小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 2014年09月
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
09/29のツイートまとめ
violencemasuo

RT @lovecat_cute: 【【ネタ?ガチ?】ホームビデオに走り抜ける『小人』が映り込んだ…!?】ネットで話題騒然!都市伝説とされてきた「小人」が、とうとう動画に撮影されたという!これ、本物なの…!?⇒http://t.co/B8OFL1Detn http…
09-29 20:50

RT @crylastword: 【ヤクザに営業妨害され経営難になって、覚悟を決めてヤクザの事務所に乗り込んだ結果…】父親が経営難に陥ったことに責任を感じ、ヤクザの事務所に乗り込んだ!その後、どうなったと思う?⇒http://t.co/8HpdsMbUv2 http:…
09-29 18:22

RT @meisaku_dorama: 【人気俳優・西島秀俊の性癖が…】俳優・西島秀俊。女性に圧倒的な人気を誇る彼の性癖が、引くほどヤバいらしい…。「女性が○○の汚れを確認している無防備な姿にきゅんとする」続き⇒http://t.co/3krPHleI0B ht…
09-29 17:27

RT @tekito_densetsu: 【【閲覧注意】サファリパークでクマに手を振ってみた結果www→結果はお察しで…】サファリパークでクマに手を振ってみた結果wwwはい、お察しで…閲覧は自己責任でお願いします⇒http://t.co/r44jsyUlCW h…
09-29 11:42

とりあえず、ギリギリでブログに記事と小説投稿が完了出来たので、出勤します。帰ったらアルカディアと呼ばれる大型小説サイトにも新作をアップロードするとしましょう。では、行ってきます!
09-29 08:06

世の中、やりたいと思ったらすぐに手を出してみるのも大切な事である。時が流れすぎると手遅れになる事もあるが、金銭がかかる事である場合、よく親と相談しないと危ない。ある意味では金のかかんない事が一番安全である。
09-29 07:00

とりあえずよく寝ました。おはようなのである。
09-29 06:35



第8章 地に残すメッセージ ~混乱する村人達の怒りが向かう先は~
オー! マイキー! ローラママ

『久々の更新ねぇ? いい加減その更新が遅れる癖なんとかした方がいいんじゃないの?』

 いや、別に怠けてる訳じゃないんだけどね、やっぱり平日の工場作業が忙しい訳だから、それが遅れる原因にもなってる訳なのよ。まあ、生活費は稼がないと生活も出来ないし、勿論こういうネット活動やら創作活動やらも出来ない訳だから、工場作業のおかげで今の生活が出来てる訳だし。そういう意味では工場作業があってこそ、創作活動でもあるんだけどね。

 まあ流石に工場作業を原因にしてたら社会人としてアホアホになっちまうので、そういう弱音は吐かないって方向に行きましょう。工場作業のおかげで連休の旅行も出来てる訳なので、そういう事を言ってたら駄目ですよね。それより、他に理由としては、他の創作活動とか、ゲームとか、まあその他色々ですね。でもネタ集めとして考えれば、それらの活動も無駄という事はありませんからね。

 だけど最近は他者の作品を読んで、それに対して感想やら何やらを書く事も無くなったので、自分の作品と他者の作品がどう違うのかを比較する事も叶わなくなってます。他者の作品にも目を付けないと、案外自分の欠点にも気付けないものなので、ちょっとそれは危ないかもしれません。

 とは言っても、時間を取るのが真面目に厳しくなってます。平日はもうじっくり読んでるだけの精神力も体力も残んない事が多いし、のんびりと自分の作品を考察したり、執筆するかぐらいしか出来ないんですよね。体力的にマジで厳しいので。

 だけど活動は捨てたくないし、今のネタ集めは進めてるつもりであったりします。ネタと言ってもまあ色々ではありますが、やっぱりまず大切な事は、ストーリー自体をどうやって拾うか、探すか、です。それは勿論映画を観るなりアニメを視聴するなり色々あるけど、まあ今は時間を作るのがなかなか大変だったりします。



 一応今の所のストーリーの流れとしては、主人公一同が宿泊してるモーガン村っていう場所に追っ手が迫って、そして宿泊してる宿屋を襲撃される前に脱出したっていう感じの所ですね。脱出したとしても、敵組織は諦めてくれないから、村全体を探し回る訳だけど、それをどう逃げ切るか、どう突破するか、そして主人公一同でどういう風に対話を進めるかで大変なんですよね。

 私はどうしてもファンタジーとかみたいに、敵と戦う主人公、みたいなそういう話が好きなので、敵の存在はどうしても作中には加えたい訳です。

↓やっぱり敵の存在が話を盛り上げてくれるので……↓

メトロイドシリーズより、リドリー様

 ゲームでもそうだし、映画でも、アニメでも、なんでもそうだけど、戦闘系の作品に欠かせないのはやっぱり敵です。敵がいるからこそ緊張感も出るし、主人公達も絶対に敵と戦ったり、逃げたりしないといけないという一種の目的が強制的に生まれるので、尚更そこで熱くなってくれます。まあただ、今回の話は主人公達が敵と戦うような話じゃなくて、敵からいかに逃げるかっていうちょっと特殊な内容なんですけどね。

 それより、敵の存在は結構色んなジャンルとか、ストーリーのタイプに密接に関わってる存在です。例えば単に敵であるにしても、いきなり主人公達の前に現れて、そこで主人公達に初めて敵として認識される事もあれば、ストーリーが始まる数年前にその敵に肉親とかを殺されて、それ以降ずっと敵対視してて、そしていざ対面して遂に戦いが始まるとか、結構あると思います。どういう形で主人公達から敵として見られるのかは色々ですが、それを考えるのも作家としての努めです。

