時もあるけど、場合によってはそれが原因でキャラとして失望される事もあるとか。1回でも弱い所を見せてしまえば今まで築いた強がりな性格も壊れる危険性がありますし。



↓でも、泣けるのは少年少女の時だけだと思う↓

横になった状態の女の子の顔はかなり誘ってる感じがあるが、性的な事は考えないでやってくれ

 泣く感情ってのは笑う感情と違って、いつも晒しててもいいものではありません。だけど、人は場合によっては感情を抑えられなくなります。だからって感情をいつも抑えてなかったら、もう人としてどうしよもないものとして思われてしまいます。

 ある意味では、泣く感情に関しては未成年の内が一番得してるように感じるのは気のせいでしょうか? 少年少女の場合はまだ年齢的に幼いおかげで、多少は感情に任せた行動も認められる事が多いし、そういう行動を取ったとしても読者や閲覧者、視聴者からはそこまで嫌悪されたりする可能性は低いと思います。力だけで乗り切るのもまた少年らしくていいっていう意見もありますし。

 でも成人を超えたら、そろそろ行動を取る時は後先考えて慎重にしないといけなくもなります。成人を超えれば法的な処罰も平然と受けるようになりますし、法的な問題も一切考えないで好き放題やって、後でとんでもない事になったりしたら大人として恥ずかしい場合もあります。そして、大人になれば世間からの見られ方も大きく変わるので、泣く感情に関しても、少年少女の時代のようにある程度の好き勝手さえ認められなくなるような雰囲気があります。

 折角成人を超えた年齢なのに、言動が少年少女とまるで変わってなかったら、多分キャラとしての評価も下がると思いますし、差別化さえ出来てないとして、作者の評価も危なくなります。成人を超えるとやはり肉体的にも知識的にも未成年よりも勝るようになるケースが多いと思われるから、発言力がより驚異的になってたり、戦闘面でも一目置く存在になってたりしてた方がより成人らしく見えるでしょう。

 まあそこまで過度に少年少女達より差別化を図る必要は無いかもしれませんが、やはり少なくとも少年少女を説得させるだけの発言力を持ってるだとか、少年少女を護れるだけの戦闘力があるぐらいの差は存在してほしいですよね。ましてや折角成人してるのに少年少女に負けてたりしたらアレだしねぇ……。そして、泣く感情に関しても、少年少女よりは抑える力を持ってないと厳しいかもしれませんね。

 ただ、いくら成人を超えてても女性の場合は……抑えるのが相当難しいみたいですが、男性の場合は成人以上を超えるともう泣く真似なんて許されないでしょう。成人を超えた男性ってのはもう周囲からは強く思われてたりする訳だし、その他の理由もある訳だから、仮に深刻な場面に直面したとしても、精神的な強さを疑われてしまうので、本当にヤバい場面があったとしても泣きにくいと思います。

 成人に達してしまうと少年少女特有の可愛らしさってのが完全に無くなってしまうので、少年や少女であれば泣くような場面も結構いい風に映ったり、可愛く見えたりする事もありますが、成人になるとそうもいきません。特に、女の場合は成人を超えたら……と言うよりは30代40代、っつうか50代を超えても平然と泣く人もいますが、正直、そんな年齢になったらもう可愛げなんて一切ありません。確かに場合によっては、ですけど、なんか大の大人が泣いてるって凄まじく見苦しいし、現実世界では場合によっては殺意さえ覚える事があります。泣いて殺意を覚えさせるって……。

 という訳なので、もし泣きたいなら少年少女の時代の内に済ませときましょう。大人になったら泣いても見苦しいし、そして年下が近くにいたらそいつらから変な目で見られる可能性も高いです。特に小学生の前で大人が泣いたりすると……本当に……不味いです。もう説明のしようが無いぐらい不味いです。寧ろ小学生の場合は痛かったりするから泣いたりするので、大人の泣く意味をよく理解してないケースも多そうです。

 多分少女が人の死で泣く場面はそこまで違和感を覚えないのに、大の大人、特に女が病室で泣き喚くような場面に凄まじく違和感を覚えるのはこの為……か。まあ人の死はそれだけ重たいって証拠でもあるけど、でもどっちにしても泣くシーンは気分がいいものではありませんからね。

















オー! マイキー! ハワード弁護士

 ってな訳で今回も色々書いた訳ですが、泣く行為自体、実は結構疲れる行為との事です。よくフィクションでは何時間も泣くって話を聞いたりしますけど、果たしてあれってずっとそこまで泣いてられるんでしょうか? 特に大声で泣く場合、まず声を出す訳だから喉に凄まじく負担がかかります。私の場合は普通に喋ってても30分ぐらいしたら喉が渇いてくる訳だから、何時間も大声で泣いたら喉がヤバい事になる気が……。

 そして、結構あれって腹部にも力がかかるので、尚更疲れそうです。果たして並の体力人ってそこまで泣いてられるんでしょうか?

