小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 2016年07月
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
外見でゴチャゴチャ言われたくないなら、言われないような外見にしよう
オー! マイキー! バーバラ・フーコン 不良

 もうすぐ8月に突入します。そして盆休みも第2週の最後に待ち構えてます。連休の時は如何に自分にとって素晴らしい過ごし方をするかですね。外は暑いので外出は控えてクーラー全開にした家の中でのんびり過ごすのもいいでしょうし、家にいれば普段仕事のせいで出来ない事も沢山出来てしまったりします。でもそれだと普段の土日休日を倍にしただけになってしまうけど、でもそれがいいっていう人もいるでしょう。

 或いは家でずっと寝てるというのもいいかもしれません。寝るのは身体に疲れを一切発生させない行為である為、普段出来ない事を存分にするチャンスでもあるでしょう。勿論そんな事をしてたとしても、楽しいとは思えないでしょう。まあでも、人によって過ごし方は色々なので、どの過ごし方が完璧なのかは個人によって異なります。

 ただ、家族旅行の場合は人数分の楽しさが必要になると思われます。例えば親だけが楽しくても、子供がつまんなさそうにしてたら無意味だし、逆に子供だけが楽しい思いをしてたら両親は不満だけが残ります。子供の視点で考えれば動物園やら遊園地でしょうし、大人の視点で考えれば繁華街とか神社とかかもしれません。もし家族旅行をするなら子供も大人も両方が楽しめるような計画をすべきでしょう。

 折角の連休なのに、親だけ、或いは子供だけが楽しい思いをするってのは不公平なので、必ず全員が楽しめるような旅行にしないといけないでしょうが、多分それは非常に難しいでしょう。

 一番いいのは結局の所は社会人になってから単独で旅行する事なんでしょうが、でもそこまで行くのには結構長い年月を必要とするので、小学生にとっては長い道のりになります。下手したら社会人になった頃にはもう旅行に興味を持ててなくなってる可能性もありますし、小学生の頃に行きたいと思ってた観光地がもう無くなってしまってる可能性もあります。

 他にも、狙ってたグッズが社会人になった頃にはもう無くなってる……なんて悲しい事もあるかもしれません。なので小学生や中学生等の学生の時に満足な旅行が出来るかどうかは事実上両親の旅行に対する考え方によるでしょう。もし旅行に関心の無い親だったら……もう諦めましょう。





↓外見は今の世界では非常に重要……なのか?↓

戦いに生きる場合は外見こそが全てである可能性がある

 外見で大抵は色んな事を判断されるような世界ですが、だけど人間だったりその他の生物だったりするにしても、内面もやっぱり重要と言えば重要です。だけど内面は後から分かる事で、外見は見たその瞬間に相手に判断されてしまいます。なので内面よりも外見の方が重要なのかもしれません。

 戦いの世界では外見で相手に強いのか弱いのか判断される事が多いので、どうしても外見にインパクトが無ければ話にならないようです。弱いと判断されてしまうと、相手が付け上がるし、そして相手を見下した者は通常よりも戦闘能力が上がる事もある為、弱い外見は相手の戦闘能力を上昇させてしまう危険もあります。

 逆に明らかに強そうな姿をしてるとやっぱり相手に恐れられるし、そうなると相手の戦う気持ちを落とす事すらも可能になる為、そういう意味では相手の戦闘能力を下げる為に強そうな姿をするのも立派な戦法と言えます。実際に戦闘系のゲームでは大抵外見的に明らかに戦闘能力の高そうな者が揃ってますし、そして外見に違わない凄まじい能力を見せてくれる事も非常に多いです。

 なので、戦いの世界では弱そうな外見をしてると確実に損をします。どういう格好が強くて、逆にどんな格好をすると弱く見えるのかはその人の価値観等にもよるので確実な答えは出せませんが、大体見ればそれが強そうなのか弱そうなのかがはっきりします。