 また、特殊なパターンとして、敵の親玉が実は主人公達の内の誰かの親である、なんてケースもあります。理由は色々ですが、私がガキの頃に観たアニメとかだと、何か変な悪霊だの呪いだのにかかって、それで悪い魂が生まれて世界を侵略しようっていう感じでした。太古に眠る悪い悪霊が普通の人間に取り付いて、その人間の身体を使って現代世界を滅ぼそうとするあれですね。微妙にそういう設定って子供っぽい感じがするけど、やってる事は世界の破壊なので、笑い事では済みません。子供っぽくても世界が破壊されるなら、もう誰かが立ち上がるしか無いでしょう。

 敵の親玉が世界を滅ぼそうとすると、必ずやっぱり正義の勇者的な者が立ち向かってくれますが、その勇者を主人公にするのか、それとも勇者に助けてもらう側を主人公にするのかによって、内容の雰囲気は結構変わるかと思われます。主人公なら主人公らしく、武器を持って敵達とぶつかり合うべきなのか、それとも勇者様が戦ってるその側でサポートとかをする側にするのか、その辺の判断も結構大切かもしれませんね。

 まあそれでも、主人公自らが戦うような設定の方が多いのは多分言うまでも無いと思いますし、やっぱり自分の身は自分で護るぐらいの強さを持っとかないと敵組織を相手にするには厳しいかと思われます。

↓でも戦う主人公はカッコいいのは事実w↓

三好紗奈

 あ、このお方はかなりヘビーなゲーマーなアイドルですね。14歳にしてゲームばっかりしてるヤバそうな奴……に見えるけど、実際はアイドル活動もゲーム感覚で、そして前向きに取り組むというポジティブ思考を持ってます。そんでもって、ゲーム関係の仕事をアイドル活動でする事を夢見てたとの事。

 まあそれより、自分で戦う主人公は、単刀直入に言えばカッコいいです。自分で武器やら体術ならを駆使して、敵対者を殲滅させる訳なので、一番しっくり来るタイプだと思います。主人公なのに戦わないで遠くから見てるみたいな風にしてると、なんだか違和感を覚える可能性もあるし、そして折角主人公なのに、戦わないタイプだったりすると、あまり主人公の成長を眺めたりする事も出来なくなります。最も、戦う事だけが成長を促す要因になる訳では無いけど、戦闘系の作品であるなら、主人公自らが戦わないと作者としては物足りなさを覚えるでしょう。

 だけど現実世界に於いてはそんな敵組織と戦うようなシーンに出くわす事は無いでしょう。まあ現実世界で言うなら、マフィア組織とか、ヤクザの連中とか、そして未成年が相手に出来るギリギリの範囲であれば、不良集団とか暴走族ぐらいでしょうけど、どっちにしても、そんな連中を相手にマジで立ち向かおうとする者は少ないでしょうし、下手に争ったら逆に警察のお世話になる可能性もあるので、現実世界では敵の組織を相手にするような機会は直接は体験出来ないでしょう。

 そういう意味ではファンタジーでよく見るような敵との戦いの場面はある意味では妄想でしか無い訳です。もう作者の想像でしか、そういう敵組織と戦うような場面は作り上げられません。一体どんな風に武器をぶつけ合って、そしてどんな風に敵を倒すのか、そしてどんな風にドラマチックな展開を発生させるのか、もうそれは作者の想像が全てになります。

 それでも、現実世界の法律とかをあまり考えすぎると、ファンタジーを舞台に小説を描く時も常識に囚われすぎて思い通りの作品を描けなくなる可能性があります。もし殺人をしてしまえば勿論殺人罪が適用されるし、村とか街の一部でも破壊してしまえば器物損壊罪が適用されるしで、あまり奥まで考えすぎない方がいいかもしれません。小説とかの世界では殺人だの器物損壊だのその辺は深く考えすぎない方がいいかもしれません。それに、敵組織からすれば、自分らにとって無関係な奴を殺してもどうでもいいだろうし、自分らに関係無い地域とか街とかの物を破壊してもどうも思わないでしょう。そして、例え警察的な機関が動いても、敵組織ならそれぐらい簡単にあしらってしまうでしょう。

 そういう意味では戦闘ファンタジーってのはいかに作者が想像出来るかによります。主人公達に多少無理をさせるにしても、どういう風に傷に耐えてもらうのか、苦しんでもらうのか、そしてどうやって相手に最期を迎えさせるのか、それはもう作者の経験と想像と、その他いかに作者としての頭をフル稼働させられるか、です。

 とは言え、ファンタジーの世界はゲームと同じで、現実世界では有り得ない世界な訳ですから、まあやっぱり想像力がものを言う訳ですが、だからと言ってゲームばっかりしてても駄目みたいですね。

↓所詮はゲームなので、現実の為にはならない……↓

昆虫みたいな姿の怪物さん

 ゲーム中では魅力的な特殊能力を持った奴らが登場してくれる訳だし、そういうゲームに出てくる奴らをネタにしたり、観察したりするといい作品を作るヒントになってくれたりする事も多いでしょう。ただ、やっぱりゲームはゲームだし、実生活の事を考えると、ゲームのせいで学校の成績が落ちたり、会社での仕事に支障をきたしたりしてるようだと、ゲームなんかに手を出す資格が無くなる可能性があります。

 今の時代はゲームの技術とかやり混み要素とかが恐ろしいぐらいに高まってる訳なので、一回手を出してしまうとなかなか抜け出せないし、今の時代でも結局は夜更しをする奴も多いです。そんでもって、親は基本的にゲームばっかりされる行為を嫌います。まあ成績をしっかり取ってる奴もいますけど、世の中全員が全員パーフェクトとは限らないし、そして学校の成績が良くても、ゲームは別扱いされるケースもありますし、親の好き嫌い次第では生活状況に関係無くゲームに触らせてもらえません。