 んでもって、人前で大声で泣くと、確実に相手に対して恥曝しになるので、現実では注意しましょうね。フィクションでは旦那が窮地から帰ってきた時に周囲に沢山の人がいるのに平然と妻が泣き喚きながら抱き着くシーンが展開されてたりしますが、あれを現実とかでするのはやめましょう。結構恥ずかしいと思いますよ。確かに旦那が窮地から戻ってきて嬉しい気持ちは分かるけど、とりあえず周りぐらいは見とけw

 寧ろ、創作世界ではその女性側が泣くというデフォルトされた設定を打ち砕くぐらいのやり方を見せるのもいいかもしれません。そうすればひょっとしたら読者を掴み取れるかもしれませんしね。読者は分かりきった展開が嫌いっぽいので、その辺も考えてみないと。

 兎に角、泣く行為で言える事としては、少女とかであれば、泣いてても周囲がある程度は同情してくれたりもするけど、おばさんとかになってたらもうただ見苦しいだけなので、注意しろ。としか言い様が無いです。本人にとってはどんな状況であったとしても、いい歳を超えたらもう軽々と泣くなんて許されません。だから人は葬式を嫌います。気持ちは分かんないって訳じゃないですが、結構見苦しいものがあります。逆に言えばそういう場所では歳上の相手が泣く所を見るチャンス……という最低な考えを持つ事も出来ますが、多分おばさんの泣いてるとこを見たってまるで得する事は無いでしょう。

 確かに滅多に……って程でも無いけど、見れる機会が限られるという点では少女のパンチラ並のレア度は誇るでしょうけど、見た時の感じ方はまるで違います。とりあえず、大の大人はもうちょい感情面をコントロール出来るようにしときましょう。小学生ぐらいの子供が大人の泣いてるとこを見たりしたら多分……変な風に思いますから。

 では、今回はこれにて。

 んでもって、見るからに見た目が怪物な奴は、泣く事は許されないってのも暗黙の了解だったりしますよ。

↓例えば、こんなのとかはねw↓

獣の姿を持った禍々しい魔道士


テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

06/28のツイートまとめ
platinumdemise

ダメだ、今日はもう活動停止させないと死ぬ。眠いので明日の朝はちゃんとブログ書いて、小説描いて、画像収集をするとしよう。今日はゲームばっかだったわいw
06-28 23:22

うむ、ボンバーマンランドのおかげで随分とゲームに夢中になれたわい。あの遊園地特有の楽しさをどこかでネタにしたいし、いつかは記事にして紹介でもしてみたいものだわい。2000年に発表されたゲームの中でも最大級の完成度でしたしね。
06-28 23:20

さて、ボンバーマンランドで遊園地気分を味わってくるとしよう。こういう娯楽系ネタも、これから先の創作活動で絶対に役に立ちそうですからねw
06-28 21:06

それともボーナスの機会にWiiを入手するのもありかも……。ネタ集めと、その他自分自身の体力作りの為にもいいかも……。よし、検討やで。その為に大型テレビもいつかは考えるか。もうすぐ引越しもするっぽいし。
06-28 20:57

それと今日ボーナスで15万円貰ったんですが、使い道がイマイチ……。プレステ3を買おう→遊ぶ時間が現在無い……。どっか遊びに行こう→めんどくさい。どっか食いに行こう→どうせ毎週しゃぶしゃぶと寿司を交代で食べてるし……。じゃあ貯金しよう→いつもしてる事だけど……。結局どうしよ……。
06-28 20:43

