小説のネタを随時、紹介していきたいブログです

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
アクセスランキング
プロフィール

カテドラル

Author:カテドラル
生年月日:19??年11月7日
性別:男性
出身:北海道で一番人口が多い都市
住所:札幌→埼玉→愛知
趣味:ネタ集め・小説執筆・パソコン弄り
職業:ブロガー・工場作業員

絵と小説に力を入れてますねw
ブロ友、相互リンクは歓迎ですw

写真はオー! マイキー! の不良版マイキーですw

また、当サイトで掲載されている動画、画像等の著作権は作成者様、発案者様に帰属します。決して著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章や画像等に関しての削除依頼等がございましたら、TOP記事に掲載しているメールアドレスに、権利保有者の方がご連絡下さい。適正と判断したものは、削除をさせて頂きます。

画像は主に下記の大型サイトから拝借させて頂いています。

・zipでやるお(^ω^)
・二次あんか~びっぷ
・おっき速報
・二次画像速報

カテゴリ

最新記事

Amazon商品リンク

最新コメント

月別アーカイブ

夏目漱石の逆襲 小説のネタの保管倉庫
小説の書き方、ネタを随時掘り出していきます
05/24のツイートまとめ
sazaekilling

海外であれば普通にやりそうな事である。精神統一で自分が探してる物を見つけようとする子供がいても珍しくは無い。だけど日本人からすれば、こんな格好で怪しい事をしてる奴がいたら変人にしか見えないけど。 https://t.co/fJg7l0KqtB
05-24 23:16

人参やピーマンは子供に嫌われそうな野菜である。だけどそれを好き嫌いさせないで食べさせられる親は素晴らしい。だけど子供もあの手この手で嫌いな食べ物を残そうとする為、どうやったら嫌いにならないかを考えた方がいいかも。
05-24 22:57

極みジンオウガの最も恐ろしい攻撃が電撃のバリア内に閉じ込めた上でのニフラム3連発である。でも撃退だけが目的だったら、バリアの外に逃げてしまうのも手である。怖いなら素直に逃げる方がマシである。ハンターだって時には怖いと思う事もあるは… https://t.co/gXFD1lssXZ
05-24 22:20

大人気アイドルであるジンオウガの電撃を過剰に受けると力尽きるのは当たり前の話だが、実際問題としては、力尽きる前に肉体の方が蒸発するか、或いは焼けすぎて身体に焦げ痕が出来る可能性も非常に高い。寧ろ後遺症的な傷が残って、もうハンター業… https://t.co/GVI8qtN70R
05-24 22:05

暇なママ。略して暇マ(ひまま)
05-24 21:41

茶色をあまり明るくし過ぎると、今度はオレンジ色になる。明るくなる事で違う名前の色になる事は色の世界ではしょっちゅうである。暗いとか明るいとかじゃなくて、その明暗によってどんな名前の色になるのかをよく調べないと色の世界は厳しいみたいである。
05-24 21:09

女子高生は茶髪を好んだり、二次だとそういう素晴らしい地毛を持ってる事が多かったりする。でも明るい茶髪になると、もうそれは茶髪というよりはオレンジ色に近い色になる。そしてライトブラウンなんて名前の色もよく聞くが、色の辞典にはその名前… https://t.co/xFrjGGk66B
05-24 21:02

ピンク色にしても、片仮名だとオーロラ、コーラルピンク、そしてオペラモーヴなんていうもうどんな色なのか想像すら出来ないであろう名前も存在する。紅梅(こうばい)色なんてのもあるが、これもピンクの仲間であるが、なかなか見かけない単語なのは間違い無い。
05-24 20:52

キャラを考える時、意外と髪の色で悩ましくなる。青だの赤だの、金髪だのにするにしても、その色だけでも無数の種類が存在するし、アニメとかで観るにしても明るかったり暗かったりもする。明るいか暗いかで、一気に色の名前も変わったりする為、色の設定は辞典とかが必要になるかも。
05-24 20:33