 今はゲーム依存だのいう言葉もあるけど、そういう本が出版されてるという事は、ゲームはどっちかというと、この世界では悪者扱いされてる傾向にあるみたいですね。ゲームをする、というより趣味の時間の大半をゲームに当ててる人ってのは、ゲームをその他の生活以上に優先させる傾向にあったりするので、例えば宿題を放置するとか、睡眠時間を減らすとか、その他知人や家族との触れ合いの時間を減らすとか、そういう部分をあまり良く思われてないみたいです。

 更には、ゲームをしてないと落ち着かないとか、ゲームをしてない時にゲームの事が頭をぎるとか、結構悪い影響が科学的に証明されてるみたいですね。まあ普通にゲームをしてる人達からすれば、そういう話は嫌みにしか聞こえないけど、世の中にはゲームを敵視する奴がいてもしょうがないんですよ。いるもんはしょうがないんです。

↓なのでこの人にとっては嫌味でしか無い訳だ↓

三好紗奈

 まあこの人は14歳にしてヘビーなゲーマーではあるけど、ってかさっきのお方と同一人物ですが、それより、この歳なので、もし親とかからゲームの事で変な拘束でもされてしまえば、逆らいにくくなるでしょう。まあこの人はアイドル活動もしてるので、学校の生活とか、成績とか、その他対人関係に関しては問題は無いと信じたいけど、15歳未満の奴ってのは、大抵はゲームに関する拘束を受けやすいので、かなり危険と言えます。

 ゲームが好きな奴にとっては絶対に聞きたくないであろう言葉として、ゲーム禁止ってのがあります。まあこれを受ける理由としては、ゲームばっかりするとか、ゲームで兄弟姉妹と喧嘩するとか、ゲームのせいで学校の成績が一気に下がったとか、ゲームのせいで受験に落第したとか、ゲームの事で何か問題が発生した時にされる傾向が強いです。まあ一部の世界では、親が勝手に自分のスパゲティに布巾を落として、それで八つ当たりでキレて子供にゲーム禁止するという目を疑うような事例もあるとか。因みに私の親戚でこれをされた奴がいたみたいです。

 される割合の方が高いかどうかは不明だけど、まあこのお方はされてない、ってかされた経験が無いと見て間違いは無い気がします。された経験が無い人はある意味幸せと言えます。ゲームの事で生活に何か悪影響を起こした事が無い証拠にもなるし、そして親がゲームに対して嫌悪感とかを持ってない証拠にもなります。親がゲームを過剰に敵対視してたりすると、些細な事で子供からゲームを切り離そうと企んだりもしますからね。

 そして、ゲーム繋がりでパソコンもあまり子供には与えたくないって考えてる親もいます。パソコンはあくまでもゲームも出来るってだけで、ゲームだけのツールでは無い訳だけど、やっぱりパソコンの場合はインターネットを使って別次元の世界に行けたりするので、そういう意味でも親は子供に与えたくないみたいです。やっぱり一番の原因は、悪影響を与えたくないってのがあるみたいです。悪い情報に取り付かれたり、変な趣味を持ったり、そして一番の原因は子供の私生活に悪影響を与えたくないってのがあるとの事ですね。

 特にあういうのってかなりの依存性もあるし、ネットってのは一回始めたらもうなかなか終わらせられないので、変な形で夢中になればもう空いた時間を全部そっちに使おうと考えてしまうみたいです。それを親は望まないみたいですね。

 ただ、そういう考えが今浸透してるとしたら、小学生中学生が創作活動をするのはなかなか厳しいものがあるかもしれません。今の時代、創作活動をするにはほぼパソコンが必須アイテムだし、もし誰かに公開するとしたら、パソコンでネットの世界に飛び込む必要があります。だけど小学生の場合は自分用のパソコンを手にするのは非常に難しいし、中学生もよほどの好条件が無いと自分用のを入手するのは難しいでしょう。最も、茶の間に設置されてるパソコンを使う手もあるけど、基本的に創作活動は家族には見られたくないでしょう。

 創作活動は一応自分の想像力を限界まで試すチャンスではあるけど、まずはどうやってパソコンを普通に弄れる環境を手にするか、なんですよね。まあ私の知人達は中学時代から普通にパソコンを弄れる環境にいたみたいだけど……。

↓だけど夢の世界は遠いのねん↓

league of legends vladimir

 ネットの世界に飛び込めば、一般的なテレビで放送されてるアニメとか、一般市販されてる漫画の世界以上に深い世界を見る事が出来るけど、そもそも飛び込むにはやっぱりパソコンが必要になります。

 確かにネタを探すにはネットの世界に飛び込んでもいいし、寧ろ飛び込んだ方がネタは豊富に見つかります。ただ、そこに辿り着くまでが凄まじく大変です。パソコンを出来る環境を手にする事も大事だし、そして何よりパソコンをある程度は自在に使えるようになる能力も必要になります。使えるようになるのもやっぱり時間がかかるので、環境だけを手にしても創作活動は出来ません。

 それでも創作活動はなかなか難しい世界です。環境を手にするのも難しいし、そして活動自体も決して楽ではありません。確かにネタを探すのは楽しいかもしれないけど、実際にそれを自分の思い通りの形にするのは簡単ではありません。

 まあそんな事はいいとして、やっぱり今は……執筆活動を効率良く進めたいのが本音ですね。最近はゲームはまあいいとして、創作活動を放置はしたくないし、折角描きたいストーリーが沢山あるのに、今ここで怠けてたら、折角頭の中に溜め込んでるストーリーを忘れてしまう危険性があります。作家にとっては勿体無い事だし、そして作家にとっては、頭の中で考えてる事を外に出して、皆さんに見てもらいたいっていうのが本音でしょう。作家は見てもらってこそ価値がある存在ですからね。

 一応今色々と考えてる事としては、キャラの性格とか、振る舞い方とか、どこをどういう風に言動に捻りを加えれば読者達にキャラを気に入ってもらえるか、好きになってもらえるか、そして現実世界にいたとして、一緒に会話をしてみたいと思えるかどうか、なんですよね。今は色々とその辺の勉強もしてたりします。