まっ、言える事としては、敵は作るなって事です。そして、敵を作ってしまったら、覚悟を決めないとネット世界では殺されるよって話。注意しろよw
06-28 20:41

一番敵にしてはいけないのは、いかにも社会的に落ちこぼれであるかのように長文で追い詰めてくる相手である。全ての言動、性格等を1つ1つ、最悪な形で責められる為、いかにもこの世で必要の無い人間であるかのような幻覚を見せられる事になる。精神的に弱い人間の場合、これだけで確実に殺される。
06-28 20:40

そして、人の家庭的な事情、本人が持つ持病、身体の特徴、その他本人の意思では変えたくても変えられない部分を攻撃してくる相手もまた少し手強い相手となる可能性がある。例え非常識な暴言だとしても、これらを攻撃されるとやはり精神的に傷が付く為、対処や防御法が難しい。
06-28 20:38

だけど、逆に言えば問題さえ起こさなければ事実上無害な相手であると言えるので、ある意味では常にネチケットを保つ相手と関わるのが一番楽なのかもしれませんね。但し、仲間を傷付けられた時に心に突き刺さる発言を飛ばしてくる事もあるので注意しなさい。
06-28 20:36

少し手ごわい相手は、どんな場合でもネチケットを保ちながら対応してくる相手である。例え暴言を飛ばされたとしても、冷静に対応してくるし、そして対応されてる間は常に暴言で歯向かってくる相手を過小評価し続けてる為、注意した方がいい。
06-28 20:35


続きを読む
06/27のツイートまとめ
platinumdemise

ふと思った事として、私はツイッターをやって、まともに他者のツイートに絡んだ事が無かった気がする……。所詮私は自分から絡めないそういう奴なんでしょうか? まあその辺はいつか解消させてみせる、とか言うけど、難しいかもね。
06-27 22:20

医者の世界に存在する完全無欠な事実。貧乏人が医者になった話を聞いた事が無い。ヤクザの交渉術で実際に描写されてた残酷且つ現実的なシーン。
06-27 22:03

ヤバいな……まだブログの方は半分ぐらいしか書いてないから、ゲームを今日出来るかどうか不安になってくる。ボンバーマンランド久々に入手したってのに、遊んでる余裕があるかどうか……。時間の配分が難しい……。
06-27 21:58

@kurokami_12 いえいえ、こちらこそ宜しくお願いしますw プロフに書いてある通りの同人変人野郎なので、下らないツイートをダラダラと眺めてやって下さいw
06-27 21:43

ふと思った事だが、論理的かどうかは第三者が決める事だから、自分で誇ってしまえばそれは台無しになると思う。世の中自分で生み出した物に対しては自分では一切評価出来ないのが辛い所。
06-27 21:42

RT @kurokami_12: 【定期】青エク / はがない / 電波女 / キューティクル探偵 / 男子高校生の日常 / 銀魂 / けいおん!/ これゾン / 俺妹 / 俺修羅 / とな怪 / とある #一つでも好きなアニメがあったらRT #アニメ好きな人RT #RT
06-27 21:38

さて、帰宅した訳だから、ブログの方を進めるとするか。そして小説も。因みにブログの方は制限時間は後3日ぐらいだから、早めに作業させないと不味い。私の仕事は家でも続くw
06-27 21:37

久々にボンバーマンランドってゲームを遊んでみたら見事にハマりましたw 昔遊んだので、懐かしい記憶が蘇るw 仕事終わったらまた遊んでみるかw
06-27 07:40

でも天罰が下ってくれた訳だからその辺に関しては私はある程度納得してるからいい訳ですが。それより、さっさと今は自分がしたい事をしないと、です。
06-27 06:48

あれをふぁぼったって事は……。まあ、勘違いした事を謝罪してくるのを私は待つだけなんですけどね。でも嘘とか言ってくるなら、あっちも平気で私の事騙してたから、その辺は互い様って訳なんだけどね。
06-27 06:46


続きを読む
可愛いミニスカ少女がスパッツで対策してくれてたら超助かるw
オー! マイキー! 近所のおっさん

 とりあえず、前回の記事を投稿したその日にあの超巨大な材料の加工が終わってくれました。丸々1週間かけて加工が終わったんですよね。時間に換算すると、69時間以上です。兎に角死闘でした。1週間ずっと同じ材料を扱ってたので、ミスでもしたりしたらもう1週間がパーになるとこでしたからね。実は危うくミスになりそうな事があったんですが、0.2ぐらいまだ余裕が残ってくれてたおかげで、仕上げ面にした時に食い込みが全部消えてくれたんです。良かった良かったw