超難易度のクエストある意味では練習時間が少ないから、それで結果的に成績を出せてないだけである。練習さえすれば今までは超難易度だったはずなのに、気付けばすんなりとクリア出来るようになってる事も多い。要するに慣れである。
05-24 20:02


続きを読む
05/23のツイートまとめ
sazaekilling

本当の話として、私は中学時代の時に、黒板の早退者の記入欄の場所に『ペリカン』と書いた事があります。
05-23 23:38

レゴブロックは子供に作る楽しさを教えてくれるが、だけどブロックは細かいから、管理が大変だったりする。散らかしてたら色んな場所でブロックが見つかってしまうし、親が掃除機をかける時とかはそれが落ちてるせいで掃除機をかけにくくなったりもする。きちんと片付けはしなさい。
05-23 23:07

レゴの世界で作られたアニメを観てると、真面目に名古屋市にあるレゴランドに行こうかどうか悩ましくなってくる気がする。寧ろレゴランドが出来たからこそ、アニメの方で宣伝しようとしてるのかもしれないが、でも子供の場合は親がその気にならないとレゴランドには行けないよ。
05-23 22:17

バットマンはこんな外見だけど、これでも敵対者ですら殺さない戦いをするとの事である。レゴの影響で活躍の場が広がったバットマンだが、殺さない性格は子供にとっても安心出来るヒーローになれるはずである。でも殺さないという事は、相手が懲りな… https://t.co/lO5mEaIMpC
05-23 22:11

直綴(じきとつ)という服があるが、これは簡単に言えば法衣の一種である。僧侶等が着用する服であるが、意外とこの単語は出てこないかもしれない。自分で学習とかしないとこの単語に出会う前に人生を終わらせてしまうかも。
05-23 21:23

小説で意外と困るのは服装である。衣装の事を理解してないとキャラの格好を描写出来ないので、きちんとファンタジー衣装事典とかみたいな書物が無いと作業が出来ないかも。
05-23 21:13

外見だけで判断される事を嫌う者はそれなりに多いかもしれない。外見だけで弱そうだと判断されるのもストレスになるし、女子の場合は戦う世界にいたとしても、その性別だけで差別される可能性もある。戦う女の子は場合によっては顔を隠した方がいいかもしれない。
05-23 21:05

もし可愛いって言われる事を嫌う女子がいた場合、外見だけでは性別が判断出来ないような姿になってしまうのも手である。ファンタジーの世界では変身する能力を持ってる事が多いと思われるから、こんな感じで変装してしまえば顔も性別も隠せる訳であ… https://t.co/ozpacJzChG
05-23 20:32

探せばきっといるかもしれないが、それなりの容姿と体型を持った女子の中で、『可愛い』って言われる事を病的に嫌う奴がもしかしたらいるかもしれない。寧ろ壮年の男性みたいな老けた顔の方がいいって、謎の価値観を持つ少女がいてもフィクションでは面白いかもしれない。
05-23 20:21

カップ麺のCMがあるが、『ずるいよオヤジ!! おいらも食べたい!』のタイプのCMが今どこにあるのかが気になる。見つけたら絶対視聴したい。
05-23 19:54


続きを読む
05/22のツイートまとめ
sazaekilling

ミ・ルの身体に張り付いてる結晶は人体に悪影響を及ぼす物体である。寧ろ人間のスタミナを奪い取る時点で殆ど猛毒みたいな存在である。そんな危険な鎧を纏ったミ・ルを相手に堂々と立ち向かうハンター達はもう本当に勇敢としか言いようが無い。 https://t.co/sjGRCQ9NSN
05-22 23:58

モンスターのフンという非常に汚らしいアイテムがあるが、考えてみればフンなんてのはどの飛竜もする訳である。汚いと言えば汚いが、こやし玉の素材になるし、こやし玉を使うハンターからすれば無視出来ないアイテムである。でも普通に汚いのは言うまでも無いが。
05-22 23:38