 フロンティアGの方では、キャラを持つ事の責任感の勉強の一環として、リディアに相変わらず頑張ってもらってる訳だけど……

↓いつかは自分でアイコンを用意したい……↓

フロンティアGで頑張ってもらってる愛するリディア(ゲーム中表記はLydia)ですw

 フェイスマスクでちょっと顔を隠しちまってるうちの愛するリディア(ゲーム内表記はLydia)ですが、いつかは自分でイラストソフトとかを使って、自分でちゃんとした顔アイコンを描きたいつもりです。まあいつになるかは分かんないけど、折角の愛するリディアだから、ちゃんとしたイラストを用意したいつもりだけど、私は小説の技術は微妙にあるけど、絵の技術は絶望的なので、いつになるか……。

 まあキャラの勉強である訳だから、性格の方も結構頑張って吟味しないといけません。性格ってのは基本的に1回決まってしまったらもうなかなか変更なんてさせられませんし、現実に生きる人間達も、自分の性格を1日で変えろって言われたとしてもそう簡単には変えられないでしょう。乱暴な口調ばかりの奴が、突然女の子みたいな大人しい口調になるのは無理だし、話すのが得意じゃない奴が突然超達者な口調になるってのも無理な話です。

 そして、小説活動の場合、一旦キャラの性格を設定したら、もう最終話まで基本的にその性格で貫き通さないといけません。当然だけど、作者の方でちゃんとした設定を予め用意しとかないと、必ずどこかで性格に矛盾が生じます。そういう意味でも、作家はちゃんとキャラを生む事に対する責任と、そしてキャラを最後まで操作する練習をしないといけません。

 実を言うと、今はリディアって名前でヒロインとして採用して、新しいストーリーを考えたりするんですよね。今はフロンティアGで頑張ってもらってるけど、別に舞台はモンハンの世界ではありません。世界観は自分独自に設定して、今のフロンティアGで起用してるリディアの性格だけはそのま使うって感じですね。

 世界観としては、魔術、というか超能力的な力で敵と戦うような世界にして、そこでリディアに頑張ってもらうっていう予定にしてます。亜人と共存する世界にもしてるので、そういう亜人的な設定に関しても、しっかり勉強しないと描写出来ませんからね。なのでちゃんと今の内に性格をしっかりと練り固める必要があります。

 しかし女の子ってのはある意味では凄くズルい特性です。まあ当たり前だけど、女の子だからって偉そうに威張ってたり、相手を見下したり、自分より弱いと思う相手に対して力尽くで押さえつけるような性格であれば、絶対に人気なんて出ないだろうけど、逆に優しかったり、明るかったり、話してて楽しいと思える相手であれば、人気が出やすくなるみたいですね。そしてそこに中の上以上の容姿を持ってれば、もっと好かれやすくなるのでまたズルい特性だったりします。結局今の時代は見た目もかなり重視される訳なので。

 一応今まで小説やってて、色々と少女キャラは生み出してた訳だけど、単に小説内だけで登場するんであれば、現実では馬鹿だと思われる性格であっても通用する事があるけど、でもいざ実際に相手と長く付き合うんであれば、やっぱりそれなりに良識とか、人と話す時の態度とかが要求されます。当たり前と言えば当たり前だけど、あまり馬鹿過ぎる性格だと、最初は面白いと思っても、長く付き合ってる内にその内面倒になったり、最悪な場合それが嫌気になったりする可能性があります。

 やっぱりキャラの性格作りで重要なのは、やっぱり実際に対話した時に、相手を不快にさせないかどうか、なんですよね。まあ時折どうしても喋ってる時に相手に対して馬鹿だって思われるような事とか、振る舞いとかを見せてしまう事はあるけど、でもそれでも相手からもう関わりたくないって思われたりさえしなければ問題は無いみたいです。寧ろ、多少は相手に面白い奴って思われた方が、キャラとしてはいい感じで受け取ってもらえるみたいだし、うちのリディアにもそんな感じで、まあ明るくて、ちゃんと敬語も使えるけど、時折馬鹿みたいな事を言ったり、途中で喋るのを噛んだりするけど、だけど皆とはちゃんと打ち解けてる感じです。少なくとも、嫌われてはいない……はずです、猟団内では。

 ただ、やっぱりキャラとは言っても、人間は人間であるので、時折相手に対して不快だと思わせるような事をしてしまったり、苛々させてしまったりする事は……あります。でもそういう時にどうするかってのも、キャラ創造ってものです。当然ながら、相手に明らかに不快な思いをさせたのに、謝罪も一切無しだと友好度は普通に下がります。そういう時にどうするかってのもやっぱり大切です。謝罪は大切ですが、方法もキャラによってしっかり考えるべきです。極端な話、『申し訳ありません』と『ごめんなさい』の使い分けも凄く重要ですし、キャラの性格によってはどっちを選ぶかによって性格の設定がおかしいと思われてしまう可能性もあるので、結構難しいんですよね。

 ってちょっと長くなったわい。

 まあそんな訳で、まだ今描いてる作品が完成してる訳じゃないのに、もう新作の予定なんかを考えてる私ではありますが、超能力をネタにしたのはまあ1つの理由がありまして、元ネタとなったとある奴がいるんですよね、はい。

↓いつかは本当に超能力が使えるのかな?↓

堀裕子

 皆の人気者(?)だと思われるユッコ氏ですが、こういう超能力とかみたいな、ファンタジーの世界ではごく普通に扱われてるような事を趣味にしてるようなお方って、結構ネタにしやすかったりします。因みに出典はモバマスで、特訓するとなんかもうドラクエだのファイナルファンタジーみたいなSFの世界でそのままの格好で登場しても違和感のまるで無い服装、ってか衣装になって皆さんを満足させてくれます。