 でもこの材料のおかげで何日かは睡眠不足が続きました。夜中の4時半に仕事が終わる事もあったし、夜中の12時になってようやく帰宅出来るって事もザラでした。やっぱ巨大な材料は大変やで……。

 そして今は梅雨なので、暑い時もあれば寒い時もあるので微妙な季節とも言えるでしょう。涼しいのは歓迎ですが、だけどエアコンに当たり続けてると寒くなるし、かと言ってエアコンを止めたら蒸し暑くなるので、ホントにどうしよもありませんねぇ。



 とりあえず、仕事の方がやっとあの超巨大な材料が終わってくれたので、また仕事は一安心になってくれました。また最近はブログが不景気になってきたので、なんとか復活させたいつもりではありますが、世間の波とか、一部の人間からの意見に惑わされないような根性も必要になるでしょう。どっちにしても今は頑張るしかありません。

 小説の方も進んでるとは思うけど、活動サイトの方でももうちょい積極的に露出しとかないとなぁ……。感想とか書いて他人の小説から学習する習慣をまた付け直さないと……とか思ってるけど、やはり思うようには進みませんねぇ……。

 ってそんな事より、創作活動をするに当たって、キャラの描写は大切ではありますが、描写の仕方が悪いと、キャラのイメージが読者に伝わってくれなくなります。特に少女キャラであれば、いかに外見的な描写を上手に描くかですが、描写自体が下手だと伝わってくれないのは当たり前の話なんですが、それより、意外と難しいのが服装の描写でしょうかね?

 最も、服の種類とかを念入りに調べたりすれば、どういう格好なのかという描写は出来るでしょうが、何となく個人的に思った事としては、スカートを服装にした時がある意味では一番勇気がいる事なのかもしれませんね。理由は簡単です。スカートってのは些細な格好、動作で簡単に内部が見えそうになったり、実際に見えたりする危険な服装ですし、作者が無意識に描写してるような内容だとしても、実際の作品内では内部が見えてしまってる可能性さえあります。特に天候の影響も強く受けますしねぇ……。

 特に極端に容姿の可愛らしい少女であれば、服装によって更に魅力が倍増しますが、その代わり、ミニスカだったりするとパンチラという余計な要素が絡みつくと同時に、そしてそのシーンが無駄な破壊力を生むようになってしまいます。確かにパンチラは悪くは無いでしょうけど、だけど人によってはパンチラを嫌う人もいますし、そして何かしらの言動を取る度にそういうリスクが付き纏ったりしてると、なんかそのキャラに悪い気もしてきます。

 世の中にはダブルボトムスというスタイルがありまして、まああれですね。スカート内にジーンズとかを履く格好を言う訳ですが、あの格好はあまり好まれてないみたいです。人によってはそういうスタイルは凄まじくダサいって感じるみたいですが、そのダサいって思う奴らは何が目的なのか……って思う事がありますがね。

↓スカート内にスパッツってのは……↓

スパッツでスカート内をガードする少女

 今の世の中、スパッツをスカート内に履く行為は……人によっては変に見えるみたいです。だけど、どうして変に見えるんでしょうか? スカートってのは本来は性別の差別化をハッキリさせる為の存在だと思いますし、男性はズボン、女性はスカートみたいに服装によって性別をハッキリ区別させるっていう意味合いも持ってると私は考えてます。

 だけど、両足が1つの筒に包まれるような形状なので、衣服ではあるくせに完全な保護はされてないっていう中途半端な防御力を誇ってます。いや、誇るって表現はおかしいのかもしれませんが、その脆さは風呂上りに巻くバスタオル並みと言われてるので、それを考えると……。ってまあ、変な事を書きましたが、スパッツで対策をすると、突発的な事故に対して安全に備えられるみたいです。

 本来パンチラっつうのは確かに見れれば男性諸君らは喜ぶ訳ですが、だけど年がら年中パンチラで喜んでるのかと言われると、それは違う……かもしれません。場合によってはパンチラしないでくれって思う場合もあるでしょうし、そしてパンチラっつうのは個人で視聴、閲覧してる場合に安心して眺めてられるもので、もし誰かと一緒に視聴してたりしてる時にパンチラがあったりすると凄く気まずく感じる事もあります。ましてや家族の前だと、寧ろやめてくれって話になってしまう可能性もあります。