↓人間じゃない外見だと強制的に恐ろしい雰囲気も……↓

外見だけで雰囲気を察してもらえる事も多いが、逆に外見でイメージを勝手に持たれる事も

 人間が人間を見てもあまり真新しい雰囲気を感じないみたいなので、他の生物と比較するとあまり強そうに見えてくれない事も多いみたいです。逆に人間の姿をしてないような奴であれば、得体の知れない何かが伝わる事も多い為、それが戦闘系の世界観であれば何故か強そうに見えてくれたり、或いは恐ろしく見えてしまう事も多いみたいです。

 幽霊みたいな姿をしてると、元々幽霊自体が恐れられてる存在である為、更にそこに毒々しい色を加えたり、口や目が光ってたりすると尚更恐ろしさが倍増してくれるみたいです。

 なので外見的に人間から離れてるような連中は架空世界では特に強めに設定されてたり、味方サイドにいてくれたりすると人間以上の能力でサポートしてくれる事も多かったりします。勿論こういう奴が敵として登場したら非常に厄介なのは言うまでもありませんが。

 だけど言える事としては、その場に相応しい外見を用意する事なんだと思います。戦闘の世界にいる以上は相手に威圧感を与えなければいけないし、逆に外見だけを意識して戦闘の時に欠陥が生じてしまうような格好をしてしまうのは大間違いですし、戦いである以上は下手するとそれが原因で死んでしまう事もあります。

 だからこそ場面に応じた外見が必要だと言えるでしょう。



↓JKはこういう格好こそが究極か?↓

JKこと、女子高生は肉体のアピールをする方がいいのかもしれない

 世界観の区別は非常に大切である。世界観的に戦いがメインなのか、それともあくまでも学校生活がメインなのか、その辺を意識すれば自ずとどういう格好がその場に相応しいのかが分かるかと思います。どうせ戦いが日常の行為じゃないなら、外部からの殺傷行為を前提としない服装をしても全く問題は無いし、性別をアピールするような格好をしてもいい、というよりはすべきかもしれません。

 現実の世界でも、二次元の世界でも女子高生の姿は大抵輝かしく表現される事が多いです。勿論現実世界の校則によってはそんな格好なんて無理だ! なんて思われる事もあるでしょうが、基本的な女子高生としては、大抵下半身はミニスカートで思いっきり太腿を出してる事が多いです。髪に関してもやっぱり髪は女の命というだけあって、それぞれが個性的な形で決めてくれてます。

 色は地毛なのか脱色なのかは分かりませんが、黒以外の色を見せてくれてる事も多いです。色が入ってる方が可愛く見えるのは時代の流れの影響だと思われますが、いずれにしても外見アピールを欠かせないのが女子で、そういう外見アピールは学校生活以外の世界観にも影響を与える事は多いようです。

 まあ外見アピールを強く意識するのは日本だけみたいでして、海外とかの場合は例え女性であっても過剰なアピールを控える、或いはまるで行わないなんて事も多いみたいです。海外のゲームやアニメを見たり視聴したりすると、日本の少女とは異なるデザインを施されてる為、日本は海外とは考え方が違うって事を思い知らされます。

 日本では女性系の場合、例え未成年じゃないにしても各種の女性として必要な部分は未成年の女子に匹敵するような形で完備されてる事が多いですが、海外の場合は性別だけは女だけど、その他の身体の部位を見るとまるで性別を意識してないように思われるような事も多かったりします。

↓こいつは髪型がもう……不味いw↓

シーヴァと呼ばれる女の怪物は髪型は女性らしくない

 一応女性ではありますが、髪型に関しては多分女子高生達であれば確実に嫌がる形でしょう。勿論現実世界では違う意味で校則に引っかかるような髪型でしょうし、そもそも女子ならこんな髪型にしたいと思わないでしょう。ハゲの部分がある以上、髪を命として考えてる女子にとっては自殺行為にも近い形です。