 このお方と出会う前にも一応超能力とか魔法とかみたいな不思議な力を使って戦えるようなキャラを何となく考えてたんですが、この人が出てくれたおかげで、よりネタが練られてくれた訳なんですね。まあ一番欲しかったのは、性格でしょうか? 勿論見た目と趣味の通り、属性はパッションなんだけど、それよりも、やっぱり相手と仲良くなろうとか、楽しませようとかいうそういう明るい性格に惹かれたんですよね、私は。

 いくら趣味とか特殊能力があったとしても、キャラとして小説で活かすとしたらまず性格を決めないといけませんからね。別にユッコは性格の方は……まあなんでも超能力と結び付けて喋ってくるので他所ではアホな子とか言われてはいるけど、話してる事はストレスを覚えさせない面白いものばっかだし、そういう性格をちょっと拝借してみるのも作家としては大切な事だったりします。

 丁度内のリディアも超能力的な技を使って敵と戦うみたいなストーリーに関わってもらうつもりだったので、凄くいい時にこのお方が出てくれたって訳です。でも超能力で戦うとしたら、とある科学に出てくる御琴みたいな感じになる……かどうかは分かんないけど、とりあえずそうなるとしたら、超能力とかESPの事も勉強しないといけませんね。

 ってまあ、そんな事より、残念なお話が1つあるんですが、フロンティアGでは今もリディアには頑張ってもらってるけど、一部の場所ではどうやらリディアの存在を認めてもらえてないみたいです。1つ前の記事でちょっととある他人の奴とツイッター上でゴチャゴチャしちゃったって話を載せた訳ですが、残念ながらその時の記事の話を本人に見られちまったみたいです。

↓こんなリプライが飛んできたのよ……↓

とあるリプライ。しかも前回の落書き画像付きw

 これはあれですね。前回の記事にも一応書いたんですが、私が単独でUSJに行った事に対して、この返信してきた人が私の悪口を言ってきたので、こうやって画像に落書きをした上で前回の記事に仕返しの文章を書いてやったんですが、そしたら私のブログからこの画像を見つけて、こうやって私にツイート上で文句を言ってきた訳です。しかもその落書きした画像をわざわざ載せて。

 一応前回はこんな奴といちいち争う価値は無いって書いた訳なんですが、でもやっぱり文句言われたからには言い返しとかないとなんか気が済まないんですよね。まあ別にそれはどうでもいいし、その後なんか私に対して普段から人を見下したようなツイートばっかしてるから、USJに単独で行く事に対してゴチャゴチャ言ってもいいじゃねえかみたいな事とか言ってきてたけど、まあいいやw ほっとけほっとけw 争う価値なんて無いのよwww

 ってまあそんな事はどうでもいいけど、一番の問題となる部分はやっぱり……『ネカマ野郎』発言ですね。まあこの人も私がフロンティアGの世界に入ってるって事は知ってるみたいだけど、でもネカマ呼ばわりするってのは納得行きませんねぇ。まあでも、一応リディアの存在自体は把握してるみたいです。まあそれはどうでもいいけど、ネカマって言ってるって事は、リディアの事を独立した意思を持ったキャラとして認めてくれてないみたいですね。この人も何げに小説家、まあアマチュアだけどそれをやってる訳なんですが、理解してくれないとは……。

 まあでも別にいいでしょう。人には人の考え方があるし、ここでまた私が暴れでもすれば相手の思う壺です。暴れるだけ時間の無駄だし、暴れるぐらいならもっと別の事に時間を使いたいですね。まあでも、自分のキャラをリアルタイムで現実世界の人間とコミュニケートさせる技術が無いから、他人のそういう技術に嫉妬してる可能性もあるけど、まあその辺もいちいち言う事じゃないですね。もう辞めましょう。

↓因みにツイッター激論に参戦してくれたのはこいつw↓

艦これカスタム 酒呑童子

 名前は酒呑童子って言いまして、丁度上の画像の人が私のツイッターアカウントに文句言いに来た時に私が使ってたアイコンですね。新桃太郎伝説に出てくるボス格の鬼さんでして、よりによってこいつの時にあの画像の人が文句を言いに来た訳ですが、まあ別にそんな事はどうでもいいですね。

 まあだけど、無意味な争いは価値を生み出さないので、あまり変な言い合いはこれからはしないように注意はしたいつもりです。とは言っても向こうが勝手に突っかかってくる事もかなり多いので、そういう時はどうしようか考え中ですが、まあ、一番いいのは争いを起こさないように自分自身で注意する事ですよね。

 ってな感じで、ツイッター激論の事はもういいやw








怖いボディガードがいると心強いw

『いちいちどうでもいい事なんか口走ってんじゃねえぞ? また面倒事が起こったらお前責任取れんのか?』

 いや、取るつもりも無いし、取りたくも無いのでやめます。

 そんなこんなで、今はなんとかしてネタ集めの為に時間を使ってます。だけど……なんか最近はキャラのネタ集めのやり方が最近変わったような気がしてます。数年前は戦闘ファンタジーやら魔法少女やらみたいな、元々作品自体が敵と戦うシナリオで構成されてるようなやつからキャラのネタを集めてたけど、今は……アイドル系の作品からネタを集めるっていうちょっと妙なやり方になっちゃってます。

 やっぱり性格重視になってきてんでしょうか? 戦闘系の世界観を持つ作品に登場する女性は別に魅力が無いって訳では無いけど、今はどうしても女の子らしい振る舞いとかを妙に求めるようにもなってるので、戦闘系の作品より、アイドル系みたいな作品の方が女の子らしい振る舞いを勉強するには向いてるかもしれませんね。結果的にリディアもそういうスタンスでキャラ構築をした訳だけど、小説にした時にちゃんと性格を活かせるかどうか、ですね。猟団の皆の前で振舞う時のように、小説でも活かしたいですね。