 そういう意味では、家族の前で平然と放送されるようなキャラの場合、ミニスカだったりするとかなり不安だったりする事も多いでしょう。動作の1つで内部が見える可能性があるという不安に煽られるので、可愛い奴に限ってミニスカを着用するケースは多いけど、それは家族で視聴したりする者達に対して不安を与える危険な要素です。そういう意味ではスパッツとかで事前にガードしてくれてると凄くありがたいんですよね。

 確かにスカートの持つある意味での魅力を奪い取る存在になるかもしれませんが、一応スカートってのは脚線美を見せる為のもので、決してパンツを見せる為の存在じゃないです。まあ真下からは常に見えっぱなしってのが恐ろしいけど、その真下からの防御手段を取ってくれるのがスパッツでして、これを着用する事によって、集団でアニメとかを観てる時とかに気まずさを防ぐ事が出来たりします。

 まあ実際にスカート内からスパッツが見えたりしたとしても、やはり視聴者から見れば、結果的にスカート内が見えたって事で何かしらの変な事を考えたりするんでしょうが、結局一番見たいのはパンツらしいから、それをスパッツでガードするのは素晴らしい事だと思うし、そして、可愛い少女であればパンツの破壊力も激増するので、それを防いでくれるのも凄くありがたい事です。

 何せやらしい描写で可愛さを表現するんじゃなくて、純粋に容姿や性格で可愛さをアピールする訳だから、それこそが一番健全なやり方ですし、パンチラは周りの人間がからかってくる事も多いので、パンチラはメリットもあるけどデメリットもあります。まあ性的な内容だから、メリットもデメリットもあって当たり前なんですけどね。

↓可愛い少女は目のやり所に困んない格好をしてくれw↓

青い色をイメージした清楚な二次元少女

 当然ではあるけど、可愛い少女程全身を見られる傾向にある……と思います。要するに、全身チェックされるっていうあれですね。服装も見られるし、容姿も髪型も、その他言動もよくチェックされます。それなら別にいいんですが、肌の露出は可愛さを更に増大させると同時に、危険度も増大させます。まさに比例ってやつですね。まあ、誤った露出のさせ方をさせると魅力が激減する事もありますが、大抵の場合は減るんじゃなくて増える傾向にあります。

 そして性的に見られやすくなる露出と言えば、腕よりも脚なんですよね、はい。腕の場合、まあ半袖だとか、ノースリーブだとかあるでしょうけど、そっちはそこまで変な風には見られないのが不思議です。まあいくら角度があれだとしても、腕しか見えないから、でしょうかね? どっちにしても、腕の場合は別にそこまで過剰に性的な風にものを考えないで済むっぽいです。腋はよくエロい描画だって言われるけど、実際人前で見せつけられてもあまり気まずさとかは無いんですよね。

 逆に脚の場合は……単に脚の露出……それが短パンとかによる露出であればまだいくらかはマシになるかもしれませんが、問題はスカートによる脚の露出でしょうかね? 最も、スケバンみたいな膝下サイズのスカートで脚が微妙に出てる程度ならまだ何とかなるかもしれませんが、今の時代はスケバンサイズのスカートを着用してくれてる女子高生は少ないです。結果的にミニスカが蔓延はびこる危険な世界になってまして、そしてミニスカであれば結果的に脚が露出される事になります。

 性的な意味で考えれば、脚は付け根に繋がってまして、その付け根に存在するのは……パンツになるし、そしてスカートは真下からの視線に対するガードが一切存在しないので、そういう話になります。脚自体は直接肌が出てる事を考えると、擬似的にその部分だけは裸であるのと同じようなものになります。そういう意味では腕の方よりも性的な意味合いが強くなってしまう気がします。

 特にパンツの方はより一層性的な意味合いも強いし、更にその内側の方は……年齢制限の入る部位に繋がってる訳だから尚更危険になります。そういう部分を常に見られる可能性のある服装を選ぶ可愛い少女は危ないです。いつどこで外部の人間から変な目で見られるかも分かんないし、ひょっとしたら変な妄想でもされるかもしれません。妄想自体は少女本人には気付かれないだろうけど、でも妄想されるような格好をする少女にも原因はある……って考えて大丈夫なんでしょうかね? どんな格好をしようが本人の自由なはずなのに。

