小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 2017年06月
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
06/29のツイートまとめ
sazaekilling

アイルーは所詮は人間では無いが、人間の身体を見て何を感じるかである。目の前に女の子の尻が映ってた場合、アイルーも一応は見ると思われる。でもその後が問題である。多分デカい脂肪の塊とでも思ったりするのだろうか……。 https://t.co/lylxQnqQYt
06-29 23:49

亜空間に行くには色んな条件が必要になるが、狙って行く場合はストレスになりそうである。そして、珍しいシーンは撮影する癖を付ける事によって、ネット世界に精通してる証拠として見てもらえそうである。それがフロンティアZである。多分。
06-29 22:48

フロンティアZで密林の異次元空間に行ってしまった時の様子である。穴から這い上がってそのまま崖に向かって突き進むと、崖の上に出てしまったのである。勿論狙って出来る事じゃないので、このシーンはあまりにも貴重。だけどここから飛竜を攻撃す… https://t.co/CnPPqGBIev
06-29 22:37

カレーライスは味的には特別に旨いという訳では無いが、味自体は非常に安定してるから、殆どの人に好まれるマジな安定した料理である。具の入れ方は家庭によって異なるが、具を見る事によって、親の調理方法も分かると言える。個性を確かめるならカレーを見ればいいのか。
06-29 22:25

職場でこういう勘違いするアホがいるが、新人が入ったからって勝手に仲良く出来るとか思わない方がいい。そういうへんてこりんな期待をしてる奴に限って結局避けられるから。現実を知りなさいって話。
06-29 22:09

やっと終わった。本当はもうちょっと早めに帰宅するはずだったんだけど、もっと加工しちゃおうと思ったせいで結局こんな時間。まあいいや。
06-29 22:05

うるせぇよてめぇ。月に帰れよ。
06-29 20:55

無意味にペリカン。
06-29 12:59

ヒロインの裸ってのは作中の主人公は見れなくて、神の目である視聴者や読者しか見れないんだよね。 https://t.co/N1jsa6iiFC
06-29 12:19

一応自分も葬儀の時は相手が親族だろうがまず泣かないが、他者の目はやはり複雑だという事なのか。 https://t.co/vTbanbfvi6
06-29 12:13


続きを読む
06/28のツイートまとめ
sazaekilling

今回からはアスールの外装装備が入手出来るようになったとの事です。それぞれ10回ずつクエストをクリアすれば券を貰う権利を受けられるから、とりあえずまあ頑張れ! としか言いようが無い。でも辿異装備なら多分ソロでも出来るはず。 https://t.co/nHSjWNXxwK
06-28 23:24

しまった。今は紅組が優勢だから、シクレは蒼組の方だった。こちらは紅組だからシクレじゃなかったわ。
06-28 22:48

とりあえず苛烈な工場作業が完了したけど、今日のフロンティアZのシクレはどんな感じよ?
06-28 22:39

自分自身は大久保さんのファンなので、こういう言葉は為になりますな。 https://t.co/ju40GISVW9
06-28 21:10

これって加害者による完全な屁理屈だわな。 https://t.co/Uiv9b0VVbT
06-28 12:20

RT @sinpen: 二次創作って、一次創作の一番大変なところのおこぼれに預かってやってる活動だと思うんだよね。すなわち、ゼロからモノを産み出すことと、それを知らしめる周知。キャラや世界観がその代表、その苦労をかすめ取っている二次創作が、公式に向かって権利を主張したら、そりゃ…
06-28 12:15

温泉の場面はエロゲ特有なのかも。 https://t.co/Yx5mbA6bIX
06-28 12:14

まあ、転売の連中には死の制裁を、だな。 https://t.co/bHD7FG3gUH
06-28 12:06

俺は釣りキチ三平だ!
06-28 12:04

出勤じゃ。
06-28 08:22


続きを読む
06/27のツイートまとめ
sazaekilling

昔はよく物語に母親が登場してたが、残酷な物語だと、序盤とかに殺されてしまう事もある。勿論その時は敵討ちの為に主人公達は奮闘するが、だけど殺されたらもう戻ってこないのである。そして、今のラノベとかは母親自体が作中にまるで姿を見せないという設定があるが、いずれにしても親は邪魔……か?
06-27 23:19