 だけど今は海外の作品にも目をつけてまして、超能力みたいな不思議な力を使うキャラは海外でも沢山存在します。

 最近は、まあゲーム自体はしてないけど、League Of Legendsと呼ばれる海外のオンラインゲームに登場するキャラにも惹かれてたりしますし、惹かれる事によって、またネタ集めの幅も広がってくれます。

↓魔法の矢を飛ばす二枚目ファイターさんです↓

league of legends ezreal

 名前はEzreal(エズリール)と呼びまして、魔法の矢を放って戦うというイケメンなお方です。

 まあ最近は少年の主人公の作品より、ヒロインを主人公にしたような作品も増えてる現在ですが、だからって少年主人公の設定を無視する訳にもいきませんからね。だけど今は少年主人公の性格のネタ集めはあまりしてなかったので、そろそろこういう機会を兼ねて、どういう性格が少年らしい振る舞いになるかとか、勉強し直した方がいいかもしれませんね。

 勿論ラノベだのアニメだのを鑑賞すれば、すぐに少年主人公の姿を拝めるでしょうが、問題はどうやってそれを、ネタにするか、ですね。丸パクリは駄目なので、自分にとって都合のいい場所を上手に融合して、自分独自の設定を作らないと駄目です。

 因みに、弓を使って戦う人みたいだけど、使う矢は魔力を固めた物なので、魔法使いとアーチャーを混ぜたようなキャラ、でしょうか? どっちにしても、魔力を自在に扱えるお方なので、魔法使い系の少年のキャラを考える時の参考になるかどうかは分かりませんが、イメージとして取っとくのは悪くないと思われます。



 とりあえず、ツイッターの方では時折問題も発生したりするけど、やっぱり猛毒な発言も繰り返す過程で、トラブルが発生する可能性から避けるのはとても難しいです。事実上いつどこで、狙われるかも分かんないし、場合によってはとんでもない猛反対の意見が飛んでくる事もあると思われますが、自分で決めたツイート方針である以上は、もう曲げてはいけないでしょう。

 折角二次元的ツイートとか、創作活動的ツイートとかである程度はのほほんとやってるけど、猛毒ツイートが出た途端に一気に空気が変わるので、その辺はちょっと厳しいかもしれません。フォロワーさんの方々が何を思うかは分かりませんが、猛毒に該当するツイートの殆どが、通常は人間として口に出してはいけないようなものだったり、人が見たら憎悪さえ覚えてしまうようなとんでもないものだったりもします。

 だけど辞めるつもりはありませんし、猛毒ツイートだって、これからも思いつく限りはバンバン吐きたいつもりです。そんでもって、そろそろフォロワー集めも重点的にやりたいかなって思ってたりもします。今年中にフォロワー1000人は無理だと思うけど、地道な活動の甲斐ががあってかどうかは分かりませんが、日々地道にフォロワーさんの数が増えてたりします。それは嬉しいので、これからも頑張るつもりであります。他の高校生ユーザーも、1000人を普通に超えてたりするので、こっちも負けてられませんからね。

 ってな訳で、じゃあそろそろ投稿しとくとしましょうか。勿論アルカディアの方にも投稿する準備はするつもりです。にしても他者の作品を読んでない現在、自分の力量が今どんな惨劇になってるかが……分かりません。

 今は色々と急がないといけない気がするので、早く今のストーリーを完結させたいつもりだったりします。完結させる前に寿命が来て死んでしまっても勿体無いので、頑張るしか無いっしょ。

オー! マイキー! マイキー・フーコン 本物

『久々の投稿だよね! 僕ちょっとワクワクしちゃうよ! あははははは!! あははははは!!』

続きを読む
09/28のツイートまとめ
violencemasuo

では、そろそろ体力的に不味いので、寝るとしましょう。小説の投稿兼ブログの記事のアップロードは明日の朝……多分出来たらやりたいけど、どうでしょう? そしてまたパソコンのキーボードの入力拒否が始まってる。モンハン並に酷くならなきゃいいけど。
09-28 23:00

こういう今リツイートした計算は、まず掛け算と割り算を最初にやるのが鉄則である。地味に大学生でも引っかかりやすい問題なんだとか。まあ私は大学なんか行ってないけど、高校の時に一応学習してるので、分かるっていう話。
09-28 22:41

RT @vfk2009: これが解けたら脳みそ上位8%⁉難易度★★★★☆#分かったらお気に入り #次に回すためにRT http://t.co/BTdHxBi9aw
09-28 22:38

残念だが、うちの親が殆どこれに該当してた。特に受験の時に図書館に行ってたのに勝手に友人宅で遊んでたって勝手に決め付けてキレてた事があったが、事実も確かめないでキレるって事は……もう親として最低である事をアピールしてる証拠だった訳である。これに該当しない事がどれだけ難しいか……。
09-28 22:31

RT @kaishintubu: 【こういう叱り方はよくない】長く叱る無関係な人の前で叱る人を見て叱る事実を確認しないまま叱る弁解の機会を与えずに叱る一貫していない基準で叱る酔って叱る相手の逃げ道を完全にふさいで叱る非難しながら叱る理由を言わずに叱る相手…
09-28 22:30

娯楽品に限った話では無いが、中には兄弟姉妹全員が飯を食べ終わるまで誰もテーブルから離れてはいけないルールを儲けてる家庭もあるらしい。当然誰か1人でも好き嫌いをしてると……その分の時間が丸々無駄になるし、変な形で恨みも出来上がる訳だ。却って危ないルールだと思うが……。
09-28 22:29

FPS廃人の息子のPCを勝手に親が廃棄業者に引き渡すっていう話も世界のどこかで発生してたらしい。当然本人がバイトだの小遣いだので高い金を払って入手したパソコンであるが、それを勝手に業者に引き渡すとは……。理由はどうであれ、随分と酷い話である。
09-28 22:24