 でもこの人は異世界出身なので、異世界では寧ろこういう姿の方がより似合ってるという認識もあるでしょうし、異世界の者同士であればこういう髪型の方が好意を持たれる可能性もあります。異世界はこちらの世界とは価値観が違うので、こちらの世界の趣向に合わせた外見をしてくれるなんて事は無いでしょう。

 だけど顔が全部を決めると言っても過言では無いので、こちらの世界では妙と言わざるを得ない髪型のおかげで肉体の方に目を向けてもあまり興奮出来ないみたいです。服装自体はもう見えてはいけない部分が見えそうなぐらいの軽装ですが、だけどこんな容姿なので大して問題にはなってないみたいです。身体の方の服装が際どくても、容姿が妙だったりするとあまり見てもらえないっぽいですね。

 そういう意味でもやっぱり外見は重要だと言えます。もし肉体の方も見てもらいたい場合は容姿の方も相手に気に入って貰えるようなレベルにしないといけないみたいです。まあ男性に見られる場合は性的な目で、或いはやらしい目で見られる覚悟もしないといけない訳ですが、でも女性の身体ってのはやっぱり見てもらえないと折角整えた体型とかも無意味になるので、何かしらの形で見てもらえないとそれは不味いかもしれません。

↓とは言え、露骨に身体をアピールされると……↓

全裸の肉体は女子にとってアピールの機会だが、変な目で見られる危険もある

 容姿が優れてると肉体の方も注目されやすくなります。まあだけど、露骨にそれを見ようとすると下手すると犯罪にもなるので、あまり無暗に女子の身体を見ようとするのは危険な事もあります。見たくなる気持ちは分からんでは無いですが、あまり求め過ぎると危険です。勿論見られる側も嫌がるので、そういう事はあまりするもんではありません。

 ただ、身体っていうのは少し矛盾した存在でもあります。大抵の者は体型を良い形にしたいと思ってる事が殆どですが、それはどうしてなのかが少し微妙な所です。自身の健康の為なのか、それとも他者に見られた時の為に備えてるのか、よく分かりません。まあ体型が悪いと健康に悪い事があるので、体型を整える事は重要ではありますが、だけど見られる時は場合によっては恥を掻く事にも繋がるので、その為に備える事は必要かも分かりません。

 多分殆どの女子は健康どうこうよりも、誰かに魅せる為に素晴らしい体型を維持してると思われます。まあ見る側にしてみれば、腰に余計な脂肪が付いてだらしなかったりしたら萎える事も多いし、太った女の身体なんて見ようと思わないのが男です。男は意外と冷たい所もあるし、女子に求める物もやたらと多いのが事実です。

 まあ、女子の身体の場合、脂肪でブヨブヨであるとあまり見ようとは思わないし、逆に体型が細くて美肌であればしつこく凝視しようと思うでしょう。だけど本来の女子の身体というのは見られるからこそその身体がいいのか悪いのかが判断されるので、ある程度は見せる事も必要かもしれません。体型は見られてから初めて評価されるものなので、場合によっては見られた方がいいのかもしれません。

↓ただ、身体の傷があると、見られた時は……↓

身体に傷があっても男性であればまだ誤魔化せる事が多い

 身体に直接傷があると、それは衣服のセンスとか以前の話になるし、直接の傷は場合によっては一生消えない事も多いので、身体を魅せる事に命を懸ける事が多い女子にとっては死活問題になります。下手するともうそれで嫁に行けなくなる可能性もあります。

 逆に戦いに生きる男性であれば、身体の傷なんてどうという事が無いなんて事もあるみたいです。まあそれは多分男性限定の話になるとは思いますが、男性の場合は女性とは異なる身体の価値観があるので、傷があってもそれでおしまいという事は無いみたいですし、自分自身でも傷に関しては自分に言い聞かせられるでしょう。男は女とは違う強さがあるから、傷が身体に残ったとしてもそれをある意味での勲章として残せるかと思われます。