アマノサクガミという邪鬼が女神転生の世界にいたが、主人公の母親を喰らってたとんでもない奴であった。勿論主人公が帰宅するのを待ち構えてたし、戦う際は着てた母親の皮を脱ぎ捨てて本当の姿を見せつけたが、母親が殺されたという事実には変わり… https://t.co/YFziMeDjHp
06-27 23:12

さてと、やっと工場作業が終わったのよ。でも身体の方は壊れそう。
06-27 23:02

キングオブ馬鹿犬。
06-27 22:17

部屋のタペストリーの張り替えしたいかも。
06-27 12:15

RT @sprite_fairys: 蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1 発売まであと4日です!!! #あおかなhttps://t.co/7SmxRn6jtd https://t.co/Y4yDjPx43p
06-27 12:12

女子との別れで泣き顔見せられたら戸惑うと思う。 https://t.co/cgfdXMAvMC
06-27 12:08

煩い白菜チンゲン菜。
06-27 12:05

出勤なので、頑張る。
06-27 08:22

料理の世界も意外と侮れないが、ゲーマーからすれば、ゲームソフト一本と、料理1人前の値段がほぼ同じというのはどういう気持ちになるのかである。ゲーマーであれば、料理にソフト一本分の金を払おうという気になれるのかどうかであるが、ゲームばかりだと確実に思考が偏ってしまうと思われる。
06-27 08:16


続きを読む
アニメを親の前で観る時の気まずさそのものもネタになるかもしれない
親の前でアニメを観れないのは、趣味を疑われるからか

 時折聞く話題であるが、親の前で今の時代の俗に言う萌え系アニメを視聴する事の気まずさというものがある。確かに萌え自体は確かに自分が楽しんだり読んだりする事は問題は無いかもしれないが、問題はそれを他者に知られたりした時である。萌えは特に他者に知られたら気まずい気分になるが、理由の方は確かに色々ある。

 単刀直入に言えば、目の前で可愛い女子が動き回ってるような場面を親の前で観るというのは普通に恥ずかしい事であるし、親から自分がその目の前の女子キャラに好意を抱いてるかと疑われてしまう可能性も無いとも言えない。そして微妙にエッチぃようなシーンが入ると、例え自分は目を反らしても、親はそれを見逃すまいと凝視する可能性も無いとも言えない。それがまた気まずさを呼ぶ事もある。

 深夜アニメでも、一部の作品ではパンチラを絶対見せないような作品も増えてるが、だけど実際に見えた時はそれなりの覚悟も必要かもしれないし、一番きついのはそういう実際のエッチぃ場面に対して親とかからからかわれたり、心の中で趣味を疑われたりする事である。それが嫌で親の前では視聴したくないという者もいるはずである。

親の前でアニメを観れないのは、趣味を疑われるからか

 二次元世界と現実世界の女子高生の外見のレベルには差があり過ぎるのも問題かもしれない。二次元世界の方だと大抵元々の男性が持ってる欲求を大抵全部満たしたような凄まじい外見のキャラが多く登場する為、そんなキャラが沢山登場するアニメなんか観てたら、親も何も思わないはずが無いだろう。

 まあただ女子高生とは言っても、あくまでも物語がメインで、肉体的な無駄なアピールをしない作品ならまだいいかもしれないが、明らかに身体の部位を見せつけるようなシーンはある意味ではエロ本を見せつけられてるような気分になる事もある。スカート部分をドアップにしてパンチラしそうに見せたシーンとか、胸をわざわざ強調したシーンとか、特定の仕草の時に画面をキラキラさせる場面とか、親の前だと気まずくなってしまうシーンは探せば沢山ある。

