小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫 動機や抑圧が主人公に必要である
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
動機や抑圧が主人公に必要である
小説とは、ストーリーがあって初めて成立するものです。

そして、ストーリーを作る上で大切なのが、何を目的とするのか、
どうして今この話が展開されてるのかと言う理由です。

このような理由や目的が無いで物語が展開されてる場合、
読者からはどうして今こんな展開がされてるのか等と、
冷めた目で見られてしまいます。

主人公には必ずそのストーリーを展開させる理由や目的を与えましょう。
例えば、旅をする理由が、生き別れた家族を探す為である、とか、
まあ、とりあえず理由を考えて下さい。



ストーリーと言うのは、主人公が様々な壁や傷害に阻まれて、
それを乗り越えて目標を達成する事に大きな意味を持ちます。

つまり、どうしてそのような展開が開かれてるのかを
読者に伝えられなければ全て無意味となってしまうのです。
まさにストーリーそのものなのです。
今まで主人公がどのような気持ちで行動して、
そしてその結果、今主人公がどんな状況に置かれているか、
それを説明出来るような状況でなければ駄目なのです。

目標があって、それを達成する苦労こそがストーリーの醍醐味です。
だから、それを忘れないで下さい。

困難や苦労は、読者に感情移入させる要因となります。
それを強く植え付ける事で、素晴らしい作品が出来ていくのです。
意味のある展開こそが、素晴らしい作品を生み出します。

何がしたいの? と思われるような話は注意して下さい。
関連記事

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

記事が短くてビビった←

俺小説書いたら全部THE厨二病になr((ry
[2010/06/07 23:16] URL | 狐烏夜 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fascinationworld007.blog54.fc2.com/tb.php/397-1ac01073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)