小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 比喩表現こそ、面白さの武器になる!
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
比喩表現こそ、面白さの武器になる!
小説を書く上で大切になるのは、勿論純粋に文の構成力ですが、
他にも大切な事があるのです。
勿論大切な事は他にもワンサカあるのですが、今回は……

比喩

です。



意味としては、多少簡潔に説明させて頂きますが、物事を別の物や風景等に例えて
書く事を小説では意味します。
別の観点を捉えながら書くと言うのは小説世界では相当に重要視されるかと思いますし、
これがあるか無いかで小説そのものの質も大きく異なっていきます。

極端な例をあげますと……

↓例↓

≪テーブルの上にリンゴがある≫

確かにそうですよね。テーブルの上にリンゴが置いてある。
この文だけで、テーブルの上にはとりあえずリンゴが設置されてると
恐らくは誰でも一瞬で頭の中に再生させられる事でしょう。

だけど、小説として考えるとこんな単純な事実だけを書かれ続けられても
なんだか面白みが湧かない傾向にあります。
下手をすれば作文のようにもなってしまって中身を楽しむのが難しくなるかもしれません。

これを比喩を使って表現するとなると……

≪ここから……≫

まるで部屋全てを監視しているかのように、
一つの赤いリンゴがテーブルの上に放置されている。

≪ここまで!!≫

リンゴ一つで考え方によってはここまで大胆に表現する事が出来ますが、
意外と比喩一つ作るのにも結構な苦労が必要とされます。
その物体や風景が持つ意味合いをよく考える事で面白い表現が思いつくのです。



ただ、あまりにも大量に使い過ぎると逆効果になってしまいます。
時折見せるからこそ、その比喩の強みが作品に現れるのであって、
あまり連続で使い過ぎても評価を落とす事になってしまいます。

使う場合の場面の空気を読むのも大切です。
場所によっては表現そのものが空気を読めてないものとして、
読者のモチベーションを落としてしまう事にもなりますし、
あまりにも長いと、特に会話描写等ではテンポを落とす危険もあります。

匙加減を考えるのも作者の腕の見せ所なのです。



それでは、例として何個か私なりの比喩表現をここに掲載してみましょうか。



・まるでさそりの針のような残虐性のあるナイフを向けられる。

・歳自体は若いが、オヤジのような汚らしい顔で笑われて腹が立つ。

・波乱のカーチェイスが、地獄の日記を静かに書き記す。

・殺し屋の握手の裏に映る文字は、確実に『KILL YOU』だ。

・立ち上がる炎の揺れは死へのいざないを連想させる。

・扉の前に陣取る敵兵士の姿は、まさに現代世界のガーゴイルだ。

・世界のシステムは、周囲の不幸も無視し、今日も時間を操り続けている。

・異星人の踏みつける骸骨の集団は、世界の一部を支配した勲章に等しい。



etc……
関連記事

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fascinationworld007.blog54.fc2.com/tb.php/325-f2468343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)