 だけど誰もが内部を進んで見てみたいと考えてるとは限りません。中には見る側が恥ずかしく思ったりするからあまり中を見たくないって思う健全な少年だっているのが事実です。そういう少年の前に対して、あまりにも異様に短いスカートの少女が現れたりでもしたら困る事になりそうです。だけどスパッツでガードしてくれれば、もう不慮の事態によって恥ずかしいアレを見てしまう危険も無くなる訳だから、ひょっとしたら女の子ってのは可愛い格好もいいけど、その代わり相手の少年が困んなくていいような格好も考えてほしいかもしれませんね。

 因みに現実世界では短いスカートを着用する際に下にスパッツだの短パンだのを着用する人間は……いないって訳じゃないけど、決して多くないみたいです。まだスカートに慣れてない女子は着用するっぽいですが、高校生ぐらいになるともうそういう事をする人は少なくなるんだとか。着用してたとしても直接外から見えなければスパッツも短パンもいいとは思うのに、着用しないってどういう考えなんでしょうか? やっぱ女同士で見られた時にダサく見られたりするから着用しないのか、それともスカート本来の正しい着用方法に目覚めるからなのか、どうせパンツの奥は見られないから別にパンツぐらい見られたっていいやって半ば投槍な考えになるからなのか……。

 だけど股下数センチ程度の丈でスカート内にガードを施さない人間は、現実にもいるけど、二次元世界にも平然といるって事を考えるとやっぱりこの世界は凄いって言わざるを得ないですね。女らしさを見せる為に限界に挑む所がまた凄いし、冬だとしても平気でスカートを着用してるのを考えると真面目に限界に挑んでるのがより一層分かるような気がします。勿論熟練した人間であれば、冬であってもスカート内にスパッツとかで保温対策すらしないんだとか。



 やっぱ、服装が人間の評価を上げる事も多いし、二次元であろうが現実であろうが、ファッションセンスのある人間は必ずどこかでいい目で見てもらえるのが事実でしょう。人に見せる訳だから、ダサい格好や安っぽい格好はあまりいい風には見えないし、そして服装で性格まで見られる事があります。

 そして女の子の場合は女の子らしい格好で行くのか、それともボーイッシュに決めるかどうかによって、性格が大きく現れると言ってもいいでしょう。特に初対面の相手に出会う場合って、服装によって相手から受け取るイメージも変わってくるので、最初が肝心とも言えます。まあ最初だけちゃんとやればいいって話でも無いんですが、服装は大事です。そして、相手に気まずい思いをさせない服装の選択も時には必要です。

 女の子が男の子みたいな格好をしても何も思われないのに、男の子が女の子の格好をしたら最悪な事になるという都市伝説があるみたいですが、そんな事より、現在モバマスの方では愛媛エリアで止まってまして、早く新しいエリアが開放されてほしいとプレイヤー達は祈ってるんでしょうけど、このエリアのボスこと、結城晴ってがまた人気が出そうな雰囲気なんですよね、はい。

↓サッカーが趣味のオレ系少女です↓

結城 晴結城 晴

 愛媛出身の12歳の少女です。特訓前(画像左)の格好を見ると、明らかにボーイッシュで、微妙に長い髪が無かったら女の子として見てもらえなかった可能性があります。だけどショートヘアー、まあ実際はセミロングぐらいかはあんまり分かりませんが、とりあえず服装は少年だけど、実際は少女というスタンスを取ってるなかなかなお方です。因みに一人称は『オレ』。

 短パンってのは微妙にではあるんですが、やっぱり脚が出てる以上、そこら辺でもう男女の差別化が出てるような気もします。まあまだ12歳なので、少年が短パンだとしてもとある問題に直面する事は無いんですが、でも脚が出てるという面ではある意味、スカートと同じで脚線美をアピールする事になります。そんでもって、現実問題とは、無駄毛の事で、男性は勿論の事、女性であっても油断すると生えてくるので、上手に処理しとかないと無駄毛を見られて脚の魅力が激減しますからね。最も、毛が生えやすいかどうかは遺伝によって決まるとの噂ですがね。