 でも女子の場合は身体に傷を残したくないと考える事が多いはずなので、男性みたいに割り切るのも難しいでしょうし、未成年であれば一生消えない傷が原因で恋愛すら出来なくなる可能性もあります。なので戦いの世界では身体に傷を残さないように動く事が必要ですが、戦いでは何が起こるか分からないので、確実に傷を避ける方法は無いと言った方がいいでしょう。

 ただ、男性の場合は傷が出来たとしても、マスク等の被り物で誤魔化す事も可能でしょうし、被り物をしてる姿がまた良く見えてくれる事もあります。男性の場合は顔を隠してる方が外見として秀逸になる事も多いですが、女性はそうもいきません。まあ忍者等のように鼻から下を隠すようなマスクをする事はありますが、だけどそれが自分の傷を隠す為だったりしたら、いい気分はしないでしょう。

 だけど男性系だとしても、マスクの下の素顔はあまり求めていいものではありません。人に見せられない状態だから隠してる訳で、マスクを取ってしまうと後悔する可能性もあります。マスクがあるからこそ外見的な魅力があるのに、それを取ればそれこそホラーだったりするなんて事もあります。マスクの下は求めない方が吉です。

 そんでもって、女性装備の場合、身体に傷を残したくないと考えてるのが多数なはずなのに、やたらと身体を露出させた装備をする事が多いです。露出があれば傷が残る可能性も上がるのに、それでも性別アピールをしたいんでしょうか? 男性みたいに全身を保護してても傷が残る可能性があるのに、露出させてたら尚更残りやすくなるでしょう。傷を受けないような対策もしない装備で戦いに挑んで、それで身体に傷が残ったら多分誰も擁護してくれないでしょう。

 まあだけど、外見が大切なのは事実なので、男性だろうが女性だろうが自分の身体は大事にすべきです。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

麻痺のせいで動けなくなった状態で喰われるのは屈辱か、苦痛か……
麻痺を受ければ意識がはっきりした状態で捕食される事になるが……

 ゲネポスは牙と爪に強力な麻痺毒を持ってる為、獲物を見つけるとまずは獲物に傷を付けると同時に、毒を一緒に注入するのである。麻痺毒こそがゲネポス達の最大の武器と言っても過言では無い。その為、獲物を麻痺させて動けなくさせる事を第一の目標にしてる可能性も充分ある。

 本来の狩りでは、動き回る獲物に対して麻痺毒の含んだ爪や牙で攻撃して、そして麻痺毒が周って動きが止まった所を食い荒らすのがゲネポスであるが、今回は愚かにも落とし穴に落ちてみっともない姿を見せてくれたハンターが現れた為、狙い放題であった。

 勿論麻痺や牙は直接相手の身体に通らなければ麻痺毒を送り出せない。大抵のハンターは身体中を非常に分厚い鎧で纏ってる為、ゲネポス達もなかなか毒を注入出来ずに苦戦する事も多いし、ただ爪や牙で鎧を傷付けるだけで、その間にハンターにやられてしまう事も多いとか。

 だけどこの落とし穴に落ちたハンターは女性である。そして、愚かにも脚を丸出しにさせるかのような装備であった為、他の強固な装備のハンターの時と比較して、あまりにも簡単に麻痺毒を注入させる事に成功するのだった。

 そりゃそうである。太腿を丸出しにさせるような装備なんかをしてたら、脚に噛み付かれたり、爪で引っ掻かれるのは当然であるし、そこから麻痺毒が一気に注入されるのは想像に難くない。勿論このハンターはたった一撃で麻痺毒によって、落とし穴に落ちた状態で動けなくなったのだ。

 その後は、動けない状態のままで、そして上半身が地面に埋もれて外の状況を確認出来ない状態のまま、太腿を噛み付かれて、激甚な苦痛を受け続けたという。勿論抵抗なんか不可能であったし、そしてゲネポスも1匹では無かった為、肌が思いっきり裂けたという話である。