変幻万化のミ・ルだが、こいつのスクリーンショットを撮影してたら数百枚になってた訳である。現在はそれを整理してる最中だが、期間限定のモンスターは技の方も過激であるから、どうしても撮影したくなるし、決定的な瞬間も多いから、尚更無視しに… https://t.co/ZlePZ9ULeH
05-22 23:12

本来は普通に交流とかをしてれば、地雷扱いはされないはずである。最低限の挨拶と、最低限相手を思いやる気持ちさえあれば地雷にはならないのがフロンティアZである。だけど明らかに意図的な攻撃ばかりを繰り返すという事は、それは相手に対して何かしらの恨みがある証拠なのかもしれない。
05-22 22:55

ただ、基本的にゲーム内のキャラと、それを操作してる中の人間の価値は共有してるケースが多いから、どちらかが嫌われた場合、確実にもう片方の方も思いっきり嫌われる。例えば中の人間がゴミ星人であればゲーム内のキャラも嫌われるし、ゲーム内のキャラが嫌われれば中の人間もおしまいになる。
05-22 22:45

そういえばフロンティアZの世界では『ラステル』っていう地雷ハンターがいたらしいが、現在はBANされたという噂がある。それより、どうしてゲームの世界とは言え、自分のキャラを使ってそうやって人が嫌がる事を平気でするのか……である。自分… https://t.co/333daahliC
05-22 22:37

どうでもいいけど、今日はフロンティアZに触れるべきなのか……。でも褒賞祭だからなぁ……。草集めした方がいいかもね。
05-22 22:31

物語の場合は、少年少女の存在は輝かしいが、何かピンチがあった時に助けになるのはやっぱり大人達である。ここぞという時は少年少女みたいな年齢的に未熟な奴らをフォロー出来ないと、大人として恥である。だけど大人の場合は外見的に老けてる危険もあるから、そこが問題になる事も……ある。
05-22 22:21

チーターは今の所は世界一速い脚を持つ動物との事である。105kmは速いのかそこまで速くないのかは微妙な所だが、でも動物自身の力でそこまでの速度を考えると確かに恐ろしいし、自動車の場合、高速道路じゃないとこの速度は出せない為、確かにチーターは怖い相手である。
05-22 21:57

人間は言うまでも無いが、他の動物や虫達からは相当嫌われてるようである。そもそも最初に地球に住んでたのは動物や虫達なのに、後から進化した人類どもが余計な技術とかを生み出す過程で、どんどん他の生物達の住処を破壊してってるから、他の生物達は人間達に消えて欲しいと願ってるかも。
05-22 21:36


続きを読む
水を武器に戦う飛竜も充分恐ろしい相手である。水だからって甘く見たら死ぬ
たかが水に見えても、地面を粉砕する威力すらあるから侮れない

 水を武器にする飛竜は沢山いるが、水は何故か弱いというイメージも無いとは言えない。水は普通に触れる分については特に害は無いが、だからこそ水を武器にされたとしても、他の物質を武器にした時と比べてそこまで重篤な被害が及ばないと錯覚してしまう可能性もある。

 水そのものに毒が含まれてたら触れただけで危険かもしれないが、飛竜達の水の使い方は非常に危険であるし、巨体を動かすだけの水量を見せてくる為、あの水を受けてしまえば水圧という押し潰す力も問題になってくる。巨体を押し出すだけの力の水を人間であるハンターが受ければ、身体を圧迫されて非常に危険な状況になる。

 勿論水鉄砲なんていう攻撃も、所詮は水の鉄砲だと思ってると痛い目を見る可能性もある。発射口を小さくして発射する水を細くすれば、刀とかのような斬れ味にもなるから、それを受ければただ水をかけられるというよりは、身体を貫かれたり、切断されたりするのである。