 そんな事より、ある意味ではボーイッシュな格好が一番安全なのかもしれません。性的な意味ではアレを見られたりする危険性も少ない、っていうかまずありえないし、ボーイッシュな服装だとやっぱ服装だけで、まあなんて言うか、性的なアレとかみたいな余計な要素一切無しで魅力を伝えてくれるから、健全な意味を考えたら、そっちの方がいいような気がします。気まずさも無いし。ただ、短パンの場合、時と場合によっては短パンの隙間から見える事もあるので、完全に安全とは言えない訳ですが……。

 んで特訓後(画像右)はもう完全に女の子らしい格好になっちまいましたとさ。なんかファンタジー世界に出てくる魔法使いみたいな格好になってますが、特に穴空き手袋とか、腋の見える格好とかが。そんでもって、まだ成長期真っ只中なので、胸は非常に貧しいっぽいですね。そして喋り方も殆ど少年そのものなので、胸の事でからかったりしたら酷い暴言でも飛んできそうです。

 まあ、特訓前と特訓後の服装どっちが好きかは人それぞれでしょう。とりあえず、下心を持たないで服装の好みを持たないとこれから先は厳しいかもしれませんね。そんでもって、いくら相手が二次元とは言っても、少女を見るたんびに変な事ばっか考えてたら、なんかそれって社会的にアレな気もしますから。







トイ・ストーリー3

『なかなか適当な茶番だったじゃねえか』
『趣味なんて人それぞれだから好きにさせとけ』
『アタシの紫の肌もなかなかイケてるでしょう?』
『今は関係無い話はしなくていいぞ?』


 突然ではありますが、この前DVDでトイ・ストーリー3を借りたんですが、年齢の変化による残酷さを見事に表現してくれてた作品だったと思いました。やっぱり子供はおもちゃとかで遊んだりはしますが、高校生、大学生とかになればもうどんどんおもちゃからは離れてくし、結果的におもちゃは放置されてしまう運命にあります。何だか悲しい話ですよね。

 服装もある意味同じものがあるかもしれません。年齢が変われば服装の好みも変わってくるし、そして年齢が上がればやっぱり幼さがどんどん無くなってくるので、幼さを象徴するような服装を好まなくなる……のかな? 女の子の服装とは言っても、小学生みたいな格好もあれば、高校生らしい子供と大人の境目の格好もあるし、そして成人女性を思わせる立派な格好もあります。年齢が上がればその分『美』に対する意識も高くなってくるので、幼く見える格好はしなくなるのがまた悲しい現実なんでしょうかね?

 まあ服装は、個人の趣味が出るので、その辺は下手に強要するのも不味いでしょう。そして、言える事としては私服でもミニスカな人は、多分制服のミニスカも平然としてられてるんでしょうねぇ。

 それでは、最近はアクセスが最悪な事になってきてるっぽいですが、死ぬ気で頑張らせてもらいます。不景気になりたくないし、私の知人達に変な風に思われるのも嫌だし、最悪放置なんて事もしたくない訳ですから。

トイ・ストーリー3

『話……終ワリ……』

 どうでもいいけど、このシンバルを鳴らしまくるお猿さんは、トイ・ストーリー3の劇中では監視カメラを管理する凄い役割を背負ってまして、猿特有のトリッキーな動きでウッディを負かそうとしてました。まあ最終的にはテープでグルグル巻きにされて負けてしまってましたが。トイ・ストーリーの世界ではおもちゃ達を凶悪な風に扱ったりしてくれてるので、その辺は結構評価出来る部分です。まさにアイディアは多いだけ得するっていう、あれですね。

 だけどあの感じだともうトイ・ストーリーの続編は発表されないでしょう。主人公だったアンディももう大学生で、おもちゃなんかで遊ぶ年齢じゃないから、もう無理……なのかねぇ? それこそ、時代の変化による悲しさってやつですがね。


テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

06/26のツイートまとめ
platinumdemise

ダンレボし過ぎて指が疲れたので、小説執筆の方に作業を移します。とりあえず、今は男女の会話シーンなので、その辺をよく考えて描写したいと思います。眠いのは我慢やでw
06-26 22:41

TRIP MACHINE EVOLUTIONって曲があるけど、この曲は鬼のレベル18の中でも最強の難易度。高速の中での難解な変則ステップ、16分ビジステップ、8分同時踏み、16分スライドステップ等、上級者でさえ泣き出すような内容。 http://t.co/hKerqavNWa
06-26 22:14