麻痺を受ければ意識がはっきりした状態で捕食される事になるが……

 穴に落ちたハンターはゲネポスにとってはやっぱり餌食である。ただでさえ穴に落ちて身動きが取れなくなってるのに、そんな状況のハンターを狙わない程ゲネポス達は間抜けでは無い。動けない状況の時に更に麻痺毒を送り込んで、生き地獄を見せてやるのがゲネポスである。

 毒を受けても意識ははっきりしてる為、逃げられない状態で脚に攻撃が圧し掛かる度にそれは苦痛となってハンターの痛覚神経を駆け巡る。下半身しか地上に出てない都合上、狙われるのは勿論脚であるが、武具で纏われてない部分を噛み付かれればただ痛いだけじゃなくて、肉や神経や骨までも破壊されてしまうだろう。

 ただ、女性ハンターの場合は脚を触られたりすると恥じらいを覚える為、脚を攻撃されるのは触られる事以上に何かしらの屈辱を覚えるかもしれないが、ゲネポス達は触るを通り越して攻撃という段階すらも超えて、破壊しようとする為、屈辱以上に苦痛の方が大きいかもしれない。

07/30のツイートまとめ
violencemasuo

ゲネポスの麻痺毒はあくまでも相手の運動能力を奪い取るだけで、痛覚や視覚や聴覚は失われないという。その為、もしこの毒を受けた状態でゲネポスの集団に捕食される場合、目の前で自分が食べられる姿を見せつけられるようである。勿論動けないので、動けない状態で痛みを直接味わうんだとか。
07-30 20:56

福岡県には上野焼という薄作りな陶芸品があるが、色合いが美しいのは気のせいだろうか。薄く作るから軽さもあるし、それに伴って雰囲気も明るさや白い美しさも出てるのだろうか。他の種類も気になる所だが、読み方は一応『あがのやき』である。 https://t.co/rQA4xBVoaf
07-30 19:39

見るという楽しみ方もまた素晴らしい趣である。形や色を見て、そこから不思議な何かを感じ取る事も人間は可能である。陶芸品はその形や色がその作品の性格や個性である為、それらを楽しむのも悪くは無い。ただ、こういう楽しみ方は子供には非常に難しい。
07-30 19:29

陶芸品を購入したり、或いはそれが並んでる店に入ると、大抵は渋い性格だと思われる事が多い。やはり子供が手を出すアイテムでは無いからなのだろうか。因みに『渋い』の意味としては、派手さが無く落ち着いた趣という意味である。
07-30 19:10

備前焼を含めた陶芸品は形や色合いに独特の美しさがある為、芸術の世界では注目を浴びる存在の1つである。芸術品はたった1つでも作るのに多大な時間を使ってしまうし、そして大抵の場合、色や形を完全には固定させられないという特徴もある。 https://t.co/knV7d1reIB
07-30 19:07

平日に多少風邪を感じたとしても、すぐに休もうと考えるのは避けるべきである。平日のような通常なら学校や会社に行く日に休んでしまうと、下手したらそれが癖になってしまうからである。平日ならではの独特の爽快感がある為、癖になると僅かな体調不良でも休もうと無駄に必死になるかもしれない。
07-30 18:51

なんかFC2ネットワークがサービス終了するって話があったが、別にブログには影響はしないようである。あくまでもコミュニティの世界であるので、ブログは関係無いという話。まあブログのサービスが終わってしまったらfc2グループは全員死んでしまう訳であるが……。
07-30 18:43

昔があるからこそ今があると言える。昔やってしまった事はもう変えられないが、だけどそれを栄養源にする事は可能である。昔駄目だったら、じゃあ今を頑張ればいい。昔の問題点を武器に自分を強化する事が生きる上で非常に大切。
07-30 18:39

定時に帰って来れるのは幸せであるが、土曜日は大体こんな感じである。だけど外は暑いから、エアコンが無いとこりゃやってられないわ。
07-30 18:37

明日の天気:曇のち雨 最高気温28度 最低気温23度ツイート数:28(前日比:+7)RTされた数:0(前日比:-1)受け取ったリプライ数:5(前日比:+3)いいねされた数:1(前日比:-1)https://t.co/uxRrBfQ2Lh
07-30 13:04