だけどネット世界を回れば、とんでもない事をする奴、とんでもない目に遭わされてる人、とんでもない出来事に遭遇するお方がいるみたいである。世界は広いが、自分にとっては想像の領域でしか無い事が、他所では普通に発生してるってのも、この世界の恐ろしい所である。
09-28 22:21

時折子供に対して、『お前なんか産まなきゃ良かった』って言う腐れがいる事がネット相談所で書かれてるが、そうやって居場所を奪う言い方をして何がしたいの? それで家出されても、どうせ見つけたらキレるっしょ? 精神的におかしくなったとしても、またキレるっしょ? NGワードは把握しなさい。
09-28 22:15

社会人になると、親戚の友人の子供と会う機会も増える可能性がある。そして、その子供が言う事を聞いてくれないようだったら、絶対に何があってもその子供を自分の家には入れないようにしよう。コレクションしてる物を破壊される可能性がある為、絶対に家には入れないようにしよう。
09-28 21:58



続きを読む
09/27のツイートまとめ
violencemasuo

旅行の時にもし友人と一緒に行ってると、必ずと言ってもいいぐらい夜更ししながら旅行の話で盛り上がってしまう。だけど次の日の体力が心配になるが、それでも盛り上がりだけは捨てられないのが旅行である。とりあえず、気力だけは捨てないようにしないと旅行は成功しないよ。
09-27 20:59

観光旅行の場合、ほぼ確実に歩く事が確定してるし、買い物をするとなれば、買った物を持ちながら歩く事になる為、日頃の体力が無いと相当厳しい。宿屋に帰るとほぼ確実に疲れが押し寄せて来る為、夜更しはしないで素直に睡眠に入ってしまった方が安全である。
09-27 20:32

RT @kokoro_rady: 【【意味がわかると怖い話】トイレのメッセージ】浮気がバレたあと、トイレに逃げ込むとトイレットペーパーにこんな手紙が。あなたはこの手紙の本当の意味、分かりますか…?閲覧注意⇒http://t.co/biWUlj544s http:…
09-27 20:31

本当の意味で疲れを取りたいなら、エステに行くか、それとも家にいて尚且つベッドから出ないのが一番である。連休を使って、仕事の疲れを癒す為の旅行はある意味矛盾してる。旅行に行けば結果的に疲れるし、遊ぶにしても肉体的には疲れる為、丸1日分ぐらいは家でゆっくり出来る時間は作ろう。
09-27 20:29

休日であっても、昼寝、というよりは休憩みたいな事はした方がいい。休日は休日の行動があるだろうし、結果的に疲れは溜まる一方である為、無理しないでしっかりと昼寝ぐらいはすべきである。じゃないと身体に負担がかかってしまう。
09-27 20:27

雲丹(うに)は何げに200年は生きるらしい。だけど元々過激に水中を動き回れるような生物では無い訳だから、もし人間と同じ知能を持ってたら暇で暇で発狂するに違いない。だけど水中生物には水中生物にしか無い価値観があるから、人間の価値観を押し付けるべきでは無い。
09-27 17:06

とりあえず腕の疲れがまるで取れてくれない訳であるが、今はブログの方を進めたいつもいである。ネタも最近沢山仕入れてきた訳だし、早く先の話を描写したい訳である。小説は常に終わらない活動であるから、事実上無限の楽しさがある。完全に作家の戯言である為、一般の方には分からない話。
09-27 16:50

RT @rady_kimochi: 【【驚愕画像】35歳まで一度も働いたことのないニートの姿をご覧下さい…】35歳まで一度も社会に出る事なく、働いたことのないニートの姿wどんな感じだと思う?w衝撃の姿はコチラ⇒http://t.co/puph0qaO6o http:…
09-27 15:20

こういう画像を見てると無性に過去のゲームを遊びたくなる事がある。現在も過去の思い出を刻み込めるようなゲームは真の名作として捉えても悪くはない。そういうレベルのゲームを産める会社こそが生き残る秘訣なのかな。 http://t.co/58XwBjzzNg
09-27 14:26

二次元のアイドルじゃなくて、三次元のアイドルにも目を向けた方がいいけど、その為には三次元のアイドルの方々は外見的に劣化だけはしないでほしい訳だ。年齢はある程度許容するとして、体重が無意味に増えたりしたらもうTHE ENDなので、そういう意味では三次元の人にも注意してもらいたい。
09-27 14:15



続きを読む
09/26のツイートまとめ
violencemasuo

帰ってきたぜベイビー。さてと、明日は休みなので、フロンティアGに行ってネタ収集でもするのじゃい。
09-26 22:46

これから飯です。腹減ったわい。 http://t.co/O1LXcVDCrI
09-26 21:40

もう今日は時間が無いのでもう出勤です。今日頑張れば明日から休みになってくれるので、2連休ではあるけど、頑張るのでござーる。
09-26 08:06

とりあえず、昨日工場で放電で折れたタップを除去する機械を動かしたまま帰った訳だけど、変な事になってない事を祈るばかりである。もし最悪な事になってたらあれだけど、まあ多分大丈夫……って信じたいかな。
09-26 07:49

やっとこんな時間に起床です。今日は普通に仕事があるので、明日の休みに備えて頑張らないといけないよ。遅刻したらアウトだしね。
09-26 07:42

もう眠くてやってられないので、もう寝るとしましょう。お休みです。
09-26 01:02



09/25のツイートまとめ
violencemasuo

今日という今日はもう終わりに近づいてます。創作活動もある程度進めたし、そして猛毒も充分吐いたので、今日は意外とやりたい事が出来て良かったと思ってる。そうやって自分でやりたい事を見つけて、時間を作る事が大切である。
09-25 23:58