頑張っても結果が出なければ世間では認められないけど、頑張る行為自体は本人にとっては必ず力になる。悪い成績だったとしても、悔しさや悲しさがまた人間として成長させてくれる。だからこそ、成功した時や、高得点を得られた時の喜びもそれに比例して巨大化してくれる。
06-26 21:59

小説の描写で面白い部分としては、皆がやりたがる描写、描いてて楽しくなる描写、面倒な描写があるのは勿論、描く事自体勇気がいる描写、作者自身の品格が疑われる描写、誰も描きたがらない危険な描写等もあるという事である。色々な種類の描写を探す事も、小説世界の楽しさである。
06-26 21:51

帰宅と同時にネット活動がスタートです。そして、リツイートされた不思議がそこにある……。とりあえず、今は小説の方を進めるか、それともブログを……いや、今はあの小説の方を進めるとしようか。折角ネタが頭の中で出来上がってる訳なので。
06-26 21:24

中学の時に無駄に流行ったっぽいへんちくりんな言葉に、『あきんど細工』っていう訳の分かんないものがあった。因みにこの言葉が生まれた日が、丁度私の友人がクラスメイト全員の前にとんでもない泣き顔を晒した日でもあった。泣いた瞬間生き地獄が始まります。
06-26 08:02

さて、今日もお仕事です。今日は水曜日なので、後今日含めて4日行けばたった1日だけの休日こと、日曜日が待ってます。その為に今日も私は頑張るっぽい。土曜はまたしゃぶしゃぶですぜw
06-26 08:00

未だにこれが私の中でストレスになってる訳だが……。『よしんば私のでっち上げだとしても、私は言質を取った上で時間軸と照らしあわせて記事にした。前科、第三者から見える人格、それらを総合的に判断して導き出した結論であるから、そこに信憑性が生まれる。火のないところに煙は立たず。』
06-26 06:31

もし自分のやり方を根元から批判された場合、その相手と今までどのような関係を築いてたかを考えないと不味い。友人同士であるなら、それは立派な意見の交換になるが、逆に普段から敵視してるような相手からの批判である場合、それを呑めば相手に対して永久に生き恥を晒す事になる。
06-26 06:27

少しいい話。もし敵対者がいたとしても、過去に仲良くやってた記録があったとしたら、もう少し考え直してもいいかも。相手が自分の為に何かいい事をしてくれてた過去があったなら、それを考え直してみると敵対心に対して疑問を覚えるようになるかもしれませんよ。
06-26 06:24


続きを読む
06/25のツイートまとめ
platinumdemise

さて、とりあえず帰宅した訳だから、マックでも食いながら小説の続きを描くか、それとも昨日プレイ出来なかったプレステでもやるか、どっちかやなw
06-25 21:34

可愛いかどうかは第三者が決める事だし、あのリツイートした写真はどう考えても一般的に全員が可愛いと言ってくれるかどうかも疑わしい。そして現在あのツイッターはほぼ凍結中っぽいので、あういうのは放置した方がいいと思う。因みにあの人誰もフォローしてませんw
06-25 07:43

やっぱり分かった事としては、朝は結局プレステなんて出来ないって事である。だけどネタ集めはいくらでも出来るので、プレステ以外でネタを集める事にしよう。起動とかがめんどいので、小説とか、ブログとかの方に手を回した方が効率はいい。最も、朝はパソコン自体触れない人も多いらしいが……。
06-25 06:46

ふと思った話。よく高校で卒業旅行とかを計画する奴らがいるが、これから(多分)大学行くってのに、どこからそんな金が出てくるのかが謎。そして、高校を卒業してから何年も経って、初めてこの言葉を知った者もきっと多いと思われる。
06-25 06:29

ネット世界とは言っても、時としてとんでもない天罰が下る事がある。例えば自分の大事なデータが消し飛ぶとか、交流サイトで最悪な発言が残されるとか、自分だけがアクセス不能になるとか、その他色々。結局、横暴な事をする奴は必ずどこかで痛い目を見るって事なんですよ、はい。
06-25 06:20

結局昨日は眠気に負けてプレステさえ出来なかったが、さて、この時間をどう有効的に使うか……だな。
06-25 06:12