 親本人はそういうシーンがあったとしても、数日経てばあっさりと忘れてしまったり、或いはそのシーンがあったとしてもまるで何も気にしてないなんて事も意外と多いらしい。でもいくら気にしてないとは言っても、やはり親が一緒にそういう場面を視聴してたりすると、本当にそれを見て何も感じてないのかを周囲の者は知る事が出来ないし、親が直接それを気にしてないと口にしてない以上は直接確認する事も無理である。

趣味を疑われてもいいかどうかは、やはり登場人物の外見か

 尤も、男性陣が親の前でアニメを観るのは気まずいと思うのは、それは異性のキャラの影響である。逆に同じ性別、つまりは男性キャラばかりが登場するようなアニメだと多分気まずいとは思わないだろう。やはり外見による影響が大きいと思われるし、逆にギャグ等に関しては特に問題は無い気がする。まあそこは個人差はあるが。

 でも外見が明らかに人間じゃないような、或いは構造は人間でも、皮膚や目が明らかに通常の人間では無いようなキャラの場合、例え女性だとしても気まずさを感じない事が多い気がする。それは少なくともエロっぽい場面が出てくる可能性が非常に低い、或いは出たとしても女子高生のキャラみたいな異常な可愛さが出てくる事が無いからかもしれない。

 ただ、親の前で深夜の萌えアニメを視聴するという経験は、ある程度自身の年齢が上がって、特に社会人になって自立してしまうともう出来ない為、親の前でアニメを視聴するという直接の体験はもう出来ないし、そしてその時の気まずさを自分で感じる事も出来ないのである。ネットを調べれば実際に経験したであろう者達の話はいくらでも聞けるが、逆に言えば他者の意見しか聞く事が出来ないのである。親の前でアニメというのは、もしかしたらあまりにも貴重過ぎる体験なのかもしれない。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

06/26のツイートまとめ
sazaekilling

フロンティアZにいるハンター達を見ると、外見だけは可愛いって思えるような女性ハンターは多いが、でも口を開くと途端に失望する事もある。ただ、ある意味ではそれが現実であるし、二次元の女子があまりにも口調が綺麗過ぎてるだけである。現実は汚くて当たり前である。
06-26 23:43

まあ、ネトゲの世界でマイキャラに特有の喋り方をさせるとしたら、少なくともキーボードを打つ能力は相当に高くないと厳しいし、そして台詞だけで表現しないといけないから、顔文字や『w』も厳禁だったりする。そして、台詞も長くなりがちなので、相手によっては不快に感じる事もある。
06-26 23:26

小説とか漫画とかのような創作活動をアマチュアでやった経験がある者だと、どうしてもオンラインゲームの世界で活躍するマイキャラに対してもいい加減に決めにくいと感じるかもしれない。やはり1人の人間を産む以上は、適当な名前や外見には出来ないはずだから、それがまた創作家の悩み事か。
06-26 23:12

フロンティアZではマイキャラこと、リディアにいつも頑張ってもらってるが、小説活動となると、今度はこいつに対して台詞等を吹き込まないといけないし、言動も全部表現する必要がある。それが楽しいのか大変なのかは分からんが、性格の方はもう完… https://t.co/WvWgL9fABd
06-26 23:07

無事に戻ってきたから、これから小説作業や。ゲームは一旦放置や。どうせ土日にがっつりやってたからね。
06-26 22:59

血も涙も無いって素敵。
06-26 22:08

価値の無い奴には謝罪なんかすんなよ?
06-26 22:02

RT @tsukaoyo1: 【注意喚起!】amazonから「別アカウントからログインされた」という通知がきてびっくりしたんですが、”本物amazonさん”に問い合わせたらこのとおり。偽物の方からのメールにはamazonのロゴも入っていたり、著作権表示も入っていたりでかなり…
06-26 21:57