小説では、意外と異性同士での会話も大切なものである。匙加減、つまりは長さをどうするかを考えるのは大変であるが、こういう行為は大抵絆を強める切っ掛けになるし、もし裏切りとかの展開になったとしても、この絆のおかげで仲が復活する事もあるので、意外と忘れてはいけない要素である。
09-25 23:55

元々年齢制限の入らないアニメだの漫画だののキャラを使ったエロ画像を見ると、場合によっては虚しさや悲しさを覚える事がある。エロ画像を描いた奴はその作品とかキャラとかが好きなはずなのに、なんで酷い姿を描こうと思うのかが……。特にレイプシーンとかを見ると、もうなんか……。
09-25 23:44

モバマスを愛用してるユーザーは多いと思われる。ただ、ネットを探せば年齢制限が入る二次的な画像が見つかる事もあるが、こいつらは健全なアイドルな訳だから年齢制限が入る場面を描画されるとかなり悲しくなる。頼むから汚すのだけはしないでくれ。 http://t.co/Ce9nlYUIwQ
09-25 23:38

他者のツイートをプロフ画面で見る者多いと思われるが、誰に当てたのか理解出来ないようなツイートの場合、それを楽しむのは非常に難しくなる。もし多くの人を楽しませる、或いは考えさせるツイートをするなら、内輪ネタは危ないと思われる。
09-25 23:20

どうでもいい話だが、さっきの猛毒発言がリツイートされた訳だが……。問題が起こってなければいいが……。
09-25 22:51

やっぱり学生時代に創作活動に手を染めてて良かった可能性がある。今やるにしても、ある程度は感覚が残ってくれてるから大丈夫な雰囲気があるが、もし今から才能無しの状態でスタートしても、結局は途中で挫折してた可能性がある。やっぱり学生時代が一番大切であるのがよく分かる。
09-25 22:50

人間は学生時代に打ち込んでた事だと、社会人になったとしてもなんとなくでまた技術を思い出したり、或いは学生時代と比較してほぼ衰える事無く力を発揮出来たりする。逆に社会人になると今度は全く新しい事を勉強する時間があまり取れない為、いざやろうとしても時間がかかる可能性がある。
09-25 22:48

イクラちゃんも歳を取ってたら、いつかはこんな凛々しい姿を見せてくれてた可能性がある。だけどアニメは月日を動かさないからいつまでもバブーしか言わない世界をグルグル回し続けてる。結果的に、ネットの奴らがこうやって進化させてくれてるのだ。 http://t.co/UbJBsa5lmi
09-25 22:42

とりあえず、猛毒はもう全部吐いたので、後は二次元の話に入るとしましょうかのぉ。ただ、発言には度胸がいるのは確かだから、私の真似は安易にしない方がいい可能性がある。でも地球は今も怒ってる可能性がある。人間に好き放題暴れられてるから、いつか地球が怒って天変地異でも起こしてくるかも。
09-25 22:40



続きを読む
09/24のツイートまとめ
violencemasuo

神戸で女児遺棄の事件があったけど、被害者の女の子の名前と、私が描いてた小説の初代ヒロインの名前が一致してるってちょっと微妙だった……。まあだけど加害者はもう失敗作当然だし、そういう生きてる価値の無い奴に殺されてしまった被害者は何とか、また生まれ変われたらいいよね。
09-24 23:28

ただいまなのだピーン。そんでもって、帰り道、雨で視界が極悪に悪いってのにライトも付けない腐れなチャリ野郎がいたけど、そろそろライト付けないと罰金みたいな制度があってもいんじゃね?
09-24 23:25

では、大御所の客先から手配された材料の加工の為に出勤します。金曜が終われば夢の2連休なので、頑張るとしましょう。ミスはしないように注意しながら、ね。
09-24 08:06

本当に弱いのは、相手を認めない弱い心を持つ人間であるようだ。強い奴ほど、相手を認める力が強い。相手を許容する事によって、今まで自分が持ってなかった何かを手に出来る事もある。
09-24 08:02

自分は電気を消さないくせに、他人が電気を消さないと超キレる者もいるにはいる。どうして自分の行動だけ適当な言い分で正当化するのに、他人がやったら電気代だのなんだのって好き放題キレるの? そういう事をするから家族という団体が自分勝手だって教え込む事になるのに、。いい加減気付け。
09-24 07:58

習い事は月謝がかかる。そして中には一定期間の間に資格やら検定やらを狙うものもあるが、資格の取得を目的にするのか、純粋に経験だけを目的にするかを考えた方がいい。子供の意見を無視して無理矢理行かせるなら、資格取得は諦めないと後々に大問題が起こる。
09-24 07:41

人は言われて直感的にムカつくと思ってしまう事がある。だけど自分が言われてムカつく事を平気で他人にしたり言ったりする異星人も存在する。そういう奴は直感でしかものを考えられないタイプだからである。他人の事は大笑いするけど、自分が同じぐらい笑われると凄まじくキレるタイプは大抵これ。
09-24 07:24

ゲーセンで金なんか使うなっていう大人は多いみたいであるが、じゃあそういう大人達は有意義な金の使い方をしてるのかな? って話にもなる。酷い言い方ではあるが、ビールだって興味無い奴から見れば税金の塊であるから、ただの無駄と捉える者も多い。何が無駄で何がいいかは本人が決める事。
09-24 07:19

ゲームセンターは中学ぐらいから行く奴は多いが、どういう訳かゲーセンに行く奴を見ると大人は面白くないらしいし、子供が行くのを見たり聞いたりすると尚更面白くないらしい。因みに兄弟姉妹がいると親に便乗してキレまくる変なのもいるという噂がある。そんなに面白くないのかな?
09-24 07:13

おはよう。今日は久々にややこしい材料の加工になってるので、壊れかけた身体をなんとか動かして作業しないとあれですね。
09-24 07:02



続きを読む