小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 専門用語に塗れた文は意外と危険?
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
専門用語に塗れた文は意外と危険?
小説を書いていれば、自然とその世界観に合った表現や描写、そして小物を
書いていきたくなるのが小説家と言うものです。

特に専門的なワードは響きが妙にカッコいいから大量に使いたいと言う気持ちも
分からなくは無いですね。



ですが!!



あまり多様し過ぎると返って逆効果となってしまいます。
一般人にはあまり知られてないワードを使い過ぎると、
読者は今度は理解に苦しんでしまいます。

専門用語はまさにその名の通り、その道にある程度精通してる人じゃないと理解出来ないものですから、
全く興味無い、或いはそこに踏み込んだ事の無い人にとってはもう何が何だか分かりません。

例えば、拳銃にしても、リボルバーだの、オートマチックだの、リロードだの言われても
あまりしっくり来ない事が多いかもしれません。
いくら名前自体の響きが良くても、意味が分からなくてはどうしようも無いのです。

だから、どうしても使わなければいけない場合は、
それを説明する描写を付け加えたり、或いは噛み砕いたりして
全く知識が無くてもある程度は理解出来るように努力したりして下さい。

最も、小説を書く場合はもう既にジャンルが決まってるから、
そのジャンルに興味がある人が読むと言う事で代替は理解されてるものと
考えても良い場合はありますが……。

また、ルビを使うのも有効な手段です。
例えば下の部分には漢字とかを使った構造的な文を載せて、
そしてルビ、読み仮名に改めてその専門ワードを使うと言うのも有効です。
関連記事

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

 専門用語の多用は確かに危険ですよね……、わたしもよく単語の意味が分からなくて辞書をひいてみたりと大変なこともあります。けど説明文も知っている人にしてみればどうでも良いようにも思うので配分がやはり大変というか。
 軽い説明にルビ、それは中々に分かりやすそうですよね。
[2010/05/28 21:47] URL | Kanon Lefrain #Q5/bHczg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fascinationworld007.blog54.fc2.com/tb.php/395-65a08836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)