小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 『の』の連続使用は危険ですよ?
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
『の』の連続使用は危険ですよ?
文を構成する中で特に使われるであろう、

『の』

についてですが、実はうっかり何個も使ってしまう人がちらほらいますが、
この『の』をあまりにも連発させてしまうと凄い事になってしまいます。

何せ、非常に混乱する確率を高めてしまうので、
『の』はせめて二個ぐらいにまでに抑える方が良いでしょう。

・例1

エミリーちゃんのお兄さんのブラウン兄さんの動物大図鑑。



これだと、エミリーには兄がいて、そしてその兄が動物大図鑑を所持していると
解釈を一応する事が出来ますが、実際こんなのが連発されると
読者は確実に混乱してしまうでしょう。

なので……

訂正して……

エミリーちゃんのお兄さんであるブラウン兄さんが所持する動物大図鑑。



これだとかなり読みやすくなった事だと思います。
『の』は様々な意味を含みながら、それに頼りすぎてしまうと
確実に連発されて読みづらくなってしまいます。

修飾語を外せたり、変えたり出来る場合は出来るだけ使い、
極力『の』を連発させないように注意して下さい。
関連記事

テーマ:しっかり勉強! - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fascinationworld007.blog54.fc2.com/tb.php/283-0f431677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)