続きを読む
ラ・ロシュフーコーの箴言(しんげん)の1つに、自分が理解出来ない事を貶すというものがある
ラ・ロシュフーコーの格言には重たくて深いものが多い

 1613年から1680年の人生を過ごしたラ・ロシュフーコーと呼ばれるフランスの作家とモラリスト文学者であるが、残した箴言しんげんの1つに、『あまり賢くない人は、自分が理解できない事については何でもけなす』というものがある。

 確かに自分の知識が追い付かない事柄に対しては、どうしても興味を抱いたり、関心を受けたりする事が難しい為、どうしてもそれを否定的、批判的な目で見てしまう事も多い。だからこそ負の感情が生まれてしまう事もあるかもしれない。

 貶す前に、自分の理解力を上げる事が、また新しい道を開ける手段になるかもしれない。まずは貶したり避けたりする前に、理解出来ない事に対して一回関心を持ってみるのも大切である。知らない事を知るというのは、それは冒険の1つにすらなる訳だから。


07/29のツイートまとめ
violencemasuo

目の前に敵がやってきた場合、もし相手に尻を向けてる状態であれば放屁で撃退も出来るかもしれない。悪臭で敵の嗅覚を破壊してしまうのもいいが、だけど放屁は体内に隠された悪臭であるので、あまり使いたくは無いだろう。 https://t.co/NxnP85zjZy
07-29 23:49

地獄の世界にいる餓鬼は外見だけは貧相であるが、だけど鬼は鬼なので、あまり近寄ってほしくない相手である。そして貧相なのは腹部以外で、腹部だけはデブの如く突き出されてる為、体型に関してはまるで恵まれてない。 https://t.co/rABJfP0qyl
07-29 23:26

帰省の場合、もし自家用車で数時間かけて帰る場合、夫の実家じゃないのに夫が何時間も運転してたらそれは本当の意味での苦痛になる危険がある。自分の親じゃないのに何時間も運転するのは確実に肉体的にも疲労が重なる為、その辺の相談もしっかりしないと帰省の後に大トラブルが発生する危険もある。
07-29 22:54

帰省する場合、やっぱり気になるのは交通費と時間である。特に時間の場合、場所によっては片道で8時間かかるような場合もあるらしい。当然往復で大体16時間、1日の3分の2を使う事になる為、これだけでまず1日潰れる事を考えると、真面目に悩ましい話である。
07-29 22:41

時の流れはなかなか残酷である。最近までは有名だったタレントも、しばらくすると一切テレビに出てこなくなる事もある。常に新しい者に切り替わってしまうのがこの世界の理であるし、そして命にも限りがある為、切り替わるのはしょうがない。
07-29 22:12

昔ブログの為に使ってた画像を眺めてたらこんなのが見つかった訳である。そう言えば昔志村さんは『俺とお前はアインアイン!!』って言う歌を発表してたが、この顔であのインパクトのあるギャグを飛ばしてくれたらどれだけ爆笑が生まれるか……。 https://t.co/QAKItKSEkG
07-29 21:53

もう残業とかきつい。だけどその分だけ盆休みの楽しみもあるから、逃げるのは駄目よ。
07-29 21:41

明日の天気:晴時々曇 最高気温31度 最低気温23度ツイート数:21(前日比:-18)RTされた数:1(前日比:0)受け取ったリプライ数:2(前日比:-1)いいねされた数:2(前日比:0)https://t.co/uxRrBfyrmH
07-29 13:06

そろそろ出勤の時間なので出発しないといけません。今日と明日行けば日曜日でやんす。
07-29 08:20

実家に帰るのはいいが、折角親に会ったとしても、ただ家でゴロゴロしてテレビを観てるだけでは週末とまるで変わらないという意見もある。折角来たんだから一緒に出掛ける等、普段出来ない事をすべきである。まあでも、過ごし方は人それぞれだから、強要すると却って相手の楽しみを奪う事になる。
07-29 08:16