お前! 友達いねぇだろ!
06-26 21:55

夏場のコミケは行きたくないかも。暑さで死にそう。
06-26 12:26


続きを読む
06/25のツイートまとめ
sazaekilling

とりあえず太刀の装備の為のスキルをどうするかである。剛撃や一閃は外せないが、やっぱり巧撃と巧流も欲しい所である。ただ、太刀はガードも出来るから、要塞スキルや雌伏スキルがあってもいいかもしれない。でも戦法は変わってくるから、その辺はよく考えた方がいいか。
06-25 21:14

さてと、遂にフロンティアZでは太刀の秘伝珠も完成した訳である片手剣、双剣、そして遂に太刀でこれで3種類である。残りは10種類もあるけど、まあこれからの激戦に備えて装備を整えないといけないのねん。秘伝装備を揃える事は、相手に超最低限のやる気を見せる事になるからね。
06-25 20:38

海外の交通標識は日本とは微妙にデザインが異なるが、大体見れば分かるような内容である。要するに、35km以上の速度で走るなという意味だと思われるが、そもそも日本人は海外で運転する機会は滅多に無いと思われる為、そこまで意識する必要は無… https://t.co/pRPSMP7dng
06-25 20:31

不審者や犯罪者は必ず誰かにぶちのめされる運命である。そして、大抵能力は中途半端だから、逃げても追いつかれるのがオチである。今はウォッチドッグスは2まで発表されてるけど、あのサイバーな世界観はいつ見ても痺れてしまう。 https://t.co/7llly1lkxh
06-25 19:58

とりあえず、ゲーム中はゲームの事だけを意識すればいいし、相手と対話する時もそのゲームの事だけ話すべきである。他の話題をするという事は、それは相手の趣味に反する可能性がある事を忘れない方がいい。
06-25 19:32

基本的にプレイスタイルは個人の勝手だが、それをいちいち相手には伝える必要は無いと思ってもいい。特に勘違いする馬鹿の特徴としては、キャラがどうこうとか、素材をコレクションとか、そんなもんいちいち伝える必要は無いし、そしてそれを聞く側の立場で言えば、凄まじくウザい発言である。
06-25 19:16

さて、どうしても時折以前の猟団の者達を思い出す事があるが、どう脳内でシミュレーションしても、また仲良く出来る気がしないのである。やっぱりあそこで残した爪痕は凄まじいものがあるし、それにどのように接するべきかがどうしても頭から出てこないから、やっぱり会わない方がいいだろう。
06-25 19:11

鎌蟹の絶爪や刀爪と言われても、一体どれだけの違いがあるのかが分かりにくいが、一応両者はそれぞれ変種とG級の特異個体で得られる爪である。絶爪は色合いの事が説明されてるが、刀爪になってやっと斬れ味の事が説明されてた気がする。そりゃ刀の… https://t.co/Sh5F3CiJX7
06-25 18:49

仮眠を終わらせたので、今はちびまる子ちゃんとフロンティアZを1つのテレビで映像を流しながら両方を堪能してる所である。やっぱりデカいテレビだと2つの映像を一緒に流せるのがミソだったりする。
06-25 18:10

流石に傷だらけ、損傷だらけだったら爪も特異個体特有の価値を出すのは無理なはずである。そういう意味でも、実際に素材として手に入れたいならあまり爪は狙うべきでは無いのかも。小説とかであれば、単に爪を破壊したから部位破壊素材で貰うっていう簡単な描写は許されないからね。
06-25 16:45


続きを読む
ショウグンギザミは刃物使いだから、ハンターとは剣と剣の戦いになってそう
鎌蟹との戦いはある意味では剣と剣の戦いになるのか

 現在ではG級等にも進出して活躍の場を見せつけてるショウグンギザミだが、やはり脅威はあの鋏である。鋏というよりはもう殆ど刃物に近い形状をしてるせいで、ハンター達からすれば実質的に剣を振り回されてるようなものである。ハンターに直接接触させる部分はとことん面積を細くしてる為、それをあの体躯で振り回されれば、ハンターの肉体はただでは済まない。