たかが水に見えても、地面を粉砕する威力すらあるから侮れない

 そして地面を砕いて水が飛び出してくるような場面もあるが、それも普通に考えれば恐ろしい事である。地面自体は通常は頑丈に出来てるから、それを貫いて地面から飛び出してくる時点で相当な水圧である事が分かるし、舞い上げられてしまった場合、上手に着地出来なければ落下の際に重傷を負うのは確実である。

 他にも水だけじゃなくて、地面を砕くという事は岩とかの瓦礫も混ざってる可能性も非常に高いから、水自体じゃなくてそれらの岩とかの破片にも注意すべきかもしれない。それらが直接身体にぶつかれば水の場合以上に酷い怪我をする可能性もある。

 ただ、水はあくまでも貯水した分しか放出出来ないはずである為、飛竜側も無限に放出という訳にもいかないはずである。素晴らしい遠距離攻撃の手段ではあるが、体内から枯渇してしまったら、またいちいち補充し直さないといけないと思われる。そんな時こそハンターにとってはチャンスになるかもしれないが、少なくともゲーム中ではいちいち補充の為に隙を晒すという事はしない。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

05/21のツイートまとめ
sazaekilling

しまったな。結局今週は動画の作成を一切しなかったけど、その分小説の方は進んだから悪くは無いかも。そして、自分の理想の性格をそのまま物語に注ぐのは悪い事では無い。そんでもって、活動をする度に他の者達が考える理想の性格のキャラが気になる所である。
05-21 23:42

何となく感じる事としては、萌え系作品を視聴する場合、確かにキャラが可愛いという一種の評価を下しながらも、同時に外見的な可愛さから来る気まずさも感じてる事も多いかもしれない。外見だけで人を魅了するのはいいが、だけどその場合、気まずさというマイナス要素が最終的な評価を妨害するかも。
05-21 23:31

子供向けの作品はどうしても中高年から馬鹿にされがちだが、1時間レベルの本気の作品になると、子供向けという言葉なんてただの偏見に見えてくる事もある。それにバットマンは元々海外の作品だから、萌えとかの余計な要素も無くて、見てて気恥ずかしくなるシーンも皆無である。
05-21 22:55

今は名古屋市のレゴランドの影響なのか、レゴのアニメDVDがコンビニとかで売られてたりする。勿論レゴブロックで作られた世界なので、設定はバットマンでも、技とかその他のエフェクトはレゴブロックに準じてるのである。内容は勿論子供でも物語… https://t.co/DfaQWsTnct
05-21 22:42

一応今日は姪達とラインのやり取りをしてたけど、奇人変人の画像を載せるなりやっぱり『うえぇ』って吐きそうになってた訳だが、やっぱり変な動物を載せたら百戦錬磨の姪でも精神的に辛くなるらしい。でも俺も久々にあの姿を見た時は極限の吐き気を感じたと思う。
05-21 21:52

自分で設定した主人公は決まって運動神経は良いという設定の方が多いかもしれない。敵と戦うにしても、皆の足を引っ張ってばかりだと申し訳無いだろうし、そして何より、今後の物語が長く続く関係でキャラに愛着を持てなければ問題になるから、愛着を持ちやすいように運動神経は良くしとかないと。
05-21 18:58

ハンターは運動神経に関しては凄く良い方とみて間違いは無いと思われる。身体能力が無ければ飛竜や獣竜と戦うなんて無理であるし、運動神経が鈍い奴はハンターという職業にはなれないと思われる。そして歳若いのに運動神経が悪いとなると、それは少… https://t.co/m3bNc1EkgG
05-21 18:18

声優の歌うソングは決して悪いとは言えないが、だけどやっぱり独自の迫力に関してはやっぱり洋楽には勝てないみたいである。特に洋楽のロックバンドのあの過激さはどうしても声優達の歌では勝てないみたいだが、でも声優達の場合は別の魅力がある為、そっちで勝負すべきなのか。
05-21 17:25

ミレイって名前は何となく外人みたいな名前に見えるけど、実はこれ日本人の名前でも使われてる事が多い名前だったりする。漢字にすると美鈴だったりする。
05-21 17:24