続きを読む
自分自身を可愛いと褒めて眩しいのは、二次元世界だけの話である
自分で自分を可愛いと言うのは自信がある証拠であると同時に、一部の世界では目に余る発言とも……

 世間的には自分で自分を評価する行為はあまり宜しくないとされるが、アイドルとして生きる者であればそういう自信過剰気味な性格もまた評価される事もある。まあアイドルであればの話であって、その辺の適当な女がそんな事をしてもただ寒いだけという……。

 輿水幸子は自分の事を可愛いと評価する所があるが、ライバルの多いアイドルの世界では自分に自信や誇りを持つ事も大切かもしれない。自分に自信を持ってなければ上には進めない可能性もあるし、そして可愛いアピールはプロデューサーに認められたいという一途な思いの裏返しである為、彼女に関しては目に余る行為という訳では無いだろう。

 ただ、現実の適当な女子がこういう発言を飛ばすと、ただ自分に己惚れてるだけである可能性が非常に高いし、そして目下に対してはそれを強要する事もある為、非常に目障りだったりする。勿論何かの裏返しの行為という可能性も低いただの自慢的発言である事が多い為、現実の方で可愛い可愛いって騒いでる女子がいたら冷ややかな目で見てあげるのが一番か。


07/28のツイートまとめ
violencemasuo

場合によっては人間含めた生き物達の中でどの種類の生き物が最も悪臭を放つか、気になる事もある。人間は雑食であるが為に排泄物の臭気が凄まじいという話もあるし、体臭も放置するとかなり不味い事になる。他の動物と比較すると順位はどれぐらいになるのかが謎である。
07-28 23:59

誰かに悪口を言う時、大抵動物の名前を使う事が多いが、人間に好き勝手に悪口の材料で使われる動物も可哀想である。因みに虎や隼のような外見的にスマートな連中は悪口に使われる事が無い。動物の選択にも差別は存在する。
07-28 23:32

身体がデブな奴は大抵動物の豚の名前を悪口として使われる事が多いが、豚は体脂肪率があの外見に反して非常に低いし、人間で換算するとモデルレベルである。あの太ったような肉体も実は筋肉である為、豚は世間的な偏見があるだけで、実際はかなりの良質なスペックを備えた動物である。
07-28 23:10

豚の姿をしたモンスターは結局言葉もブーブーばっかりである。だけど体型はデブであると同時に筋肉質でもある為、やはり攻撃力は怖いし、そして遠距離攻撃にも長けてる事が多い。怪力で岩を投げてくる奴であれば、もう警戒しないと殺される。 https://t.co/Rdx3rHkEo9
07-28 22:57

豚の外見をしたキャラは決まってブーブー言うが、だけどもう少し深く考えると豚だって多分ストレートにブーという言葉は使わないはずである。多分。
07-28 22:27

残業はもう疲れるけど、やるしか無いのねん。
07-28 22:26

明日の天気:曇時々晴 最高気温31度 最低気温24度ツイート数:39(前日比:+16)RTされた数:1(前日比:+1)受け取ったリプライ数:3(前日比:+1)いいねされた数:2(前日比:+1)https://t.co/uxRrBfyrmH
07-28 13:04

じゃ、工場に向かいます。
07-28 08:21

外見がへんてこりんなキャラってのは大抵小学生向けの雑誌によく登場するが、だけどこういうデザインは考えるのは簡単そうに見えて結構難しい事も多い。自分で考えて描くとなるとこういうデザインは意外な難易度を誇る事も多いとか。 https://t.co/nvwE9vzbUV
07-28 08:21

多分この男女は自分らが産んだ命だから、どうしようが自分らの勝手だと思ったんでしょうか。正論だが、暴論でもある。乳児遺体 高校生の男女逮捕 | 2016年7月28日(木) - Yahoo!ニュース https://t.co/WUCSFm8w9f #Yahooニュース
07-28 08:18


続きを読む