 当然のようにハンターは胴体を斬られる可能性があるし、防具で守られたにしても、あの刃状の爪で殴られれば身体に走る衝撃も並のものでは無いはずである。尤も、ハンターが武具超しに受けてしまう衝撃に関してはどのモンスターが相手だったとしても事情は変わらないが、ショウグンギザミに関しては元々形状が刃物である為、他の飛竜達と比較すると、裂傷等のような斬られる傷を付けられる可能性が高いと言える。

 元々ショウグンギザミ自体の主な攻撃手段が自分の爪を使ったものであるから、奴と戦ったハンターの殆どがあの爪の事を深く刻み込まれてるかと思われる。そして、MHF-Zの世界で君臨してる特異個体から得られる素材や、G級で非常に珍しいとされる素材も全部爪になってる為、ショウグンギザミと言えば爪と言って間違いは無いと思われる。

鎌蟹との戦いはある意味では剣と剣の戦いになるのか

 特異個体から得られる爪は、下位であれば断爪、上位は斬爪、そして変種は絶爪でG級だと刀爪である。ただ、刀爪以外は全部が外見や色合いの説明ばかりである。先端が青紫色だとか、表面が滑らかな光沢を放ってるとか、巨大で澄んだ色をしてるとか、爪という相手に裂傷を与えるイメージの強い部位に反して、見た目の説明の方が強く強調されてるのである。

 ただ、G級素材の刀爪だけは話が変わって、ハンター達が武器として使ってる並の太刀以上の斬れ味を誇ると記載されてるのである。勿論そんなレベルの斬れ味の爪で攻撃されれば、ハンターであれば防具ごと身体を切断されてしまいそうである。

 実際はハンター達は攻撃を受ける際に武器である程度防いだ上で吹っ飛ばされてると思われるから、一撃を受けてすぐに身体を切断されるという事は無いだろう。元々ガードが出来ない双剣やハンマーだとしても、悪足掻き程度では自分を護る事が出来るはずだから、馬鹿正直に身体に傷を付けられてるようではベテランのハンターは名乗れないだろう。

鎌蟹との戦いはある意味では剣と剣の戦いになるのか

 とは言え、不慮の事故は必ず存在するから、相手が危険な刃を持ってる事は意識しなければいけないだろう。どう考えても刃のせいで身体を切断されたハンターは存在すると思われるし、そして女性装備の場合は無駄な露出が多い為、そこを狙われて切断、或いは貫通されてしまった者もいると思われる。

 ただでさえ防具すらも貫くような刃なのに、露出なんかさせてたらそれは実質的に自殺行為に等しい。露出した部分が原因で本当に切断なんかされてしまえば、もう周囲からは笑われてしまうだろう。ただ、ショウグンギザミの思考に敢えて人間側の弱い部分を狙うという考え方があるのかどうかが疑問だが、どちらにしても露出した脚を狙われれば、人間は確実に脚を切断されてしまう。

 今の装備を見ると、明らかにふざけてるとしか思えないような露出度の装備も多い為、ショウグンギザミのような刃物を武器にするようなモンスターからすれば、恰好の的である。いつかは可愛さを求め過ぎて、身体の一部を失ってしまう女性ハンターが出てしまうかもしれない。

こんな可愛らしい下半身だったら、狙われれば一撃で骨は砕けて、肌は抉れる

 太腿自体は刃物を防ぐだけの強度は一切持ち合わせてないから、こんな可愛らしい脚をアピールした所で、敵からの攻撃に安心は一切出来ないのである。受けてしまえばそのまま裂傷、そして出血してそのまま脚の機能を奪い取られるのがオチである。もし骨まで折れてしまえば、その時の状態はもうグロそのものである。

 果たして、この女性ハンターはいつまでこの綺麗な太腿を維持してられるかである。狩猟に行けば多分この脚は目も当てられないぐらいズタズタになってると思われる。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学