嫌われる可能性を極限まで減らしたいなら、とりあえず自分のプライベートの話は絶対にしないのと、相手のプライベートにも絶対関与しない事である。当然交流場所はフロンティアZのゲーム内限定にして、他のSNSでの鋼龍は一切しないのも一番である。それが結果的に一番安全。
05-21 17:12


続きを読む
05/20のツイートまとめ
sazaekilling

飛竜達によって、扱う炎の質は異なると思われる。確かに高熱という共通点はあるかもしれないが、だけど成分は全部が同じとは思えない。炎以外にも毒等の成分が入ってたり、強酸性の成分が入ってたりしたらただの火傷では済まされなくなるか。 https://t.co/sbJfEj1JVw
05-20 22:39

嫌われる奴はどんな発言をしても嫌われる。好かれてる奴は例え過度な下ネタをほざいたとしてもまず嫌われない。
05-20 21:22

今はちょっと静岡にいる姪と旅行の話をしてた訳だが、小5でも神社や博物館を楽しいと思えるようである。勿論年相応に水族館や動物園も好きだって言ってたし、基本的にどこに行っても楽しんでくれるようである。そして1日中歩いてても体力的には問題無いとの事である。
05-20 21:01

今日はもう自由なので、これから創作活動にめり込むとしましょうか。小説作成と、動画作成を頑張りましょう。
05-20 19:52

さてと、これから好きな事でもするか。
05-20 19:32

バーチャルアイドルも結局は性的に見られるのよ。 https://t.co/ViRgMaYWYf
05-20 12:06

最近は小説作業ばっかりしてる気がする。でもこれから出勤なので、帰ったらまたネタ集めの為に漫画だのアニメだの、洋画だのに触れるとしましょう。これこそが創作活動する奴の楽しみ方、っていうか生き方か。
05-20 08:22

可愛いという単語を進化させた場合、『かわちゅいーん』になる。勿論一般人には通じない、と思う。
05-20 08:07

クシャルダオラこと、鋼龍は風と冷気を武器にする古龍さんである。たかが風だと思って侮ると危険である事を教えてくれるのがこいつであるし、風も圧力とかが強くなると相手を斬り裂いたりもする為、ただ吹き飛ばされるだけだと思うと痛い目を見る。… https://t.co/uuWV7v8uuh
05-20 08:04

鳥は中国とかでは大抵は何かしら特別な扱いを受けてる事が多いが、孔雀等も結構中国の背景で使われてる事が多い。鳥は鳥でも、やはり国によっては大切に扱ってもらえてるし、本当に神に近い存在の鳥達は、豪華な装飾品で武装させてもらえてるから、鳥の事をもっと勉強すると色んな発見があるかも。
05-20 07:51


続きを読む
外見だけで物を決められてしまうのが動物である
外見だけが可愛いとは言っても、結局外見で判断するしか無い事も多い

 人間は相手を外見だけで判断してはいけないという決まりが暗黙の了解で存在するようであるが、動物等に関してはもう殆ど外見だけで判断するしかないと言える。如何にも恐ろしそうな外見をしてる動物は決まって本当に凶暴だったり、本当にこちらを殺しに襲い掛かってくる事も珍しくは無い。

 ただ、外見がぬいぐるみみたいに可愛い動物も存在するし、そういう外見の動物はマスコットとして特定の層から絶大な支持を受ける事も多いし、子供も安心してその動物を眺める事も出来たりする。やはり外見が可愛ければその分だけ殺意が伝わってくる危険性も減るという事なのだろうか。

 勿論外見で相手を惑わす動物もいる。外見は可愛いように見えて、実は凶暴性が最大という動物も確かにいるし、そしてゲーム等では明らかに弱そうな外見をしてるけど、でも戦ってみたらとんでもない特殊能力を使ってくるという奴もいる。外見は確かに外見ではあるが、外見と中身が必ずしも一致するとは思うべきでは無いだろう。

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学